仕事で人生に疲れた40代…ストレスを解消して心と向き合おう

仕事で人生に疲れた40代…ストレスを解消して心と向き合おう

(執筆:スペイン商事2010start

毎日の仕事を、それなりに頑張っているにもかかわらず、

なんだか人生に疲れてしまったよ…

このような気持ちになってしまうことはありませんか?

それはきっと仕事にストレスを感じていて、心が疲弊してしまっているから。

頑張り屋の人ほど、他人に気を使い過ぎて自分のことを後回しにしてしまうので、心が疲れやすい傾向にあるのです。

日頃の頑張りに感謝してあげつつ、自分の心と向き合って、寄り添ってあげましょう

今回の記事では、筆者の実体験にもとづいて、

上記について詳しく解説しています。

わかりやすくお話ししていますので、ぜひ参考にしてください。

目次

なぜ心と向き合うことが必要か

筆者もそうなのですが、私たちの世代は今の教育方針とは違って、超スパルタでしたから、

  • 弱音を吐くな!
  • 泣くんじゃない!!
  • 気持ちの問題だ!!!

このような感じで、厳しく育てられましたよね。

就職氷河期世代」と呼ばれて、新卒時の就職活動で非常に苦労していましたから、思うようなキャリア形成ができずに、苦しんだ方も多いでしょう。

そんなこともあって、どうしても知らず知らずのうちに、

  • 無理をしてしまう
  • 我慢してしまう
  • 頑張り過ぎてしまう

このような、心が疲れやすくなるクセがついてしまっている気がするのです。

でも我慢して無理を続けていたら、いつか限界が来てしまい、身も心も疲弊しきってしまいます。

なんだか人生に疲れてしまった…

このような状態になる前に、ストレスの解消法と心のメンテナンス方法を知っておきましょう。

健康的に仕事の能率を上げて、人生のなかに楽しめる時間を作ることが、長い人生を有意義に過ごすための秘訣なのです。

仕事のストレスを溜めるとどんなことが起こる?

仕事でストレスが溜まっていくと、体調不良になるなど生活習慣に変化が出てきて、やがて心に疲れを感じるようになります。

実際にどんなことが起こるのか、詳しくみていきましょう。

食欲不振(または過食症)

