転職成功の近道! 40代が支持するエージェントはこちら
4.6 ( 5 )

40代は転職に失敗すると悲惨…回避するために必要なことは?

エノ

40代を元気にする「おっさんブログ」というサイトを運営しているエノと申します!

40代で転職を考える多くの人は、

  • 収入が頭打ちなので、思い切って転職に挑戦したい
  • 単身赴任が長く、転職して家族と暮らしたい
  • 複数回の転職経験があるが、次に失敗したらどうしよう…

こういった悩みや不安を抱えているはず。

40代での転職。何が成功なのか。どうなってしまったら失敗なのか?

わからないことも多いですよね……

かくいう筆者も、40代前半で転職を経験しています。

具体的には、

【大手有名小売業店長職】 ➡ 【大手冷凍食品生産工場マネージャー】

管理職の立場で、全くの異業種へ仕事を変えました。

単身赴任生活が長く、メンタルを壊して家族と生活したい一心だったのです……

この記事では、筆者の悲惨な転職体験を伝えながら、40代転職の成功と失敗について、以下のように定義しています。

40代転職の成功と失敗の定義
  • 転職成功とは
    転職先で何があっても生き残り、安定した生活を送れるようになること
  • 転職失敗とは
    すぐに辞めてしまうこと

これは、筆者が体感した絶対的な結論といえます。

40代で転職するのなら、すぐに辞めてしまって、

家族を悲惨な末路に追い込んでしまう

というのが、一番やってはいけないことです。

内定を貰えたからといって、安心してはいけません!

この記事を読むことで、悲惨な事態を回避するために必要なことをお伝えし、40代転職成功のきっかけになることを約束します。

40代での転職は、失敗の許されない人生最後の挑戦と考えるべきです。

いま動かねば「もう求人はない」と考えて挑みましょう。

目次
この記事の執筆者
エノ

エノ

40代男性、埼玉県在住。転職を3回経験。大手小売業で店長職を10年以上務め、40代で異業種の大手食品工場マネージャーへ転職。他人の評価に人生を左右される会社員脱却を目指す副業ブロガー。記事に想いを載せます。まだ間に合う。それが40代!

「悲惨だ」「失敗かも」と感じる瞬間は、40代の転職なら誰にでもある

40代の転職で入社して、

ヤバい、失敗したかもしれない…

悲惨なブラック企業なのでは?

このように思ってしまう出来事は、はっきり言って誰にでもあります。

たとえそう思ったとしても、その出来事を乗り越えて会社で生き残れれば、それは転職失敗ではありません。

内定は通過点でしかない。転職成功はその先にある

40代で転職するということは、ほとんどの人が、

これを最後の転職にしたい…

このように考えているはずです。

軽い気持ちで、

ダメだったら、また次を探せばいいや…

と考えて入社する人はいないでしょう。

あなたは何のために、40代で転職することを考えていますか?

家族と安定した生活を送ること

こういった目標あるのではないでしょうか。

もしそうであれば、内定がもらえても転職先で耐え切れずにすぐに辞めてしまったら、それは転職成功とはいえません。

転職先で辛いことがあっても、向き合って乗り越えて生き残ることが、本当の意味で「転職成功」といえるでしょう。

事前に成功の定義をしっかり定めておくことで、家族もろとも悲惨な末路に追い込まれる事態を回避できます。

あなたの「辞め癖」が試される

40代での転職を考えるにあたって、

  • 年収が下がる
  • 年下の上司に指示をされる
  • 勤続年数の長い一般社員ににらまれる
  • 即戦力として実力を試される
  • 若手社員にプレッシャーをかけられる

上記のような覚悟はできていますか?

そして、もっとも悲惨な現実をお伝えせねばなりません。

40代の転職者に対しては、

どうせすぐ辞める人ばかりだろう…

このように思われているのが現実なのです。

エノ

この現実を入社前に想定しておくことが重要です!

どんなに大手優良企業であったとしても、会社は人の集まりで成り立っており、人間関係によって運営されています。

その人間関係の輪に、40代から割って入っていく覚悟はありますか

それができなければ、その転職は失敗。40代で無職無収入という悲惨な生活が近づきます。

悲惨な体験をしても、受け流して乗り越える覚悟が必要

40代で転職するということは、少なからず今まで失敗を積み重ね、重い決断に至っているはずです。

これだけはゆずれない!

