仕事の悩み

仕事がつまらない40代。転職を考える前にするべき7つの対策とは?

長く働いていると、

  • 近ごろ、仕事がちっとも楽しくない
  • 仕事がつまらないので、モチベーションが保てない…

こういった気持ちになって、働く意欲が低下してしまうこともあるでしょう。

なかには転職を考える人もいるかもしれませんが、転職にはリスクも伴うので、慎重に考えるべきです。

まずは仕事がつまらないと感じる原因を見つけて、改善策を検討してみましょう。

  • 原因が自分にあるのなら、改善策を講じてみる
  • 会社に原因があって改善が難しいのなら、転職を視野に動いてみる

今回の記事では、40代の方が「仕事がつまらない」と感じたときに、どのような対策をとるべきか詳しく解説します。

よくある7つの原因別に、具体的な対処法をご紹介していますので、あなたの悩みと照らしあわせて読んでみてください。

「仕事がつまらない症候群」は誰にでも起こりうるもの

新しい仕事に就いたり、思い通りに仕事が進んでいるときは、人は“仕事は楽しい”と感じるもの。

ところが、仕事に慣れて変化が少なくなってくると、毎日が同じことの繰り返しのように感じて、徐々につまらなくなってしまうのです。

「仕事がつまらない」という気持ちを抱えたままでいると、

  • 仕事がどうにもこうにもつまらない
  • 毎日、会社を辞めることばかり考えいる
  • ギャンブルやお酒など、現実逃避ばかりしている

こういった悩みを毎日抱えることになり、仕事がつまらない症候群(つまらない症候群)と呼ばれる状態に陥ってしまいます。

仕事がつまらない症候群とは?

メンタルヘルスの場で、よく聞かれるようになった「つまらない症候群」とは、仕事に興味や意義を持てなくなることから始まります。

やがてやる気がなくなって、モチベーション維持に苦しむようになるのです。

プライベートにも影響が出て、家庭内がギクシャクしてしまったり、”うつ”やアルコール(ギャンブル)依存症の引き金になることもあります。

「つまらない症候群」は、職位や年齢に関係なく、

  • 勤続年数増加による仕事へのマンネリ
  • 会社からの過小評価
  • 自身のスキル不足
  • 人生観や社会経験の有無

上記のようなことが影響して、誰にでも起こりうる症状なのです。

モチベーションが低いまま働くのはリスクがある

モチベーションが低下したまま仕事を続けると、問題はいっそう深刻化していきます。

意欲を感じない働きぶりを続けていると、周囲はあなたに期待しなくなり、活躍するチャンスを失ってしまうでしょう。

職場の人間関係で孤立してしまうか、ネガティブな人たちと同調して、“負の人材”となってしまう可能性もありえます。

昼夜問わず表情も乏しくなり、家族との関係さえもギクシャクしてしまうかもしれません。

たかが仕事くらいで…

このように安易に考えていると、うつ症状や社会不安障害(SAD)などの、精神疾患にかかってしまう場合もあるのです。

いちど社会から長期離脱してしまえば、“つまらない仕事”ですら、できなくなってしまいます。

仕事に対するモチベーションの低下を感じている場合は、問題を先送りせず、きちんと向き合うことが大切です。

転職を考える前にやっておきたいこと

仕事がつまらないからといって、すぐに会社を辞めたり、転職活動を始めてしまうのは、あまりにも安易な考えです。

たしかに転職すれば、一時的にワクワクしたり、充実感を味わうことができるかもしれません。

しかし、転職には以下のようなリスクも存在しています。

  • 社会的な信用がリセットされる
  • キャリアの再構築が必要になる
  • 新たな人間関係でのストレス
  • 積み上げた退職金がリセットされる
  • 年収ダウンの可能性もある

