転職成功の近道!40代が支持するエージェントはこちら

転職がうまくいかない40代。失敗する人の特徴から学ぶ攻略法とは?

(執筆:ぽけごrussellhead

40代の転職は、若い頃とは勝手が違うので、

なかなかうまくいかない…

こんな悩みを抱えている人が多いかもしれませんね。

しかし、40代で転職するなら、それはみんなが通っている道です。

嘆いているだけでは前に進みません。

厳しい現実を受け止めたあとに、諦めたり腐ったりせず、

40代ならではの知恵と行動で、他の年代を含めた競争相手と戦っていく

というのが、40代の転職を成功に導くために必要な行動です。

この記事では、40代の転職活動で躓いてしまって、なかなかうまくいかない人の特徴についてご紹介しています。

うまくいかない人たちの行動を学び、押さえるべきポイントを対策することで、活路を見出すことができるはずです。

40代の転職だけに特化した、当サイトに集まる実体験にもとづいてお話ししていますので、ぜひ最後までご覧いただいて、内定を勝ち取るためのヒントにしてください。

転職がうまくいかない オススメ記事
目次

年齢を失敗の言い訳にしている

40代の転職がうまくいかない人は、不採用をすべて年齢のせいにしがちです。

「40代」という年齢は、どうやっても変えようがありません

年齢を言い訳にするのではなく、プラスに変える努力が必要です。

「やるしかない」のだから、言い訳をしても仕方がない

40代での転職が厳しいのは、分かり切っていること。

それでも、可能性があると思うからこそ、

転職してやるぞ!

このような決意を胸に、転職活動を始めたはずです。

実際に、40代でも転職している人はたくさんいます。

筆者もそうですが、別に特別なスキルを持っているわけではなく、フツウのおじさんたちです。

今では、40代同士で選考を競い合うことも、決して珍しいことではありません。

20代や30代に打ち勝つ術を考えよう

40代として身に付けている立ち振る舞いは、もちろん若い世代に劣るわけにはいきません。

年齢に応じた若い世代に負けない強みを、選考のなかでアピールしていく必要があります。

一方で、年齢的な意味で危惧されがちな、

採用担当

体力や記憶力は若い人材よりも劣るのではないか…

こういった点についても、カバーするための工夫が必要です。

ふだんから運動をしているとか、忘れない努力・工夫をしているとか…

40代ということを感じさせない、元気さ・若さを印象づけましょう。

40代という年齢をプラスに転化してアピールする

これまでの経験でつちかった、若い世代では決して備えることのできない、40代ならではのスキルもあるはずです。

専門性は年齢を重ねるごとに、幅も深みも出てきますし、管理職としてのスキルも同様でしょう。

企業だって、必ず若い年代を求めているとはかぎりません。

採用担当

40代だけど面白そうな人材だから、面接に呼んでみよう!

こんなふうに感じてもらえるように、いい意味で期待を裏切ってあげましょう。

わずかの「うまくいかない原因」を見逃している

40代の人が不採用となるのは、年齢のせいばかりではありません。

転職がうまくいかないのは、ちょっとしたことが原因になっている場合もあります。

些細なことでも見逃すことがないように、今いちどチェックしてみましょう。

応募書類を完璧に仕上げよう

転職するうえで最初の関門となるのが、書類審査に合格することでしょう。

転職活動の際に求められる一般的な応募書類は、以下の2点です。

人事担当者が応募書類に目を通す時間は、わずか数分ほどしかありません

その時間のなかで、

私は貴社が求める人物です!

ということを証明する必要があるのです。

現在の応募書類に、わずかの「うまくいかない原因」が存在していないか、今いちどチェックしてみましょう。

  • 履歴書は誤字脱字なく、きれいな文字で書けていますか?
  • 写真の表情は怖くないですか?年齢以上に老けて見えませんか?
  • 職務経歴書は読み手の立場にたって、きちんと書けていますか?

応募書類を作成するコツに関しては、以下で詳しくご紹介していますので、しっかり読み込んで参考にしてください。

▼応募書類の書き方のポイントはこちら▼

面接での身だしなみ、応対に問題はありませんか?

選考がうまくいかない理由として、

面接官

この人は身だしなみマナーに問題があるな…

このように思われているケースも意外と多いので、注意が必要です。

相手への第一印象は、

出会ってからの「数秒~数分」で決まる

といわれています。

面接官は、応募者との面接をはじめるとき、

  • 応募者の身だしなみ
  • 声の印象
  • 挨拶の仕方

上記などから、直感的に第一印象を固めているのです。

現在の面接での応対に、わずかの「うまくいかない原因」が存在していないか、今いちどチェックしてみましょう。

  • 服装や持ち物、化粧・ニオイなどに問題はありませんか?
  • 面接時の立ち振る舞いは、年齢相応にできていますか?
  • 言葉遣いは明るくハキハキ、敬語がきちんと使えていますか?
  • 遅刻したり、到着が早すぎたりしませんか?

