メンタルヘルス

仕事で心が疲れた40代の方へ。症状チェックとすぐできる対処法とは

頑張り屋の方や仕事に一生懸命取り組む方は、他人の事を優先してしまうあまり、自分のことを後回しにてしまいがち。

転職はもちろんのこと、季節の変わり目や部署転換などの環境の変化は、意外と自分の身体や心に負担をかけています。

定期的に自分の心にも向き合って、身体と同じように、症状をチェックしながらメンテナンスしましょう。

筆者にも経験があるのですが、身体の不調というのは、痛くなったり動きにくくなったりして、すぐ気づきやすいのですが、心の不調や疲れは、なかなか気づきにくいものなのです。

今回の記事では、心がちょっと疲れた時に症状をチェックする方法や解決策、簡単にできる対処法についてご紹介します。

予備知識にもなりますので、「今は大丈夫だよ!」って方も、なんとなく覚えておくと、役に立つかもしれません。

なぜこころと向き合う事が必要か

筆者もそうなのですが、40代の世代って今の教育方針と違って、超体育会系だったので、

泣くんじゃない
弱音を吐くな
気持ちの問題だ

こんな感じで、厳しく育てられましたよね。

体育会系教育のいい面もありましたが、どうしても知らず知らずのうちに、

  • 無理をしてしまう
  • 我慢してしまう
  • 頑張り過ぎてしまう

このように、心が疲れやすくなるクセがついてしまっている気がします。

頑張っているのは身体だけではありません。
目立つことなくひっそりと、心も頑張っているのです。

定期的に向き合ってメンテナンスすることで、健康的に仕事の能率を上げて、人生を長く楽しむことにつながります。

べつに無理とか我慢とかしてないよ

このように思っている方も、参考までにチェックしてみて下さい。

自分で不調に気づいていないことって意外に多いのです。

仕事の同僚に起きた不調と症状(実話)

当時の筆者が勤務していた広告系の企業で、一緒に働いていた20代後半の同僚(女性)の話です。

プライベートも仕事も大いに楽しんでやるタイプで、恋愛や友人関係を楽しみながら、顧客目線の提案とコツコツ訪問を繰り返す行動力の持ち主。

営業成績でトップを何度も取るなど、仕事もできる女性でした。

入社して数年経ったころ、遊びも仕事も相変わらず笑顔で楽しそうな彼女でしたが、ちらほら早退する日が見られるようになったのです。

調子悪いの?大丈夫?

このように聞いても、

ぜんぜん大丈夫!

こう繰り返す日が続きますが、明らかに青ざめた顔で出社する日も出てきました。

顧客の広告運用を任される仕事でしたので、責任感の強い彼女は、

迷惑はかけられない…

不調を感じながらも、顧客や会社のために働いていたのです。

しかしさすがに無理は続かず、会社を休むようになって、病院に行った結果、「うつ」と診断されてしまいました。

その後の治療と自分なりの学習でバランスを取り戻して、今では元気に活躍しています。

しかし、当時は明るい笑顔もどこへやら、青ざめて目もうつろで、それはかわいそうな状態でした。

彼女は不調を起こす前に、

わたしは大丈夫!

いつも笑顔でこのように言っていました。

この例でも分かるように、心の疲れは自分では気づきにくい時もあるのです。

「自分は大丈夫!」と思っている方も、いちど自分の心の疲れを、チェックしてみることをおすすめします。

心が疲れた時の症状チェックと解決策

では心が疲れた時って、どんな時なんでしょうか?

いろいろな症状はありますが、例えばこんな時です。

  • 美味しいもの食べて美味しいと感じられない
  • 楽しいや嬉しいなどの、感情が起こりくい
  • やる気が起きないことが長時間続いている
  • 頻繁にイライラする

上記みたいな時はありますよね。筆者にもたまにあります。

これは当たり前に起こることなので、それほど心配はいらないのですが、きっと少し心が疲れている状態です。

そんな時は自分の気持ちにちょっとだけ、寄り添ってやるといいと思います。

ここからは、心が疲れる原因について見ていきましょう。

自分を責め過ぎてないか

仕事には失敗はつきものです。

失敗をして反省や改善をしないのは困りものですが、

私はダメなやつだ
なんてことしたんだ

こんなふうに、自分を責めすぎる必要はありません。

理想や目標に届かない結果だった時に、自分に失望して責めたくなりますが、責めることで心が疲れて、効率も落ちてしまいます。

こんな時には、理想や目標のハードルを少し下げて、「できたことにフォーカスする」ことがオススメです。

自分の心の声というのは、心にとっては他人に言われているのと同じこと。

あれもダメ、これもダメと言われるよりも、

出来たじゃん、凄いね!

