新しい職場で慣れるまでに実践したいコツ。40代が馴染むための方法とは?

40代が新しい職場で慣れるまでに実践したい3つのコツ!馴染むための心構えとは

(執筆:BANSOUスペイン商事

ようやく転職が決まったけど、

新しい職場でスムーズに馴染めるだろうか…

このような不安を感じていませんか?

とくに40代の転職者であれば、新しい職場でも早く実績を出したいですから、できるだけすぐに馴染めるようにしたいでしょう。

転職して入社したばかりなのに、

○○さんって、もうすっかり職場に馴染んで実力を発揮してるよね

こういうタイプの人を見かけることはありますよね。

筆者も何度も目にしてきたのですが、すぐに職場に馴染んで活躍する人たちには、いくつかの共通する特徴があるのです。

この記事では、新しい職場にいち早く慣れて馴染んでいきたいと考える方に向けて、

上記の内容について解説しています。

ぜひ最後までご覧いただいて、あなたが転職先に馴染むためのヒントとして、ぜひお役立てください。

新しい職場の悩み オススメ記事
目次

新しい職場で馴染むためには、最初の期間が重要です!

転職をするときに、

早く新しい職場に慣れて、「転職に成功した」と言えるようになりたい

このように思うことは、ごく自然なことでしょう。

もちろん条件面のこともありますが、やはり楽しく働けていないと、真の意味で転職に成功したとはいえませんよね。

楽しく働けている」という状態については、

  • 自然にコミュニケーションが取れる
  • すぐに実績を出す
  • 自主的に仕事を進められている

上記のように、定義は人それぞれかもしれませんが、その状態に近づくためにも、やはり入社して最初の期間が重要です。

転職を成功させるためにも、いち早く馴染むことが必要不可欠

40代の転職者が企業から求められる成果は、決して小さくはありません。

転職先に馴染んで力を発揮するためには、しっかりとした準備が必要です。

本当の意味で転職を成功に導くためには、

できるだけ早い段階で、新しい職場に馴染んでいく

ということが、不可欠な要素であることを認識しましょう。

新しい職場では「社内ルールの違い」にまず慣れること

転職先では、まずコミュニケーションを取ることによって、

これまで慣れ親しんだ職場と何が違うのか?

上記について知り、その違いに慣れていくことが大切です。

社内のローカルルールと表現できるような、

  • 書類の書き方
  • 提案の方法
  • 言葉遣い

上記のように、明文化はされていないけれど、社内で大切にされていることの違いに、まずは慣れることを心がけましょう。

転職を何度か経験していれば、肌感覚で身についているかもしれませんが、はじめて転職する場合は、この違いに苦労する人が多いのです。

最初のステップは、同じチーム内で人間関係を築くこと

転職先に馴染んでいくためには、

  • 社内でもっとも距離感が近い
  • 一緒に仕事をする機会が多い

このような状況にある、同じチーム内で人間関係を築くことがまず最初のステップとなります。

仕事というものは、自分一人だけでは進めることのできないもの。

職場に馴染むなかで、

他人の協力を得ながら成果に繋げていく

ということが、組織貢献の近道となるでしょう。

同じチーム内でのコミュニケーションがうまくいけば、少しずつでも確実に、転職先に馴染んで慣れていくことができるはずです。

転職してもすぐに馴染める人の特徴とは?

転職して入社したばかりなのに、

○○さんって、もうすっかり職場に馴染んでるよね

こういう人って実際にいますよね。

職場にすぐ馴染める人たちには、いったいどのような特徴があるのか、筆者の経験談からお話しします。

新しいことを素直に吸収できる

入社してすぐのころは、

  • 新しい組織のルール
  • 業務の進め方

上記のようなことなど、いろいろな知識を教えてもらう機会が多くなります。

そんななかで、とくに大切だなぁと実感するのが「素直さ」です。

40代ともなれば、「誰かにものを教える機会」というのは、いろいろと経験されているでしょう。

そんなときに、素直に教えを聞いて積極的に吸収して、

教えたやり方をしっかり実行する

こういったタイプの人もいますよね。

言われたことを素直に実行できる人には、基本の内容だけでなく、

仕事がスムーズに進むように、役立つ知識も教えてあげよう!

こんなふうに思うのではないでしょうか?

