転職成功の近道! 40代が支持するエージェントはこちら
4.0 ( 1 )

転職活動に疲れた40代は休息が必要。解決策は気分転換と振り返り

40代の仕事探しは甘くないので、転職活動は長引く傾向にあります。

思った以上に苦戦してしまって、

もう疲れてしまったよ…

このように感じている方もいるかもしれませんね。

もし、転職活動に疲れを感じているのなら、勇気を持って一時的な休息を取りましょう

厳しい状況でムリして活動を続けても、デメリットしかありません。

負のスパイラルから脱出して、転職を成功に導くには、”戦略的撤退”という考え方が有効です。

【戦略的撤退】
敗戦を覚悟して、傷口が広がらないうちに撤退すること。全体の戦況を不必要に悪化させず、長い目で見て勝利を得るために、戦術的には不利であっても一旦撤退すること。

出典:ピクシブ百科事典

この記事では、転職活動中にあえて休息期間を設けることの重要性や、疲れたまま活動を続けるデメリットなどについて解説しています。

40代が効率的に仕事を見つける方法もご紹介していますので、ぜひ最後までご覧いただいて、あなたの悩みを解決するヒントにしてください。

目次
この記事の執筆者
Santiago

Santiago

40代男性、神奈川県在住。運送業界で管理職として奮闘するも、家族との時間を大切にしたいと40歳で転職。本業+副業でワークライフバランスを実現しました。仕事や働き方に関する悩みについて、役立つ情報や考え方をお届けします。

40代転職の現実は甘くない!焦らずにじっくり取り組もう

40代の転職が、若い頃よりも厳しいものであることは間違いありません。

転職活動を続けるなかで、疲れを感じるときもあるでしょう。

そんなときこそ、無理をして同じような活動を続けるのではなく、

  1. いちど休息を取って、心身をリフレッシュする
  2. これまでの転職活動を振り返り、行動計画を立て直す

上記のような対応を取ることで、結果的に転職の成功へ近づけます。

40代の転職が20代~30代よりもハードルが高い理由

40代の転職活動は、20代~30代と比べてハードルが高いことは事実です。

厳しいと言われるのには、大きく分けると以下の2つの理由があります。

40代の転職が厳しい理由

【スキルに関する理由】

  • 即戦力性が求められるから
    ⇒業界や職種の親和性がないと合格しない
  • メンバーとしてではなく、マネジメント能力を問われるから
    ⇒将来の幹部候補として活躍イメージがなければ合格しない
  • 適応力や柔軟性がないと想定されるから
    ⇒これまでの慣習や価値観で凝り固まっているのではと思われている

【組織上の理由】

  • 育成が必要ならば、40代よりも若年層を採りたいから
  • 組織構成上の観点から、現場責任者より年下を採用したいから

上記のような理由から、応募できる求人数が減ってしまいますし、選考においても若手より不利になりがちです。

管理職をはじめ、「即戦力」としての募集が多くなるので、

今までと異なる業種(職種)にチャレンジしたい!

