4.0 ( 1 )

40代からの転職は無謀ではない!新しい挑戦を成就させる方法とは

40歳からの転職はけっして無謀ではない!新しい挑戦を成就させる考え方とは

40代で転職をしようと考えたとき、

40代から転職するなんて無謀なのかな…

このような不安な気持ちでいる方も多いでしょう。

ですが、まったく不可能なのかといえば、そんなことはありません

筆者自身も、40代になってから転職を経験していますし、周囲にも40代の転職を経験している人は結構います。

彼らは特別なスキルや強運を持っている人たちではなく、少々くたびれた「フツウのおじさん」たちです。

確かに転職活動に難しさはありますが、高齢化と人手不足に悩む今の日本社会では、40代を採用する企業は増え続けています。

40代という年齢を理由に、転職をためらう必要はないのです

この記事では、

40代の転職にどう取り組んでいけば、「成功」に近づけるのか?

という点について解説しています。

転職エージェントのキャリアアドバイザー経験者として、また自身でも40代転職を経験した事例を交えながらお話していますので、

40代から転職なんて無理だよ!

このような気持ちでいる方は、ぜひ最後までお読みいただき、新しい一歩を踏み出すヒントにしてください。

目次
この記事の執筆者
russellhead

russellhead

40代男性、宮城県在住。順調なサラリーマン生活から一転、40代に入り、三度転職を経験。転職エージェント勤務、企業の採用担当業務などを経て、現在は営業職にて奮闘中。自ら転職を乗り切ってきた経験を、同じ40代の転職希望者にお伝えしたい。

【結論】40代からの転職でも遅すぎることはない

40代だから転職が遅すぎるなんてことは、決してありません。

40代になってからでも、転職をしている人はごくフツーにいるのです。

「人生100年時代」といわれるくらいですから、これから20~30年先も働き続ける状況のなかで、

40代で転職なんて遅すぎるよ…

という考えは、もはや過去の遺物といえるでしょう。

40代で辞めた人たちのその後は?

筆者の周囲にも、

転職することにしました。今までお世話になりました!

こう言って40代で転職している人は何人もいます。

厚生労働省の発表によると、年代別の転職状況は以下のとおり。

◆年代別の転職入職率

年代男性女性
20~24歳12.7%14.3%
25~29歳12.4%13.8%
30~34歳11.1%10.0%
35~39歳7.6%10.6%
40~44歳6.2%11.0%
45~49歳5.2%9.0%
50~54歳4.2%8.5%
55~59歳5.0%7.8
出典:厚生労働省『令和2年雇用動向調査結果の概要』

さすがに20代、30代よりは少ないですが、同僚や取引先、友人知人を含めると、

40代以上でも、毎年何人かは転職している

というのが実際のところでしょう。

では、彼らがその後何をしてるかというと、みな再就職して、普通に正社員として働いています

筆者の周りでいえば、職に就いていない人は一人もいません。アルバイト生活の人もいません。

キツイといわれる「営業のフルコミッション職」でもなければ、いわゆる3K労働でもありません。

皆が、それなりに満足できる職場で働いているのです。

チャンスあり! まずは行動してみよう

40代から転職するというと、何となくネガティブイメージがつきまといます。

しかし実際には、転職に成功して、

今はそれなりに満足できる職場で働いています!

という40代はたくさんいるのです。

たしかに、40代からの転職は簡単なことではありません

しかし、まったくチャンスがないわけではなく、「限られた人だけが転職できる」という状況でもないのです。

  • しっかりとした考えをもつ
  • 柔軟な発想で行動する
  • 時間をかけて準備をする

上記のようなことを心がけていれば、転職に成功する可能性は十分にあります。

ただし、時間はかけねばなりませんので、自由に使える時間が減ったり、家族との時間を犠牲にすることにはなりますが……

これからの人生を明るく生きるために

人生100年時代といわれる昨今ですから、企業における定年の年齢も延びています

令和3年には、高齢者雇用安定法が改正されて、企業は雇用社員の”70歳までの就業機会確保”を義務付けられるようになりました。

高年齢者雇用安定法の改正~70歳までの就業機会確保~

少子高齢化が急速に進展し人口が減少する中で、経済社会の活力を維持するため、働く意欲がある高年齢者がその能力を十分に発揮できるよう、高年齢者が活躍できる環境の整備を目的として、「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」(高年齢者雇用安定法)の一部が改正され、令和3年4月1日から施行されています。

