転職成功の近道! 40代が支持するエージェントはこちら

40代が転職先に馴染めない理由と改善するためにできる努力とは?

40代で意を決して転職しても、すべてがうまくいくとはかぎりません。

新しい職場でいざ働き出してみると、

どうにもうまく馴染めていない気がする…

このように感じるときもあるでしょう。

既存社員や会社に馴染めないのは、40代という年齢が関係している場合もあります。

職場に若い世代が多ければ、仲間として認識してもらえないのが普通ですから、自分から馴染む努力をすることが大切です。

また、本人の努力だけでは改善が難しい場合は、再転職することも視野に入れておくべきでしょう。

この記事では、転職先の職場に馴染めないと悩む40代の方に向けて、

  • 40代が新しい職場に馴染めない理由
  • 会社に馴染めないときにできる努力とは?
  • 努力しても無理なときは、再転職を視野に入れよう

上記のような内容について解説しています。

40代の転職を何度か経験して、馴染むことに苦労した筆者の実体験も交えながらお話ししていますので、ぜひ最後までご覧いただいて、あなたの悩みを解決するヒントにしてください。

目次

▼この記事の執筆者▼

50代男性、東京都在住。日用品業界にて30年近く営業として働いています。 7回ほど転職を経験しており、私の転職体験や経験が40代の転職でお悩みの方に、なにか少しでも参考になればと思っています。

新しい職場に馴染めない理由とは?

新しい職場に馴染めないのには、いくつか理由があります。

ここでは、おもな理由について確認しておきましょう。

人間関係に問題がある

新しい会社に馴染めない理由で、いちばん多いのは、やはり人間関係によるもの。

人間関係だけは、実際にその会社に入ってみないとわかりませんし、どんな会社であっても人間関係の悩みはつきものです。

今までそれなりに円満に存続してきた会社に、いわば異物が混入してくるわけですから、

多少の拒否反応やアレルギーが出るのはやむを得ない

というくらいに考えておく方が、ちょうどいいのかもしれません。

入社して間もないうちは、

新参者の40代をすぐに受け入れてくれる方が稀だろうな…

このような気持ちで、あまり気にし過ぎない方が得策です。

過去を引きずっている

以前にいた会社のことを、

うちの会社はこうでしたよ

とうっかり言ってしまったり、

この会社ではこういうやり方なんですね

このような発言をしてしまうと、既存社員からすれば面白くないですし、距離を置かれてしまうでしょう。

自分では切り替えているつもりでも、過去の経験というのは、なかなか捨てきれるものではありません。

過去の経験値を活かさなければ…

という気持ちで発言したとしても、

前の会社の話ばかりで謙虚さがないな…

このように受け取られる可能性もあるのです。

新天地では、過去のことはいったん封印して、新しい知識のインプットに重点を置きましょう。

過去の経験値は聞かれたときだけ答える

これくらいの意識でいたほうが、何かとうまくいくものです。

入社前の約束と違う

転職するということは、入社を決めた段階で条件面の折り合いがついていたはずですが、

入社してみたら話が違うんだけど…

このような事態になることもあります。

筆者が実際に体験した事例では、

  • 試用期間は3ヶ月という話だったのに延長された。試用期間が明けたら収入ダウンの提示された
  • 入社してすぐの評価で給料を下げられて、予定していた年収を下回った

上記のようなケースがありました。

条件面だけの話ではありませんが、「約束と違う」と不信感を覚えれば、

この会社で大丈夫なのかな…

と疑いの気持ちが生まれてしまうので、信頼関係が築けない場合があります。

こちらが信頼をおけないと思うと、会社側もぎこちなさを感じ取ってしまうので、

お互いに距離を置いて馴染めない

ということになってしまうのです。

転職先に馴染めなかった私の経験談

筆者も40代で何度か転職を経験しておりますが、やはり転職しても馴染めない職場はありました。

ここでは、筆者が体験した実例をご紹介します。

会社の規模が違いすぎた

大企業から小さい会社に転職する場合の方が、転職先に馴染みにくい傾向にあります。

会社の規模がそれなりに大きければ、担当分担も細分化していますし、福利厚生もきちんとしているでしょう。

しかし、会社の規模が小さいと、

  • 有休をとるのにも社長のご機嫌伺いが必要
  • 仕事の分担があいまいで、自分の責任範囲がはっきりしていない
  • 仕事上のトラブルが「個人対個人」のぶつかり合いになって収拾がつかない

