40代男性の転職

48歳転職の厳しい現実とは?キャリアと資格があっても決まらない…

あなたが40代で転職を考えているのはなぜですか?

ずっと続けてきた仕事に嫌気がさしている。異なる仕事をしてみたい
いまの給料が安くて将来が不安…。もっと収入のいい会社に移りたい
体力の衰えや身体の不調を感じるようになった。いまの仕事を続けるのは難しいかもしれない…

このような思いを持たれている方も多いでしょう。

また、将来に備えて何らかの資格を取得したので、その資格を活かした仕事をしたいと考えて考える方も、いらっしゃるのではないかと思います。

筆者も48歳のときに、上記ような思いが相まって、転職することにしました。

自分のキャリアと持っている資格から考えて、

すぐに就職先は見つかるだろう

と安易に考えて、前職を辞めてから転職活動を開始したのです。

しかし、現実はそんなに甘いものではありませんでした…。

資格や経験が、かえって仇になってしまうということもあるのです。

最終的に転職を果たすまでに、多くの苦労と学びを得ることになりました。

48歳で転職した筆者の実体験を通して、よかったことや反省点などを具体的にお話ししますので、ぜひご参考にしてみてください。

どんな経験と資格を持っていたのか?

「資格や経験がある」と書きましたが、まずは筆者が保有していた資格や経験してきた業務について、具体的にご紹介させていただきます。

IT系のキャリア

筆者は高校卒業後にシステム開発の会社に入社して、ソフトウエアの開発に携わっていました。

それから約30年、勤務先の変更はあったものの、

  • コンピュータシステムの設計
  • 運用、保守
  • 顧客サポートなど

このようなIT関連の業種に、ずっと関わってきたのです。

IT業界では、会社にこだわらないような働き方が進んでおり、転職をしたり、独立してフリーになる人がたくさんいます。

筆者もそうした例にならって、若いうちに会社を辞めて、派遣として働いたり、フリーで仕事を受注する働き方をしていました。

いわゆる個人事業主というもので、自分ひとりで会社との契約を交わしたり、会計事務を行っていたのです。

会社の経営

30代になったころ、それまで契約をしていた会社から、

契約の更新ができなくなりました

このように告げられて、一緒に仕事をしていた人と二人で、急きょ会社を設立することにしました。

立ち上げた会社は、コンピュータのサポートをおもな業務とする小さな株式会社。

資金もあまりないですから、節約するためにも、できることは自分たちで行うようにしたのです。

定款の作成や商業登記など、会社設立の手続きを筆者がひとりで行い、会社の設立後は経理労務などの事務を担当しました。

この会社の経営には、8年間携わっています。

個人事業とネットビジネス

会社の役員とはいっても、仕事の契約が取れずに、役員報酬を大幅に下げざるを得ないこともよくあり、収入は安定しませんでした。

ただ、その代わり時間的な余裕はあったので、

  • 個人宅向けのパソコン訪問サポート
  • インターネットでの中古パソコンの販売
  • 輸入玩具のネット販売
  • 中国雑貨の輸入転売ビジネスなど

上記のような副業に取り組んで、それなりの収入を得ていたのです。

社会保険労務士と行政書士の国家資格を取得

会社経営をするかたわら、独学で勉強をして、難関といわれる以下の国家資格を取得しました。

  • 行政書士
  • 社会保険労務士

転職を考えたきっかけは?

これだけいろいろ仕事をしてるのに、どうして転職しようと思ったの?

