40代男性の転職

転職して人生が変わった40代の体験談。行動することで転機が訪れる

転職して人生変わるというと、大げさに聞こえるかもしれません。

しかし、一般的なサラリーマンであれば、人生の1/3の時間を仕事に費やしているわけです。

自営業の方であれば、もっと長時間を仕事にかけているかもしれませんね。

転職して仕事を変えると、よくも悪くも生活が変わります。

もちろん変化の大小はあるでしょうが、

転職をしたことで、人生を大きく変える

ということもあるのです。

あなたがもし、仕事や人生に悩みを持っているのであれば、転職するという選択肢も検討してみてはどうでしょうか。

実際に転職をすることで、色々なことが好転することもあります。

そして、転職したところで別に人生は終わりません

今回の記事では、人生において転職を7回ほど経験してきた筆者が、転職をして人生が変わった体験談をお話ししていきます。

ひとつの例でしかありませんが、ぜひ参考にしていただければと思います。

40代目前でリストラ直撃。転職して人生が変わった

筆者は外資系のメーカーに勤めていたのですが、30代のときに、東京から大阪への転勤を経験しました。

そして、よりによって転勤先の大阪で、リストラにあう羽目になったのです…

これが外資系の怖さ。日本撤退で大規模リストラ

当時勤務していた会社が、業績が良くなかったことは事実です。

稼ぎ頭だった事業部の売上が激減して、社内でも大きな組織改革を断行。

改善策を打ってはいたのですが、売上が思うように回復しませんでした。

うちの会社もそろそろヤバいんじゃないか…

このような話題が、社内でもウワサになり始めていましたが、まさか本当にリストラが行われるとは思っていなかったのです。

発表されたリストラの内容は、筆者が所属していた事業部が、日本から撤退するというものでした。

  1. 本国も当該事業を中止する
  2. 日本からも完全撤退
  3. 事業部の全員を解雇
  4. 他事業部への異動なし

上記のような非常に厳しいものだったのです。

筆者は、会社命令で転勤させられた大阪の地で、リストラされて無職になってしまいました…

大阪へは転勤してきただけで、もともと何の縁もゆかりもありません。

そのまま大阪にいる必要はなかったのですが、かといって東京にも、もう拠点がないのです。

さすがにこの時は絶望して、毎日がうなされる日々でした。

否応なしの転職だったが、年収アップで生活は好転

ただ実際に解雇されるまでは、半年ほどの猶予がありましたので、転職活動する期間は残されていました。

そして転職活動を経て、筆者は古くからの知人がいる、同業他社のメーカーに大阪採用で入社することになります。

この転職は結果的には成功でした。

転職先の会社は、筆者がいた業界の事業を始めたばかりで、すでにその業界のキャリアを持っている筆者は、前職より高い年俸で雇ってもらえたのです。

収入が上がると、やはり生活に余裕ができます。

それまではほとんど貯金もできなかったのですが、少しずつ貯蓄ができるようになりました。

仕事の変化で心理的にも余裕ができる

転職をしたことで、仕事上でもかなりの変化がありました。

新事業を立ち上げて間もない状況でしたので、会社としての縛りも少なく、比較的自由に仕事をすることができたのです。

仕事は忙しかったのですが、自分のスケジュールで動けるので、効率よく時間を使えます。

また大阪のオフィスには、支店長などの偉い人もいなかったので、人間関係に悩むことなく働けました。

仕事をする時間は、前職に比べてもかなり増えましたね。

残業手当は出ないのに、毎日22時くらいまでは残業していました。

というか、当時は残業しているという感覚がなかったのです。