上記のような職場環境で働かざるを得ないことがあるのです。

実際にその環境に身を置くと、馴染めないというよりも戸惑うばかりで、

株式会社とは名ばかりで、会社の体をなしていないじゃないか…

筆者もこのように思わざるを得ませんでした…

会社の規模が違いすぎると、このような弊害が起こりがちです。

仕事の進め方・システムが違いすぎた

会社規模と関連する場合も多いですが、仕事の進め方や社内のシステムが違い過ぎる場合も、戸惑って馴染みにくいと感じることが多いでしょう。

筆者が体験した例でいうと、

  • 前の会社ではパソコンでしていた業務を、わざわざ手書きでやる必要があった
  • 出勤退勤を紙のタイムカードで打刻する必要があった

こういったケースでは戸惑いました。

実際に遭遇したときには、

なんて遅れた会社なんだろう…

と驚いたものですが、いま考えてみると、

前の環境と自分の常識にとらわれ過ぎていた

というのが正解だったように思います。

ある会社に転職したときに、タイムカードをパソコン上のソフトで記入する必要がありました。

筆者はそれまで、タイムカードの打刻がない会社に勤務していたので、

今どきタイムカードがある会社なんてあるんだ…

このように驚いたものです。

しかし、同期で入社した人たちの反応は、

同期A

ずいぶん古いシステムを使ってるね

同期B

パソコンで勤怠管理とかすごいなぁ

上記のように人それぞれ違っていました。

このように、過去の自分の環境によって、受け取り方は変わってきます。

ただ、新しいことから旧式なことに戻るのは、なかなか受け入れにくいことですから、「馴染めない」と感じてしまう人も多いでしょう。

既存社員と年齢が違いすぎた

40代ってじつは微妙な年ごろです。

若くはないけれど、重鎮といえるほどの年齢でもない

上記のような中途半端な年代だったりします。

経営陣が年配で、社員が若手しかいない会社に転職すると、同世代の社員がいないので、

年齢のギャップがあるので馴染めない…

と感じてしまう場合もあるでしょう。

筆者も40代後半のときに、20代~30代前半の若手社員が多い会社に転職して、努力はしたのですがどうしても馴染めなかったことがあります。

休憩時間などに出てくる話題といえば、

今週の『週刊少年ジャンプ』見ました?

K-popなら誰が好きですか?

こんな内容ばかりで、筆者にはついていけませんでした。

筆者のケースでは、単純に「趣味が合わなかった」という側面もありますが、世代によって話題が違うのはよくあることです。

普通は年齢を重ねるにつれて、新入社員などが入社してきますので、

自分より若い年代を受け入れることには慣れている

という人は多いでしょう。

しかし、自分より上の社員が入社してくるというのはイレギュラーなことですし、そもそも年上の中途社員など、若い子には煙たいだけです。

筆者も、最後までこの会社には馴染めませんでした…

自分から会社に距離を置いてしまうこともある

会社に馴染めないと感じている場合、

じつは自分から会社と距離を取っている

というケースもあります。

たとえば、ブラック企業であることを、社員が自虐的な意味合いで話題にしているような会社です。

サービス残業も当たり前で、無茶な要求が多かったりする会社だと、

この会社を経験したら、もうどこでもやっていけますよ(笑)

このような話を既存社員から聞かされることがあります。

これはスキルやキャリアを積めるという意味合いではなく、

この劣悪な環境に耐えられるのなら、他の会社が天国に見えるだろう

という言い換えに他なりません。

こんなことを言われると、どうしても心や頭に拒否反応が生まれてしまいますよね…

ですから、無意識に会社と距離を取ってしまい、結果的に馴染めなくなってしまいました。

40代が会社に馴染めないときにできる努力とは?

年齢だけの問題にするわけにはいきませんが、既存社員や会社に馴染めないのには、40代という年齢も関係しています。

20代や30代前半の既存社員からすれば、

よく知らないおっさんが入ってきた…

という状態でしょう。

たとえあなたが後輩扱いであったとしても、仲間としては認識してくれないことが普通です。

自分が20代の若手だった頃を思い出してみてください。

40代の社員って、話しかけにくい存在ではありませんでしたか?

ですから、ある程度の時間はかかりますし、自分から馴染む努力をすることが大切です。

老害になっていませんか?