こうだったらいいな…

といった条件がいろいろあるでしょう。

しかし、残念ながら完璧な環境など存在しません

40代であれば、

転職は失敗だったかな…

と感じても、その出来事を受け流して乗り越える、忍耐や適応力が求められます。

筆者が40代で転職した職場でも、サービス残業やパワハラが横行していました。

誰もが知っている大手企業の工場です。

入社前はそんな想像はなく、ホワイトなイメージをもっていました。

エノ

入社前に想像していた社風と大きなギャップがありました…

もっとも厳しく悲惨に感じた出来事。それは労災を隠すのが当たり前という会社の闇。

そういった厳しい局面にも正面から向き合い、会社を辞めずに生き残る道を選びました。

それが、入社前に自分自身で誓った、たった一つの約束だったからです。

  • 転職失敗してしまったのか?
  • すぐに辞めたら、悲惨な無職人生になるのか?

いろいろなことが頭をめぐりましたが、ここで辞めたら本当の転職失敗になります。

40代転職でもっとも重要なこと。

それは、辞めないで会社で生き残り、家族との生活を守ることなのです。

【見極めが必要】注意したい求人の特徴とは

そうはいっても、あきらかなブラック企業に入社してしまったら、さすがに耐えるのは厳しいでしょう。

大手転職サイトに掲載されているなかでも、本当に悪質な求人は実際に存在します。

そういった求人の特徴をまずは知っておきましょう。

40代歓迎で未経験OKってどんな仕事?

とくに営業職の求人で多いのが、「40代歓迎」というキャッチフレーズ。

基本的に、40代での転職に経験は必須です。

にもかかわらず、未経験歓迎とはどういう意味なのか……

このパターンの場合は、

行き場のない40代の求職者を狙ったブラック求人である

と判断しましょう。

40代なのに未経験歓迎ということは、

若い人が応募してこないから、40代でも歓迎しますよ…

という意味です。

つまり、「誰でも良い」「誰でも出来るような仕事です」ということ。

営業職求人の中でも、離職率が非常に高い飛び込み営業やピンポン営業、悪質な強引なセールスの場合も少なくありません。

対個人営業職では、このような求人がまだまだ存在しています。

40代で営業職への転職を考えているのなら、こういった求人には注意しましょう。

新着求人をずっと出している企業には理由がある

毎週、なぜか大手転職サイトに新着求人が入っている。

こういった企業には注意しましょう。

それだけ頻繁に社員が辞めてしまって、人材が不足しているということです。

そういう求人に限って、

  • 年齢不問
  • 転職回数不問
  • 40代・50代歓迎
  • 月給40万円スタート

上記のような、甘い言葉が並んでいます。

エノ

はっきりって、あり得ません!

年齢不問で月給40万円スタート。

40代で失業し、メンタル的に弱っている人を食い物にするような求人です。

絶対にこういう罠にハマってはいけません!

年収レンジが広すぎる求人も要注意

転職を考えたことがあるなら、

  • 月給19万円 ~ 60万円
  • 年収250万円 ~ 1000万円

上記のような、給与レンジが異常に広い求人を目にしたことがあるはずです。

これらの求人は、決まって「実力主義」とか「成果報酬」とか書いてあります。

エノ

ダメです。ほとんどが最低年収!

ほとんどが個人営業で、件数や売上で決まる報酬です。

そんな不安定な仕事で、残りの人生ずっと生きていけるでしょうか?

いくら自信があったとしても、そういった企業は、40代社員を使い捨てにしか考えていません

離職率も異常に高く、長時間労働は当たり前。

長く働きたい40代の転職活動で、最大の敵といえる存在でしょう。

40代でも転職市場は活発に! 転職エージェントを頼ろう

2021年12月に『ミドルの転職』が発表した資料によると、

2022年はミドル世代を対象とした求人がさらに増える

という動向を予想しています。

★ 8割のコンサルタントが「2022年は35歳以上のミドルを対象とした求人が増加する」と回答。

★ 2022年にミドル求人が増加する理由、トップは「景気回復の兆しが見えてきたため」。2020年に実施した前回調査(2021年の予測)と比較し、15ポイント増加。

★ 増加が予想されるミドルの求人トレンド、企業タイプは「中堅・中小企業」、業種は 「IT・インターネット」、ポジションは 「課長クラス」、職種は「技術系(IT・Web・通信系)」。

★ 86%のコンサルタントが「2022年はミドル人材にとって、転職に適した年だと思う」と回答。

出典:エン・ジャパン『2022年「ミドルの求人動向」調査』

以前は「転職は35歳まで」と言われていましたが、今は状況が変わっており、転職市場が40代を積極的に受け入れ始めています。

転職に必要な一連の作業をフォローしてくれる「転職エージェント」の力を頼って、転職活動を有利に進めましょう。

転職エージェントに登録するメリットとは?