出典:厚生労働省ホームページ

40代の私たちは、この先もまだまだ元気に働いて生きていかねばなりません。

悶々としながら、あと20年、30年と働き続けるのはキツくありませんか?

どうせなら、毎日を笑顔で働きたいものです。

ただ現状に流されるだけでなく、これからの長い人生を形成していくためにも、

まずは一歩、できることから踏み出してみよう!

という意識をもってみましょう。

転職に成功している40代の特徴は?

周りを見てみますと、40代で転職に成功している人には、いくつか共通の特徴があるように思えます。

どのような特徴があるのか確認してみましょう。

40代の転職成功者は、フツウのおじさんたち

40代の転職に成功しているからといって、

職を転々としている、転職慣れした人たちなのでは?

こんなふうに思うかもしれませんが、まったくそんなことはありません。

勤めている会社の規模や肩書などは様々ですが、転職前も転職後も、年齢に相応しいポジションに就いています。

資格や技能など、特殊な何かを身につけているかといえば、そうともかぎりません。

言ってみれば、少々くたびれた「中年のフツウのおじさん」たちなのです。

自らで情報を収集して、アクションを起こしている

40代の転職に成功している人は、

自らで積極的に考えて行動する

というタイプの人が多いです。

自分が置かれた現状をよく理解して、転職の可能性を探りながら活動しています。

他人には話さなくても、

じつは活動していて、機会をうかがっているんだよね…

このような人は意外と多いものです。

転職者に話を聞いてみると、転職を考えたことはこれまでにも何度もあり、その都度によく悩んで考えています。

そして自分なりのやり方や順序を考えて、決断に至っているのです。

自分で行動した結果なので、転職先でも覚悟を持って仕事に取り組めるのでしょう。

こだわりを持っていない

40代の転職に成功している人は、

持っているこだわりが少ない

ということも特徴でしょう。

誰だって生活レベルを下げたくはないし、家族との時間や自分の時間も欲しいでしょう。

家族を養って生活していかねばなりませんし、やりがいを持って仕事をしたいですから、企業を選ぶ必要はもちろんあります。

ただ、若い頃のように、

やっぱ世間に名の通っている大企業じゃなきゃ

福利厚生が充実している企業がいいな…

こういったことにこだわる人は皆無です。

転職先に対して、

  • 土日は必ず休みたい
  • 積極的に有休を使いたい
  • 残業はできるだけしたくない

上記のような主張をする人もいません。

プライドは持っていても、それをあからさまに表に出す人はいないのです。

自分の最低限は譲れないラインを決めて、譲歩できるところは譲歩する

そのうえで、

給与、やりがい、時間、勤務地など

こういった諸条件をバランスよく考え、就職先を決めています。

40代の転職において、すべての希望がかなう、満点回答の就職先など存在しないのです。

40代の転職が難しいのは事実です

40代からの転職でも決して遅くはありませんが、そう簡単にうまくいかないのも事実です。

なかなか踏ん切りがつかなかったり、転職活動するのが面倒になってしまう人もいるでしょう。

家族の心配や反対が重荷になってしまうこともあります。

活動時間がとれない

いざ転職活動を始めても、困難はあります。

今の仕事を続けながらの活動は、かなりのエネルギーを使いますし、

応募してみたけど、書類選考にぜんぜん通らない…

こういったことも普通にあるでしょう。

条件交渉で企業から足元を見られて、嫌な思いをすることもあるかもしれません。

そのうち、転職への意欲がなくなって、

やっぱり、現状でガマンしておくか…

という気持ちになってしまうのです。

転職先が決まっても、馴染めるかどうかはわからない

うまく転職に成功したとしても、

  • その企業ですぐに実力を発揮できるのか?
  • 周囲に上手く馴染めるか?