ストレスが溜まっていくことで、食欲が減ってしまったり、逆に過食症になってしまうケースがあります。

精神バランスがくずれてしまうと、食欲にまで影響を及ぼすのです。

ストレスで食欲不振になる

人間の体は自律神経のバランスが保たれることで、健康な状態を維持しています。

しかし、ストレスが溜まった状態では、副交感神経の働きが鈍くなってしまうのです。

ストレスが続くと、自律神経の交感神経が過剰に刺激されます。そのため、消化吸収を促進する副交感神経の働きが抑えられ、食欲が起こりにくくなります。

タケダ健康サイトより

副交感神経とは、リラックスした状態の時に働いて、心身の回復に作用するものであり、筋肉や血液の流れにも関係があります。

副交感神経の働きが鈍くなると、胃腸の調子が悪くなったり、心肺機能に影響を及ぼしてしまい、その結果として、食欲不振につながるのです。

ストレスで過食症になる

逆に過食症になってしまうという人は、

食べることでストレスを発散しよう…

上記のように、大量に食べることがストレス発散の手段になることから起こります。

ひどくなると食欲を抑えきれなくなって、肥満を回避したいがために、

  • 自分で無理やり嘔吐する
  • 下剤を使って排泄させる

といった行動をとってしまい、さらなるストレスを招いてしまう結果になりかねません。

眠れない

睡眠にも、自律神経の関わりがあります。

自律神経のなかでも、副交感神経はリラックスしているときに働く神経ですが、

  • 休んでいるとき
  • 横になって寝ているとき
  • お風呂に入っているとき

このようなときまで、ストレスで緊張状態が続いていると、副交感神経がうまく働かなくなり、なかなか眠ることができなくなるのです。

体調不良が起こる

仕事のストレスを溜めた状態だと、下記のような体調不良が起こりえます。

胃痛、吐き気、肩コリ、だるさ、しびれ、動悸、頭痛など

このような症状は、自律神経の乱れからくる、内臓や筋肉の不調が原因です。

精神バランスが安定して正常な状態であれば、血管がポンプのように働いて、血液が体の細部まで送られます。

しかし、ストレスが溜まっている状態だと血液の循環が悪くなってしまい、身体全体の機能低下につながってしまうのです。

血行が悪くなると、栄養分が体の隅々まで行き渡らず、老廃物が蓄積されるという悪循環が起こり、肩こりをはじめ、むくみ、吐き気、生理不順、自律神経の乱れなどの症状が現われてきます。

大協薬品工業ホームページより

また、血行が悪いと免疫力も低下するので、感染症などのリスクも高まってしまいます。

うつ状態になる

仕事のストレスを抱えているとき、以下のような状態になったことがありませんか?

  • 感情の起伏が激しくなる
  • 自己嫌悪に陥って落ち込む
  • 被害妄想が強くなる
  • 意欲がわかない

このような状態のときは、うつ症状を発症している可能性があるので、異変を感じた場合は、早めに心療内科に相談してみることをおすすめします。

うつ状態は初期段階で自覚症状が乏しいため、そのまま放置していると、うつ病になってしまう場合もあるのです。

ストレスが溜まりやすい人の特徴とは?

仕事のストレスが溜まりやすい人には、特徴となるいくつかの共通点があります。

自分に該当するものがないか、チェックしてみましょう。

周りの目を気にする

周りの目が気になる人ほど、仕事のストレスを溜めやすい傾向があります。

例えば、以下のようなことを気にしている方は要注意です。

  • 今日の会議資料はWordで作成したけど、問題ないだろうか…
  • 自分の仕事の進め方について、上司はどう思ってるのだろう…
  • 一人で進めたけど、もしかして同僚に相談してからの方がよかったかな…

一つ一つの物事に対して、周りの目を気にするタイプの方は、仕事のストレスを溜めやすい傾向があります。

あわせて読みたい

職場で疎外感を感じてしまう…思い切って辞めるべきか残るべきか?

マイナス思考である

周りはそれほど深い意味で言ったつもりでなくても、自分でマイナスの方向に受け止めてしまって、ストレスを溜めてしまう人もいます。

たとえば上司から、

この書類、今日までに終わらなかったの?