転職貧乏」という言葉もあるように、転職に失敗してしまうと”仕事がつまらない”どころか、経済的な窮地に立たされるかもしれません。

まずは仕事がつまらない原因を探って、現状の課題解決に取り組んで、リスクを最小限に抑えましょう。

仕事がつまらないと感じる原因とは

仕事がつまらないと感じる、モヤモヤした気持ちの中枢には、何かしらの原因が存在しているはずです。

原因を大別すると、以下の2つに分けることができます。

  • 職場環境に問題がある(外的要因)
  • 自分自身に問題がある(内的要因)

内的要因の場合は改善できる可能性も高いのですが、職場環境に影響される場合は、自分一人で解決することが難しいケースも…

具体的にどういった原因があるのか、確認してみましょう。

人間関係のストレス

真面目な性格で周囲の空気の読んでしまう人ほど、人間関係で悩みをもつ傾向にあります。

上司や周囲の顔色ばかりを伺って、いつしか“自分らしい働き方”を自制するようになってしまうのです。

潜在的な要素が強いので、

自分は人間関係なんて悩んでないよ

このように思っている人でも、じつは人間関係のストレスが原因で、徐々に士気が下がっていくケースもあります。

仕事が単調で面白くない

毎日が単調作業の連続だと、仕事に“達成感”を覚えなくなります。

職種によってはやむを得ない話ですが、

単調なルーチンワークの毎日

こういった状態が続くと、多くの人は苦痛を感じるようになります。

いちど辛いと感じてしまうと、辛いという“感覚”から抜け出すことが難しくなり、より深刻に考え込むようになってしまうのです。

やりたい仕事ではない

  • 希望した部署に配属されない
  • 自分のスキルが活かせない仕事をしている

というような状況にあると、仕事へのモチベーションは著しく低下します。

好きなことを仕事にできる人はごく少数ですが、やりたいことと程遠い仕事を“渋々”とこなすうちに、徐々に仕事がつまらなくなってしまうのです。

待遇がよくない

キレイごとではなく、仕事は生活のためにするものです。

どんな素晴らしい仕事でも、経済的に安定しなければ、その仕事を続けることはできません。

  • 給与が安い
  • 残業代が出ない
  • 有給休暇が取りにくい

こういった待遇面で問題があると、仕事のモチベーションに直結します。

待遇については会社側の問題だけに、モヤモヤしながら働き続けている人はとても多いのです。

将来性を感じない

業績低下や人員削減などが続いて、

会社に明るい将来を見出せない

という人もいるでしょう。

毎日不安な気持ちで働いていると、当然ながら仕事は楽しくなくなってきます。

待遇面と同様に、自分一人で解決できる要素が少ないことから、少しずつ”あきらめモード”に変わっていくのです。

通勤を苦痛に感じている

仕事内容が嫌いでなくとも、

毎日の通勤で、何時間も満員電車やバスに揺られている

という状況では、精神的にまいってしまうでしょう。

リモートワークやフレックス制など、通勤が不要となる働き方を導入していない会社は、いまだに数多くあります。

毎日が消耗戦となってしまい、徐々に働くことに意味を見出せなくなってしまうのです。

プライベートで問題を抱えている

体調面や家族の問題など、私生活に悩みがあると、仕事どころではなくなります。

どんなに仕事ができる人でも、プライベートに問題を抱えていると、仕事に集中することは難しいでしょう。

自分はいったい、なんのために働いているのだろう?

このようなネガティブな感情になって、沈んだ気持ちから抜け出せなくなっていくのです。

現状でできる解決策を考えよう

多くのサラリーマンは、年間で240日くらいは働いていますので、実に1年のうちの65%以上の日は、仕事をしていることになります。

1日でも8時間くらい、残業を加えるともっと多くの時間を仕事に費やしているのです。

もし仕事がつまらないと、人生の大半において、つまらない時間を過ごしていることになります。

当然ながら、健全な状態とはいえませんので、改善は急務です。

まずは現状に目を向けて、今できる手段を考えていきましょう。

原因を明確化する

まずは仕事がつまらないと感じる原因を明確にしましょう。

人それぞれ状況が異なるなかで、自分を客観的に見ることはとても大切です。

不満やグチをこぼすなど、ネガティブなときほど他責にしてしまう傾向にありますが、本当に解決できない問題ばかりでしょうか?