転職のプロによるサポートを受けることで、以下のような、たくさんのメリットを得ることができます

転職エージェントを利用するメリット
  • 転職サイトなどに出回っていない、40代向けの非公開求人を紹介してもらえる
  • 履歴書や職務経歴書の添削をしてもらえる
  • 面接対策のサポートをしてもらえる
  • 業界や企業について、独自の情報を提供してもらえる
  • 求人企業について、気兼ねなく質問できる
  • 選考に落選した理由を教えてくれるので、次への対策が打てる
  • キャリアや市場価値をプロの視点で見定めて、アピールするべき自身の強みを教えてくれる
  • 応募企業との連絡や日程など、エージェント担当者が間に入って調整してくれる
  • 入社時期や年収条件など、交渉ごとを代行してくれる

無駄なく効率的に転職活動を進めるうえで、利用しない手はないサービスです。

しかも、転職エージェントは人材が採用されたときに、企業から成功報酬を得るビジネスモデルのため、転職者は無料で利用することができます

職務経験や能力などで即戦力と見られる40代。

エージェントに相談することで、今後の方向性や業界の絞り方、目標設定など、転職に関するさまざまな情報を提供してもらえます。

そして何より、ブラック企業に引っかかる確率が大きく減ります

転職エージェントも、紹介者が企業で戦力にならないと報酬が貰えない仕組みなので、必死に後押ししてくれるのです。

40代求職者におすすめの転職エージェント4選

筆者が40代の求職者におすすめしたいのは、以下の4つのサービスです。

40代におすすめの転職エージェント
  • リクルートエージェント
    業界最大手で求人数が圧倒的に多く利用者も多い。経験に見合った求人を紹介してくれます
  • ビズリーチ
    ハイクラス転職を目指すならこちら。「年収を上げてやろう!」と挑戦する人に向いています
  • dodaエージェント
    転職サイトと連動してエージェントも利用できる。40代で未経験業種へ挑戦できる求人を扱っている
  • パソナキャリア
    担当の方が徹底的にアドバイスやダメだしをしてくれました。書類通過に強いエージェントという印象

エージェントとの相性を見極めて厳選するという前提で、最初から複数のサービスに登録しておきましょう。

転職エージェントの選び方については、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

【体験談】パソナキャリアでハイクラス転職に挑戦!

筆者の転職活動では、リクルートエージェントパソナキャリアに登録。

とくにパソナキャリアの紹介求人では、ハイクラス転職の可能性を知りました。

40代の転職では、マネージメント経験とコミュニケーション力があるなら、思いもよらない高給のポジションに挑戦できる可能性があります。

エノ

必ずしも、それが転職成功につながるとは限りませんが…

それでも、40代で人生をかけた挑戦をするならば、ハイクラス転職、年収1000万円に挑戦する道も悪くないのではないでしょうか?

筆者が、超大手不動産企業の法人営業部へ最終面接に行ったときの話です。

面接時に、こう問われました。

面接官の質問 ①

弊社は、数百億円の取引を営業部に任せ、大きな決済をしてもらいます。

これにふさわしい報酬をお支払する代わりに、途方もない責任も持ってもらうのです。

あなたは受け止めることが出来ますか?

面接官の質問 ②

弊社は、国内だけでなく海外の経営層へのアプローチも展開しており、経営者と英語でコミュニケーションを取ってもらい、契約を勝ち取ってもらいます。

メンタルは強くなくてはいけません。その責務を全うできますか?

筆者は心が燃え、若いころに感じていた仕事への情熱がよみがえるのを感じました。

エノ

自分の実力を発揮し、結果を出してみたい。もう一度挑戦してみたい!