このような思いで転職を希望している人は、なおさら厳しい状況でしょう。

さらに、既婚者であれば経済的な問題も足かせになります。

自分がチャレンジできそうだと感じた仕事であっても、

このお給料だと家計が厳しいよ…

と家族にいわれてしまい、応募先を変更せざるを得ないケースもあるでしょう。

好条件を求めれば採用されず、条件を下げれば家族に反対される

こんな状況では、疲弊してしまうのもムリはありません。

よほどのスキルや経験を持っていないかぎり、40代の転職においては、理想と現実のギャップに悩むことが大半なのです。

でも転職に成功している40代がたくさんいるのも事実

40代の転職者は、若い世代には求められないことを要求され、厳しい転職活動を強いられることは間違いありません。

しかし、苦しい転職活動のなかでも、自分なりに成功の法則を見いだして、実践している人たちがいます。

安易な気持ちで転職を決断できる年代ではありませんが、

40代での転職に成功している人もたくさんいる

というのも事実なのです。

当サイトでは、ひとつひとつの失敗経験を糧にして、転職成功をつかんだ体験談も数多くご紹介していますので、ぜひ参考にしてみましょう。

多くの人が長引く転職活動を経験している

一般的には、

転職活動の期間は3~6ヶ月程度

といわれていますが、人によってはさらに長期戦を強いられる可能性も…

大手転職サイト「マイナビ転職」がおこなった調査によると、全体の58%の人が、6ヶ月以上の転職期間を経験しています。

◆あなたの離職後の転職期間を教えてください

1~3ヶ月以内23%
3~6ヶ月以内19%
6ヶ月~1年以内23%
1年以上35%
出典:読者アンケート結果発表|マイナビ転職

しかも、そのうち半数以上の人が、「3ヶ月以内に転職することを想定していた」と回答しているのです。

転職活動は、長引けば長引くほどマイナスに作用するものなので、負のスパイラルに陥ってしまう前に、有効な対策を考えることも必要でしょう。

転職活動に疲れたのなら、一時的な休息を取り入れよう

転職活動に疲れているのなら、悩んだり迷いがあるまま行動を続けるのではなく、いちど休息期間を取りましょう。

このままじゃ、ずっと無職になってしまう…

たくさん応募したのに、面接すら受けられないなんて…

こういったストレスを抱えながら転職活動を進めても、よい結果を出すのは難しいものです。

焦りから妥協をしてしまって、ブラック企業に就職などしてしまえば、何のために転職したのかわかりません。

つらい毎日から抜け出したい気持ちは理解できますが、

いちど休息して、じっくり考える時間を確保する

このような機会をもつことで、事態が好転することは往々にしてあります。

これまでの転職活動の進め方に、あなた自身が疲れを感じている今だからこそ、いちど歩みを止めて体制を整え直しましょう。

戦略的撤退こそが、転職成功の近道となるかもしれません。

疲れたままで無理して転職活動を続けるデメリットとは

ムリをして転職活動を続けても、正直デメリットしかありません。

必死に行動するがゆえに視野が狭くなり、客観的な判断で行動できなくなってしまうのです。

よくあるケースについて見ていきましょう。

応募しても企業に採用されない

企業の人事担当者は、たくさんの面接を行ってきた経験があるので、

採用担当者

この応募者には精神的な余裕を感じるな…

こういった点を、面接のなかで見分けることができます。

企業にとっても、面接は真剣勝負です。

限られた時間のなかで、より活躍が見込める人材を採用できるように、必死に向き合っています。

本人は前向きに取り組んでいるつもりでも、ふとした瞬間に疲れた様子は伝わってしまうもの

表情が暗く笑顔が少ない状態では、

採用担当者

一緒に仕事をしたいタイプではないかな…

このような印象を与えてしまうでしょう。

いちどネガティブなイメージを持たれてしまうと、いくらやる気や能力をアピールしても、採用にはつながりません。

活動が作業化して、熱量がなくなる