このように思われる方もいるかもしれませんね。

48歳にして、筆者が転職しようと思うに至ったきっかけをお話しします。

資格を取得したこと

会社経営をしていた時に、給与計算や人事労務事務を担当して、「社会保険労務士」という資格があるということをはじめて知りました。

やがてこの資格に興味を持つようになり、この資格を取ってみようと思ったのです。

しかし残念なことに、高卒の学歴では受験資格がありませんでした。

そこで、「社会保険労務士」の受験資格を得るために、まずは「行政書士」の資格取得を目指したのです。

このような流れでまずは行政書士の資格を、そして社会保険労務士と、2つの国家資格を取得することができました。

せっかく難しい資格を取ったのですから、

ぜひこの資格を活かせる仕事をしてみたい

という思いが、転職を考えるきっかけとなったのです。

人にかかわる仕事をしたい

高校を卒業してから、30年近くもIT系の仕事に携わってきたわけですが、それはおもに人間味のない機械相手の仕事でした。

40代も半ばを過ぎたころから、

もっと人にかかわる仕事をしてみたい

このように思うようになったのです。

こちらも転職を意識するようになった理由のひとつです。

会社勤めは安定した収入が得られる

会社経営といっても、仕事がないときは収入が激減してしまうような状況でした。

かといって、副業だけで食べていけるほどの収入があったわけでもありません。

より安定した収入を得るためには、

会社勤めをした方が得策である

このように考えるようになったのです。

どのような転職活動をしたのか?