さらに、どうしても仕事が片付かないときは、土曜日に休日出勤することも…。

もちろん、休日出勤手当が出るわけでもないのですが、自分の仕事を少しでも楽にするためには、休みの日でも仕事をするしかなかったのです。

このような働き詰めの生活でしたが、この時は残業も休日出勤も苦痛ではありませんでした。

ある程度の年俸をもらっていたこともありますし、自分の裁量で仕事ができるので、仕事が楽しかったのです。

40代で東京に転職。40代は人生の転機

充実して仕事に取り組めていたのですが、いい時期は長くは続きません。

諸般の事情により、筆者はこの会社を退職することしました。

そして東京に戻ることにしたのです。

東京への転職で人生が激変

東京で転職した会社は、やはり同業他社のメーカーでした。

年収はダウンしましたが、これは想定の範囲内だったので、生活レベルをそれほど下げずに済んでます。

収入が下がって経済的に厳しくなると、

心理的にも不安定になるのでは…

このように心配しましたが、生活に支障が出るほどの収入ダウンではなかったのが幸いしました。

ただ、プライベートで子供ができたこともあって、生活は激変してしまいます。

13年ぶりに戻った東京では、まるで浦島太郎の状態でした。

地下鉄は路線が増えてさらに解りにくくなり、新宿や渋谷の街並みも、知らない店が増えていたのです。

  • 大阪から東京へ
  • 違う会社へ転職
  • シングルから子供のいる生活へ

上記のように、それ以前と生活環境がまったく変わりました。

仕事もプライベートも激変しましたが、仕事先には恵まれて、家庭環境も安定していたので、忙しさはあるものの、恵まれた環境だったといえます。

マネージャー職で仕事の質が変わる

同業の仕事への転職でしたが、このタイミングでマネージャー職になりました。

それ以前にプレイングマネージャーの経験はありましたが、今回はマネジメントが9割、現場が1割という比率の仕事です。

勤務時間中にほぼオフィスにいるというのは、はじめての経験でした。

そしてこの時にマネジメントを経験したことが、後々まで役に立つことになります。

上席として部長はいたのですが、筆者が実質的な営業責任者という立場でしたので、

  • 営業戦略
  • 予算管理
  • 部下の管理・指導

上記のすべてが自分の責任になりました。

筆者はずっと営業畑でしたので、これまでにも売上目標を立てたり、後輩の面倒を見るということは、もちろん経験はしております。

しかし、やっていることは同じでも、「責任者」という立場でやることになると、責任とプレッシャーがまったく違うのです。

この職場では、それまでやったことのない新しい仕事にもチャレンジでき、面白い部分もありましたし、売上が達成できずに胃が痛くなることもありました。

当時は人間関係もそれほどいい職場だとは思っていなかったのですが、いま振り返ると、理不尽な上司や生意気な部下もいない良い会社でしたね。

いい会社かどうかは、辞めてみないと気がつかないこともあるのです。

50代の転職は人生最後の転職に

せっかく東京で転職してよい職を見つけられたのですが、この職場でもリストラの憂き目にあいました。

この後の転職はうまくいかずに、筆者は何回か転職を繰り返すことになります。

中途採用を募集している会社というのは、実際は離職率の高い会社も多いので、なかなか思い通りの仕事にめぐり会うことはできませんでした。

50代の転職活動は難しい

40代後半から50歳にかけて転職する人は、

この転職で最後にしたい

上記ようなことを、だいたいみんな言います。

また、職場に不満を持っている同世代の人からは、

オレ、定年までこの会社にいるのかなぁ(嫌になるよ…)