このように声をかけてもらった方が、当然ながら気持ちも乗ってくるのです。

完璧主義になってないか

前述した筆者の同僚もそうでしたが、心のバランスが崩れる人は、もともと高い能力を持っていて、完璧主義になりがちな人に多いような気がします。

前述の内容に関連しますが、目標設定のハードルがかなり高い人が多いのです。

ですので、「~するべき」「~しなくてはならない」というようなことを、自分で思うことが多いと感じたら、すこし緩める意識を持つといいでしょう。

顧客には貢献するべき
実績あげなくてはならない

同僚だった彼女も、このようなことをよく言ってました。

貢献する意気込みや実績を上げることは、もちろん素晴らしいことです。

しかし、「必ずそうしなければ」と設定してしまうと、達成できなかった時に、「自分はダメな奴だ」という思考になってしまいます。

このような時は、

貢献したいから、こうしてみよう
実績が上がったら、ビールを飲もう

こんなふうに、希望と行動を結びつけたり、目標に対するご褒美を設定したりするのがオススメです。

「自分に甘い」という感じがして、最初は抵抗があるかもしれませんが、実際にこのやり方で、意欲が上がったり力が発揮できる方も多いのです。

ぜひ試してみてください。

他人と比べて、心が疲れていないか

仕事で心が疲れる方のなかで、とくに女性にみられるのが「他人と比べてしまう」クセです。

比べるクセがついてしまうと、どれだけ頑張っていても終わりがなく、自分を休めることができません。

私はあの人ほど頑張れていない

このような思いや、業績がすこし悪かっただけで、

私は誰の役にも立っていない

こんなふうに思い込むクセがある方は、少し方向転換するタイミングなのかもしれません。

方向転換のコツは、「他人と比べても終わりがない」と知ること。

自分が比べている他人は、他人の全てではなく、「他人の良いところ」の一部分であることに気づけば大丈夫です。

また、「他人の良いところ」と比べているのは、「自分のダメなところ」ではありませんか?

それではどうあがいても自信を失い、心が疲れていくだけではないでしょうか。

調子が悪いときは、なかなか気づくことも難しいですが、ちょっと立ち止まって客観的に見ることが大切です。

仕事で心が疲れた時の簡単な対処法

心が疲れてしまった時は、心や考え方にアプローチして改善しようと試みますが、考えられない時やどうでもよくなることはあるもの。

そんな時は、「考える必要のない」別のアプローチで対策するのがオススメです。

運動をして体を動かす

例えば、ランニングやスポーツなど身体を動かすことは有効です。

事務作業が続いたり、運動不足傾向の方は、体力が余ってしまう為、逆にストレスとなることも少なくありません。

そんな時は、早朝や仕事終わりに運動することで、汗と一緒に疲れが癒される場合もあります。

趣味や楽しいことに没頭する

音楽や映画、グルメやショッピングなど、大好きな趣味やワクワクすることに没頭する時間をつくるのもオススメ。

何も考えず楽しむことで、普段自分を苦しめている思考のクセから少し離れることができ、頭もスッキリするはずです。

また、単純に楽しむことに集中すれば、思考も自然とポジティブになります。

ぜひ試してみてください。

しっかり睡眠をとる

そして最後はやっぱり、「ゆっくり寝ること」これにつきます。

筆者にも経験がありますが、仕事をしていると睡眠時間も短くなり、それに気付かないことも多いもの。

意識してゆったりとした睡眠時間をとると、本当にリフレッシュすることがあります。

普段から真面目に仕事に向き合って、丁寧な方ほど疲れやすいものです。

時にはゆったりだらだらと、立派なダメ人間を満喫することが、心に余裕をもたらします。

また睡眠することで、脳内の思考は勝手に整理されるともいいます。

人間に備わった自然の能力を信じて、時にはゆったりグダグダと過ごしてみましょう。

頑張っている自分に感謝してあげよう

心の不調を感じるときは、考え方が悪いとか自分がダメだとか、そういうことではありません。

何よりも、すごく頑張っているからなのです。

そんな頑張っている自分に、心と身体はいつもそっと寄り添ってくれています。

だからこそ、定期的に向き合って感謝してあげましょう。

感謝してあげることで、自分の感情や魅力も引き出されて、より楽しく健康的に、仕事を続けていけるのだと思います。

お話しした内容を参考に、自分に合った「心への向き合い方」をぜひ見つけてくださいね。

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
スペイン商事
40代男性、大阪在住。フリーライター。大手人材系企業での経験と、自身の転職経験から、真実だけを、ゆるくあたたかくお届けします。
セカンドゴング おすすめの記事
40代転職の完全ガイド!
40代の転職を成功させよう!

40代の転職を成功させるためには、まず40代の転職を取り巻く状況や現実を知ることが大切です。
そのうえで転職活動の具体的な流れ、各ステップごとの対策や攻略ポイントを学びましょう。
40代転職に特化した当サイトならではのノウハウを徹底解説します!

40代向け転職サイトはこちら
40代におすすめの転職サイト11選

40代が応募できる求人は数が減ってしまうので、転職サイトごとの特徴を掴んで、自分にマッチした求人を効率よく集めることが重要です。
40代が転職サイトを選ぶときのポイントと、おすすめ11選を5つのタイプ別でご紹介します。

みんなのコメント

まだコメントがありません。

関連コンテンツ