という衝動に駆られたのです。

しかし、結果は不採用でした。こういう求人に挑戦できたことに感謝の念があります。

40代は転職エージェントの活用が成功の近道

転職エージェントは、ハイクラスだけでなく、幅広く管理職層の求人を持っています。

40代は、エージェントにまず認められる必要があり、そこで自分の経験を棚卸し、どういった職種へ挑戦するのかも含め、相談することが最善策です。

たとえハイクラス求人で内定を勝ち取り、入社できたとしても、

責任が重すぎて耐えきれない…

と退職してしまっては意味がありません。

それこそ、転職失敗となり、悲惨な人生の幕開けとなるだけです。

自分の身の丈に合うのか正直に向き合い、長く続けられる環境を求めることが、40代求職者にもっとも必要な条件といえるでしょう。

まとめ:40代の転職活動で悲惨な末路を回避するために。心の強さを持とう!

今回は、自身の悲惨な転職体験を伝えながら、40代転職の成功と失敗について、筆者なりの見解をお話ししました。

40代転職の成功と失敗の定義
  • 転職成功とは
    転職先で何があっても生き残り、安定した生活を送れるようになること
  • 転職失敗とは
    すぐに辞めてしまうこと

40代で転職してすぐに辞めてしまうこと。これは人生にとって本当に悲惨で致命的です。

転職は失敗だったかな…

と感じても、その出来事を乗り切れるかどうか。

忍耐や適応力が求められます。それが40代です。

  • 年収ダウン
  • 年下の上司
  • 辞め癖を疑われる環境

上記のような状況は、40代で転職するのであれば、どこに行ってもつきまとうこと。

あらかじめ想定をしておき、耐えられるメンタルを持ちましょう。

生き残れていれば、失敗ではありません。

つまり、失敗したと感じたり、悲惨だと感じたりしても、それはまだ転職失敗ではないのです。

あなたは何のために40代で転職することを考えていますか?

家族を大切にし、地道に働いていきたい…

このような思いであるのなら、その初心を大切にすれば、40代での転職は成功できます。

40代の転職は、人生最後の挑戦。

その気持ちを大切にして、転職が決まって働き始めた後も、初心を持ち続けて頑張りましょう。

それこそが、40代転職を成功させる秘訣です。

▼この記事の満足度をお聞かせください▼

4.6 ( 5 )

セカンドゴングは40代の転職を応援しています!

40代の転職を応援しています!

当サイト(セカンドゴング)では、40代の転職に特化した転職ノウハウについて、

  • 実際に40代で転職を経験した人
  • 企業の採用担当・キャリアコンサルタントなど、転職活動に知見を有する人

上記のようなメンバーが数多くの記事を提供しています。

セカンドゴングの概要と執筆メンバーの一覧はこちら

転職活動の流れと攻略するコツについて、以下の記事でわかりやすくまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

また、当サイトにノウハウを提供している転職サポーターが、あなたの転職活動をお手伝いします

さまざまなサポートをご用意していますので、悩みがある方はお気軽にご相談ください。

転職サポーターの支援メニューはこちら

この記事を書いた人

40代男性、埼玉県在住。転職を3回経験。大手小売業で店長職を10年以上務め、40代で異業種の大手食品工場マネージャーへ転職。他人の評価に人生を左右される会社員脱却を目指す副業ブロガー。記事に想いを載せます。まだ間に合う。それが40代!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

40代で転職するなら、実践したい仕事の探し方

40代向けの求人は、20~30代向けの求人数と比べて少ないので、

応募したい仕事がなかなか見つからない…

このような状況になる場合も多く、効率よく求人を見つけることが重要です。

ここでは、40代が転職を成功させるために、無駄なく仕事を探すためのポイントをご紹介します。

40代におすすめの転職サイトに登録する

まずいちばん初めにしておきたいのは、転職サイトへの登録です。

すぐには希望通りの案件が見つからなくても、転職のための情報量の多さはダントツですし、無料で利用できますから、ぜひ登録しておきましょう。

大手の転職サイトであれば、常に数多くの求人情報が掲載されており、高度な検索機能があるので、

職種 / 地域 / 年収 / 福利厚生 など

上記のような条件で、求人を簡単に絞り込むことができます。

40代向けの求人を効率的に集めるには、

40代歓迎
年齢不問

といったキーワードで検索してみましょう。

また、ひととおり求人を眺めたなかで、掲載写真に年配者が写っている求人を探してみてください。

若手でなくても構わないですよ

企業側のこのようなメッセージかもしれません。

転職サイトの選び方や活用する方法、40代におすすめの11社を以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