最近は「老害」という言葉をよく耳にしますが、40代でもうっかりするとそれに近いことがあります。

  • 社会人としてのキャリアが十分だと自負している
  • 以前の職場の方が大企業だった

こういった思いがあると、自分では意識していなくても、相手にはちょっと偉そうな態度に見えてしまうものなのです。

自分では謙虚にしているつもりでも、相手にとっては「鼻につく人」なのかもしれません。

管理職として肩書があればまだいいのですが、役職がなく対等な場合であれば、村八分のような扱いに合うこともあります。

新しい会社では、相手が寄り添ってくれるのを待つのではなく、

自分から溶け込む努力と謙虚な姿勢をもつ

ということが大切です。

新しい会社のやり方に従う

異文化に慣れるのには努力が必要です。

文化が違う会社に入社するわけですから、まずは「郷に入っては郷に従え」を心がけましょう。

40代ともなれば、社会人としての常識も十分に身についています。

しかし、この「常識」というのがくせもの。

常識やルールは会社によって違うものですが、年を取れば取るほど、

自分が知っている常識が正しいだろう

このように思い込みがちなのです。

会社によっては、今までの経験値から判断すると、とんでもなく変な常識がまかり通っていたりします。

違和感を感じることもあるでしょうが、その新しい常識を飲み込まないと、いつまでたってもよそ者扱いで、馴染めずに苦労するのです。

明らかに非合法であったり、ハラスメント的なものなどでなければ、

一旦は違和感を飲み込んで受け入れる

ということが、新しい職場に馴染める近道となるでしょう。

ひとつ例を挙げると、

オフィスの掃除はすべて社員が行うように!

というルールになっている会社があります。

もちろん、ゴミ捨てもトイレ掃除も…

これまで大企業で勤務してきた人からすれば、

社員に掃除をさせることに、何の意味があるのかわからない…

このように思うかもしれませんが、そのルールが会社の「常識」なのです。

くだらない文化に見えても、過去にいろんな経緯があった可能性もあります。

たとえあなたが拒否したとしても、その常識が覆ることはないでしょう

苦労して学んできた自分の常識を、完全に捨てる必要はありません。

しかし、新しい会社を自分の常識だけで計ると、おかしなことになる場合があります。

改善を提案するにしても、

  • なぜこんな古いやり方をしているのか?
  • なぜ改善できないのか?

ということを、しっかり見極めてから行動したほうが賢明でしょう。

郷に入れば郷に従え」という先達の言葉は、やはり的を射ています。

社内の力関係を読む

転職先にいち早く馴染むための方法として、

仕事のことや会社のことを、何でも相談できる人を作る

というのが理想的です。

小さな会社でも、人間関係は複雑だったりします。

そのなかで、

  • 誰が親切なのか?
  • 誰が実力者なのか?
  • 誰が嫌われているのか?

といった社内の力関係を知ることができれば、攻略方法がわかって馴染みやすくなるでしょう。

表立って見える部分には限界があり、

こんなことが水面下で動いていたなんて…

上記のようなことはいくらでもあります。

社内政治に詳しい人と親しくなれば、社内のパワーバランスが理解できて、会社の実情が見えてくるはずです。

また、会社によっては派閥が存在する場合がありますが、

転職してすぐのうちは、ニュートラルな立場を取っておく

ということをおすすめします。

主流派や対立構造が読めないうちに、どこかに取り込まれてしまうのはかなりリスキーです。

社内の力関係が読めてきて、会社の雰囲気もはっきりしてくると、自分を置くべきポジショニングが明確になってくるでしょう。

コミュニケーションを取る努力をする

職場でのコミュニケーションを円滑にするために、

  • 会話数を増やす
  • 共通の話題を探す
  • 食事をする

上記のような、基本的なことの積み重ねを大切にしてください。

年齢が離れていたとしても、趣味が合ったり共通の話題があれば、コミュニケーションがとりやすくなります。

  • 音楽
  • ゲーム
  • 釣り

といった年齢に関係なく楽しめる趣味があれば、世代を超えたコミュニケーションの媒介となるはずです。

また、酒飲み同士であれば、お酒を酌み交わしての食事なども、親密になれるきっかけとなるでしょう。

筆者の経験談ですが、20歳くらい年齢の離れたアルバイトの子と、一緒に仕事をする機会があったとき、話題がなくて困ったことがありました。

彼とは一日中一緒にいなければならなかったので、

なんとかコミュニケーションを取らなければ…

と苦心していたのですが、なかなか共通点がみつかりません。

しかし、あるとき音楽の話になり、イギリスのバンド「Queen」の話になったのです。

筆者にとっては、若い頃によく聞いたバンドでしたが、音楽好きだった彼の反応は、

伝説のバンドじゃないですか。映画も観ましたよ!