いくつもの企業に応募をしていると、

  • 転職活動に伴う一連の工程が作業化してしまう

というデメリットが生じます。

新しい応募先を見つけても、

また書類作成からか。同じことの繰り返しだな…

退職理由とか、もう何回書いたんだろう…

このような気持ちになりがちです。

新しい仕事や転職に対する熱意が薄れてしまうと、知らず知らずのうちに、応募書類の作成も雑になってしまいます。

人事担当者が書類選考するときに、

採用担当者

あまり意欲を感じないな…

こんなふうに思われてしまうので、内定をもらうことはできません。

焦りから心身を病んでしまう

不採用が続いていると、

自分はもう社会に必要とされない存在なのでは…

と落ち込んでしまうものです。

お金についても、いくら失業保険があるとはいえ、もらえる金額は退職前の50~80%ほど

貯金を切り崩しながらの生活であれば、いっそう不安が募っていくでしょう。

転職活動がうまくいかずに、心身が病んでしまうケースは珍しくありません。

  • 夜にぐっすり眠れない
  • 一日中、気分が落ち込む
  • 頭が重かったり、頭痛がしたりする
  • 食欲がなく、倦怠感がある

上記のような「就活うつ」の症状は、自責的な性格やプライドの高い性格の人に多く見られます。

思い当たる人は、要注意です。

一時的な休息を取り入れることで得られるメリット

疲れた状態のままで、必死に転職活動を続けるほど、精神や時間を消耗していきます。

そんなときは、勇気を持って「いったん休息する」ことを検討しましょう。

一時的な休息を取り入れることで、以下のようなメリットが享受できます。

ストレスを軽減できて、疲れも回復できる

転職活動は、情報収集や書類作成をこなすため、とにかく時間に追われることが多くなります。

在職中に仕事探しをしている人なら、なおさらきついスケジュールで行動していることでしょう。

一定の休息期間をとって、身も心も落ち着かせることで、

時間に追われるような感覚はなくなったかも…

このような気分になって、冷静さを取り戻せます。

休息の期間中は、

いちど頭の中から「転職」の文字を完全に消し去る

というのがポイントです。

心身のリフレッシュを図る方法は、さまざまにありますが、

  • カフェでのんびり過ごす
  • 映画を鑑賞しにいく
  • 旅行に出かける
  • 子どもとトコトン遊ぶ

上記のようなことを楽しみながら、数日~1週間ほど休暇を取ることで、心身を相当にリフレッシュできるでしょう。

たとえば以下の転職体験談では、焦って転職したことでブラック企業に入社してしまい、すぐに退職するはめに……

しかし、転職活動をすぐに再開せず、京都観光で紅葉を楽しんでリフレッシュすることで、ホワイト企業への転職成功につながったのです。

うまくいかない原因を振り返ることで、行動計画を明確にできる

転職活動をいったん休息することで、

  • 時間の制約を受けずに、転職活動の振り返りができる

ということもメリットです。

応募しても不採用が続いてしまう原因を、いちどじっくり考えてみましょう。

今後は何をするべきか、行動計画を明確にできるはずです。

振り返りと行動計画の例

内定を勝ち取るためには、足りていないことを一つずつ補っていく必要があります。

焦る気持ちを抑えて、「いまやるべきこと」を積み重ねていきましょう。

休息を取ったくらいのブランクではマイナスにならない

転職活動を中断することに対して、

ブランク期間が増えてマイナスになるのでは…

このような不安を感じる人もいるでしょう。

しかし、数週間~1ヶ月程度の休息を取ったくらいでは、企業側のイメージが大きく変わることはありません

休息を取ってブランクが発生するデメリットよりも、リフレッシュして体制を再構築することのほうが、格段によい結果につながるはずです。

8ヶ月を超えるブランクは、企業側がネガティブに捉える可能性がある

どれくらいのブランク期間があると、企業はマイナス要素として認識するのでしょうか?