上記はまったく別の問題です。

今までは勝手知ったる環境で仕事ができましたが、未知の世界に足を踏み込む不安がつきまとうでしょう。

転職をおすすめしない人もいます

これまで転職を経験したことがなく、

社会人になってから、ずっと同じ会社で働いてきました

上記のような方が、40代ではじめて転職するのはリスクも伴うでしょう。

良くも悪くも転職というものに慣れていないので、

  • 同僚や会社に対して、変な後ろめたさが出てしまう
  • 転職しても、自分の考え方ややり方に固執してしまう

上記などの理由から、新しい職場でなかなか実力が発揮できない傾向があるのです。

もちろん、「だから転職を諦めましょう」と言いたいわけではないのですが、

気持ちをリセットして、新しい環境でイチから頑張れるだろうか?

この点をよく考えて、慎重に判断をしてください。

転職を成功させるのは考え方次第

40代の転職を成功させるのも、考え方次第で大きく変わってきます。

まずは考え方の部分で、ポイントを押さえておきましょう。

転職活動に本気で取り組む

転職したいと思っていても、

うまくいきそうにないから悩むんだよね…

こういったことをいう人はたくさんいます。

少しキツイ言い方かもしれませんが、彼らを見ているとどこか他力本願で、転職への本気さ真剣さに欠けるような気がするのです。

このタイプの人たちは、以下のようなサイクルで、同じ過ごし方を繰り返しています。

行動できない人のサイクル
  1. 会社を辞めて転職したい
  2. 少し状況が改善し、辞めたい気持ちが薄らいできた
  3. このままの状態がずっと続いて欲しい
  4. 時の経過
  5. また会社を辞めたい

このような状態で働いていても、当然モチベーションもあがりませんし、愚痴も多く、周囲に良い影響を与えないでしょう。

今の仕事を続けるにしろ、転職を目指すにしろ、何らかのアクションを自らで起こすことが重要です。

前に一歩を踏み出して行動すれば、今の仕事への取り組み方を見直す機会にもなります。

転職への可能性を見出して、本気の活動をスタートする”きっかけ”にもつながるでしょう。

希望条件に優先順位をつけよう

転職における「成功」の基準を、どこに置くかはとても重要です。

まずは、自分はなぜ転職をしたいのか、正直に自分の胸に問うてみましょう。

面接で質問されたときは、

貴社発展のために貢献したいです!

上記のような、聞こえの良いことも言わなければなりません。

しかし、ホンネをいえば、

  • 人間関係がひどい
  • パワハラ被害
  • キツいノルマ
  • 安い給料
  • 会社が潰れそう…

こういった事情が、人それぞれにありますよね。

職場の悩みについて、いちばん大きな問題をクリアするために、転職をしようと考えているはずです。

本当の辞めたい理由をきちんと順序づけしていれば、

何を最優先して、何に譲歩できるのか?

ということが見えてくるでしょう。

若いころの転職のように、あれもこれもと欲張ると、

就職先どころか、応募先すら決まらない…

こういったことになりかねません。

希望条件に優先順位をつける際のポイントは、以下の記事が参考になりますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

特別な成功を求めすぎない

もしあなたが求めているものが、

キャリアアップしたい!

自分のスキルを活かせるところで活躍したい!