上記のような発言を受けたとしましょう。

上司からすれば、

まぁ明日までに終われば、何とかなるかな…

このように思っているだけかもしれません。

しかし、以下のように受け止めてしまう人もいます。

  • 今日中に終わらなかったのは、自分の能力不足なのかもしれない
  • 上司に作業が遅いと思われたのではないか…

このようなちょっとしたやり取りでも、深く考えすぎて落ち込んでしまう人ほど、仕事のストレスを溜めやすいのです。

こういうタイプの人は、仕事においてもメリハリがつかず、どうでもよいことまで気にしすぎて、疲弊してしまうことがあります。

人間関係に億劫である

人付き合いが苦手で人間関係に疲れやすい人は、人付き合いの疲れを発散する場所がないので、ストレスを溜めやすい傾向にあります。

仕事でイヤなことがあった場合に、

  • 同僚に相談して慰めてもらう
  • 友人と飲みに行って気晴らしする

という人もいるでしょう。

しかし、人付き合いが苦手で人間関係におっくうな人だと、イヤな思いを発散することができません。

常に抱えたままなので、次第に人付き合いの疲れがストレスになってしまいます。

広い交友関係を持つ必要はありませんが、相談できる人が周りにいるということは、とても重要なことなのです。

短気である

短気というのは、生まれ持った性格的な部分もありますが、短気な人ほどストレスを溜めこみやすいです。

自分では当たり前だと思っているのに、

  • 他人と考え方が合わない
  • 作業スピードが違う

上記のようなことがあるだけで、ストレスを溜めてしまいます。

短気な性格を、すぐに改善するのは難しいですが、

人にはそれぞれのやり方や考え方がある

このような受容の気持ちを持つことが大切です。

タイトなスケジュールや難しい作業があると、どうしても短気になりがちなので、余裕を持った計画で仕事に取り組みましょう。

仕事で疲れたときのストレス解消法とは

仕事のストレスは、習慣や環境、人間関係を変えることで、ストレスを発散させることができます。

どのような方法があるのか見ていきましょう。

誰かに悩みを打ち明ける

会社でイヤなことがあったときに、

気持ちを打ち明けて、発散できる相手

を見つけておくことが大切です。

悩みの内容が理解できる、仲の良い同僚が一番おすすめですが、もし同僚が難しければ、周りの知人や友人でも構いません。

誰かに悩みを話すことで、脳内の思考が整理されて、ストレスが緩和されるのです。

また、相手が同調してくれれば、

よかった!自分の考えは間違っていないんだ

このように認識することができて、深く悩まずに済みます。

ゴミ箱を空っぽにするようなイメージで、ストレスを吐き出せる場所を作りましょう

運動をして体を動かす

ランニングやスポーツなどで、身体を動かすこともストレス解消に有効です。

運動の効果

  • 気晴らし効果
    運動に集中することによって、嫌な考えや気持ちを忘れることができる
  • 自信回復効果
    運動を行うことによって、満足感や達成感などの快感が得られる
  • 体が温まる
    体が温まることによって筋肉の緊張がとけたり、リラックスして副交感神経が働いたりする
  • よく眠れる
    脳と体の疲労のアンバランスを解消し、睡眠障害を改善する効果が期待できる