企業の人事担当者を勤めているKTOY(当サイトライター)の見解では、

おおよそ8ヶ月程度

というのが、ひとつのボーダーラインとなります。

理由としては、前職を自己都合で退職した場合に、失業給付を受給できる最長期間が8ヶ月(待機期間の3ヶ月を含む)となるからです。

もしブランク期間が8ヶ月以上ある場合は、

採用担当

仕事の勘が鈍っているのではないか…

このような懸念から、企業側がブランク期間をネガティブに捉える可能性が高まります。

逆にいうと、一時的な休息をとったとしても、

活動期間が数週間~1ヶ月くらい延びたところで、企業側に与えるイメージはほとんど変わらない

というのが実際のところでしょう。

ブランクはプラスのイメージに変えられる

8ヶ月を超えるようなブランクであれば、企業側はネガティブ要素としてとらえるでしょう。

しかし、どんなに長期間のブランクだったとしても、伝え方次第でプラスのイメージを与えることは可能です。

実際に、当サイトへ寄せられた転職体験談のなかでも、

5年のブランク期間を経て、誰もが知る有名企業へ再就職しました

このようなエピソードをご紹介しています。

疲労困憊の表情で面接にのぞむより、リフレッシュして転職活動を再開する方が、はるかに好印象を与えられるはずです。

計画性をもって、休息期間を設けましょう。

40代の転職を成功させるために押さえておきたいこと

40代の転職には「40代なりの攻略法」があるので、若い頃と同じ感覚で転職活動に挑んでしまうと、厳しい戦いが待ち受けているかもしれません。

転職活動では、以下のポイントを必ず押さえておきましょう。

これまでの経験を棚卸しして、スキルを言語化する

40代の転職者に対しては、若い頃のように「ポテンシャル(伸びしろ)に賭けてもらえる」といった特典はありません。

「今後の可能性に期待」という悠長な姿勢はなく、入社してすぐに結果を出すことを求められます

選考をするなかで、

採用担当

この人ならすぐに活躍してくれそうだ!

このような確証が持てない限りは、企業側が内定を出すことはないでしょう。

企業側に即戦力であると思ってもらうためには、

自身が持っている強み(スキル)

上記について、しっかりアピールしなければなりません。

そんなこと言われても、特別なスキルなんてないのだけど…

このように思う方もいるかもしれませんが、これまでやってきた経験を的確に表現することで、スキルと認識されるものは誰にでもあります

以下の記事を参考にして、これまで自分がやってきたことを、スキルとして言語化してみましょう。

転職への”動機づけ”を明確にしよう

転職準備をしっかり進めることに合わせて、転職に対する”動機づけ”を明確にしておくことが重要です

採用面接で、面接官に転職の動機を聞かれたときに、

御社の事業内容に魅力を感じました

上記のような回答では、さすがに選考を通過するのは難しくなります。

退職理由にも、転職理由にもなり得る“ポジティブ”な理由目標を、しっかりと決めておきましょう。

転職の動機を明確にしておけば、転職活動が長期化した際にも、原点回帰できるのでとても重要です。

なお、転職の動機については、

  • 退職理由
  • 転職理由
  • 志望動機

上記のような要素として、面接で必ず質問される内容です。

それぞれにはノウハウが存在していますので、以下の記事などを参考にして、しっかりと対策しておきましょう。

▼あわせて読みたい記事▼

応募先の企業研究を徹底的におこなう

転職活動における企業研究は、「研究」という言葉がついていますが、実際にはリサーチに近いものです。

インターネット上でたいていの情報を収集できますので、労を惜しまずにおこなっていきましょう。

企業研究のコツは、応募企業を1から10までつぶさに調べあげるのではなく、優先順位をつけて情報収集をしていくことです。

企業研究する目的と収集する項目
  1. 面接に合格するための企業研究
    沿革、経営者情報、商材の特性、売上高、取引先情報、競合情報、中期経営計画(企業理念含む)、業務内容など
  2. 入社するか判断するための企業研究
    年収や評価制度、産休・育休取得状況、ワークライフバランス(残業や有給)など

待遇や働き方に関する項目は、内定が近づいた段階の調査でも構いません。

書類選考・面接対策としては、できるだけに関する項目を集めて、履歴書や面接の志望動機作成に活用していきましょう。

企業研究で集めた情報は、

上記のように、活用する場面は多岐に渡ります。

たくさんの企業情報を集めれば集めるほど、他社比較などもできて知識に厚みが出ますので、早めに取り掛かりましょう。

企業研究のやり方については、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

応募書類をしっかりと作り込む

転職するうえで最初の関門となるのが、書類審査に合格することでしょう。

転職活動の際に求められる一般的な応募書類は、以下の2点です。

人事担当者が応募書類に目を通す時間は、わずか数分ほどしかありません

その時間のなかで、

私は貴社が求める人物です!