会社員へ転職することを決めた筆者は、経営していた会社を辞めて、転職活動を行うことにしました。

ここでは、どのような活動をしたのかお話しします。

ハローワーク

地方で中小企業の求人を探すのなら、まずハローワークですよね。

いまは昔と違って、わざわざハローワークに出向かなくても、インターネットサービスを使って、家でゆっくり求人情報をチェックすることができます。

勤務場所や職種、年齢などを絞って検索をして、いくつかの求人に応募してみました。

転職サイト

転職サイトも、ネットでゆっくり検索することができるのですが、実際にチェックしてみると、筆者が住む地方の求人は数えるほどしかありません…

残念ながら、あまり利用価値はありませんでした。

転職エージェント

大手のエージェントでは、求人企業の情報をたくさん持っているようですが、都市部の求人ばかりで地方の情報は少なく、あまり利用価値はなさそうでした。

そこで、地元のエージェントに3社ほど登録。

実際に登録に行くと、どこの担当者も筆者の経歴や資格を見て、

すごいですね…

このように言ってもらえたのです。

親身になって探してくれたエージェントの紹介で、実際に何社か応募して、一緒に面接に行ってもらったこともありました。

知り合いへ紹介依頼

これはあまり乗り気ではなかったのですが、経営者や人事権を持っている知り合いに、求人の紹介依頼で声をかけてみました。

声を掛けると、知り合いということもあるので、見ず知らずの求職者に対するよりは、親身に相談には乗ってくれるのです。

ただ、実際に人材を必要としている状況ではないので、簡単には雇ってやるとは言えないのでしょう。

いくらかアドバイスはもらえたので、まったく無駄ではなかったものの、縁故の利用はしなければよかったと後悔しています。

フリーペーパーの就職情報

どこの地域でもあるものでしょうが、筆者の住んでいる地域にも、毎週各家庭に配布されるフリーペーパーがあり、地元の求人情報がたくさん載っています。

比較的気軽に掲載できるため、小さな会社でも利用するところが多く、地元の中小企業の新鮮な求人が手に入ります。

このフリーペーパーの求人情報を毎週チェックしていたのですが、新しく掲載された求人に応募して、いまの会社に採用されることになったのです。

求職活動の実体験

お話ししたようにさまざまな媒体を活用して、いくつもの求人に応募して、最終的には転職を果たすことができました。

ただ、内定にたどり着くまでに数多くの企業に断れられ続けて、

もうどこにも雇ってもらえないんじゃないか…

このように不安が募り、メンタルもおかしくなり、冷静さを失ってしまったくらいです。

とくに印象に残っている応募先についてお話しします。

社会保険労務士法人の支部事務所

この会社は全国展開を推し進めており、筆者の住んでいる県にも新しく支部を開設するため、社会保険労務士を数名募集していたのです。

筆者は社会保険労務士の資格も持っていますし、会社経営の実務経験もあるので、求める人材にマッチすると考えて応募してみました。

簡単な筆記試験と社長自らが面接していただき、

結果はしばらくお待ちください

このように言われました。

ダメな場合は、数日で不採用の連絡があるものですが、2~3週待っても連絡がこないのです。

筆者を採用するつもりだから、断りを入れてこないのかな

このように考えて待っていましたが、まったく連絡が来ません。ついに業を煮やして、こちらから問い合わせてみました。

すると翌々日にお断りの通知が届いたのです…。

ダメならダメと早く言ってもらいたかったですね。

個人病院の事務員

転職エージェントの方の紹介で、理事長を含めた数人の役員の方たちと、面接をセッティングしてもらいました。

面接の感触はとても良好。理事長さんは、

ぜひうちに来てほしい

このようなことをおっしゃってくださったのです。

筆者はこれで決まりかなと思っていましたが、数日経ったころに、転職エージェントの担当から電話があり、先方からお断りの連絡が入ったとのこと。

見送り理由は、筆者の資格や経験が高すぎるので、

ウチの病院では十分な仕事がなく、持て余してしまうのではないか…

経験や資格が邪魔になってしまうこともあるんですね…。

人材派遣会社のコーディネーター

かなり焦って冷静さを欠いていたからですが、自分の経験や資格とは異質とは思ったものの、年齢制限や資格の記載もなかったので応募してみました。

しかし書類選考のみで、すぐにお断りの通知が到着。

やはり無駄な応募でした…

冷静に考えればすぐにわかりそうなものですが、焦ってしまうと、このような無駄な動きをしてしまうものなのです。

市の機関のパートタイム

あまりにも不採用が続いたので、どんどん焦りが募ります。

ついにはかなり条件を下げて、

簡単な事務とパソコンが使えればOK

という条件だけの、時給もあまり高くないパートの募集にまで応募してしまいました。

面接では簡単なパソコンの試験と面談があり、担当の方は筆者の履歴書を見て、

うちのようなところでいいんですか?

このように恐縮されてしまいました。

しかし結果は不採用。求人企業の希望する人材とは、筆者は合致していなかったようです。

自動車販売会社の経理事務

この会社は、今回の転職活動のなかで、もっとも長くかつ最後まで候補となったところです。

かなり内容の濃い筆記試験に挑み、一次試験、二次試験と役員との面接を経て、

あなたを採用としたい

このように内定の通知をいただきました。

ただし年齢を考慮して、正社員ではなく契約社員での打診です。

ほぼ同じタイミングで、別の会社から正社員の内定をいただけたので、こちらはお断りすることにしました。

運送会社の事務&社内SE

こちらが最終的に筆者が転職した会社です。

  • 経理、労務、事務の経験者
  • コンピュータの保守ができる人

上記のような募集をしている新しい求人を、フリーペーパーで見つけました。

この会社なら、自分の経験や資格を十分に活かせるのではないか?

このように感じてすぐに電話したのです。

前述した自動車販売会社とは違って、筆記試験などはなく、ゆるい面接と社長さんとほんの1~2分あいさつしただけでした。

しかし先方から、採用したいとの連絡が入ります。

もしかしていい加減な会社なのでは…

このように感じた面もあったのですが、仕事の内容のマッチングは十分で、条件もまずまず良かったですから、この会社へ転職することに決めました。



転職活動中に困ったこと

キャリアと資格があるので、

転職先はすぐに見つかるだろう

このように気楽に始めたものの、なかなか決まらずに焦りや失意におちいり、自信も喪失しました。

メンタルがズタズタになってしまったのです…

当初は求人情報を厳選して、良さそうなものだけに応募していましたが、断りのお祈りメールばかりが続いて、どんどん自信が無くなっていきます。

焦りから冷静さも失ってしまい、

  • それほど親しくない知人にまで、求人紹介を頼んでしまう
  • 自分の資格や経験と全然マッチしない求人に応募してしまう
  • 時給の安いバイトに応募してしまう

上記のように、どんどん泥沼にはまってしまいました。

どう乗り越えたか?

