転職の体験談

44歳でもできた!私がゆるい会社に転職した方法と理由とは?

「もっといい会社に転職したいけどやり方がわからない」

このような悩みを抱えた40代の方は多いのではないでしょうか。

筆者もそのような思いを持ちながら、44歳の時に「ゆるい会社」への転職を果たしました。

今回の記事では、筆者が実際に体験した、ゆるい会社へ転職するまでの経緯についてご紹介します。

ゆるい会社に転職できた具体的方法、さらにはゆるい会社の特徴や見つけ方も、あわせてお伝えしていきます。

そしてゆるい会社に転職した結果、収入はいったいどうなったのか。

転職を考えているあなたも、年収が増えるのか減るのかが気になるところだと思います。

筆者が44歳で転職したその後についてもお話ししていきます。

ゆるフワ企業に転職したい、そして転職した結果がどうなるのか知りたい、このような方に必見の内容です!

40代でもできる!私がゆるい会社に転職できた理由とは?

40代になると、転職は難しいと考えている方も多いと思います。

しかし結論からいうと、40代でも転職は十分に可能です。

私は44才の時に転職を決意し、約半年間の転職活動期間を経て、ゆるい会社に転職することが出来ました。

ここでは、私が転職を成功させるまでの経緯についてお話ししていきます。

そもそもなぜゆるい会社に転職しようと思い立ったのか?

私がゆるい会社に転職をしようと思い立った理由は、副業を始めるためです。

なぜ副業を始めようと考えたかというと、将来の収入を安定させなければと思ったからです。

ずっと同じ会社で勤めあげることが、安定だった時代は過ぎてしまいました…。

年功序列の廃止や終身雇用制度の崩壊、年金の不安など、ひと昔前の「安定」という常識は、いまや崩れ去っています。

ひとつの会社でずっと勤め続けることが、どんなにリスクが高いことなのか、44才にしてようやくわかりました。

気づくのがちょっと遅い気がしますが、嘆いていても仕方がありません。

それで安定させていくためには、いったいどうすればいいいのかを考えました。

その答えが副業だったのです。

収入の柱をいくつか持つことによって、全体的な収入を増やし、その結果として安定させることができると考えました。

しかし今の会社で、激務を強いられている状況では、副業を始めるのは難しい…。

当時の私は朝から晩まで働いて、常に疲れている状態でした。何かをはじめるには、体力的にも気力的にも無理。

ならばどうするのか??

自問自答した結果が、「ゆるい会社に転職して副業する時間を作る」というものだったのです。

私が実践した「ゆるい会社」の見つけ方とは?

しかしながら、40代になると転職が難しくなってくるという現実があります。

そんな中でも、私はゆるい会社に転職することができたわけですが、ここでは、私がゆるい会社に転職した方法についてご紹介します。

私がゆるい会社に転職できた方法は、「人から直接情報収集する」というやり方です。

働いている方々の生の声を直接聞いて、ゆるい会社を探そうとしたのです。

そんな大切な情報を、人が教えてくれるのかとお思いの方もいるでしょう。しかし私が真剣に相談すると、ほとんどの方は親切に教えてくれました。

幸いにして当時の私の仕事は、自動車学校のインストラクターでしたので、たくさんの方々とふれ合える機会があったのです。

自動車学校に来られる生徒さんは、若い人がほとんどと思われていますが、実際にはかなり幅広い年代の方が来られています。

  • 子育てが落ち着いた20代主婦
  • 会社から指示されてきた30代会社員
  • 40代で転職活動中の方
  • 50代のリターンライダー
  • 60代になり定年後の仕事のために

上記のように、本当に多種多様な方が自動車学校に来ているのです。

幅広い年代の方々と接していく中で、

条件のいい仕事を知りませんか?
おすすめの会社はありませんか?

私は片っ端からこのように聞いていったのです。

数ヶ月間の聞き取り調査で、約300人ほどの教習生の方とお話しした結果、私は理想となる「ゆるい会社」の情報を得ることに成功しました。

人から直接情報を聞き出すという、何とも非効率だと思われている方法が、意外にも有効な方法として機能したようです。

急がば回れ。あせらずコツコツと情報収集することが、ゆるい会社を見つけられた最大のポイントだと思っています。

ゆるい会社に転職するための具体的方法とは?