といったことであれば、そんなに転職を急ぐ必要はありません。

じっくりと情報収集して、「興味があるところにコンタクトをとる」というやり方でよいでしょう。

しかし、転職を希望する理由が、

こういったものなのであれば、転職すること自体が目的の一部になっています。

ですから、条件づけばかりしていては、なかなか目的が果たせないでしょう。

転職理由によって、許されるこだわり数も変わります

希望したいことはたくさん出てくるかもしれませんが、特別な成功を求めすぎても、なかなか叶うものではありません。

必要以上にこだわりを持たなければ、転職への道はきっとひらけるはずです。

自分の市場価値を知っておこう

昨今の転職市場では、どの会社も人材不足と言われており、企業の採用ハードルも下がっています。

過大評価は禁物ですが、自分を過小評価する必要もありません

転職サイト転職エージェントなどを利用して、あなたの価値を診断してもらいましょう。

試しにいろんな企業に応募書類を送ってみることで、自分の市場価値を知ることができます。

まとめ:40代からの新しい挑戦は無謀ではない!

今回は、40代からの転職がけっして無謀な挑戦ではないことを、筆者自身の体験談や身近な事例を交えながら、お話ししてきました。

「40代歓迎!」という仕事は、世の中に多くはありません。

しかし、確実に枠はあるのです。

定年が延長されるなかで、

まだ20年以上も働いてもらえるし…

このような期待をして、40代を採用している企業もたくさんあるのです。

令和という新しい時代をイキイキと働きながら、40代・50代を過ごしていくために。

転職を考えておられるのなら、ポジティブな気持ちで転職活動に挑みましょう!

セカンドゴングは40代の転職を応援しています!

40代の転職を応援しています!

当サイト(セカンドゴング)では、40代の転職に特化した転職ノウハウについて、

  • 実際に40代で転職を経験した人
  • 企業の採用担当・キャリアコンサルタントなど、転職活動に知見を有する人

上記のようなメンバーが数多くの記事を提供しています。

セカンドゴングの概要と執筆メンバーの一覧はこちら

転職活動の流れと攻略するコツについて、以下の記事でわかりやすくまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

また、当サイトにノウハウを提供している転職サポーターが、あなたの転職活動をお手伝いします

さまざまなサポートをご用意していますので、悩みがある方はお気軽にご相談ください。

転職サポーターの支援メニューはこちら

この記事を書いた人

40代男性、宮城県在住。順調なサラリーマン生活から一転、40代に入り、三度転職を経験。転職エージェント勤務、企業の採用担当業務などを経て、現在は営業職にて奮闘中。自ら転職を乗り切ってきた経験を、同じ40代の転職希望者にお伝えしたい。

40歳からの転職はけっして無謀ではない!新しい挑戦を成就させる考え方とは

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

40代で転職するなら、実践したい仕事の探し方

40代向けの求人は、20~30代向けの求人数と比べて少ないので、

応募したい仕事がなかなか見つからない…

このような状況になる場合も多く、効率よく求人を見つけることが重要です。

ここでは、40代が転職を成功させるために、無駄なく仕事を探すためのポイントをご紹介します。

40代におすすめの転職サイトに登録する

まずいちばん初めにしておきたいのは、転職サイトへの登録です。

すぐには希望通りの案件が見つからなくても、転職のための情報量の多さはダントツですし、無料で利用できますから、ぜひ登録しておきましょう。

大手の転職サイトであれば、常に数多くの求人情報が掲載されており、高度な検索機能があるので、

職種 / 地域 / 年収 / 福利厚生 など

上記のような条件で、求人を簡単に絞り込むことができます。

40代向けの求人を効率的に集めるには、

40代歓迎
年齢不問

といったキーワードで検索してみましょう。

また、ひととおり求人を眺めたなかで、掲載写真に年配者が写っている求人を探してみてください。

若手でなくても構わないですよ

企業側のこのようなメッセージかもしれません。

転職サイトの選び方や活用する方法、40代におすすめの11社を以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