まずは自分にできることから始めてみることで、事態が好転することも意外と多いものなのです。

仕事の悩みを相談できる人を作る

悩みや不安に一人で立ち向かうよりも、相談できる相手を見つけましょう。

誰かに話を聞いてもらうただけでも、気持ちが晴れたり、やる気が戻ったりするものです。

仕事の悩んでいるときは、先輩や同僚に相談してみることをおすすめします

近ごろでは、“飲みにケーション”の機会は減っていますが、聞き上手な人に共感してもらうだけでも、たいてい気持ちは救われるものです。

職場の人付き合いを変えてみる

今までとは違った職場関係を築くことで、新たな気づきを得たり、刺激を受けたりすることができます。

誰しも変化を嫌うものですが、積極的に人付き合いを変えてみることで、得られるメリットは計り知れません。

社内イベントやフリーデスクなどを上手く活用して、積極的に人脈を広げてみましょう。

自分なりの目標設定をする

会社が設定した目標とは別に、自分だけの短期、中・長期の目標を設定してみましょう。

設定する目標は、いわゆる成績や業績でなくても、

タスク毎の時短をする

といったレベルのことでも構いません。

仕事に対しての責任や、プレッシャーばかりに意識が向くと、どうしても仕事に追われている感覚になってしまいます。

仕事を楽しむことというのは、“仕事を攻めること”とイコールの関係です。

仕事を攻めるために、“目指すべき目標”の設定をしてみましょう。

自己啓発にはげむ

就活中やフレッシュマン時代を思い出して、“学びの姿勢”を取り戻しましょう。

読書することはとても有効ですし、講演会や自己啓発セミナーなどに足を運べば、よりたくさんの刺激を受けることができます。

資格取得などにチャレンジするのもよいでしょう。

自己肯定感も高まって、新たな気持ちで仕事と向き合えるかもしれません。

業務の変更や部署異動を申し出てみる

興味のある業務に携わったり、持ち前のスキルが活かせれば、仕事はもっと面白くなります。

会社によっては、

  • 社内FA制度
  • 社内公募制度

といったものを設けているところもあるので、仕事を変えることができないか確認してみましょう。

自己申請で異動できる制度がない場合は、逆に上司や役職を“つて”にして、希望の業務につける可能性もあります。

諦めることなく、積極的に自分を売り込んでみましょう。

アフター5やプライベートを充実させる

余暇の過ごし方で、仕事のモチベーションは大きく変わります。

アフター5に趣味やスポーツをはじめたり、家族との時間をこれまで以上に充実させましょう。

仕事は楽しいときばかりではありませんが、仕事を忘れて没頭できる“何か”があれば、気持ちを切り替えることができます。

ワークライフバランスを見直すことで、ポジティブな気持ちで、仕事と向き合えるようになるかもしれません。



【原因別】仕事がつまらないときの対処法7選

「仕事がつまらない」と感じてしまうときに、現状でできる解決策を7つご紹介しました。

ただ、すべてを実践することは、なかなか大変なことかもしれません。

ここでは、仕事がつまらないと感じる原因がはっきりしているときに、具体的な対処法を7つの原因別でご紹介します。

業務内容がつまらないとき

これは仕事を選ぶときに、給与や通勤距離などを優先して、働き出した方にみられるパターンです。

好きな業務内容であれば、一定のモチベーションを維持できますが、業務内容がつまらなければ、毎日が苦痛に感じるかもしれません。

いちばんの理想は、「キャリアアップ」を理由に異動を申し出ることでしょう。

そのほかでも、時短ツールなどを取り入れて、仕事の効率化を進めるのもよい方法です。

能率アップで成果が上がれば、結果として会社からも評価されて、“つまらない感覚”から脱却することができます。

暇で刺激がないとき

待機時間が長い職場や、ルーティンワークに就いている方によくある悩みです。

変化に乏しい毎日に飽きてしまい、スマホばかりを眺める日々…