だからこそ、職場に馴染むのも早くなるのです。

しかしその一方で、

それは効率的じゃないですよね

前職では○○でした

こんなことばかり言ってくる人には、最低限のことしか教えたくないでしょう。

経験や実績もあり、実際に立派な能力をお持ちの方なのかもしれませんが、これではちょっともったいないような…

転職して入社したら、どのポジションであっても、新しい職場においては新人です

プライドをちょっと抑えて、

謙虚な気持ちで素直に吸収していく

という姿勢を持ちましょう。

社内での円滑なコミュニケーションにつながりますし、その後の実績や活躍に大きく関わってくるはずです。

できることからコツコツ取り組める

40代なら、すでに実績や経歴、スキルがある方も多いので、

派手に一発、大きな実績をあげたい!

こういった気持ちになるのも、ある意味で当然のことかもしれません。

ですが、筆者がこれまで見てきた「転職を成功させている人」は、

はじめはコツコツした地味な印象

という方が多かったような気がします。

  • 謙虚な気持ちで知識を蓄え続ける
  • 得意なことや自分ができることから、まずは取り組んみる

こういったことを、目立たなくてもコツコツとやっていると、

○○さんの仕事っぷりには安心感があるな

と気付いてくれる人が出てくるので、知らないうちに信頼が高まっていくのです。

転職を成功させる人たちは、

  • 信頼が得られるようになれば、新たな業務や依頼につながっていく
  • 相互にいい関係を築けば、円滑に仕事を進めることができる

ということを知っているのかもしれませんね。

得意なことであれば、自分自身も楽しくリラックスして、仕事が進められる効果もあります。

自分をさらけ出すことができる

「できることをやる」の逆パターンとなりますが、

出来ないことは素直にできないと言う

このような言動ができるのも、職場ですぐに馴染める人の特徴のひとつです。

できないなんて言ってしまうと、

周りから「できない人」と思われてしまうのでは?

という心配もあるかもしれませんが、大丈夫です。

40代でキャリアも積んでこられた方から、

ごめん、これはちょっと苦手なんだ

もしこんなふうに素直に言われたら、

素直で人間的な人だなぁ。それならサポートしてあげよう!

筆者ならこのように感じてしまうでしょう。

欠点を素直にさらけ出せることで、弱さよりも、逆に「人間的に強い人だ」という印象を持ってしまうものなのです。

周囲を仲間にするのがうまい

「人間はひとりでは生きていけない」といいますが、職場に仲間がいると心強いものです。

うまく職場に馴染める人は、

○○さんって、周辺の人を仲間にするのが上手だよな

このような特徴も持っています。

職場にいち早く馴染むためには、

仕事のなかで関わる身近な人に、自分から話しかけてみる

ということも、ひとつのポイントといえるでしょう。

人の評価ばかりを気にせず、自分の目標をもっている

転職して最初のころは、

早く社内での評価を上げたい…

このような気持ちになるのは当然のことです。

しかし、周りの顔色ばかり気にしていると、業務に集中できないだけでなく、なにより自分が楽しく仕事できません。

新しい職場にすぐに馴染めるタイプの人は、

この仕事は〇〇時までに終わらせよう

今日は企画案を〇本作るぞ!

こんなふうに、「自分の中だけで達成できる簡単な目標」を設定して、着実に仕事を進めています。

集中して仕事を進めているうちに、自然と自信もついてきて、周囲とのコミュニケーションが円滑になっていくのです。

新しい職場に慣れるための具体的な方法

転職先ですぐに馴染める人の特徴をふまえて、新しい職場に慣れるまでに、ぜひ実践したい3つの方法をご紹介します。

新しい職場に慣れるための具体的な方法
  1. 自己紹介を仲間を知る機会にする
  2. 出社時間を早めて、コミュニケーションの時間をつくる
  3. 新しい職場のキーパーソンを見つける(紹介してもらう)

上記をぜひ実践していきましょう。

自己紹介を仲間を知る機会にする

転職してすぐに行われる自己紹介は、自分を知ってもらうためにするものですが、相手を知るチャンスでもあります。

こちらが自己紹介をすれば、

はじめまして、私は△△です

と相手も名乗ってくれるはずですから、身近にいる人から積極的に話しかけてみましょう。

相手の名前や雰囲気、話しているときの反応などから、さまざまな情報を掴むことができるはずです。

  • 自分に興味を持ってくれている人なのか?
  • 話しやすい雰囲気の人なのか?
  • 自分の方に体を向けて聞いてくれるのか?