このようなグチというか、心の声が聞こえてくるのです。

筆者の場合は、40代ではマネージャーにステップアップする転職でなければ、うまくいかないことがほとんどでした。

40代後半から50代の人材を中途採用するのは、採用する側にもそれなりの理由があります。

それはたいていの場合は、

経験豊富な人材を安い給料で雇いたい

このような理由となるのです。

お互いに給料に折り合いがつけば、Win-Winになるのですが、実際には20代の若手と同じ程度のギャラしかもらえないことがほとんどでしょう。

40代後半から50代の転職は、やはり簡単なものではありません。

仕事を変えると人生観も変化する

筆者は50歳の時に人材派遣会社に転職して、クライアントからの外注で、営業をおこなうという仕事に就きました。

物流や販促だけでなくて、

営業も人材派遣会社へ外注に出す

もはやこのような時代になってきているのです。

年収は、全盛期の半分程度に減ってしまいました。

とても筆者の給料だけでは暮らしていけませんが、妻とのダブルエンジンでなんとかやっています。

ただ、仕事をするうえでは、ほとんどストレスはありません。

オフィスに変わり者やうるさい上司もおらず、基本的にはホームオフィスです。

自分でタイムスケジュールを管理できるので、かなり楽ですね。

仕事上のストレスがないと、やはり快適に仕事ができます。

あの案件どうしよう
今月の売上が未達だけどどうしよう…

上記のような、胃がキリキリしてしまう責任を負う必要がないからです。

まぁ責任のない仕事ですから、給料が安いのはやむを得ないかもしれませんね。

しかし人生として考えると、仕事のストレスはなく、家庭のことに時間を割く余裕ができました。

プライベートな時間が増えたことは、幸せなことだと考えています。

いまは仕事に追われているというプレッシャーはありません。

生活のなかに仕事があって、生活をしていくために仕事をしている、このような割り切った考え方になりました。

「仕事≒人生」ではなく、人生のいち部分が仕事という感じです。


転職に悩む3つの理由。自分が変わるほうが簡単

仕事にかかわる時間は、大体の人は少なくとも人生の3分の1以上を占めます。

ですので、仕事が楽しいかどうかで、人生も変わってくるのです。

とはいえ、いくら自分が反省して改善しようとしても、自分一人の努力だけでは、仕事環境はそう変えられるものではありません。

転職しようか悩む理由というのは、

  • 職場の人間関係
  • 収入
  • 労働時間

大きく分けるとこの3つに分類されます。

職場の人間関係は転職で変えられる

例えば、あなたが職場の人間関係に悩んでいるとしましょう。

嫌な同僚は、どこにでもいるものです。

あなたがどんなに仲良くなろうとしても、あなたのことが嫌いな人もいるので、いつまでたっても仲良くなれません。

あなたのことを評価しない上司も、どこにでもいるものです。

上司はあなたより同僚の方を評価しているので、同僚と同じやり方をして、同僚以上の実績を上げないと評価されません。

もっというと、実績を上げても評価されないかもしれないのです。

いい奴ばかりじゃないけど、悪い奴ばかりでもない

このようなバランスを取れているうちはいいですが、悪い奴ばかりが多くなると、会社にいるのがイヤになってきます。

人間関係の問題は、あなただけがいくら努力したってよくなりません。

たとえよくなったとしても、何年もかかる可能性もあります。

でも人間関係というのは、転職して終わりにすることも可能です

世の中は、そんなに嫌な奴ばかりじゃありませんから、自分だけ良い方向に変わってしまえば解決します。

ただし、転職したからといって、

職場の人間関係が良い方に転ぶとは限らない

ということも忘れないでください。

ガマンしたからといって、給料が上がるとは限らない

人生においては、収入も重要なポイントです。

いまの会社で頑張って年収を上げていこう!

このように考えていたとして、年間で10万円くらいのアップは見込めますか?

もしそれくらい上がるのであれば、10年で100万円の年収アップです。

いまが40代で500万だったとしたら、50代で600万円、60代になったら700万円もらえます。

しかし現実的には、40代からこのような昇給率の会社は、なかなか見つからないでしょう。

ちなみに、いま勤めている会社の管理職が、どれくらいの給料をもらっているかご存知ですか?

給料形体というのは、会社によってまちまちです。

筆者の経験で比較的給料の良かった会社では、一般社員だとそれほど高い給料ではありませんでした。

しかし、課長級のマネージメントクラスになると、年収が1000万円近くに上がるのです。

そのくらいもらえるのであれば、

管理職になるまでがんばろう!