40代向けのおすすめ転職サイト11選はこちら

転職エージェントの活用は必須!複数に登録しておく

転職活動を進めるには、かなりの労力が必要であり、ノウハウも必要となってきます。

あれもこれも一人でやるのは、本当に大変なものです…

そこでおすすめしたいのが、転職に必要な一連の作業をフォローしてくれる、「転職エージェント」を活用すること。

転職のプロによるサポートを受けることで、以下のような、たくさんのメリットを得ることができます

転職エージェントを利用するメリット
  • 転職サイトなどに出回っていない、40代向けの非公開求人を紹介してもらえる
  • 履歴書や職務経歴書の添削をしてもらえる
  • 面接対策のサポートをしてもらえる
  • 業界や企業について、独自の情報を提供してもらえる
  • 求人企業について、気兼ねなく質問できる
  • 選考に落選した理由を教えてくれるので、次への対策が打てる
  • キャリアや市場価値をプロの視点で見定めて、アピールするべき自身の強みを教えてくれる
  • 応募企業との連絡や日程など、エージェント担当者が間に入って調整してくれる
  • 入社時期や年収条件など、交渉ごとを代行してくれる

40代が無駄なく効率的に転職活動を進めるうえで、利用しない手はないサービスです。

しかも、転職エージェントは人材が採用されたときに、企業から成功報酬を得るビジネスモデルのため、転職者は無料で利用することができます

エージェントとの相性を見極めて厳選するという前提で、最初から3~4社ほどに登録しておきましょう。

転職エージェントの選び方については、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

40代が支持する転職エージェント7選はこちら

ハローワークなどの公共就職支援サービスを利用する

ハローワークは心強い味方

ハローワークは、転職サイトと比較すると求人の詳細がわかりにくく、待遇面で見劣りすることが多いので、利用を敬遠している人もいるかもしれませんね。

ですが40代の転職においては、ハローワークも積極的に活用しましょう

ハローワークを利用することで、以下のようなメリットを得ることができます。

ハローワークを利用するメリット
  • 仕事の種類が豊富で求人数が圧倒的に多い
  • ハローワークだけの独自求人がたくさんある
  • 職業相談の窓口が充実しており、気軽に相談できる
  • 子育て中の仕事探しを支援するマザーズコーナーがある
  • 職業訓練を受けて、資格やスキルを習得できる

ハローワークは公共の職業紹介機関ですから、企業は無料で求人を掲載することが可能です。

そのため、

ブラック企業の求人が紛れているのではないか…

こういった心配をしている人もいるでしょう。

ですが、質の悪い求人は見分けることができますし、窓口で確認すれば、さまざまな情報を教えてもらえます。

  • 現在失業中である
  • 地元企業への就職を希望している
  • 未経験の仕事に転職したい
  • 子育て中である

上記のような方であれば、利用しないのはもったいないサービスですよ。

また、公共の就職支援サービスはハローワークだけではありません

人材紹介会社による委託運営がされていて、転職エージェントのような充実したサービスを用意している地域もあります。

ハローワークなどの公共支援サービスについては、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

ハローワークや公共支援サービスの詳細はこちら

紹介予定派遣で転職する方法もある

転職するひとつの方法として、紹介予定派遣を利用することも有効です。

最初の2~6ヶ月を派遣社員として勤務して、派遣勤務の期間が経過した段階で、労働者と企業の双方が合意すれば、正社員になることができます

紹介予定派遣を利用するメリットは、以下のとおりです。

紹介予定派遣を利用するメリット
  • 最初は派遣社員として入社するので、ワークライフバランスがとりやすい
  • 直接雇用される前に、仕事内容や職場の雰囲気を確認できる
  • 必要な人材であることを、働きながら直接アピールできる
  • 未経験の業務にもチャレンジしやすい
  • 合わないときは断ることもできる

もちろんメリットばかりではありませんが、まずは大手の派遣会社に2~3社登録して、紹介予定派遣にはどのような求人があるかを、いちど確認してみましょう。

紹介予定派遣を利用するメリットやデメリット、40代が採用されるコツなどは、以下の記事でご紹介していますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

紹介予定派遣の詳細、おすすめの派遣会社はこちら

目次