異業種への転職は40代では辛いのか?実話からわかる成功のポイント

40代で異業種への転職を考えるときに、

40代でも転職できるのかな?辛くないだろうか…

上記のような気持ちになることもあるでしょう。

経験したことのない業種に飛び込むのは、後ろ盾もなくて不安ですが、ポイントさえ押さえれば、異業種の転職だって辛いものではありません。

いやむしろ、あなたの可能性を広げる素敵なチャレンジになるかもしれませんよ。

筆者はある友人の転職から、異業種への転職を成功させるために、大切なポイントとなることを学ぶことができました。

この記事では、その友人の転職エピソードを交えながら、異業種への転職を失敗させることなく、成功へ導くための秘訣についてお話しします。

目次

異業種への転職における「成功」と「失敗」の定義とは?

40代の方が異業種への転職をする場合は、成功と失敗の状態を事前に把握しておくことが大切です

一流アスリートの多くは、プレッシャーのかかる競技前日に、最悪のパターンも想定するといいます。

もっとも辛い失敗パターンを想定することで、成功へのモチベーションが高まったり、失敗が怖くなくなることも少なくありません。

また、スキーでも自転車でも、視点を向けた方へ自然と進むものですし、向いた方へ進んで行くのは、転職活動でも同じです。

辛い失敗パターンをしっかり確認したうえで、成功パターンに向けて歩みだす

ということが、成功するためのコツといえます。

自分の能力が認められない企業で働くことは避けよう

40代に限らず、転職の失敗は辛いものです。

転職失敗の定義は人それぞれですが、誰にでも当てはまる失敗の定義としては、

  • 自分の能力を著しく低く見積もられた環境で働くこと

このようなことがいえるでしょう。

もちろん、収入や待遇に置いてもいえることですが、なにより自分の能力が発揮できず認められない環境は、就職試験での失敗よりも辛いものです。

働いていても不満が募る毎日となり、酷い場合はストレスが生活に影響を及ぼす場合もあります。

もしあなたが、

  • 自分を理解してくれる企業
  • 社員を尊重する風土のある企業

上記のような企業て転職できたのであれば、失敗の恐れは大幅に減るでしょう。

逆にいうと、それ以外の内容であれば、さほど辛い失敗ではないのかもしれません。

多少思い通りにいかないこともあるかもしれませんが、ゆったりとした心持ちで、成功パターンを眺めながら歩めば、きっと上手くいくはずです。

自身が尊重されて、転職の目的を果たせるのなら成功といえる

成功の定義も人それぞれですが、大きく分けると以下の2つではないでしょうか。

  • 自分が尊重されている環境で働くこと
  • 転職の目的が達成されていること

自分の能力や人間性を、しっかり尊重して貰える環境であれば、自らも積極的に組織貢献し、遣り甲斐をもって仕事することができます。

また、転職を考えるときに、

  • 収入を上げたい
  • ライフスタイルを替えたい

このような転職理由がある場合なら、その条件が叶えばある程度は転職に成功したといえるでしょう。

では異業種転職を成功に導くためには、一体どんなマインドや行動が必要になるのでしょうか?

筆者と同じ40代の友人が、異業種に転職した際のエピソードをご紹介します。

アパレル業界から異業種の営業職へ!未経験で転職した友人の話

久しぶりに友人と飲みに行ったある日、有名アパレル会社に勤める友人が突然こう切り出しました。

アパレルをやめて、一般企業に転職することにしたわ

アパレルへ入社して20年、結婚して10数年、小学生の子供も2人いる彼は、まじめな性格でキャリアも積み、ずっと働くと思っていた会社を辞めるというのです。

流行や技術革新に左右され、非常に経営が難しくなっているアパレル業界ですが、まじめで努力家の彼のこの言葉には、本当に驚かされました。

友人が転職を考えた理由は?

転職理由を聞くと、彼が転職を決めたのは以下のきっかけからでした。

  • 子供との時間を増やしたいこと
  • 収入を増やしたいが、これ以上キャリアを積んでも増やせそうにないこと

彼ははっきりとは言いませんでしたが、

自分が思っているほど、会社に期待されていない…

このような思いを持っていることは筆者にも伝わり、悔しさや寂しさも少し感じ取る事ができたのです。

そんな彼でしたが、宣言からたった2ヶ月で転職先を決めます。

転職した仕事は、まったくの異業種で未経験の職種である、法人向けクリーニングを手掛ける企業の営業職でした。

転職直後の様子は?

話を聞くと転職の決め手は、堅実な経営をしてきた老舗企業であったことと、

今まで関わってきた衣料の知識が、少しは活かせそうだ

このように感じたからでした。

配属されたのは20代・30代中心の営業部署で、その中でヒラの営業として、企業の営業まわりをする仕事です。

彼がまったく経験していない業種・職種に転職したので、最初のころは筆者も少し心配していました。

しかし、彼の表情は意外にも明るく、今後のビジョンも明確になっていたのです。

キャリアアップしていくためには、まずは営業で成果を残すことが必要なようで、研修や先輩への同行をして、積極的に知識や技術を吸収していると。

成果を出して、次のステップを目標に頑張るわ!

