転職成功の近道! 40代が支持するエージェントはこちら

転職を迷う40代。辞めるか残るべきかは3つの視点で見極めよう

転職を迷う40代。辞めるべきか残るべきか判断するときに考えたいこと

転職したい気持ちはあるけど、

なかなか勇気が出ない…

転職して本当に大丈夫なんだろうか…

このような思いで、転職するか迷っている方も多いのではないでしょうか?

40代であれば、事実上の「最後の転職チャンス」になるかもしれません。

エグゼクティブクラスの転職ができる人は別として、普通のサラリーマンであれば、50代での転職はなかなか難しいですから…

転職する前に迷ったり、悩んだりすることは自然なことでしょう。

40代だと軽い気持ちで転職するわけにはいきませんから、本当に転職したいのかどうか、自分自身をよく見極めることが重要です。

転職に迷いがあるうちは、まだ現職に留まっておいて、

  • 何に迷っているのかを明確にする
  • 自分がどうしたいのかをしっかり考える
  • 転職することのメリット・デメリットを整理する

上記について、まずはじっくり検討してみましょう。

この記事では、転職を迷っている40代の方に向けて、どのように考えて行動するべきなのか、筆者の体験にもとづいてお話しします。

ぜひ最後までお読みいただき、あなたの悩みの参考にしてください。

目次

▼この記事の執筆者▼

50代男性、東京都在住。日用品業界にて30年近く営業として働いています。 7回ほど転職を経験しており、私の転職体験や経験が40代の転職でお悩みの方に、なにか少しでも参考になればと思っています。

転職したいけど思い切れない。転職に迷う理由とは?

転職しようかどうかを迷っているということは、自分のなかに何か理由があるはずです。

その理由をはっきりさせることで、方向性が明確になってきます。

ここでは、よくある理由をご紹介していきますので、まずは自分がどれに該当するのかを確認してみましょう。

転職する目的がはっきりしていない

よくあるケースとしてまず挙げられるのが、転職する目的がはっきりしていないことです。

転職を考える理由は、

  • もっと給料が高い会社に転職したい
  • 今の人間関係に耐えられないから、別の会社に行きたい
  • 残業が少ない会社に転職して、プライベートな時間が欲しい

上記のように人それぞれですが、まずは目的をはっきりさせましょう。

転職する目的を明確にすることで、転職先の選び方も変わってきます

たとえば給料が不満なら、給料が上がる転職以外はしないことです。

転職して収入が下がったのでは、転職する目的を達成できません。

たとえ時間がかかったとしても、給料のいい会社が見つかったときだけ、転職すればいいのです。

いまの会社に対して、

なんか漠然とした不満があるんだよな…

上記のように、転職する目的がはっきりしていない場合は、はっきりするまで動かないほうが賢明でしょう。

転職そのものに対する不安

転職をするのが初めてだったり、転職経験が少ないという場合は、

40代で本当に転職できるのだろうか?

どうすれば、今よりいい環境に転職できるのかな…

このように、転職そのものに不安があるという方も多いのではないでしょうか。

また、転職を経験していても、過去に転職で失敗したことがあると、不安が倍増することもあります。

転職自体の不安を払拭するには、まずは転職サイトなどで案件を探してみて、現状の転職市場を調査することから始めてみましょう。

当サイトでも、40代のリアルな転職体験談を数多くご紹介していますので、40代の転職に関する現実を知ることで、ある程度は霧が晴れてくるはずです。

新しい職場に対する不安

転職した後に、新しい職場でどうなっていくのか、不安に思う方も多いでしょう。

転職したとして、次の職場に上手く馴染めるのだろうか?

上記のようなことを、先回りして悩んでしまうこともあります。

ですが、これらは転職前に考えていても、決して解決できる問題ではありません。

実際に転職してみないとわからないですし、悩んだところで本当にそうなるかもわからないのです。

起こるかどうかわからないことで悩むよりは、

自分がどうしたいのか?

上記についてしっかり考えることの方が、ずっと建設的ですよ。

40代が転職で解決したい3つのこと

転職するときに、迷ってしまうのはなぜでしょうか?

それは現状抱えている問題を、転職することで解決したいけれど、

本当に今よりもいい会社に転職できるのだろうか?

このように確証が持てないからですよね。

転職で改善したいことは、大きく分けると以下の3つに分類されます。

  • お金
  • 仕事
  • 人間関係

もちろん、3つともうまく改善できる転職ができれば、何もいうことはありません。

しかし現実には、そんな転職先を見つけることは至難の業といえます。

ですので、まずは転職するかどうかの悩みをスッキリさせるためにも、ひとつずつ考えていきましょう。

収入について

転職を検討するにあたっては、

  • 労働時間が増えても年収を上げたい
  • 年収は現状維持でいいので、プライベートな時間を増やしたい
  • もはやお金の問題ではない。年収が下がっても転職したい

というように、自分の思い描く方向性を明確にしておきましょう。

たとえばよく言われる話として、

仕事はやりがいとお金、どちらを優先するべき?

上記のような悩みがありますが、これは人それぞれ違うものです。

収入面をどう考えるかによって、転職に対する進め方も変わってきます。

転職に迷いがあるのなら、収入面ではどうしたいのかをまず考えてみましょう。

仕事内容について

転職をする場合、仕事内容についてはどのような考えでしょうか?

今の仕事は自分に向いていないので、業界か職種を替えて働きたい

今の仕事は好きだけど、この会社ではもう働きたくない…

実際の問題として、40代で業界や職種を替えるのは、簡単なことではありません。

まずは、「どんな仕事をしたいか?」を突き詰めて考えてみましょう。

転職というのは、なにも会社員として働くばかりではありません。

「起業する」などの選択肢も存在しています。

人間関係について

人間関係に悩んで、転職を考えているという人も多いでしょう。

  • そりの合わない上司に悩んでいる
  • 嫌いな同僚がいる

上記のような場合は、相手を変えることは難しいですから、自分が辞めるのが最善策のように思えます。

ただし人間関係については、転職したからといって、新しい会社でうまくいくかどうかはわかりません。

人間関係の改善は、「待ち」の姿勢も解決策のひとつではあります。

あなたの嫌いな人が、社員全員に嫌われているような人であれば、そのうちいなくなるかもしれません。

上司とそりが合わないと感じていても、異動や転勤でいなくなる可能性もあるのです。

ただ、あなたが人間関係に疲れ切っていて、

このまま我慢していると、自分が壊れてしまいそうだ…

このように感じているのであれば、壊れてしまう前に転職するべきでしょう。

仕事を辞めていい時とはどんなとき?

仕事を辞めることは、自分の意思で決断できることなのですから、

仕事なんかいつ辞めたっていい

というのが筆者の持論です。

とくに以下のような場合であれば、仕事を辞めることを検討した方がよいのかもしれません。

いまの仕事で自分が壊れそうなとき

いまの仕事を続けていたら、自分が壊れてしまいそうだ…

このままじゃ、うつになってしまいそう…

このようなときは、辞めていいときだと考えています。

いちど壊れてしまうと、なかなか元の思考回路には戻れません

自信を失ってしまい、何かに恐怖を感じるような生活になってしまうのです。

自分を壊してしまうような仕事なのであれば、壊れる前に辞めるのが正解でしょう。

  • 残業が多すぎて体がもたない
  • 上司のパワハラが怖くて、もう会社に行きたくない

上記のような場合は、辞めることを視野に入れるべきです。

いまの仕事で食べていけないとき

無駄な支出を抑えて生活しているのにもかかわらず、

いまの給料では食べていけないよ…

というような場合は、転職を考えるべきかもしれません。

たしかに給料の高い転職先は、簡単には見つからないかもしれませんが、借金しないと生活できないような状況は避けるべきです。

給料が安いからといって、アルバイトを掛け持ちするような二重生活は、そう長くは続けられないでしょう。

やりたいことが見つかったとき

どうしてもこの仕事をやってみたい!

こんなふうに思える仕事が見つかったのであれば、辞めてでもチャレンジするべきです。

もちろん、やみくもに辞めるべきではありませんが、70歳まで働く時代だと考えれば、

40代はまだ仕事人生の折り返し地点である

といえるのではないでしょうか。

残りの仕事人生を有意義なものにするためにも、家族のことや生活のことも考えながら、やりたい仕事に挑戦する道を模索してみましょう。

転職しないほうがいい場合とは

仕事は自分の意思で替えられるとはいえ、

それは辞めない方がいいのでは…

はたから見て、このように思う場合もあります。

筆者の経験上、まだ転職をしないほうがいいと思われる理由についても、ご紹介しておきます。

辞めるかどうか迷っているとき

辞めるかどうか迷っている場合は、仕事は辞めない方がいいでしょう。

40代の転職には、やはりそれなりの覚悟が必要となりますし、転職活動をするうえでも動機は重要です。

辞めることに迷いがあるということは、

いまの会社にまだ未練がある

という状態なのかもしれません。

未練があるままで転職をしてしまうと、

やっぱり辞めなければよかった…

あとからこのように後悔してしまう可能性があります。

転職してから後悔しても遅いですから、迷いが吹っ切れてから転職するようにしましょう。

すでにうつ状態にあるとき

仕事が辛くて、

このままではうつになってしまいそう…

という状態であれば、手遅れになる前に辞めることをおすすめします。

しかし、すでにうつ病だと診断された場合は、すぐに転職をするのではなく、

いまの会社で休職して療養する

という選択肢を検討してください。

うつになってしまうと、普段の考え方ができなくなってしまい、なにが最良なのかを冷静に判断できない可能性があります。

ですので、まずは休職して仕事から離れて、しっかりと身体と心を休める期間を取りましょう

できるだけ早く、いまの会社と縁を切りたい

という状態の場合もあるかもしれませんが、うつ状態では転職活動がうまくいかない可能性が高いです。

いずれ退職することになるかもしれませんが、まずは会社に休職を相談して、回復する時間を取ることを考えましょう。

「とにかく辞めたい」としか考えられないとき

自分は働かなくても、3年くらいは暮らしていける貯金があります

こういった方なら別ですが、「とにかく辞めたい」というのはNGです。

40代の転職は簡単なものではありませんし、在職中の転職活動のほうが、先に退職してしまうよりもなにかと有利になります。

とにかく今の会社を辞めたい…

としか考えられないという方は、以下について自分なりの方向性を明確にしておきましょう。

  • 自分は転職をして、何をしたいのか?
  • 転職をして、自分はどうなりたいか?

よく考えずに、安易に転職をしてしまうと、またすぐに転職を繰り返してしまうことになりかねません。

転職するメリットとデメリットを把握しておこう

転職に迷っている場合は、転職した場合のメリットとデメリットについて、しっかり確認しておきましょう。

転職することで、すべての問題が解決するわけではありません

メリットの方が大きければ、転職したほうがいいと判断できますが、迷っているのなら、現職に留まってよく考えることは悪くない選択肢です。

転職するときはメリットだけでなく、デメリットも納得したうえで、転職する覚悟を決めましょう。

転職をするメリット

転職するメリットとしては、以下のようなことが挙げられます。

転職をするメリット
  • 年収アップ
  • 嫌な人間関係から解放される
  • 望んでいる仕事に就くことができる

転職のデメリット

逆に、転職のデメリットを考えると、以下のようなことが挙げられます。

転職をするデメリット
  • 年収が上がった分だけ、労働時間と責任が増える可能性がある
  • そもそも年収アップが難しい(40代の場合)
  • 転職先の会社の人間関係がいいとは限らない
  • 希望していた仕事内容と違う場合もある

年収の高さと仕事のハードさは比例する

筆者の経験では、年収の高さは仕事のハードさに比例するものです。

年収400万円の仕事と800万円の仕事では、

  • 責任の度合い
  • 心理的プレッシャー
  • 労働時間(成果を達成するための)

こういったものがまったく違ってきます。

自分の年収が高くなると、

いい給料をもらってるんだから、これくらいはガマンしないとな

上記のように思えるときもあります。

しかし、安い年収で働いているときは、

こんな安い給料で、ここまでやらされるのか…

どうしても、こんなふうに思ってしまうものです。

仕事内容と給料の悩みは、サラリーマンをしている以上、ずっとついてまわる問題だといえるでしょう。

見ず知らずのコミュニティに飛び込むリスク

自分は働く環境を変えたいんだ…

このようなときに、転職はとても有効な手段といえます。

しかし、すでにでき上がっている「見ず知らずのコミュニティ」に、たった一人で飛び込んでいくのはなかなか大変なことです。

しばらくは、居心地の悪さを感じることもあるでしょう。

また、同じ会社に長く勤めていることで、メリットがあることも事実です。

転職に迷っているときは、求人案件を探してみよう

転職に迷っているときは、希望の条件にマッチする求人案件を、転職サイトなどで探してみるのもおすすめです。

転職というのは、望んですぐに希望の求人案件が転がり込んでくるわけではありません。

転職とは、基本的に「空き待ち」のようなところがあります。

ですので、何年か空き待ちするつもりで、

気軽に転職活動を始めてみる

という作戦もありです。

いい案件がなければ転職しなくたっていいですし、即転職したいような案件を見つかれば、迷いがなくなるかもしれません。

転職は自分の意志だけでできるものではなく、相手があってのものです

転職に迷っている間は、

  • 自分の目的探しの時間
  • いい求人案件探しの時間

というふうに考えて、あせらず気軽な気持ちで、活動してみるのも悪くはありません。

40代におすすめの転職サイトに登録する

まずいちばん初めにしておきたいのは、転職サイトへの登録です。

すぐには希望通りの案件が見つからなくても、転職のための情報量の多さはダントツですし、無料で利用できますから、ぜひ登録しておきましょう。

大手の転職サイトであれば、常に数多くの求人情報が掲載されており、高度な検索機能があるので、

職種 / 地域 / 年収 / 福利厚生 など

上記のような条件で、求人を簡単に絞り込むことができます。

40代向けの求人を効率的に集めるには、

40代歓迎
年齢不問

といったキーワードで検索してみましょう。

また、ひととおり求人を眺めたなかで、掲載写真に年配者が写っている求人を探してみてください。

若手でなくても構わないですよ

企業側のこのようなメッセージかもしれません。

転職サイトの選び方や活用する方法、40代におすすめの11社を以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

40代向けのおすすめ転職サイト11選はこちら

転職エージェントの活用は必須!複数に登録しておく

転職エージェントは40代に必須のサービス

転職活動を進めるには、かなりの労力が必要であり、ノウハウも必要となってきます。

あれもこれも一人でやるのは、本当に大変なものです…

そこでおすすめしたいのが、転職に必要な一連の作業をフォローしてくれる、「転職エージェント」を活用すること。

転職のプロによるサポートを受けることで、以下のような、たくさんのメリットを得ることができます

転職エージェントを利用するメリット
  • 転職サイトなどに出回っていない、40代向けの非公開求人を紹介してもらえる
  • 履歴書や職務経歴書の添削をしてもらえる
  • 面接対策のサポートをしてもらえる
  • 業界や企業について、独自の情報を提供してもらえる
  • 求人企業について、気兼ねなく質問できる
  • 選考に落選した理由を教えてくれるので、次への対策が打てる
  • キャリアや市場価値をプロの視点で見定めて、アピールするべき自身の強みを教えてくれる
  • 応募企業との連絡や日程など、エージェント担当者が間に入って調整してくれる
  • 入社時期や年収条件など、交渉ごとを代行してくれる

40代が無駄なく効率的に転職活動を進めるうえで、利用しない手はないサービスです。

しかも、転職エージェントは人材が採用されたときに、企業から成功報酬を得るビジネスモデルのため、転職者は無料で利用することができます

エージェントとの相性を見極めて厳選するという前提で、最初から3~4社ほどに登録しておきましょう。

転職エージェントの選び方については、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

40代が支持する転職エージェント7選はこちら

ハローワークなどの公共就職支援サービスを利用する

ハローワークは心強い味方

ハローワークは、転職サイトと比較すると求人の詳細がわかりにくく、待遇面で見劣りすることが多いので、利用を敬遠している人もいるかもしれませんね。

ですが40代の転職においては、ハローワークも積極的に活用しましょう

ハローワークを利用することで、以下のようなメリットを得ることができます。

ハローワークを利用するメリット
  • 仕事の種類が豊富で求人数が圧倒的に多い
  • ハローワークだけの独自求人がたくさんある
  • 職業相談の窓口が充実しており、気軽に相談できる
  • 子育て中の仕事探しを支援するマザーズコーナーがある
  • 職業訓練を受けて、資格やスキルを習得できる

ハローワークは公共の職業紹介機関ですから、企業は無料で求人を掲載することが可能です。

そのため、

ブラック企業の求人が紛れているのではないか…

こういった心配をしている人もいるでしょう。

ですが、質の悪い求人は見分けることができますし、窓口で確認すれば、さまざまな情報を教えてもらえます。

  • 現在失業中である
  • 地元企業への就職を希望している
  • 未経験の仕事に転職したい
  • 子育て中である

上記のような方であれば、利用しないのはもったいないサービスですよ。

また、公共の就職支援サービスはハローワークだけではありません

人材紹介会社による委託運営がされていて、転職エージェントのような充実したサービスを用意している地域もあります。

ハローワークなどの公共支援サービスについては、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

ハローワークや公共支援サービスの詳細はこちら

紹介予定派遣で転職する方法もある

転職するひとつの方法として、紹介予定派遣を利用することも有効です。

最初の2~6ヶ月を派遣社員として勤務して、派遣勤務の期間が経過した段階で、労働者と企業の双方が合意すれば、正社員になることができます

紹介予定派遣を利用するメリットは、以下のとおりです。

紹介予定派遣を利用するメリット
  • 最初は派遣社員として入社するので、ワークライフバランスがとりやすい
  • 直接雇用される前に、仕事内容や職場の雰囲気を確認できる
  • 必要な人材であることを、働きながら直接アピールできる
  • 未経験の業務にもチャレンジしやすい
  • 合わないときは断ることもできる

もちろんメリットばかりではありませんが、まずは大手の派遣会社に2~3社登録して、紹介予定派遣にはどのような求人があるかを、いちど確認してみましょう。

紹介予定派遣を利用するメリットやデメリット、40代が採用されるコツなどは、以下の記事でご紹介していますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

まとめ:転職をやめた方がいいか迷っているなら、会社を辞めずに迷う理由をじっくり考えよう

今回は、転職を迷っている40代の方に向けて、どのように考えて行動するべきなのか、筆者の体験にもとづいてお話ししてきました。

転職するかどうか迷っているときは、

  • いまの会社に未練がある
  • 転職することで生じるメリットとデメリットについて、どちらが大きいのか判断がついていない

こういった状態にあるといえます。

まずは迷っている事柄を明確にして、

どうすれば自分がいちばん望んでいる方向へ行けるのか?

ということを模索しながら、しっかり作戦を立てましょう。

転職したら後悔するかもしれない…

こういった気持ちがあるうちは、現職に留まっておくべきです。

抱えている問題のなかには、長く勤めていれば時間が解決してくれることもあります。

もし迷いがなくなったのなら、その時は転職するタイミングが来たのかもしれません。

転職の準備を着実に進めましょう。

▼こちらも合わせてどうぞ▼

セカンドゴングは40代の転職を応援しています!

40代の転職を応援しています!

当サイト(セカンドゴング)では、40代の転職に特化した転職ノウハウについて、

  • 実際に40代で転職を経験した人
  • 企業の採用担当・キャリアコンサルタントなど、転職活動に知見を有する人

上記のようなメンバーが数多くの記事を提供しています。

セカンドゴングの概要と執筆メンバーの一覧はこちら

転職活動の流れと攻略するコツについて、以下の記事でわかりやすくまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

また、当サイトにノウハウを提供している転職サポーターが、あなたの転職活動をお手伝いします

さまざまなサポートをご用意していますので、悩みがある方はお気軽にご相談ください。

転職サポーターの支援メニューはこちら

この記事を書いた人

50代男性、東京都在住。日用品業界にて30年近く営業として働いています。
7回ほど転職を経験しており、私の転職体験や経験が40代の転職でお悩みの方に、なにか少しでも参考になればと思っています。

転職を迷う40代。辞めるべきか残るべきか判断するときに考えたいこと

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
トップへ
目次
閉じる