40代男性の転職

【41歳男性の転職】焦らずじっくり活動してホワイト企業へ入社できた!

私は、前職に12年間勤めていましたが、市場の変化で会社の経営が傾いてしまい、希望退職に応募しました。

当時は東日本大震災の後で、リーマンショックの影響もまだ色濃く、転職市場は冷え込んでいたのです。

本当に紆余曲折のある転職活動でした。
焦りが強くなり、とんでもないブラック企業に入ってしまったり…

しかし粘り強く活動に取り組んだところ、ある時期を境に状況が好転していったのです。

そして最後には、ある大企業ブランドのホワイト企業へ転職することができました。

今回の記事では、私が41歳でホワイト企業への転職を果たした体験談についてお話しします。

ITベンチャーの経営が傾き希望退職に応募

私が転職活動を始めたのは、技術トレンドの移り変わりの早い、IT業界ならではの理由でした。

前職は急成長したIT系のベンチャー企業でしたが、大きな利益を生み出していたのはひとつの主力商品だけ。

しかしその主力商品が、時代の変化で売れなくなってしまったのです。

そこで会社は退職希望者を募りました。

人事担当
人事担当
今ならまだ余力があるので、割増の退職金と転職支援プログラムをつけられますよ

この状況では、いずれは私も退社を余儀なくされるだろうと、少しでも条件が良いうちに、辞めて転職することを決意したのです。

想像以上に厳しい転職市場、わかっていたけど甘かった

転職市場が良い状況でないことは理解していました。

しかし退職届を出した時点では、何の根拠もないのに私は楽観的だったのです。

きっと数ヶ月もすれば転職できるだろう
できれば前職よりも、良い会社に転職したいな

このような甘い考えを抱いていました。

しかし実際に活動を始めてみると、想像よりも大変な現実がすぐに見えてきたのです。

応募したい会社が見つからない

早速、会社が用意してくれた転職支援プログラムを使って、応募できそうな企業を探しました。

ところが求人を見ると特定派遣の会社ばかり。
今では法改正で廃止されて無くなりましたが、当時は非常に多かったのです。

うーん、みんな特定派遣の登録企業だな…

前職では派遣のプログラマを受け入れる立場でしたが、自分が特定派遣で入社したいとは思えませんでした。

友人の紹介で、いくつか転職エージェントにも相談しました。

立派な会社もありましたが、要求される条件が限定されている求人ばかりです。

転職支援プログラムのエージェントに促されて、リクナビ、エン・ジャパンなどの転職サイトや、ハローワークなどでも求人を探しました。

それでも応募したい会社は見つかりません。
そこでやむなく条件を下げて、特定派遣の会社も受けてみることにしたのです。

40代の厳しい転職市況に焦りを感じ始める

条件を変えて活動を始めると、時間が経つにつれて面接まで行けることが増えてきました。

しかし、面接で実際に会社を訪れてみると、

ちょっと、この会社は納得できないかな…

このように感じることが多かったです。

ある時などは、面接先の企業が入居しているビルの看板をふと見たら、ハローワークでよく見かける会社名がずらりと並んでいます。

何なのこのビル?つまり、みんな関連会社なのか…

その時は引いてしまって、面接をキャンセルして帰ろうかとすら思いました。

ちゃんと受けてきましたけどね…。

また、期待していたある会社の面接では、こんなことを言われました。

社長
社長
ワハハ、本気でウチに来てくれるんならとってもいいよ
本当ですか、ありがとうございます!
社長
社長
でも、50代になると派遣先がなくなるから、それまでならね

50代で派遣先から戻ってきたらリストラってこと…!?

でもきっと会社のホンネなのでしょうね。
ほかの会社だって、内心は似たような考えなのかもしれません。

ここまであっけらかんと言われると、呆れて絶句するしかないですが…

でも確かに、プログラマとしてバリバリ働けるのは40代までなのかもしれません。

そんなことを考え始めると、だんだん焦りが募るようになってきました。

本当は働いてキャリアを積みたいし、本音を言えば転職活動にかける時間も惜しい
働き盛りのはずの今、働かなくてどうするのか?

焦ってブラック企業に入社、2ヶ月でまた転職活動に

焦っている時に、ちょうど内定を頂くことができたのです。久々に仕事ができることを楽しみにしていました。

しかし、そこで待っていた現実とは…

焦っているときに頂いた内定に飛びつく

内定を頂いた会社は規模の小さい会社でしたが、技術レベルは高そうだったので期待していました。

転職市況も悪いですし、

2,3年この会社で働いて、キャリアを積んでから次を探すのも手かな

こんなふうに都合の良いことを考えていたのです。

出社1週間で判明。本物のブラック企業だった…

しかし勤め始めて1週間で、この会社はワンマン社長が率いる、正真正銘のブラック企業だとわかりました。

フロア中に響き渡る社長の怒声、異様に静かな職場…。

その凍てついた社風に耐えられず、昼休みは近くのカフェでグッタリです。

しかも深夜まで働きます。途中に夕飯を食べに行くのは私だけ。

若手社員もいますが、会話は無くパソコンに向かってひたすらキーボードを打つばかり。

夜になると、キーボードを打つ手すら止まっているありさま…

さらにこの会社は、コンプライアンス的にも問題があることがわかってきたのです。

ある日、問題のある仕事が私に割り当てられて、思い切って一度お断りしたのですが、納得してくれません。

この仕事は…す、すみませんが、私にはできません
社長
社長
簡単じゃないか、この機能を使えばすぐできるじゃん。君にお願いしたんだから、ちゃんとやってね

退職はたった5分で決定

その夜、友人に相談しました。
そして、もうこの会社にいるのは難しいと覚悟を決めたのです。

翌朝に社長と面談し、辞めたい旨を伝えると急に顔色が変わりました。

社長
社長
いますぐに出て行け!

