転職活動

40代の挑戦はけっして無謀ではない!転職を成就させる考え方とは

40代になって、いま勤めている会社を辞めて転職したいと思ったことはありませんか?

そんな時、まず頭をよぎるのは、果たして40代で転職ができるのか? ということではないでしょうか。

一般的に転職適齢期は30代前半までと言われていますし、その不安は誰もが持つものだと思います。

ですが、まったく不可能なのかと言えば、そんなことはありません。

私自身も40代での転職経験者ですし、私の周囲にも何人もいます。彼らは特別なスキルや強運を持っている人たちではありません。

人手不足が叫ばれる今のご時世は、特に企業の採用ハードルも下がり気味ですし、またこうした人手不足に備えて予め人を採用しておこうという企業も増えています。

今回は、40代の転職にどう取り組んでいけば、「成功」に近づけるのかということを、私自身や私の身近な例を交えながらお話ししてみたいと思います。

40代での転職なんて無理だ!とあきらめ、毎日どこか晴れない気持ちで仕事をしている方が、ちょっとでも可能性を感じ、新しい一歩を踏み出していただけることを願っています。

【結論】40代からの転職は可能!

40代で退職した人・・その後は・・??

私の周囲に40代で企業を退職した人は何人もいます。

さすがに20代、30代よりは少なくなりましたが、同僚や取引先、友人知人の中で毎年何人かはいます。

彼らが退職後、何をしてるかと言うと、皆、就職して、正社員として働いています。

職に就いていない人は一人もいません。アルバイト生活の人もいません。キツイと言われる営業のフルコミッション職でもなければ、いわゆる3K労働でもありません。

先々は分かりませんが、まあまあ満足できる職場で働いています。

ちなみに、近々40代の同僚が退職しますが、すでに次の就職先が決まっており、退職の翌日からそこで働き始めるようです。

転職成功者はフツウのおじさんたち

彼らが短い期間で職を転々とする、転職慣れした人たちかといえば、まったくそんなことはありません。

勤めている会社の規模や肩書などは様々ですが、転職前も転職後も、ほぼ年齢に相応しいポジションに就いています。

ただ、資格や技能など、特殊な何かを身につけているかといえばそれも違います。言ってみれば、少々くたびれた?中年のフツウのおじさんたちです。

転職「成功」は、やり方・考え方次第

転職先探しに王道なし

そうした人たちは、どうやって次の就職先を見つけているのでしょうか。

強力なコネを持っていたり、親戚が職を紹介してくれたり、なんて恵まれた立場にいる人は、世の中にそんなに多くありません。

求人誌、転職サイト、転職エージェント、ハローワーク、知人の紹介などなど。多くの人は、それらを上手く使いこなしながら就職先を見つけています。

現在就いている業種・職種、地域性などによって異なるかとは思いますが、活かせるキャリアがあれば紹介やツテを頼るのもよいでしょうし、それらがないのであれば、公開されている情報を地道に収集・蓄積し、企業へアプローチするのが一般的かと思います。

ちなみに私はと言うと・・

私は長年同じ場所に居住し、地元での人とのつながりはそれなりに持っています。

ただ、あまり人を頼りにしたくないのと、貸し借りを作りたくないとの考えから、公の情報を頼りに転職活動し、転職エージェントや転職サイトを利用して異業種への就職を決めました。

転職へ本気で取り組もう!

転職をしたいけどしない、できないという人がたくさんいます。

そういった方を見ていると、少し言い方はキツイかもしれませんが、どこか他力本願で、転職への本気さ、真剣さに欠けるような気がします。

彼らは以下のようなサイクルで、何年も過ごしてしまっているのです。

  1. 会社を辞めて転職したい
  2. 少し状況が改善し、辞めたい気持ちが薄らいできた
  3. このままの状態がずっと続いて欲しい
  4. 時の経過
  5. また会社を辞めたい

当然モチベーションもあがらず、愚痴も多く、周囲に良い影響を与えないでしょう。

今の仕事を続けるにしろ、転職を目指すにしろ、何らかのアクションを起こすことは必要です。

一歩踏み出して行動すれば、今の仕事への取り組み方を見直す機会にもなりますし、転職への可能性を見出し、本気の活動をスタートすることにもつながります。

希望の優先順位をつける

転職での「成功」の基準をどこに置くかがとても重要かと思います。まずは、自分はなぜ転職をしたいのかを正直に胸に問います。

面接では、「貴社発展のために貢献したい」などと聞こえの良いことを言わねばなりませんが、ホンネで言えば、人間関係や、パワハラ被害、キツいノルマ、安い給料、会社が潰れそう・・人それぞれありますね。

そこの一番大きな問題をクリアするために転職をするわけですから、本当の辞めたい理由をきちんと順序づけしていれば、何を最優先し、何を譲歩できるかが見えてきます。

20代の転職のように、あれもこれもと欲張ると、就職先どころか応募先すら決まらないなんてことになりかねません。

特別な「成功」を求めない

例えば、キャリアアップしたい・自分のスキルを活かせるところで活躍したいというのであれば、そんなに転職を急ぐ必要はなく、じっくりと情報収集し、興味があるところにコンタクトをとるというやり方でよいでしょう。

ですが、人間関係やパワハラ被害での転職希望であれば、転職することが目的の一部になっていますので(これは悪いことではないと思います)、条件づけばかりしていては、恐らくなかなか決まらないでしょう。