40代向けのおすすめ転職サイト11選はこちら

転職エージェントの活用は必須!複数に登録しておく

転職エージェントは40代に必須のサービス

転職活動を進めるには、かなりの労力が必要であり、ノウハウも必要となってきます。

あれもこれも一人でやるのは、本当に大変なものです…

そこでおすすめしたいのが、転職に必要な一連の作業をフォローしてくれる、「転職エージェント」を活用すること。

転職のプロによるサポートを受けることで、以下のような、たくさんのメリットを得ることができます

転職エージェントを利用するメリット
  • 転職サイトなどに出回っていない、40代向けの非公開求人を紹介してもらえる
  • 履歴書や職務経歴書の添削をしてもらえる
  • 面接対策のサポートをしてもらえる
  • 業界や企業について、独自の情報を提供してもらえる
  • 求人企業について、気兼ねなく質問できる
  • 選考に落選した理由を教えてくれるので、次への対策が打てる
  • キャリアや市場価値をプロの視点で見定めて、アピールするべき自身の強みを教えてくれる
  • 応募企業との連絡や日程など、エージェント担当者が間に入って調整してくれる
  • 入社時期や年収条件など、交渉ごとを代行してくれる

40代が無駄なく効率的に転職活動を進めるうえで、利用しない手はないサービスです。

しかも、転職エージェントは人材が採用されたときに、企業から成功報酬を得るビジネスモデルのため、転職者は無料で利用することができます

エージェントとの相性を見極めて厳選するという前提で、最初から3~4社ほどに登録しておきましょう。

転職エージェントの選び方については、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

40代が支持する転職エージェント7選はこちら

ハローワークなどの公共就職支援サービスを利用する

ハローワークは心強い味方

ハローワークは、転職サイトと比較すると求人の詳細がわかりにくく、待遇面で見劣りすることが多いので、利用を敬遠している人もいるかもしれませんね。

ですが40代の転職においては、ハローワークも積極的に活用しましょう

ハローワークを利用することで、以下のようなメリットを得ることができます。

ハローワークを利用するメリット
  • 仕事の種類が豊富で求人数が圧倒的に多い
  • ハローワークだけの独自求人がたくさんある
  • 職業相談の窓口が充実しており、気軽に相談できる
  • 職業訓練を受けて、資格やスキルを習得できる

ハローワークは公共の職業紹介機関ですから、企業は無料で求人を掲載することが可能です。

そのため、

ブラック企業の求人が紛れているのではないか…

こういった心配をしている人もいるでしょう。

ですが、質の悪い求人は見分けることができますし、窓口で確認すれば、さまざまな情報を教えてもらえます。

  • 現在失業中である
  • 地元企業への就職を希望している
  • 未経験の仕事に転職したい

上記のような方であれば、利用しないのはもったいないサービスですよ。

また、公共の就職支援サービスはハローワークだけではありません

人材紹介会社による委託運営がされていて、転職エージェントのような充実したサービスを用意している地域もあります。

ハローワークなどの公共支援サービスについては、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

ハローワークや公共支援サービスの詳細はこちら

紹介予定派遣で転職する方法もある

転職するひとつの方法として、紹介予定派遣を利用することも有効です。

最初の2~6ヶ月を派遣社員として勤務して、派遣勤務の期間が経過した段階で、労働者と企業の双方が合意すれば、正社員になることができます

紹介予定派遣を利用するメリットは、以下のとおりです。

紹介予定派遣を利用するメリット
  • 最初は派遣社員として入社するので、ワークライフバランスがとりやすい
  • 直接雇用される前に、仕事内容や職場の雰囲気を確認できる
  • 必要な人材であることを、働きながら直接アピールできる
  • 未経験の業務にもチャレンジしやすい
  • 合わないときは断ることもできる

もちろんメリットばかりではありませんが、まずは大手の派遣会社に2~3社登録して、紹介予定派遣にはどのような求人があるかを、いちど確認してみましょう。

紹介予定派遣を利用するメリットやデメリット、40代が採用されるコツなどは、以下の記事でご紹介していますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

紹介予定派遣の詳細、おすすめの派遣会社はこちら

目次