ただ、こういった状況は視点を変えれば、「心と時間に余裕がある」ということです。

職場の課題を整理したり、スキマ時間を活かして読書や資格取得のための勉強など、有意義な活動に取り組むことができます。

多忙な職場よりも、時間的なアドバンテージがあることを理解すれば、

じつは恵まれた環境である

このように感じられるようになるかもしれません。

職場の人間関係に飽きているとき

毎日同じ人間とばかり顔を合わせていると、グチや不満などのネガティブな話題になりがちです。

このような場合の対処法は二つあります。

社外で新しいコミュニティを見つける

趣味の延長でもよいですし、勇気を出してセミナーや異業種交流会に参加するなど、社外のコミュニティに参加してみましょう。

社内の人脈を広げる

社内で人脈を広げることも有効です。

上司に紹介してもらったり、社内イベントに参加してみたり、積極的に行動してみましょう。

会社から正当に評価されないとき

頑張っている自分を差し置いて、他人ばかりが評価される環境だと、仕事は一層つまらないものになってしまいます。

こういった場合にできる対策として、まずは評価基準を理解すること

そして評価を得るために、真っすぐな努力をしてみましょう。

評価は相対的な要素を含むため、

他者よりも優れた実績を出すこと

上記を意識することがポイントです。

ただし、評価とはあくまでも「業務におけるフィードバック」でしかありません。

評価を気にしすぎるのではなく、自分らしい働き方のなかで、ベストを尽くすことも大切な要素です。

自分の成長を感じられないとき

仕事は覚え始めのころが一番充実しており、勤続年数に比例して、成長曲線が穏やかになっていくことは仕方がないことです。

とはいえ、できることはたくさんあります。

経験で得た知識やスキルを活かして、新たな分野にチャレンジしてみましょう。

周囲に別の仕事を教えてもらえば、スキルアップにつながりますし、新たな企画などに積極参加することで、成長を感じられるようになります。

飲み会や社内イベントなど、人付き合いがつまらないとき

仕事内容は嫌いではないけど、

上司に誘われる飲み会がつまらない
社内で定期開催されるイベントがつらい…

上記のようなパターンもあります。

このような誘いを、完全に断ち切ることは難しいですが、

月に一度までなら…

こんなふうに割り切ってしまえば、業務の一環として向き合えるはずです。

人脈を広げて、日頃から疑問に感じていることを相談してみるなど、目的を持って参加することで、より有意義な時間を過ごすことができるでしょう。

疲れすぎて仕事が楽しめないとき

つまらないと感じている原因は、仕事内容の問題ではなく、

単純に疲労がたまっているだけ

という場合もあります。

人は疲れていると、どうしても物事をネガティブにとらえがちです

完全休養することが理想ですが、難しいときは有給休暇をうまく活用して、ストレス発散してください。

時間やルールに縛られず、気の向くままに好きな場所に出かけて、時間を忘れてのんびりしたり、美味しいものを食べて英気を養いましょう。

オーバーワークが常態化しているのであれば、

  • 時間管理や効率化を進める
  • 上司に相談してみる

上記のような対策をとってみましょう。

対策しても“つまらない”と感じるなら、転職を考えよう

ご紹介した対処法を実践することで、楽しさや新鮮な感覚が戻ったのであれば、まだまだ頑張ることができるはずです。

しかし、対処にベストを尽くしても、モチベーションが維持できないのであれば、それは転職を考えるときかもしれません。

転職を考えるうえでは、以下のポイントを必ず押さえておきましょう。

転職は万全の準備で進めよう

40代の転職は甘くありませんので、メリット・デメリットを十分に理解したうえで、万全の準備で進めていきましょう。

転職をするときの手順
  1. キャリアの棚卸し
  2. 情報収集
  3. 応募企業の絞り込み
  4. 面接対策
  5. 退職交渉
  6. 業務の引継ぎ