このように彼は語っていました。

まったく新しい業界だからこそ、何もかもが新鮮で楽しいと感じていて、意欲を感じさせる彼の表情に筆者は安心したものです。

転職1年後には、仕事も評価されて周りから頼られる存在に

そんな彼も転職から約1年が経過して、再会する機会がありました。

彼の話では、ある程度の成果を出すことができて、今は新規プロジェクトを任されるなど、仕事の幅も広がり待遇も少しアップしたようです。

体格も一回り大きくなっていました。(笑)

仕事の状況については、

周りの年齢が若いので、多少の引け目はあったけど、成果が出て頼られることも多くなったね

このように語ってくれたのです。

いまの仕事が楽しいか質問してみると、

家族がいるから楽しいなんて言ってられない。やるしかないよ

でも転職してよかったよ。自分にもこんな事できるんだって思えたし…

こんな話をして笑っていましたが、その表情には固い意思を感じさせるものがありました。

彼の転職から、筆者は転職に必要な考え方について、

なるほど、、異業種に限らず、転職ってポイントさえ押さえれば大丈夫なんだな…

改めてこのように気付かされたのです。

異業種への転職を成功させるためのポイント

筆者自身は、前職の大手人材系の会社で、たくさんの方の転職に関わってきました。

しかし、身近な友人が転職する場面に遭遇して、転職における大切なポイントの新たな気付きがあったのです。

ここでは、その気付きについてシェアして参ります。

今までの経験・スキルから「できること」と「できないこと」を整理する

まずは今までの経験やスキルの整理をして、

自分の「できること」と「できないこと」をはっきりさせる

ということが大切です。

コツは、自分を卑下しすぎず、なるべく客観的に。

少し背伸びしてできることは、できることの方に入れてしまいましょう。

友人の例で言いますと、営業でしかもクリーニング事業という、職種未経験でなおかつ異業種への転職でした。

ただし、

  • アパレルでの接客経験を営業で活かせる
  • 洋服に関する知識を活かせる

上記のような点で自分の経験を活かせると感じたため、新たな業種の転職にチャレンジできたのです。

まずは自分と向き合い、そのなかで転職先の業界や職種の選定を進めましょう。

そうすることで、転職への不安感も軽減されて、より早く納得感のある転職につなげることができます。

自己分析の具体的な方法については、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方は参照してみてください。

転職への”動機づけ”を明確にする

転職を考える理由というのは、

  • 年収を上げたい
  • やりがいある仕事に就きたい
  • 生活を大切に働きたい

このように人によってさまざまにあるでしょう。

ただ、転職理由だけではなく、転職に対する”動機づけ”も明確にしておくことで、目標意識もはっきりして、希望する転職先の選定もしやすくなります。

動機や理由を明確にしておけば、転職活動が長期化してもブレませんし、転職後も仕事に対するモチベーションを保ちながら、働き続けることができるはずです。

友人の例でいえば、

  • 家族との時間を大切にしたい
  • 仕事にやりがいを感じたい
  • 収入を上げたい

上記がモチベーションとなり、転職の成功につながっています。

なお、転職の動機については、

  • 退職理由
  • 転職理由
  • 志望動機

上記のような要素として、面接で必ず質問される内容です。

それぞれにはノウハウが存在していますので、以下の記事などを参考にして、しっかりと対策しておきましょう。

▼あわせて読みたい記事▼

覚悟を決める

友人とのやり取りの中で、筆者が一番大切なことだと感じたのが、「覚悟を決める」ということです。

転職が上手くいかなかったらどうしよう…

この年齢でできないことがあるのは、ちょっと恥ずかしいな…

このような気持ちは、誰にでもあるものでしょう。

それでも覚悟を決めて、

うまく行くかはわからないが、まずは自分なりにやり切る!

という気持ちで行動することが、とても大切なんだと気付かされました。

苦手なことやできないことがあって当たり前ですし、できないことから学んで、次の成果につなげればいいだけの話です。

家族がいるから楽しいなんて言ってられない。やるしかないよ!

この言葉こそが、友人の覚悟を表したものだったのでしょう。

覚悟を決めた先に、自分の可能性に気付くことができる、明るい未来が待っているのかもしれません。

40代の転職活動で押さえておきたいこと

40代の転職には「40代なりの攻略法」があるので、若い頃と同じ感覚で転職活動に挑んでしまうと、厳しい戦いが待ち受けているかもしれません。

転職活動では、以下のポイントを必ず押さえておきましょう。

転職は万全の準備で進めよう

転職活動には、大きく分けて以下の6つのステップがあります。

転職をするときの6つのステップ
  1. 転職の準備
    転職スケジュールの計画、キャリアの棚卸し、希望条件の整理など
  2. 応募書類の作成
    質の高い履歴書と職務経歴書を作成する
  3. 求人探し・応募
    6つの手段を駆使して求人情報を集める
  4. 面接対策
    面接の流れや基本マナーを押さえて、合格するためのポイントを対策する
  5. 内定・入社準備
    内定条件の確認や交渉、転職先に馴染んでいくための準備など
  6. 退職手続き
    退職願の書き方、引き継ぎや退職時期の調整、トラブル時の対策など