上記のようなことから、相手の性格や受け入れ度合いをはかり、相手を知る機会とすることができます。

出社時間を早めて、積極的にコミュニケーションの機会をつくる

新しい職場に慣れるまでは、

仕事以外でコミュニケーションを取る時間を意図的に作る

というのが大切です。

出社時間を少し早めることで、出社してきた人を迎える側になることができます。

ちょっとした工夫ですが、朝の挨拶を積極的にすることで、

気さくで話しやすそうな人だな…

こういった雰囲気づくりができるので、その後の仕事のやりやすさが、格段に変わってくるでしょう。

挨拶するときのちょっとしたコツは、相手の名前を呼んで挨拶をすることです。

〇〇さん、おはようございます!

と名前を入れて挨拶するだけで、「わたしは名前と顔を覚えていますよ」というメッセージになります。

挨拶だけも毎日交わしていると、意外と愛着が湧いてきて馴染めるものですよ。

また、朝の余裕のある時間帯なので、そのまま雑談などもできるかもしれません。

新しい職場においては、雑談の時間はとても重要です。

緊張をほぐしたり、次項でお話しするキーパーソン探しにも役立ってきます。

職場のキーパーソンを把握して、相談相手になってもらう

新しい職場の環境に慣れて、仕事で成果を出していくためには、

職場のキーパーソンと繋がること

上記がとても重要となってきます。

とくに繋がっておきたい、分野別のキーパーソンは以下のとおりです。

繋がっておきたいキーパーソン
  1. 先に転職していて、社内のローカルルールに詳しい人
  2. お節介でいろいろなことを進んで教えてくれる人

このようなキーパーソンとなりうる方を見つけて、積極的に話しかけたり、挨拶をすることで関係性を築きましょう。

先に転職していて、社内のローカルルールに詳しい人

先に転職していて、

転職先のローカルルールに精通している

という方から得られる情報は、まさに「転ばぬ先の杖」となります。

転職先の企業に長く勤めている人は、

○○ってこのやり方がスタンダードでしょ

上記のように、自社のルールが当たり前だと思っていることが多いでしょう。

たとえその社内ルールが間違っていたとしても、違和感を持ちづらい環境にいます。

とはいえ、転職してきたあなたが、社内ルールの違和感に気づいたとしても、

これっておかしくないですか?

といった声を、いきなり上げることは避けるべきです。

まずは、順応してきた先輩転職者を見つけましょう。

その人から情報を得ていくことが、新しい職場に慣れていくための、有効な手段となるはずです。

お節介でいろいろなことを進んで教えてくれる人

お節介を焼いてくれる人は、どこの組織にもいるものです。

このようなお節介でいろいろ教えてくれる人から、

  • 社内の人間関係
  • 部署間の力関係

このような情報を得ておくと、仕事をするうえで役に立つでしょう。

お節介焼きの人は、いろいろな場面で自分のことを話してくます。

新しい職場で馴染んでいくためには、ありがたい存在だといえますが、

気をつけてお付き合いすべき相手

でもあることは心得ておきましょう。

コミュニケーションで失敗しないためのポイント

新しい職場にいち早く慣れるためには、

目的を持ってコミュニケーションをする

ということが大切です。

しかし、職場に馴染むための積極的なコミュニケーションが、意図したものと逆の効果を生む可能性もあります。

そういった失敗を回避するためにも、心得ておきたい3つのポイントを確認しておきましょう。

年下の上司・同僚に対する言葉遣いに気をつける

40代で転職をされる場合は、

これまでの職場では、部下・後輩がたくさんいました

という方も多いでしょう。

しかし、新しい職場では、

先輩や上司となる人が年下である

こういったケースもよくあります。

たとえ自分より年下であったとしても、新しい職場においてはあなたがいちばん新人です。

転職してしばらくは、顧客と会話するかのように、

丁寧語や敬語を使って会話する

ということを心がけましょう。

筆者の転職経験においても、無用なトラブルを避けるために、とても有効な対策でした。

新しい会社のやり方、商品・サービスに対する批判をしない

40代で転職をする場合は、これまでに多くの経験を積み重ねてきているはず。

自分なりの成功パターンや、仕事のやり方を確立している方も多いでしょう。

これまでの経験が評価されたからこそ、この会社に入社することになったんだ!