あのクイーンをリアルタイムで聴いていたなんてスゴイですね!

と急に尊敬の眼差しで見られるようになりました。

このような共通の話題を見つけるためにも、まずは会話を重ねることが大切です。

とくに女性の場合は、会話数が親密度に比例しますので、日々の会話を積み重ねることを意識しましょう。

努力しても改善しない場合は、再転職を視野に入れよう

どんなに努力をしても、本人の努力だけでは馴染めないし、改善できないこともあります。

努力してもわかりあえない人もいますし、理解できない人もいます。そしてイヤな奴だっているものです。

努力することが無駄だと感じたら、再度転職することを視野に入れましょう

貴重な人生の時間を、必要以上に無駄にすることはありません。

どんなに努力しても合わない人はいる

努力をしているのに、それでも馴染めないのであれば、それはあなたのせいではありません。

  • 相手側に問題がある
  • 周囲との相性が悪い

上記のどちらかでしょう。

筆者もある転職先で、いじめのような個人攻撃に遭遇したことがあります。

上司からの攻撃だったのですが、どんなにこちらが努力して合わせようと思っても、上司側にその気がないので解決のしようがありません。

結局その会社を退職することになったのですが、最終出社日にもその上司は、筆者にひと言も声をかけずに退社していきました。

世の中にはこういう人もいるんです

筆者は、今でもその会社を退職したことを後悔していませんし、

世の中には、どんなに努力しても合わない人がいるもんだな…

ということを学んだいい機会だったと感じています。

合わないと感じたら、すぐに判断するのもアリ

職場に馴染めないと感じていても、

仕事なんだからある程度は我慢するべきだろう

という意見もあるでしょうが、会社は自分の意思で替えられるものです。

どうしても「馴染めない」「合わない」という場合は、早々に再転職を視野に入れるのもありでしょう。

筆者が転職して、半年ほど在籍していた会社での話ですが、40代の男性が筆者のあとに中途採用で入社してきました。

同年代なので、いろいろと話す機会があったのですが、その人は入社してすぐに、

直属の上司と合わないですね…

と打ち明けられて、1週間ほどで辞めてしまったのです。

彼が入社してすぐのときに、

会社は自分がどの程度なのか見定めているのかもしれない

でも僕もどの程度の会社なのか見ているんですよ

このように話していたのが印象的でした。

たしかに上司はクセのある人物で、そのあと筆者についても、

あいつとよく話していたから、良からぬことを吹き込んだんだろう…

こんなウワサを流していたようです。

筆者もその後退職することになったのですが、結局はそういう会社でしたので、彼も私も長居せずに辞めて正解だったのでしょう。

会社と会社員は恋愛関係みたいなものですから、やはり相性の良し悪しはあります

こちらが好きでも、向こうが必ず好きになってくれるわけではありませんし、努力すれば何とかなるというものでもありません。

管理職で転職する方がやりやすい

40代であれば、一般社員で入社するよりは、管理職として転職したほうが馴染みやすいでしょう。

会社員はやはり肩書を重視する傾向にありますから、

マネージメントクラスであれば、受け入れられやすい傾向にある

ということは間違いありません。

ただし、求められるものも高くなります。

結果を出せないと部下ばかりか、経営陣からも総スカンを喰ってしまう可能性もあるでしょう。

40代で転職するなら、実践したい仕事の探し方

40代向けの求人は、20~30代向けの求人数と比べて少ないので、

応募したい仕事がなかなか見つからない…

このような状況になる場合も多く、効率よく求人を見つけることが重要です。

ここでは、40代が転職を成功させるために、無駄なく仕事を探すためのポイントをご紹介します。

40代におすすめの転職サイトに登録する

40代が転職サイトを活用する方法

まずいちばん初めにしておきたいのは、転職サイトへの登録です。

すぐには希望通りの案件が見つからなくても、転職のための情報量の多さはダントツですし、無料で利用できますから、ぜひ登録しておきましょう。

大手の転職サイトであれば、常に数多くの求人情報が掲載されており、高度な検索機能があるので、

職種 / 地域 / 年収 / 福利厚生 など

上記のような条件で、求人を簡単に絞り込むことができます。

40代向けの求人を効率的に集めるには、

40代歓迎
年齢不問

といったキーワードで検索してみましょう。

また、ひととおり求人を眺めたなかで、掲載写真に年配者が写っている求人を探してみてください。

若手でなくても構わないですよ

企業側のこのようなメッセージかもしれません。

転職サイトの選び方や活用する方法、40代におすすめの11社を以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