という希望も持てるかもしれません。

しかし、なかには、

40代部長級執行役員 ⇒ 年収は400万円台

上記のような給与の会社もありました。

執行役員にまでなっても、その程度の給与しかもらえないのです。

これでは、生え抜きの一般社員が少々努力したところで、先は知れていますよね…

石の上にも三年」と言われますが、長いこと勤めていればいいことがあるとは限りません。

いまの会社で収入アップが期待できないのであれば、別の道を探すほうが得策です。

いちばん簡単なのは、給料のいい会社に転職することでしょう。

労働時間が変われば生活が変わる

残業の有無で、生活が激変することもあります。

生活時間が変わることによって、人生に余裕ができるんですよね。

筆者は直近の転職で、ほとんど残業のない会社に転職しました。

18時には仕事が終わりますので、そのあとに、

  • 買い物に行く
  • 食料品の買い出しに行く
  • 映画を観に行く
  • 医者に行く

こういったことができるようになったのです。

今まで土日にしかできなかった雑用が、平日にできるようになったので、土日を自分のことだけに使えるようになりました。

定時で上がれる会社はそんなにないと思いますが、残業時間が減るだけでも生活は変わります

また、会社での労働時間って、個人差があったりしますよね。

担当する仕事によって、ものすごく忙しい人と、そんなに忙しくない人がいたり…

このような労働時間の不満についても、転職することで変えることができるでしょう。

転職しても人生は終わらない。人生が変わるだけ

転職することに、とても臆病になってしまうこともあります。

この会社を辞めたら、もう行くところがないかもしれない…

と不安に思っている方もいるでしょう。

しかし、転職経験者として言わせていただきたいのは、

会社を辞めても人生は終わらない。人生が変わるだけ

ということです。

もちろん、行動したからといって、すべてが思ったとおりに成功するわけではありません。

しかし、ただ変化を待つよりも、

自分で変えられることは、自分で変えていったほうが早い

ということは、間違いなく言えます。

そして、転職しても別に人生は終わりません

その会社にいちど勤めたからといって、その会社で一生ずっと働く必要もないのです。

社会人になってから改めて、

自分に合った仕事を探してみる

というのを実践しても、まったく問題ないでしょう。

何度か転職してみてわかりましたが、給料が安くてしんどい仕事はいくらでもありますが、給料が高くて楽な仕事なんてありません。

ほとんどの場合、年収の高さは仕事量と責任に比例します。

「楽に稼げる」商売はそんなにありませんが、

今よりも楽しく稼げる

という方法論はいくらでもあるはずです。

たとえ忙しくても責任が重くても、それが楽しい仕事であれば、人生は楽しくなります。

転職することで人生が楽しく変わるのなら、それでよいのではありませんか

まとめ:行動することで人生は変えられる

今回は、転職することで人生がどのように変わったのか、筆者の体験談に基づいてお話ししました。

筆者は転職を7回も経験してしまいましたが、転職して良かったと今でも思っています。

それは転職に失敗した時でも、

前の会社を辞めなければよかった
元の会社に戻りたい…

このような思いになったことが無いからです。

  • 仕事でずっと悩んでいる
  • 今の仕事や職場がどうしても合わないと思っている

もしあなたがこのような状態であるのなら、転職も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

転職することで、人生が好転することもあるものです。

もちろん、絶対に良い方へ変わるという保証はありません。

しかし嫌な仕事に一生を捧げるよりは、

転職して別の人生を選んでみる

というのも、作戦のひとつとして検討してみる価値はあります。

「今の仕事、今の道、今の人生」

あなたの人生には、いまの道以外にも選択肢はあるはずです

ちょっとよそ見をしてみると、新しい別の道が見つかるかもしれませんよ。

▼40代転職の完全ガイドはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
なげ
50代男性、東京都在住。日用品業界にて30年近く営業として働いています。 7回ほど転職を経験しており、私の転職体験や経験が40代の転職でお悩みの方に、なにか少しでも参考になればと思っています。
セカンドゴング おすすめの記事
40代転職の完全ガイド!
40代の転職を成功させよう!

40代の転職を成功させるためには、まず40代の転職を取り巻く状況や現実を知ることが大切です。
そのうえで転職活動の具体的な流れ、各ステップごとの対策や攻略ポイントを学びましょう。
40代転職に特化した当サイトならではのノウハウを徹底解説します!

転職エージェントを選ぶなら
40代におすすめの転職エージェント6選

40代の転職者161人の口コミ評価にもとづいて、おすすめの転職エージェントをご紹介します。
登録時の注意点や120%活用する方法を、転職エージェントに長年勤務してきた筆者が詳しく解説。失敗しないためにぜひ参考にしてください。

みんなのコメント

0

まだコメントがありません。

関連コンテンツ