転職理由により、許されるこだわり数も変わります。

転職するからには年収を大幅にアップしたい、管理職希望等々あるかと思いますが、特別な成功を求めてもなかなか叶いません。

自分の市場価値を知る

幸い昨今は、どの会社も人材不足と言われており、企業の採用ハードルも下がっています。

過大評価は禁物ですが、自分を過小評価する必要もありません。

転職サイトやエージェントを利用し診断してもらったり、また、試しにいろんな企業に書類を送ってみることで、自分の市場価値を知ることはできます。

必要以上にこだわりを持たなければ、転職への道はきっとひらけると思います。

転職成功者に共通する特徴は・・

自ら情報収集し、アクションを起こす

周りを見てみますと、転職成功者にはいくつか共通の特徴があるように思えます。

自ら積極的に考え、行動するという人がやはり多いです。

自分が置かれた現状をよく理解し、転職の可能性を探り、活動しています。他人には話さなくても実は活動して、機をうかがっているという人は意外と多いものです。

転職者に聞くと、それまでに転職を考えたことは一度や二度ではなく、その都度考え悩み、自分なりにやり方や順序を考え、決断にいたったと言います。

自分で行動した結果なので、就職先でも覚悟を持って仕事に取り組めます。

こだわりを捨てよう

また、こだわりが少ないということも特徴です。

家族を養い、生活していかねばなりませんので、もちろんどんな仕事でもいいということはありません。

誰だって生活レベルを下げたくないし、家族との時間や自分の時間も欲しいです。やりがいを持って仕事をしたいので、企業を選ぶ必要はもちろんあります。

ただ、若い頃のように、世間に名の通っている大企業じゃなきゃダメだめだとか、福利厚生の充実にこだわる人は皆無。

土日必ず休みたいとか、積極的に有休を使いたい、残業をまったくしたくないなんて人もいません。プライドは持っていても、それをあからさまに表に出す人もいません。

自分の最低限譲れないラインを決め、譲歩できるところは譲歩し、その上で、給与、やりがい、時間、勤務地等諸条件をバランスよく考え就職先を決めています。

40代の転職で、すべての希望がかなう満点回答の就職先はないと言っていいでしょう。

40代での転職が難しいのは事実・・

活動時間がとれない、就職後が心配・・

一方で、40代での転職がそう簡単にいかないのも事実です。

なかなか踏ん切りがつかなかったり、活動するのが面倒くさかったりする人は多いです。家族に心配をかけたくないという気持ちもあるでしょう。

いざ活動を始めても、困難はあります。

今の仕事を続けながらの活動はかなりのエネルギーを使いますし、応募してみても書類選考に通らないなんてことは普通です。

条件交渉で企業から足元を見られ、嫌な思いをすることもあります。そのうち、転職への意欲もなくなり、現状で我慢しようという気持ちになってきます。

うまく転職に成功しても、その企業ですぐに実力を発揮できるか、周囲に上手く馴染めるか、未知の世界に不安はつきまといます。

転職をおススメしない人もいます

また、社会人になってから一つの会社しか経験していない人が、40代で初めて転職するというのもリスクを伴います。

良くも悪くも転職というものに慣れていないので、気持ち的に同僚や会社に対して変な後ろめたさがあったり、就職してからも自分の考え方ややり方に固執してしまい、新しい職場でなかなか実力が発揮できない傾向があります。

ここは慎重に考えていただきたいところです。

「40代からの転職」は遅くない

チャンスあり! まずは行動してみよう!

40代での転職活動には、ネガティブイメージがつきまといますが、前述の通り、転職に「成功」し、それなりに満足できる職場で働いてる人はたくさんいます。

40代からの転職は簡単なことではありませんが、まったくチャンスがないわけではなく、限られた人にだけ可能性があるわけではありません。

しっかりとした考えと柔軟な発想を持ち、時間をかけて準備をして行動すれば、十分可能性はあります。しかも、インターネットを使えば転職活動に殆どお金はかかりません。

ただ、時間はかけねばなりませんので、自分の自由な時間が減ったり、家族との時間を犠牲にすることにはなりますが。

これからの人生を明るく生きるために

40代の私たちは、この先、まだまだ元気に働いて生きていかねばなりません。

悶々としてあと15年、20年と働き続けるのはキツくありませんか。どうせなら毎日笑顔で働きたいものです。

私の周りにも、口を開けば会社の愚痴が出てくる友人がいます。その友人に対し、転職した方がいいぞ、などと煽るようなことは言いません。

ただ、現状に流されるだけでなく、これからの長い人生を形作っていくためにも、まずは一歩踏み出してみた方がいい、とアドバイスはしています。

その友人に心を病んでもらいたくありませんし。

「40代歓迎」の職は、世の中に多くはありませんが、でも枠はあるのです。

時勢的に人材は不足しており、求人も増えています。定年を延長し、あと20年は働いてもらえることを期待して、40代を採用している企業もたくさんあります。

元号も変わりましたし、イキイキと働きながら40代・50代を過ごすためにも、転職を希望されている方には、ポジティブに転職活動を頑張っていただきたいです。

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
russellhead
40代男性、宮城県在住。順調なサラリーマン生活から一転、40代に入り、三度転職を経験。転職エージェント勤務、企業の採用担当業務などを経て、現在は営業職にて奮闘中。自ら転職を乗り切ってきた経験を、同じ40代の転職希望者にお伝えしたい。

関連コンテンツ