このように意気込む気持ちがあるかもしれません。

しかし、ミドルの転職における失敗事例の上位にあるのは、常に以下のようなことです。

  • 転職先でも、前職の仕事のやり方にこだわる
  • 前職と転職先を比較して、ネガティブなことを言う

あなたにはおかしく見えても、企業文化や独自の歴史的背景から、築き上げられた方法なのかもしれません。

転職先の仕事のやり方が、前職に比べて非効率であったとしても、すぐに批判することは控えましょう

新しい職場なりの背景を考慮せずに、

  • ネガティブな発言を繰り返す
  • いきなり改善案を提案してしまう

こういった対応をしてしまうと、新しい職場の人たちに反感を持たれてしまう可能性があります。

どうしても改善案を伝えたいときは、まずはキーパーソンとなる人に相談してみましょう。

ワンクッション挟むことで、無用なトラブルを避けることができるはずです。

わからないことを知ったかぶりしない

40代の転職となると、知識も経験も豊富にあり、ビジネスパーソンとしてのプライドもあるでしょう。

だからといって、わからないことを知ったかぶりするのはNGです。

新しい職場の文化に慣れていくためには、

文化に慣れるためのチャンスを大切にする

という心構えを持っていなければなりません。

たとえ自分ひとりで出来そうな仕事でも、機会があれば周囲に助けてもらいましょう

周囲に助けてもらう機会を持つことで、

  • 転職先の仕事の進め方
  • 業務上で注意すべき点

上記のようなことを、学ぶ機会とすることができます。

また、せっかくの学ぶ機会を確実なものにするためにも、教えてくれる人に対して、

あー、それは知ってますよ

このような上から目線の態度を取ることは避けてください。

謙虚な姿勢を貫いて、自分の考えや知識との僅かな違いにも注意を払いながら、

新しい学びを得るんだ…

という心構えを持ちましょう。

あなたに教えることが、たとえ業務指示であったとしても、相手も人間です。

こんなに真剣に聞いてくれるのだから、一生懸命に教えなくては!

このような気持ちになってもらえるように、謙虚な心構えで、しっかりと学ぶ姿勢を示しましょう。

特殊なアプローチで職場に馴染む人もいる

意図的なコミュニケーションを重ねて、職場に馴染んでいくという方法に対して、

ちょっと面倒だな…

このような抵抗感をお持ちの方もいるかもしれませんね。

実際にご紹介したようなやり方ではなく、

特殊なアプローチで職場に馴染んでいる

こういった人たちがいるのも事実です。

非常に少ない転職者の事例ではありますが、筆者が過去に目にした事例をご紹介しておきます。

仕事で圧倒的な実績をあげる人

いちばんインパクトのある形で、職場に馴染める方法としては、

仕事で圧倒的な実績をあげる

という方法です。

これは誰もが憧れる職場に馴染む方法ですが、ハードルはかなり高いといえるでしょう。

新しい職場で、不要な会話もないままに実績を出すのは、簡単なことではありません。

ただ、筆者が今まで出会った人のなかにも、何人かこのタイプの方が存在しました。

どうやって実績をあげていたのか後で聞いたところ、

  • たくさんの勉強量
  • 軸となるロールモデルを見つける

上記を意識して仕事に取り組んでいたとのこと。

業績をすでに上げている人物から仕事のコツを聞いて、その人物を目標にしながら、日々の勉強を黙々としていたようなのです。

確かに、理にかなった進め方かもしれません。

職場に馴染むための作業に疲れたり、

いや、オレは実績でみんなに知ってもらいたいんだ!

という方はぜひチャレンジしてみてください。

宴会部長になる人

職場で求められることは、なにも業務能力だけではありません。

組織内のムードメーカーや調整能力だって、サラリーマンには必要な要素です。

個人と話すのが苦手な方は、職場の宴会を取り仕切る、「宴会部長」をするのも方法のひとつです。

筆者が経験した職場でも、普段は大人しいのに、

飲み会のことならオレに任せといて!

と率先して宴会部長をしている人がいました。

予算や集金、日程調整を兼ねて周囲と話す機会も多いので、

いろんな人に話しかけられやすくなる

ということがメリットです。

宴会を重ねるごとに、職場に馴染むだけでなく、組織でも大切なメンバーの一員となっていけるでしょう。

どうしても馴染むのが難しいときはどうする?