ゆるい会社の情報をゲットしたからといって、すぐに転職できるわけではありません。

ここからは、ゆるい会社に転職するための、具体的な方法についてご紹介します。

具体的方法とは、いま現在の自分が持っている、スキルを活かせる仕事を選ぶということです。

なぜスキルが必要かというと、40代ではどうしても、20代30代といった若い世代に、採用で負けてしまうからです。

自分のスキルが会社にとって有利になるということを、採用担当者にアピールするために、スキルや資格が必要となります。

私の例でいうと、前職が自動車学校の指導員ということもあり、大型自動車免許や大型特殊免許など、ほとんどの運転免許を所有していたことが、ゆるい会社へ転職することに有利に働きました。

狙っているゆるい会社に転職するためには、採用で有利になる資格を持つことが重要です。

しかしながら、資格もスキルもないという方もいるでしょう。

スキルや資格を取る時間がないという方でも、ゆるい会社への転職をすることは可能です。

スキルがある状況に比べると、かなり探しにくくはなりますが、資格やスキルなしで転職できるゆるい会社も確かに存在しています。

ですので、地道に情報収集を続けることが大切です。

資格を取るとゆるい会社への転職に有利

有効な資格を持っていると、ゆるい会社への転職は有利になります。

理由は即戦力として見られるから。会社にとって、育成する時間が省けるのは魅力なのです。

ですので、転職したい会社が決まったら、有利になる資格を取るために、コツコツと勉強していきましょう。

いま現在は、何の資格を持っていないという40代の方でも大丈夫です。

ポイントは狙いを定めて焦点を絞ること。やみくもに資格の勉強をしたのでは、時間がいくらあっても足りません。

転職したいゆるい会社の情報をゲットしたら、その会社に採用されるときに、有利になる資格がどういうものかを調査します。

そして採用に有利になる資格の取得に向けて、地道に努力を重ねていくことが重要です。

千里の道も一歩から。焦らずにコツコツ正しい努力を継続していけば、道は必ず開けるでしょう。

ゆるい会社は確かにある!見極めるための特徴とは?

ゆるい会社は確かに存在しています。

以前より減ってきてはいるものの、現在でも探せばまだまだあるのです。

ここでは、ゆるい会社が存在する理由と、オススメのゆるい会社をご紹介します。

ゆるい会社は確かに存在した!

ゆるい会社は確かに存在します。なぜかというと、実際に私が見つけたからです。

半年間の間で、2つのゆるい会社を見つけることが出来ました。

私の場合は半年間で2社見つけましたから、地道に探していけば、あなたもゆるい会社を見つけることができるでしょう。

ゆるい会社の特徴とは?

そもそもなぜ、ゆるい会社が存在するのでしょうか?

その理由は以下の2点です。

  • もともと公的機関だったから
  • 利益を追求しない会社であるから

もともと公的機関の会社は、民営化されたとはいえ、まだまだ公的機関の慣習や経営方針が残っています。

従業員をギリギリまで使おうという意思が乏しい傾向にあります。

もうひとつは利益を追求しない会社の存在です。例えば一般社団法人系や、一般財団法人系の会社などが当てはまります。

世の中の会社が効率化されつつあるとはいえ、このような特徴で探せば、ゆるい会社はまだまだ存在しているのが実情なのです。

オススメのゆるい会社とは?

オススメのゆるい会社をいくつかご紹介します。

元公的機関の日本郵便輸送株式会社、全国軽自動車協会連合会公益財団法人の日本書道教育学会などが一例です。

ゆるい会社を選ぶ時のポイントは、元公的機関、一般社団法人、公益財団法人系の会社を狙いましょう。

ゆるい会社に44歳で転職した結果は?

筆者の場合は、副業をするためにゆるい会社に転職しようと44歳で思い立ち、約半年間の行動をした結果、ゆるい会社に転職することが出来ました。

そして現在では、毎日3~4時間くらい副業できる時間を確保できています。副業を始めて7ヶ月目に、月収5万円を達成することもできました。

ゆるい仕事を選んだことで、ストレスや肉体的疲労も減って、心身ともに回復傾向にあります。

そして何より、副業で稼げている達成感がたまらなくいいです。

以前は迷路をさまよっている感じでしたが、今は目標に向かって、確実に歩みを進めているので、毎日がとても充実しています。

ゆるい会社へ転職したあとに、副業で年収を増やすノウハウについては、別の記事で詳しくお話ししているので、よろしければそちらもご参照ください。

40代必見!ゆるい会社に転職した後に年収を増やす3つの副業とは? ゆるい会社に転職したいけど、年収が減るのが怖い 40代だと転職は無理かもしれない… このように悩んでいる方もいらっし...

筆者が実践した方法が、仕事や将来のことで迷っている、40代の皆さんのお役に立てるのではないかと思い、今回は記事を執筆してみました。

働き方が多様化していく中で、ひとつの考え方として、皆さんの参考となれば幸いです。

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
シンイチロウ
40代男性、福岡県在住。子供のころから将棋、ゲーム三昧の日々を過ごす。小学3年生の時に行った、北海道一人旅の影響で旅好きになる。会社勤めから自由になることと、日本全国を旅行することを目標に生きている、将棋アマチュア3段兼ゲーマー。