日本成人病予防協会より

事務作業ばかりで運動不足になってしまうと、どうしてもストレスが溜まってしまいがち。

そんなときは、早朝や仕事終わりに運動することで、汗を流して心の疲れも癒される効果があります。

趣味や楽しいことに没頭する

自律神経が安定するのは、心から楽しいと思える行動を起こしているとき

  • 音楽・映画鑑賞
  • グルメやショッピングに出かける

といった大好きな趣味やワクワクすることに、没頭する時間をつくるのもおすすめです。

何も考えずに楽しむことで、普段の自分を苦しめている思考のクセから、少し離れることができて頭もスッキリするでしょう。

単純に楽しむことに集中すれば、自然と思考もポジティブになるので、ぜひ試してみてください。

しっかり睡眠をとり、心身を休める

仕事をしていると睡眠時間も短くなり、それに気付かないことも多いものです。

意識してゆったりとした睡眠時間をとると、本当にリフレッシュすることがあります。

疲労が抜けずにストレスが溜まっている場合は、休日はムリに予定を立てずに、

  • 読書する
  • 睡眠をとる

上記などでリラックスして、副交感神経が働く時間を設けましょう。

可能であれば長期休暇を取って、リラックスして気分転換できる時間が持てるとよいですね。

長期休暇でリフレッシュ

普段から真面目に仕事に向き合って、丁寧な人ほど疲れやすいものです。

時にはゆったりだらだらと、ダメ人間を満喫することが、心に余裕をもたらします。

心が疲れてしまう原因と対処する方法

仕事をしていれば、多少のストレスは誰でも感じてしまうもの。

ストレス解消法を実践してスッキリするのなら、それほど心配はいらないでしょう。

しかし、ストレスの蓄積で心まで疲れてしまって、

なんだか人生に疲れてしまったよ…

このような状態になってしまうときは、単にストレス解消法を学ぶだけでは不十分です。

心が疲れてしまうのは、

自分の気持ちと行動が分離していること

というのが原因のひとつです。

心のなかではブレーキを踏んでいるのに、行動としてアクセルを踏まざるを得ない状況が続いていると、どんな車だって故障してしまいます。

そんなときは、自分の心と向き合って、寄り添ってあげましょう

ここでは、心が疲れてしまう原因と対処法についてご紹介します。

自分の行動を責め過ぎている

仕事には失敗はつきものです。

失敗をしても、反省や改善をしないのは困りものですが、

  • 私はダメなやつだ
  • なんてことをしてしまったんだ…

こんなふうに、自分を責めすぎる必要はありません。

理想や目標に届かない結果だったとき、自分に失望して責めたくなることもあるでしょう。

しかし、自分を責めるばかりでは、心が疲れてしまって効率も落ちてしまいます。

このようなときは、理想や目標のハードルを少し下げて、

できたことにフォーカスする

ということがおすすめです。

自分の心の声というのは、心にとっては他人に言われているのと同じこと。

あれもダメ、これもダメと言われるよりも、

できたじゃん、凄いね!

このように声をかけてもらった方が、当然ながら気持ちも乗ってくるのです。

完璧主義になっている

筆者の経験で言わせてもらうと、心のバランスが崩れてしまうのは、

もともと高い能力を持っていて、完璧主義になりがち

という人に多いような気がします。

前項と共通する部分がありますが、目標設定のハードルが高すぎるのです。

  • ○○するべきだ
  • △△しなくてはならない

上記のような考えをもつことが多い方は、少し緩める意識を持ってみましょう。

貢献する意気込みや実績を上げることは、もちろん素晴らしいことです。

しかし、「必ずそうしなければ」と設定してしまうと、達成できなかった時に、

自分はダメな奴だ…

という思考になってしまいます。

目標設定のハードルを上げ過ぎずに、

  • 貢献するために○○してみよう
  • 実績が上がったら、ご褒美にビールを飲むぞ!

といった感じで、希望と行動を結びつけたり、目標に対するご褒美を設定したりするのがおすすめです。

「自分に甘い」という感じがして、最初は抵抗があるかもしれません。

でも実際に、意欲が上がって力を発揮できる方も多いので、ぜひ試してみてください。

他人と比べてばかりいる

仕事で心が疲れてしまう人の特徴として、「他人と比べてしまう」クセを持っている人が多いです。

人と比べるクセがついてしまうと、どれだけ頑張っていても終わりがなく、

私はあの人ほど頑張れていない…

このように思ってしまうので、自分を休めることができません。

他人と比べることで心が疲れてしまっている人は、自分のクセと向き合って、少し方向転換をしてみましょう。

方向転換のコツは、

他人と比べても終わりがない

と知ることです。

自分が比べている他人は、他人の全てではなく、「他人の良いところ」の一部分でしかありません。

そして比べているのは、

他人の良いところ vs  自分のダメなところ

だったりしませんか?

そんな比べ方をしても、どうあがいても自信を失うだけで、心が疲れていくばかりです。

調子が悪いときは、なかなか気づくことも難しいものですが、ちょっと立ち止まってみて、客観的に考えてみましょう。

人生のなかに楽しめる時間がない

仕事に対して、「楽しい」という思いで取り組んでいる人は、それほど多くありません。

ほとんどの方は、心のなかではブレーキを踏んでいるのに、

仕方なくアクセルを踏んで、仕事をこなしている

という状態だったりします。

生活のために、好きでもない仕事に取り組むのは、たしかに仕方がないことなのかもしれません。

しかし、生きていく時間のなかで、ずっと心のブレーキを踏みっぱなしの状態では、心は疲弊する一方であり、いつか壊れてしまいます。

もちろん、楽しいと思える仕事を見つけられたら最高ですが、趣味でも副業でも構いません。

人生のなかで、「楽しい」と思える時間を作りましょう

楽しいと思える時間を作るためのポイントは、

自分らしく生きる = 自分の基準で行動できる

上記を満たすものごとを見つけることです。

以下の5つを意識して、自分らしく楽しめることを探してみてください。

自分らしく楽しめることを探すために
  • 好きなことを考える
    時間を忘れて没頭したり、向き合うと止められなくなるほど、ハマってしまうことは何でしょうか?
  • 楽観的に考える
    「そんなことをしても意味がない」といったマイナス思考はNGです。自分が楽しければそれでよいのですから。
  • 周りの目は無視する
    すべての人に肯定されることなどあり得ません。自分が楽しめることを最優先して、周りの目は無視しましょう。
  • 自分自身に向き合う
    自分の好きなことや嫌いなこと、したいことやしたくないことなど、何度も自問自答して向き合いましょう。
  • 夢は持たなくても良い
    楽しめることが夢を叶えることに繋がる必要はありません。気の向くまま気軽にやってみる感覚でOKです。