転職の準備に関しては、以下のカテゴリーで解説していますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

転職への”動機づけ”を明確にしよう

転職準備をしっかり進めることに合わせて、転職に対する”動機づけ”を明確にしておくことも大切です。

採用面接で、面接官に転職の動機を聞かれたときに、

仕事内容がつまらなかったので…

さすがに上記のように答えるわけにはいきません。

退職理由にも、転職理由にもなり得る“ポジティブ”な理由目標を、しっかりと決めておきましょう。

転職の動機を明確にしておけば、転職活動が長期化した際にも、原点回帰できるのでとても重要です。

なお、転職の動機については、

  • 退職理由
  • 転職理由
  • 志望動機

上記のような要素として、面接で必ず質問される内容です。

それぞれにはノウハウが存在していますので、以下の記事などを参考にして、しっかりと対策しておきましょう。

転職エージェントを活用しよう

転職活動を進めるにはかなりの労力が必要であり、ノウハウも必要となってきます。

働きながら、あれもこれも一人でやるのは本当に大変です…

そこで筆者がおすすめしたいのが、転職に必要な一連の作業をフォローしてくれる、「転職エージェント」を活用すること。

転職エージェントとは、転職のプロフェッショナルであるキャリアアドバイザーが、

  • あなたの仕事適性や市場価値を判断
  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 給与交渉や面接日程の調整など

上記のようなことを行ってくれるサービスで、登録も利用も基本無料となっています。

在職中の業務を抜かりなくこなしながら、確実に転職を成功させるためには、転職のプロに力添えをしてもらうのがいちばんの近道です

▼おすすめの転職エージェントはこちら▼

まとめ:仕事がつまらないと感じる時期は誰にでもある

今回は、「仕事がつまらない」と感じてしまう原因と、どのように対処するべきかについてお話ししてきました。

「仕事がつまらない」と感じる時期は誰にでもあるものです

しかしその期間を長引かせて、モチベーションが低いまま働き続けるのはリスクがあります。

大切なことは、問題を放置せずきちんと向き合って、原因を見つけて対処することです。

  • 原因が自分にあるのなら、改善策を講じてみる
  • 会社に原因があって改善が難しいのなら、転職を視野に動いてみる

ベストを尽くしても改善がみられない場合は、転職を検討するべき機会なのかもしれません。

いまの仕事を継続すべきか悩むのであれば、転職エージェントなどを利用して、プロの意見を取り入れるのが賢い選択です。

転職にはリスクも存在していますので、万全の準備をしてリスク管理につとめましょう。

▼40代転職の完全ガイドはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
Santiago
40代男性、神奈川県在住。運送業界にて管理職を経験するも、家族との時間をもっと大切にしたいと40歳にて転職。現在は、自由気ままに暮らしながらWebライターとしても活動中。森林散策とカフェでのひと時が元気の源!
セカンドゴング おすすめの記事
40代転職の完全ガイド!
40代の転職を成功させよう!

40代の転職を成功させるためには、まず40代の転職を取り巻く状況や現実を知ることが大切です。
そのうえで転職活動の具体的な流れ、各ステップごとの対策や攻略ポイントを学びましょう。
40代転職に特化した当サイトならではのノウハウを徹底解説します!

40代向け転職サイトはこちら
40代におすすめの転職サイト11選

40代が応募できる求人は数が減ってしまうので、転職サイトごとの特徴を掴んで、自分にマッチした求人を効率よく集めることが重要です。
40代が転職サイトを選ぶときのポイントと、おすすめ11選を5つのタイプ別でご紹介します。

みんなのコメント

まだコメントがありません。

関連コンテンツ