ということを証明する必要があるのです。

40代が書類選考を通過するために押さえるべきポイントは、応募書類(履歴書・職務経歴書)の書き方でご紹介していますので、あわせてご確認ください。

40代の転職が決まらない理由を対策する

転職先がなかなか決まらずに失敗してしまう人は、40代の転職が決まらない理由を把握しておらず、しっかり対策できていないことが多いです。

以下の5つの決まらない理由を押さえて、転職活動を進めるようにしましょう。

40代の転職が決まらない5つの理由
  1. 準備不足
    自分自身の準備に原因がある
  2. スキル不足
    自身のスペックが足りていない
  3. 研究不足
    企業側とのやり取りで失敗している
  4. 戦術不足
    転職活動の進め方に問題がある
  5. 需要不足
    転職市場に問題がある

それぞれの対策については、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

まとめ:転職活動に疲れた40代は、休息の時間を取って体制を整えるべき!

今回は、長引く転職活動に疲れを感じている40代の方に向けて、

  • 40代の転職活動は甘くない!焦らずじっくり取り組むべき
  • 疲れたまま転職活動を続けるデメリット
  • 一時的な休息を取り入れるメリット
  • 40代の転職に成功するためのポイント

上記のような内容についてお話ししてきました。

転職活動に疲れを感じているのなら、勇気を持って休息を取りましょう

厳しい状況でムリして活動を続けても、デメリットしかありません。

焦りやストレスで心身で病んでしまえば、長期離脱となってしまい、かえって転職成功が遠のいてしまいます。

戦略的撤退こそ、転職成功への近道です

しっかりとリフレッシュした後は、これまでの転職活動を振り返り、行動計画を再構築しましょう。

転職エージェントなどの客観的な視点を取り入れながら、これまで足りていなかった部分を補っていけば、転職成功への道筋が見えてくるはずです。

▼この記事の満足度をお聞かせください▼

4.0 ( 1 )

セカンドゴングは40代の転職を応援しています!

40代の転職を応援しています!

当サイト(セカンドゴング)では、40代の転職に特化した転職ノウハウについて、

  • 実際に40代で転職を経験した人
  • 企業の採用担当・キャリアコンサルタントなど、転職活動に知見を有する人

上記のようなメンバーが数多くの記事を提供しています。

セカンドゴングの概要と執筆メンバーの一覧はこちら

転職活動の流れと攻略するコツについて、以下の記事でわかりやすくまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

また、当サイトにノウハウを提供している転職サポーターが、あなたの転職活動をお手伝いします

さまざまなサポートをご用意していますので、悩みがある方はお気軽にご相談ください。

転職サポーターの支援メニューはこちら

この記事を書いた人

40代男性、神奈川県在住。運送業界で管理職として奮闘するも、家族との時間を大切にしたいと40歳で転職。本業+副業でワークライフバランスを実現しました。仕事や働き方に関する悩みについて、役立つ情報や考え方をお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

40代で転職するなら、実践したい仕事の探し方

40代向けの求人は、20~30代向けの求人数と比べて少ないので、

応募したい仕事がなかなか見つからない…

このような状況になる場合も多く、効率よく求人を見つけることが重要です。

ここでは、40代が転職を成功させるために、無駄なく仕事を探すためのポイントをご紹介します。

40代におすすめの転職サイトに登録する

まずいちばん初めにしておきたいのは、転職サイトへの登録です。

すぐには希望通りの案件が見つからなくても、転職のための情報量の多さはダントツですし、無料で利用できますから、ぜひ登録しておきましょう。

大手の転職サイトであれば、常に数多くの求人情報が掲載されており、高度な検索機能があるので、

職種 / 地域 / 年収 / 福利厚生 など

上記のような条件で、求人を簡単に絞り込むことができます。

40代向けの求人を効率的に集めるには、

40代歓迎
年齢不問

といったキーワードで検索してみましょう。

また、ひととおり求人を眺めたなかで、掲載写真に年配者が写っている求人を探してみてください。

若手でなくても構わないですよ

企業側のこのようなメッセージかもしれません。

転職サイトの選び方や活用する方法、40代におすすめの11社を以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