転職して環境を変える方法もある

ここまで、ストレス解消法や心が疲れたときの対処法をご紹介してきました。

しかし人によっては、

  • 残業時間が多すぎて無理だ
  • そもそも休日が少なすぎる…

上記のような場合もあるでしょう。

仕事の合間に対応できないのであれば、転職して仕事の環境を変えてみるのも、ひとつの有効な手段です。

住む場所や働く会社を変えることで、精神的に開放されリラックスでき、それだけでストレスが無くなることもあります。

どうしても仕事のストレスを解消できる手段がないのなら、限界を超えて心身の不調をきたす前に、違った場所に身を置くことも検討してみてください。

転職で仕事と生活の比重を変えよう

働き方も多様化している昨今では、仕事より生活中心のキャリアプランを考えることも、珍しいことではありません。

「ライフワークバランス」や 「ライフアズワーク」など、人生のなかで仕事をどの位置に置くかは、自分でデザインできる時代となりました。

筆者自身も、充実した実生活が送れることを、働き方の軸に置いています。

いまの仕事に疲弊しすぎているのなら、たとえば副業ありきの転職をして、仕事と生活の比重を変えてみることもひとつの方法です。

40代は転職エージェントの活用が成功への近道

40代の転職には「40代なりの攻略法」があるので、若い頃と同じ感覚で転職活動に挑んでしまうと、厳しい戦いが待ち受けているかもしれません。

まずは転職エージェントに登録してみてして、転職市場における自身の可能性を探ってみましょう。

40代が転職エージェントを利用することで、以下のようなメリットを得ることができます。

転職エージェントのメリット

  • プロの視点で自身のキャリアや市場価値を見極めて、最適な求人案件を紹介してもらえる
  • 転職サイトなどに出回っていない、40代向けの非公開求人を多く保有している
  • 応募企業との連絡や日程調整、入社時期や給与の交渉まで、エージェント担当者が間に入って行ってくれる
  • 自身の強みを効果的に表現できるように、応募書類作成や面接対策のサポートを実施してくれる

さまざまな企業とのパイプを持ち、転職市場の動向にも精通していますので、あなたにマッチした求人探しをサポートしてくれるでしょう。

しかも転職エージェントは、人材が採用されたときに企業から成功報酬を得るビジネスモデルのため、転職者は無料で利用することができます

転職エージェントの選び方については、以下の記事で解説していますので、さらに詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

▼おすすめの転職エージェントはこちら▼

まとめ:心が疲れる原因と向き合って、自分が楽しめる生き方をしよう

今回は、仕事で疲れたときのストレス解消法や、心が疲れてしまう原因と対処法についてお話ししました。

心の疲れを感じるときは、考え方が悪いとか自分がダメだとか、そういうことではありません。

何よりも、すごく頑張っているからなのです。

頑張っているにもかかわらず、

なんだか人生に疲れてしまった…

こんなふうに感じてしまっているのなら、それは「心のSOSサイン」なのかもしれません。

日頃の頑張りに感謝してあげつつ、自分の心と向き合って、寄り添ってあげましょう。

心に寄り添うことで、自分の感情や魅力も引き出されて、より楽しく健康的に仕事とも向き合えるはずです。

お話しした内容を参考にして、自分に合った「心への向き合い方」をぜひ見つけてくださいね。

もしどうしても解決策が見つからないのであれば、転職して環境を変えることも検討してみてください。

▼40代転職の完全ガイドはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

仕事で人生に疲れた40代…ストレスを解消して心と向き合おう

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる