転職前の悩み

実際に転職してみてわかった!転職してよかったこと、悪かったこと

筆者は今まで7回ほど転職を経験しましたが、「転職してよかった」と思ったことはたくさんあります。

しかしなかには、「これは失敗だったなー」という転職もあります。

転職する前というのは、

はたして転職先でうまくいくのだろうか?

このように不安になってしまうこともあるでしょう。

そこで今回の記事では、筆者が実際に転職を経験したなかで、転職してよかったと思うことや、逆に悪かったと思うことについて、詳しくご紹介していきます。

転職を考えている皆さんにとって、ひとつの体験談として参考になれば幸いです。

いちばん良かったことは年収が上がったこと

転職したいと思うきっかけは、やはり「年収をアップしたい」という理由が多いですよね。

筆者の場合も実際に転職して、いちばん良かったことは年収がアップする転職ができたことです。

年収が上がると仕事に対する意欲も上がる!

筆者の場合は転職をして、年収が前職に比べて100万以上も上がったことがあります。

これはうれしかったです。

年収が上がると、生活が楽になるのはもちろんですが、比例して仕事に対する意欲も上がります。

年収が上がったことでポジションも上がり、責任も大きくなったのですが、

いい給料をもらってるんだから、これくらいはがんばろう

このように思えるようになりました。

絶対的に年収が低い時には、

このギャラでこの仕事はキツすぎる…

このように思っていた時期もあります。

ですが年収がいい仕事の時には、

前に比べたらいい給料もらっているんだから

上記のように考えてガマンが効くのです。

ちょっと厳しい社内の人間関係もなんとかこなし、嫌なクライアントにも気持ちよく頭を下げ、残業も気にせず働くことができました。

筆者の経験から言うと、「大体のことは収入のアップで解決する」と思っています。ただし、給料の高さと仕事のハードさは、たいてい正比例するものです。

年収が下がってもよかった転職もある

年収が下がってしまう転職は、ほとんどが失敗でした。ですがなかには、年収が下がっても「よかった」と思える転職もあったのです。

それは、以下のような会社です。

  • 会社にイヤな人がほとんどいない
  • タイムスケジュールをほぼ自分で管理できる
  • 残業がほとんどない

定時で終われる会社に勤務したのは、筆者は生まれて初めてだったので、はじめはとまどいました。(笑)

ウィークデイにプライベートな時間がたくさん持てるようになり、生活スタイル自体が変わることに。

年収が下がったことで、もちろん生活は苦しくなったのですが、仕事のストレスはほとんど無くなって、楽しく仕事ができるようになったのです。

もちろん収入は高いに越したことはありませんが、給料が安くても、プライベートを優先させる働き方もあるんだと実感できました。

はじめての残業代に驚き

じつは筆者は、40代になるまで「残業手当」をもらったことがありませんでした…。

40代で転職した会社で、はじめて残業手当をもらえる会社に勤務したのです。

社会人として初めて残業代をもらえた

筆者は社会人になってから、ずっと営業畑を歩んできました。

営業職では、朝早くからクライアントに直行したり、終電まで打合せがあったりするので、「営業手当」という名の加給はつくものですが、「残業手当」というものは、これまでもらったことがありません。

しかし40代で転職した会社では、みなし残業はあるものの、それを超える時間の残業になると、営業でも残業代がもらえるシステムだったのです。

これには驚きました!

その会社は業界では、「不夜城」と言われている会社で、重要な会議になると、徹夜で行われることも少なくありませんでした。

そのような事情もあったので、残業手当がきちんと支給されていたのかもしれません。

ちなみにこの会社では、筆者は毎月100時間近くの残業をしていました。

業績が悪くなると残業は歓迎されない

これはどこの会社でも共通するのかもしれませんが、業績が悪化すると残業代を渋るようになります。

筆者が在籍していた「不夜城」と呼ばれる会社でも、

基本的には残業禁止。残業する時は申告するように

業績が悪くなるとこのように変更されました。

しかし、100時間も残業するほど仕事があるわけですから、残業なしで仕事が終わるはずがありません。

そのうち社員は、タイムカードを切ってから残業するようになり、だんだんブラック会社のようになっていったのです。

いい人ばかりではないけれど、悪い人ばかりでもない

収入に次いで転職のテーマとなるのが、人間関係についてでしょう。

こればかりは転職してみないとわからないものですが、筆者の経験談をご紹介していきます。

知り合いがいる会社は人間関係がラク

筆者は知人の紹介で転職したこともあるのですが、その会社では人間関係がとても恵まれていました。

知人が部長で実質トップだったこともあり、まわりが「部長の右腕」のような扱いをしてくれて、すぐに会社になじむことができたのです。

たしかにその会社はもともといい会社で、私の関係部署にはイヤな人がほとんどいませんでした。

そこまではいかなくても、転職先に知人が一人いるだけで、転職後はとてもスムーズになるでしょう。

顔が広い知人がいた場合、その人に転職先を紹介してもらうというのは、とてもいい作戦だと実感しています。

知人の紹介でうまくいかない例もある

逆に、知人の紹介だと何かと気を使うこともあります。

筆者の先輩は知人の紹介で転職して、いいポジションで入社しました。

しかし、なかなか会社に馴染むことができず、勝手も違ったため、本来の実力が発揮できなかったのです。

そうすると、紹介してくれた知人から、

オレの顔に泥を塗らないでくれ…

このようなことを言われてしまうハメに…。

知人の紹介で転職した際は、こういうこともあるでしょうし、辞める時にも気を使わなければいけない場合もあるので、良いことばかりでもないのです。

誰と仲良くするかで会社の居心地は変わる

振り返ってみると、転職先でいい人ばかりだったということは、あまり記憶にありません。

あったとしたら、それは「当たり」の会社と言っていいでしょう。

しかし、たとえイヤな人がいたとしても、誰と仲良くするかで、その会社の居心地は変わってきます。

入社して間もない頃は見極めが難しいですが、最初から会社のグチを言ってくるような人は、主軸を担うような人ではありませんし、社内でもうまくいっていないはずです。

社内で楽しそうにしている人は、仕事がうまくいっている人なので、そういう人と仲良くなると、スムーズに仕事ができる方法を学ぶことができるでしょう。

転職して悪かったこと

転職していいこともありますが、うまくいかないこともあるものです。

ここでは、転職してみて悪かった経験をご紹介しておきます。

年収に不満がある転職はうまくいかなかった

年収が下がってしまう転職は、基本的にはあまりオススメできません。やはり年収が下がると、モチベーションも下がるものです。

年収が下がる転職をする場合、会社の規模や年商なども、低い水準の会社であることが多くなります。

以前知人に言われたアドバイスで、

転職先が金持っているかどうかをちゃんと調べろ

このように教えてもらったことがあります。

会社規模はともかく、儲かっている会社でないと年収が上がることはないでしょう。

終業後の強制残業は最悪!

筆者は残業しても、あまり苦にならないタイプだったのですが、

業務終了後に全員で残業だ

ある会社で人事部長から、このように言われたときは衝撃でした。

しかもその残業理由が、

社員のミスで損を出したので、業務時間外に残業をして損を取り戻すぞ

このような話だったので、目が点になりました…。

この会社は強制残業のみならず、工場へ行く時の強制早朝出勤などもあり、タダで社員をこき使おうという方針が見え見えだったのです。

もちろん残業手当などあるはずもありません。この会社は辞めて正解だったと今でも思っています。

最後まで人間関係になじめなかった会社

転職しても、やはり人間関係が上手くいかないと辛いものです。

人間関係は本人の努力だけでうまくいくものではありませんし、こちらが仲良くなろうとしても、悪意を持って接してくる人もいます。

社員どうしでうまくいかないこともありますし、社長とうまくいかないこともあります。会社の社風が合わないという場合もあるでしょう。

筆者が今までで最も合わなかったのは、40代で転職したある会社でした。

その会社は社員の年齢層が若く、20代~30前半の社員がほとんどだったのです。

同業他社への転職だったのですが、話題といえばマンガとゲームの話ばかりで、飲みに行っても、仕事の話題が出ることはほとんどありません。

会社の年齢層が違うと、こうも話が合わないものかと痛感するばかりでした。

筆者の努力が足りないというお叱りもあるかもしれません。

しかし、会社も人も世界観が違いすぎると上手くいかないものだと、身をもって知ることとなったのです。

おわりに:転職して良かったこと。心理編

ひとつの会社に長く勤められるのなら、それに越したことはないと、今でも筆者は思っています。

しかし、辞めたいと思い続けて働くよりは、転職したほうが精神衛生的にもいいのではないでしょうか。

たとえ未来が見えなくても、まずはここから抜け出したいと思う場合もありますので、身体や心が壊れそうな時は、転職という選択はとても有効な手段です。

筆者は転職を7回も経験してしまいましたが、転職して良かったと今でも思っています。

それは転職に失敗した時でも、

前の会社を辞めなければよかった
元の会社に戻りたい…

このような思いになったことが無いからです。

多少の浮き沈みはあるかもしれませんが、それでも転職しなければ、いまの自分はなかったでしょう。

転職で経験した苦労や努力は、決してムダになることはありません。

転職には「いいことも悪いこともある」という覚悟が持てるなら、ぜひ前に歩みを進めてみましょう。

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
なげ
50代男性、東京都在住。日用品業界にて30年近く営業として働いています。 7回ほど転職を経験しており、私の転職体験や経験が40代の転職でお悩みの方に、なにか少しでも参考になればと思っています。
セカンドゴング おすすめの記事
40代転職の完全ガイド!
40代の転職を成功させよう!

40代の転職を成功させるためには、まず40代の転職を取り巻く状況や現実を知ることが大切です。
そのうえで転職活動の具体的な流れ、各ステップごとの対策や攻略ポイントを学びましょう。
40代転職に特化した当サイトならではのノウハウを徹底解説します!

40代向け転職サイトはこちら
40代におすすめの転職サイト11選

40代が応募できる求人は数が減ってしまうので、転職サイトごとの特徴を掴んで、自分にマッチした求人を効率よく集めることが重要です。
40代が転職サイトを選ぶときのポイントと、おすすめ11選を5つのタイプ別でご紹介します。

みんなのコメント

まだコメントがありません。

関連コンテンツ