40代向けのおすすめ転職サイト11選はこちら

40代は転職エージェントの活用が成功の近道

転職活動を進めるには、かなりの労力が必要であり、ノウハウも必要となってきます。

あれもこれも一人でやるのは、本当に大変なものです…

そこでおすすめしたいのが、転職に必要な一連の作業をフォローしてくれる、「転職エージェント」を活用すること。

転職のプロによるサポートを受けることで、以下のようなメリットを得ることができます。

転職エージェントのメリット
  • 転職サイトなどに出回っていない、40代向けの非公開求人を多く保有している
  • プロの視点で自身のキャリアや市場価値を見極めて、最適な求人案件を紹介してもらえる
  • 自身の強みを効果的に表現できるように、応募書類作成や面接対策のサポートを実施してくれる
  • 応募企業との連絡や日程調整、入社時期や給与の交渉まで、エージェント担当者が間に入って行ってくれる

40代が無駄なく効率的な転職活動をおこなううえで、利用しない手はないサービスです。

しかも、転職エージェントは人材が採用されたときに、企業から成功報酬を得るビジネスモデルのため、転職者は無料で利用することができます

転職エージェントの選び方については、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

40代が支持する転職エージェント7選はこちら

ハローワークなどの公共就職支援サービスを利用する

ハローワークは心強い味方

ハローワークは、転職サイトと比較すると求人の詳細がわかりにくく、待遇面で見劣りすることが多いので、利用を敬遠している人もいるかもしれませんね。

ですが40代の転職においては、ハローワークも積極的に活用しましょう

ハローワークを利用することで、以下のようなメリットを得ることができます。

ハローワークを利用するメリット
  • 仕事の種類が豊富で求人数が圧倒的に多い
  • ハローワークだけの独自求人がたくさんある
  • 職業相談の窓口が充実しており、気軽に相談できる
  • 子育て中の仕事探しを支援するマザーズコーナーがある
  • 職業訓練を受けて、資格やスキルを習得できる

ハローワークは公共の職業紹介機関ですから、企業は無料で求人を掲載することが可能です。

そのため、

ブラック企業の求人が紛れているのではないか…

こういった心配をしている人もいるでしょう。

ですが、質の悪い求人は見分けることができますし、窓口で確認すれば、さまざまな情報を教えてもらえます。

  • 現在失業中である
  • 地元企業への就職を希望している
  • 未経験の仕事に転職したい
  • 子育て中である

上記のような方であれば、利用しないのはもったいないサービスですよ。

また、公共の就職支援サービスはハローワークだけではありません

人材紹介会社による委託運営がされていて、転職エージェントのような充実したサービスを用意している地域もあります。

ハローワークなどの公共支援サービスについては、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

ハローワークや公共支援サービスの詳細はこちら

紹介予定派遣で転職する方法もある

転職するひとつの方法として、紹介予定派遣を利用することも有効です。

最初の2~6ヶ月を派遣社員として勤務して、派遣勤務の期間が経過した段階で、労働者と企業の双方が合意すれば、正社員になることができます

紹介予定派遣を利用するメリットは、以下のとおりです。

紹介予定派遣のメリット
  • 最初は派遣社員として入社するので、ワークライフバランスがとりやすい
  • 直接雇用される前に、仕事内容や職場の雰囲気を確認できる
  • 必要な人材であることを、働きながら直接アピールできる
  • 未経験の業務にもチャレンジしやすい
  • 合わないときは断ることもできる

もちろんメリットばかりではありませんが、まずは大手の派遣会社に2~3社登録して、紹介予定派遣にはどのような求人があるかを、いちど確認してみましょう。

紹介予定派遣のメリットやデメリット、40代が採用されるコツなどは、以下の記事でご紹介していますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