40代向けのおすすめ転職サイト11選はこちら

転職エージェントの活用は必須!複数に登録しておく

転職活動を進めるには、かなりの労力が必要であり、ノウハウも必要となってきます。

あれもこれも一人でやるのは、本当に大変なものです…

そこでおすすめしたいのが、転職に必要な一連の作業をフォローしてくれる、「転職エージェント」を活用すること。

転職のプロによるサポートを受けることで、以下のような、たくさんのメリットを得ることができます

転職エージェントを利用するメリット
  • 転職サイトなどに出回っていない、40代向けの非公開求人を紹介してもらえる
  • 履歴書や職務経歴書の添削をしてもらえる
  • 面接対策のサポートをしてもらえる
  • 業界や企業について、独自の情報を提供してもらえる
  • 求人企業について、気兼ねなく質問できる
  • 選考に落選した理由を教えてくれるので、次への対策が打てる
  • キャリアや市場価値をプロの視点で見定めて、アピールするべき自身の強みを教えてくれる
  • 応募企業との連絡や日程など、エージェント担当者が間に入って調整してくれる
  • 入社時期や年収条件など、交渉ごとを代行してくれる

40代が無駄なく効率的に転職活動を進めるうえで、利用しない手はないサービスです。

しかも、転職エージェントは人材が採用されたときに、企業から成功報酬を得るビジネスモデルのため、転職者は無料で利用することができます

エージェントとの相性を見極めて厳選するという前提で、最初から3~4社ほどに登録しておきましょう。

転職エージェントの選び方については、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

40代が支持する転職エージェント7選はこちら

ハローワークなどの公共就職支援サービスを利用する

ハローワークは心強い味方

ハローワークは、転職サイトと比較すると求人の詳細がわかりにくく、待遇面で見劣りすることが多いので、利用を敬遠している人もいるかもしれませんね。

ですが40代の転職においては、ハローワークも積極的に活用しましょう

ハローワークを利用することで、以下のようなメリットを得ることができます。

ハローワークを利用するメリット
  • 仕事の種類が豊富で求人数が圧倒的に多い
  • ハローワークだけの独自求人がたくさんある
  • 職業相談の窓口が充実しており、気軽に相談できる
  • 子育て中の仕事探しを支援するマザーズコーナーがある
  • 職業訓練を受けて、資格やスキルを習得できる

ハローワークは公共の職業紹介機関ですから、企業は無料で求人を掲載することが可能です。

そのため、

ブラック企業の求人が紛れているのではないか…

こういった心配をしている人もいるでしょう。

ですが、質の悪い求人は見分けることができますし、窓口で確認すれば、さまざまな情報を教えてもらえます。

  • 現在失業中である
  • 地元企業への就職を希望している
  • 未経験の仕事に転職したい
  • 子育て中である

上記のような方であれば、利用しないのはもったいないサービスですよ。

また、公共の就職支援サービスはハローワークだけではありません

人材紹介会社による委託運営がされていて、転職エージェントのような充実したサービスを用意している地域もあります。

ハローワークなどの公共支援サービスについては、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

ハローワークや公共支援サービスの詳細はこちら

紹介予定派遣で転職する方法もある

転職するひとつの方法として、紹介予定派遣を利用することも有効です。

最初の2~6ヶ月を派遣社員として勤務して、派遣勤務の期間が経過した段階で、労働者と企業の双方が合意すれば、正社員になることができます

紹介予定派遣を利用するメリットは、以下のとおりです。

紹介予定派遣を利用するメリット
  • 最初は派遣社員として入社するので、ワークライフバランスがとりやすい
  • 直接雇用される前に、仕事内容や職場の雰囲気を確認できる
  • 必要な人材であることを、働きながら直接アピールできる
  • 未経験の業務にもチャレンジしやすい
  • 合わないときは断ることもできる

もちろんメリットばかりではありませんが、まずは大手の派遣会社に2~3社登録して、紹介予定派遣にはどのような求人があるかを、いちど確認してみましょう。

紹介予定派遣を利用するメリットやデメリット、40代が採用されるコツなどは、以下の記事でご紹介していますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

紹介予定派遣の詳細、おすすめの派遣会社はこちら

目次