それぞれのステップでやるべきことを理解して、しっかり対策することが重要です。

じっくりと読み込んで転職活動の流れを知り、万全の準備をしていきましょう。

応募書類をしっかりと作り込む

再就職するために最初の関門となるのが、書類審査に合格することです。

転職活動の際に求められる一般的な応募書類は、以下の2点です。

人事担当者が応募書類に目を通す時間は、わずか数分ほどしかありません。

その時間のなかで、あなたが企業が求める人物であることを証明する必要があります。

応募書類の作成に関しては、以下で詳しく解説していますので、しっかり読み込んで仕上げましょう。

▼応募書類の書き方のポイントはこちら▼

応募先の企業研究を徹底的におこなう

転職活動における企業研究は、「研究」という言葉がついていますが、実際にはリサーチに近いものです。

インターネット上でたいていの情報を収集できますので、労を惜しまずにおこなっていきましょう。

企業研究のコツは、応募企業を1から10までつぶさに調べあげるのではなく、優先順位をつけて情報収集をしていくことです。

企業研究する目的と収集する項目
  1. 面接に合格するための企業研究
    沿革、経営者情報、商材の特性、売上高、取引先情報、競合情報、中期経営計画(企業理念含む)、業務内容など
  2. 入社するか判断するための企業研究
    年収や評価制度、産休・育休取得状況、ワークライフバランス(残業や有給)など

待遇や働き方に関する項目は、内定が近づいた段階の調査でも構いません。

書類選考・面接対策としては、できるだけに関する項目を集めて、履歴書や面接の志望動機作成に活用していきましょう。

企業研究で集めた情報は、

  • 志望動機
  • 自己紹介・自己PR
  • 逆質問

上記のように、活用する場面は多岐に渡ります。

たくさんの企業情報を集めれば集めるほど、他社比較などもできて知識に厚みが出ますので、早めに取り掛かりましょう。

転職に失敗する40代の特徴を知る

転職先がなかなか決まらずに失敗してしまう人は、40代の転職が決まらない理由を把握しておらず、しっかり対策できていないことが多いです。

以下の5つの決まらない理由を押さえて、転職活動を進めるようにしましょう。

40代の転職が決まらない5つの理由
  1. 準備不足
    自分自身の準備に原因がある
  2. スキル不足
    自身のスペックが足りていない
  3. 研究不足
    企業側とのやり取りで失敗している
  4. 戦術不足
    転職活動の進め方に問題がある
  5. 需要不足
    転職市場に問題がある

詳細は以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

40代は転職エージェントの活用がおすすめ

転職活動を進めるには、かなりの労力が必要であり、ノウハウも必要となってきます。

働きながら、あれもこれも一人でやるのは、本当に大変なものです…

そこで筆者がおすすめしたいのが、転職に必要な一連の作業をフォローしてくれる、「転職エージェント」を活用すること。

転職のプロによるサポートを受けることで、以下のようなメリットを得ることができます。

転職エージェントのメリット
  • 自身の強みを効果的に表現できるように、応募書類作成や面接対策のサポートを実施してくれる
  • プロの視点で自身のキャリアや市場価値を見極めて、最適な求人案件を紹介してもらえる
  • 転職サイトなどに出回っていない、40代向けの非公開求人を多く保有している
  • 応募企業との連絡や日程調整、入社時期や給与の交渉まで、エージェント担当者が間に入って行ってくれる

40代が無駄なく効率的な転職活動をおこなううえで、利用しない手はないサービスです。

転職エージェントは人材が採用されたときに、企業から成功報酬を得るビジネスモデルのため、転職者は無料で利用することができます

転職エージェントの選び方については、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

▼おすすめの転職エージェントはこちら▼

関連記事40代におすすめの転職エージェント6選|193人の口コミ評価でランキング

まとめ:覚悟をもって挑めば、40代でも異業種への道は切り拓ける

今回は、筆者の友人の転職事例から、異業種への転職を成功させるポイントについてお話ししました。

異業種への転職に不安はつきものですが、覚悟を持って前に進むからこそ、未来は切り開けるのです。

明るい未来を信じて、覚悟をもってチャレンジしていきましょう!

当サイトでは、40代の転職に特化した転職ノウハウについて、

  • 実際に40代で転職を経験した人
  • 企業の採用担当・キャリアコンサルタントなど、転職活動に知見を有する人

上記のようなメンバーが数多くの記事を提供しています。

当サイトの概要と執筆メンバーの一覧はこちら

転職活動のすべてのステップについて、以下の記事でわかりやすくまとめていますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

▼40代転職の完全ガイドはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

40代男性、大阪府在住。フリーライター。大手人材系企業での経験と、自身の転職経験から、真実だけを、ゆるくあたたかくお届けします。

目次
閉じる