仕方がないのでそのまま帰宅です。
引継ぎもいっさい無しでした…。

しかし事務の担当者は慣れているのか、退社の手続きは郵送でつつがなく進み、とくにトラブルはなかったです。

いま思い返してみると、

世の中には本当にこんな会社があるんだな…

このように人生の勉強になった貴重な経験でした。

転職活動中の皆さまは、本物のブラック会社には入らないようにご注意くださいね。



2度目の転職活動はじっくり取り組む

私はブラック企業をすぐに辞めて、また転職市場に舞い戻ってしまいました。

もちろん2ヶ月程度で、厳しい転職市場の状況が変わるわけはありません。

焦って調査不足だったことが反省点

最初の転職活動では、入社する前に調査不足だったことが反省点です。

焦りがとても強かったので、事前に調査するステップが甘くなっていました。

転職支援プログラムのエージェントもいたわけですから、しっかり情報を集めていれば、事前に気づくことが出来たはずです。

ただ、いちど失敗してしまったので、前職の転職支援プログラムはもう使えません。

こうなったら開き直って、今度は腰を据えて、時間をかけて気長に転職活動すると心に決めました。

気分転換に一人旅に

今回は時間がかかるだろうと考えて、気分転換に一人旅に行くようになりました。

携帯電話がありますから、転職活動をしながらでも国内旅行くらいなら出来ます。

面接の連絡が入ったら、東京に戻れば良いのですから。

紅葉のピークの京都に行ったときは本当に感動しました。

朝、TVで「今日、京都は紅葉のピークです」と放送されたのを見て、すぐ新幹線に飛び乗って京都へ行ったのです。

うーん、やっぱり京都の紅葉はすごい。一生に一度でも見ることが出来て良かった!

今でも転職活動中の良い思い出として、記憶に残っています。

ついに状況が好転、ホワイト企業への転職に成功!

転職活動を再開して3ヶ月あまり。
ついに転機が訪れました!これまでの地道な努力がやっと実ってきたのです。

書類選考や面接に落とされなくなった

最初の頃は書類選考落ちしていたレベルの会社でも、面接まではいけるようになり、面接もそう簡単には落ちなくなってきました。

条件を下げてでも、たくさんの会社を受けてきたことが、成果となって表れたのだと思います。

業務経歴書や自己PRは、何度も書き直して質が向上していました。

面接も場数を踏んだことで、緊張することなく、きちんと話ができるようになっていたのです。

面接では、まず基本的な質問にきちんと受け答えすること、ロジカルで筋が通った会話ができることが最低条件となります。

そのあとで業務経歴を説明していけば、話す内容の信頼度も増しますよね。

また業務経歴も、応募先の会社に役立ちそうな経歴に重点をおいて説明するなど、相手の反応を見ながら柔軟に対応できるようになっていました。

複数の企業から内定を頂けるように

2度目の転職活動を開始してから4ヶ月くらい経過すると、内定をいただく確率も目に見えて高くなっていました。

複数の内定を頂いて、心に余裕もでき、かなり自信が持てるようになったのです。

そして簡単には妥協しないで、さらに納得できる良い会社を探し続けることにしました。

大手企業ブランドのホワイト企業に転職を果たす

そのまま転職活動を続けていると、大手企業ブランドのIT企業の書類選考に通りました。

今回の転職活動で、このレベルの会社の書類選考を通過したのは初めてで、いろいろ調べてみましたが、この会社は本当にホワイト企業のようです。

書類のやり取りもきちんとした仕事ぶりで、面接できいたところでは、開発の品質には自信を持っているようでした。

前職のIT系ベンチャーは品質が弱点でしたので、大企業の子会社で品質も高いことに、非常に魅力を感じたのです。

現場では一体どんな手法で開発しているのだろう?

このように技術的な興味も膨らんで、私はぜひこの会社に入社したいと思うようになりました。

この会社の選考には随分時間がかかってしまいましたが、1ヶ月後に晴れて内定を頂けることに!

私の経歴の中で、こんなにしっかりした会社に勤めたことはなく、期待を上回るホワイト企業に転職することができたのです。

まとめ:40代の転職活動から学んだこと

転職活動を始めたばかりのころは、なかなか成果が出なかったので、どうしても「焦り」が出てきてしまいました。

その焦りに負けて妥協した結果、ブラック企業に入社することとなり、逆に遠回りをしてしまったのです。

2度目の転職活動では、失敗を糧に開き直って、粘り強く転職活動することができました。

会社側から見て、ふさわしい人材かどうかを判断してもらう材料を提供するには、ある程度の書類作成レベルや面接のスキルが必要となります

私の場合は、そのスキルが身につくまでに半年以上かかりました。

しかしそんな私でも、最終的には期待以上の企業へ転職を果たすことができたのです。

もしあなたが転職活動で思い悩んでいるのなら、なかなか結果が出なくても焦らないでください。

粘り強く活動して、転職活動のスキルを向上していけば、きっと自分にふさわしい会社へ転職できる日が来るはずです。

今回の私の転職活動では、転職市況が悪かったから時期だったからこそ、さまざまな会社を見て回ることができました。

実際にブラック企業に入社してしまうなど、さまざまな体験をしたのです。

今から振り返ると、これは貴重な人生の勉強だったと思っています。

ぜひ私の経験談を反面教師にして頂いて、もっとスマートな転職活動を展開してくださいね。

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
音海まこと
40代男性、東京都在住。プログラマー歴20年以上。40代はじめに今の会社に転職。楽しく読めて皆さまのお役にたてる情報を発信して行きます。

関連コンテンツ