転職活動が長期化して泥沼にはまってしまう中で、そこから脱出して転職へつなげることができたのは、やはり支えや備えがあったことが大きいです

家族の支えや副業からの収入があったからこそ、厳しい転職活動を乗り越えることができました。

家族の支え

テレビドラマなどでは、仕事をせず家でゴロゴロしているダンナが、邪魔者扱いされて妻からも責められる、このような光景を目にすることがありますよね。

しかし筆者の家族からは、そのような扱いを受けることはありませんでした。

むしろふだん以上に温かく見守ってくれて、

  • 悶々としている筆者をドライブに連れ出してくれる
  • 話し相手になってくる

このように、いつも支えとなってくれたのです。

メンタルの弱い筆者は、家族の支えがなかったら、きっと堪えることができなかったでしょう。

家族には本当に感謝しています。

副業からの収入

退職して収入が途絶えてしまったことが、不安を大きくする要因でもありました。

しかしわずかながらも、副業のネットビジネスから収入がありましたので、多少は不安を軽減できていたと思います。

また副業に取り組むことで、転職の不安で頭がいっぱいになってしまう、このような状態も避けることができました。

転職活動を経験して学んだ教訓

筆者は今回の転職活動を通して、以下のような教訓を得ることができました。

40代の転職は厳しいものになると覚悟が必要

40代の転職は、たとえ良い資格や経験があったとしても、容易なものではありません。

応募しても、次から次とお断りの通知が来て、自信を失ってしまうこともあるでしょう。

そういう状況になって、実際に筆者はかなり迷走してしまい、さらに自分を追い込むことになってしまいました。

焦らずに冷静さを保ち、辛抱強く活動する

断られ続けて、

もうどこにも雇ってもらえないんじゃないか…

このように不安になってしまうものですが、焦りは禁物です。

冷静さを失わずに、辛抱強く活動することが大事だと痛感しました。

もしあきらめてしまっていたら、今の就職先は見つからなかったでしょう。

求人探しを継続して、よい求人には速やかに応募

あきらめずにコツコツと求人情報の収集を続けていたので、ついには自分に合った求人を見つけることができました。

そして速やかに応募して、採用へと結びつけることができたのです。

家族の理解、収入源を確保しておくことは大切

厳しい転職活動のなかで、メンタルをしっかり保つのはとても難しかったのですが、家族や周りの人の支えはとても助けになりました。

また、いくらかの収入を得る手段を確保しておいたことも、心の余裕を持つ効果があったと思います。

まとめ:40代後半でも転職はできます!

筆者の40代の転職活動は、迷走、紆余曲折もありましたが、重要なことを学びながら、最終的には、自分にとって最適な転職先を見つけることができました。

今回の経験で筆者が得たものとして、最後に申し上げたいことは以下の通りです。

40代後半でも、転職することは無理ではない!

今まさに転職活動中の方も、これから転職活動を開始するという方も、あきらめずに頑張っていただきたいと思います。

そしてぜひとも、満足できる結果をつかんでいただけますように!

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
よーーへ
50代男性、福井県在住。ひとつでも多くのことを体験したいという考えのもと、仕事でもプライベートでもいろいろなことを実践してきました。ただ長続きしないのが玉にキズですが… 妻と娘と母親の支えのもと、難病を抱えながら、日々奮闘しています。
セカンドゴング おすすめの記事
40代転職の完全ガイド!
40代の転職を成功させよう!

40代の転職を成功させるためには、まず40代の転職を取り巻く状況や現実を知ることが大切です。
そのうえで転職活動の具体的な流れ、各ステップごとの対策や攻略ポイントを学びましょう。
40代転職に特化した当サイトならではのノウハウを徹底解説します!

40代向け転職サイトはこちら
40代におすすめの転職サイト11選

40代が応募できる求人は数が減ってしまうので、転職サイトごとの特徴を掴んで、自分にマッチした求人を効率よく集めることが重要です。
40代が転職サイトを選ぶときのポイントと、おすすめ11選を5つのタイプ別でご紹介します。

みんなのコメント

まだコメントがありません。

関連コンテンツ