どんなに馴染むための努力をしたとしても、

この会社に馴染むのは無理だわ…

このようなケースがあるのも事実です。

そんなときは、必要以上に労力をかけすぎず、再度転職することも検討してみましょう。

どんなに努力しても無理なときもある

どんなに馴染もうと努力をしても、

  • 相手側に問題がある
  • 周囲との相性が悪い

上記のように、本人の努力だけでは改善が難しい場合があります。

例えば、会社がブラック企業だったり、平気でパワハラをしてくる上司などが相手であれば、

入社したばかりの新人が努力をしたところで意味がない

というのが実際のところでしょう。

どんなに努力しても無理なケースもあるので、あまり追い込まれすぎないようにしてください。

悩みを解決できないときは、再転職も視野に入れるべき

努力することが無駄だと感じたら、再度転職することを視野に入れましょう。

会社は自分の意思で替えられる

という前提があるのですから、貴重な人生の時間を、必要以上に無駄にすることはありません。

新しい会社に入社すれば、

○○さんの実力はどの程度なんだろうね…

という目であなたを見定めているのかもしれません。

しかしこちらだって、

どの程度の会社か見定めているんですよ

このような視点は持っておくべきです。

遅かれ早かれ辞めることになる会社で、必要以上に無駄な努力をすることはありません。

転職して仕切り直したほうが、結果的によい選択となる可能性は十分にあります。

40代の転職は甘くない。万全の準備で転職活動を進めよう

40代の転職には「40代なりの攻略法」があるので、安易に転職活動に挑んでしまうと、厳しい戦いが待ち受けているかもしれません。

転職活動における「6つのステップ」の流れを知り、それぞれのステップでやるべきことを理解して、万全の準備で対策しておくことが重要です。

転職をするときの6つのステップ
  1. 転職の準備
    転職スケジュールの計画、キャリアの棚卸し、希望条件の整理など
  2. 応募書類の作成
    質の高い履歴書と職務経歴書を作成する
  3. 求人探し・応募
    6つの手段を駆使して求人情報を集める
  4. 面接対策
    面接の流れや基本マナーを押さえて、合格するためのポイントを対策する
  5. 内定・入社準備
    内定条件の確認や交渉、転職先に馴染んでいくための準備など
  6. 退職手続き
    退職願の書き方、引き継ぎや退職時期の調整、トラブル時の対策など

また、実際に40代で転職を経験した人たちの成功事例も数多くご紹介していますので、こちらも参考にしてみましょう。

まとめ:記憶の中にある転職成功者から学んで、不安を解消しよう!

今回は、新しい職場に馴染んで転職を成功に導くために、

  • 転職してもすぐに馴染める人の特徴とは?
  • 新しい職場に慣れるための具体的な方法
  • コミュニケーションで失敗しないためポイント

上記について詳しくお話ししました。

新しい職場にスムーズに馴染んでいくために、押さえておきたいポイントをおさらいしておきましょう。

新しい職場に慣れるための具体的な方法
  1. 自己紹介を仲間を知る機会にする
  2. 出社時間を早めて、積極的にコミュニケーションの機会をつくる
  3. 職場のキーパーソンを把握して、相談相手になってもらう
コミュニケーションで失敗しないためポイント
  1. 年下の上司・同僚に対する言葉遣いに気をつける
  2. 新しい会社のやり方、商品・サービスに対する批判をしない
  3. わからないことを知ったかぶりしない

新しい職場においては、まずはコミュニケーションをしっかり取ることが重要です。

仕事の成果を出すのは、そのあとでも十分に間に合います。

あなたの記憶のなかにも、

たしかにあの人はすぐに馴染んで活躍していたな…

このように思い当たる人がいるのではないでしょうか?

ご紹介した内容を参考にして、記憶に残るあの人のやり方を学んで、転職後に活躍していくためのヒントにしてみましょう。

新しい職場にいち早く馴染んで、ご活躍されることを願っております。

▼こちらも合わせてどうぞ▼

当サイト(セカンドゴング)では、40代の転職に特化した転職ノウハウについて、

  • 実際に40代で転職を経験した人
  • 企業の採用担当・キャリアコンサルタントなど、転職活動に知見を有する人

上記のようなメンバーが数多くの記事を提供しています。

当サイトの概要と執筆メンバーの一覧はこちら

転職活動のすべてのステップについて、以下の記事でわかりやすくまとめていますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

▼40代転職の完全ガイドはこちら▼

40代が新しい職場で慣れるまでに実践したい3つのコツ!馴染むための心構えとは

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

30代男性、宮城県在住。高校卒業後→東京の某大学→都内のイベント会社へ就職→宮城の教育系コンサルに入社→ビジネス・コーチとして独立→北海道にある小売企業に教育部門立ち上げのために採用され採用と教育を担当。現在複業で生きる道を模索中。

目次
閉じる