まとめ:40代なら職場に馴染むための努力は必要。でも難しい場合もある

今回は、転職先に馴染めないと悩む40代の方に向けて、

  • 新しい職場に馴染めない理由
  • 40代が会社に馴染めないときにできる努力とは?
  • 努力しても無理なときは再転職を視野に入れるべき

こういった内容について、筆者の体験談を交えながらお話ししました。

転職を果たしたとしても、40代が新しい職場に馴染めないのは、珍しいことではありません。

もしあなたに原因があるのなら、馴染むための努力をする必要がありますが、本人の努力だけでは改善できない場合もあるのです。

努力をしても無駄かもしれない…

このように感じるときは、再度転職をすることも視野に入れましょう

40代ともなれば時間は貴重ですから、無駄な労力に時間をかけすぎる必要はありません。

ただし、40代の転職はそれほど簡単ではありませんので、しっかり準備をしたうえで、転職活動を再開するようにしてくださいね。

▼こちらも合わせてどうぞ▼

セカンドゴングは40代の転職を応援しています!

40代の転職を応援しています!

当サイトでは、40代の転職に特化した転職ノウハウについて、

  • 実際に40代で転職を経験した人
  • 企業の採用担当・キャリアコンサルタントなど、転職活動に知見を有する人

上記のようなメンバーが数多くの記事を提供しています。

当サイトの概要と執筆メンバーの一覧はこちら

転職活動の流れと攻略するコツについて、以下の記事でわかりやすくまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

また、当サイトにノウハウを提供している転職サポーターが、あなたの転職活動をお手伝いします

さまざまなサポートをご用意していますので、悩みがある方はお気軽にご相談ください。

転職サポーターの支援メニューはこちら

この記事を書いた人

50代男性、東京都在住。日用品業界にて30年近く営業として働いています。
7回ほど転職を経験しており、私の転職体験や経験が40代の転職でお悩みの方に、なにか少しでも参考になればと思っています。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

転職エージェントはどれがいい?

40代の転職者が支持している転職エージェントは?

40代の転職者233人が回答した、「実際に使ってよかった」転職エージェントをご紹介します。

  • おすすめの転職エージェントと利用者の口コミ評価
  • 失敗しない転職エージェントの選び方
  • 転職エージェントを120%活用する方法

上記についてわかりやすくまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

リクルートエージェント|圧倒的な求人数と支援実績。総合力はNo.1

リクルートエージェント
40代に支持される理由
  • 国内最大規模の求人数を保有
    大手企業から地方の中小企業まで、くまなく開拓できる高い営業力で業界1位を独走。もちろん40代向け求人の保有数もNo.1
  • 日本全国を網羅した求人とサービス拠点
    全国に16ヶ所の拠点を有し地方の転職にも強い。現地企業との調整も代行してもらえる。
  • 圧倒的な転職実績に裏付けされる充実のサポート
    これまでの転職支援実績は40万人以上。アドバイザーの提案力はもちろん、転職活動をトータルにサポートしてくれるサービスが充実。

ビズリーチ|企業やヘッドハンターからのスカウトが期待できる

ビズリーチ
40代に支持される理由
  • 年収600万以上の優良案件が豊富
    ハイクラス求人が豊富で、年収600万円以上の転職者における満足度は第1位
  • 自分のキャリアを直接アピールできる
    同社には約4,600名のヘッドハンターが在籍。まるでプロ野球のフリーエージェントのように、企業の採用担当者やヘッドハンターにあなたの経歴をアピールできます。
  • 内定確度の高いスカウトメールが届く
    企業の採用担当者やヘッドハンターから本気度の高いオファーが届くので、待遇の交渉がしやすく内定確度も高い

doda|親身で手厚いサポートが得られる。地方の求人は大手No.1

dodaエージェント
40代に支持される理由
  • 求人数は業界最大級。幅広い業種・職種を網羅
    全国各地の幅広い求人を網羅しており、地域を熟知した専任担当が求人紹介をしてくれるので、地方の転職にも強い。
  • 丁寧なヒアリングと親身なアドバイスに定評がある
    サービス品質へのこだわりが強く、利用者の声にもとづいた、親身できめ細かいサービスを受けられる。
  • ひとつのアカウントで、転職サイトとエージェントを利用できる
    転職サイトでの求人検索とキャリアアドバイザーの求人紹介を、ひとつのサイト上で確認できるので、煩わしさがなく便利。
目次
閉じる