面接の身だしなみやマナーに関しては、以下の記事などで解説していますので、しっかり読み込んで参考にしてください。

▼あわせて読みたい記事▼

自己分析や企業研究ができていない

40代の転職がうまくいかない人のなかには、

  • 自分の市場価値を見極められていない
  • 応募企業を理解していない

こういった傾向にある人が多いです。

自分の強み(スキル)を言語化できていますか?

40代の転職者に対しては、若い頃のように「ポテンシャル(伸びしろ)に賭けてもらえる」といった特典はありません。

「今後の可能性に期待」という悠長な姿勢はなく、入社してすぐに結果を出すことを求められます

選考をするなかで、

採用担当

この人ならすぐに活躍してくれそうだ!

このような確証が持てない限りは、企業側が内定を出すことはないでしょう。

企業側に即戦力であると思ってもらうためには、

自身が持っている強み(スキル)

上記について、しっかりアピールしなければなりません。

そんなこと言われても、特別なスキルなんてないのだけど…

このように思う方もいるかもしれませんが、これまでやってきた経験を的確に表現することで、スキルと認識されるものは誰にでもあります

以下の記事を参考にして、これまで自分がやってきたことを、スキルとして言語化してみましょう。

企業から見た自分の価値を客観的に評価する

理想を求めすぎて妥協ができない人ほど、転職活動は長引きます。

理想が高いことは決して悪いことではありません。

ただし、現実に照らしあわせて、

これは妥当な条件なのだろうか?

ということを、客観的に判断できるようにしておくことは重要です。

企業目線で自分を客観視できていない人は、以下のような考え方になってしまいます。

自分を客観視できない人の考え方
  • ハイキャリアの転職をするわけではないのに、頑なに収入アップにこだわる
  • 過去の所属企業にこだわって、中小企業への転職を視野に入れない
  • プライドが高いため、企業の求める人材像を都合よく勝手に解釈する
  • うぬぼれのせいか「すぐ採用されるだろう」と楽観的に考えている

労働市場全体が「売り手市場」であったとしても、40代の転職は「買い手市場です

あくまで私たちは、採用してもらう立場であると心得ましょう。

応募先の企業研究を徹底的におこなう

応募する企業に対して、十分な研究をおこなっていますか?

求人募集している企業からすれば、採用とは結婚相手を決めるようなものですから、

採用担当

この人はウチの表面的な部分しか見ていないな…

このように感じる相手に、内定を出すことはありません。

転職活動における企業研究は、「研究」という言葉がついていますが、実際にはリサーチに近いものです。

インターネット上でたいていの情報を収集できますので、労を惜しまずにおこなっていきましょう。

企業研究のコツは、応募企業を1から10までつぶさに調べあげるのではなく、優先順位をつけて情報収集をしていくことです。

企業研究する目的と収集する項目
  1. 面接に合格するための企業研究
    沿革、経営者情報、商材の特性、売上高、取引先情報、競合情報、中期経営計画(企業理念含む)、業務内容など
  2. 入社するか判断するための企業研究
    年収や評価制度、産休・育休取得状況、ワークライフバランス(残業や有給)など

待遇や働き方に関する項目は、内定が近づいた段階の調査でも構いません。

書類選考・面接対策としては、できるだけに関する項目を集めて、履歴書や面接の志望動機作成に活用していきましょう。

企業研究で集めた情報は、

上記のように、活用する場面は多岐に渡ります。

たくさんの企業情報を集めれば集めるほど、他社比較などもできて知識に厚みが出ますので、早めに取り掛かりましょう。

考えや行動に一貫性がない

40代の転職がうまくいかない人は、自身の方向性が定まっていないため、

考えや行動に一貫性がない

というのが特徴です。

転職をするにしても、転職理由や退職理由を深く追求していないと、方向性や優先順位はしっかり定まりません。

転職への”動機づけ”を明確にしておこう

あなたはなぜ、いまの会社を辞めて、他の会社に移りたいのでしょうか?

理由は人それぞれあるでしょうが、

転職に対する”動機づけ”を明確にしておく

ということが重要です。

採用面接で、面接官に転職の動機を聞かれたときに、

御社の事業内容に魅力を感じました

上記のような回答では、さすがに選考を通過するのは難しくなります。

退職理由にも、転職理由にもなり得る“ポジティブ”な理由目標を、しっかりと決めておきましょう。

転職の動機を明確にしておけば、転職活動が長期化した際にも、原点回帰できるのでとても重要です。

なお、転職の動機については、

  • 退職理由
  • 転職理由
  • 志望動機

上記のような要素として、面接で必ず質問される内容です。

それぞれにはノウハウが存在していますので、以下の記事などを参考にして、しっかりと対策しておきましょう。

▼あわせて読みたい記事▼

希望条件に優先順位をつけよう

転職を考えるうえで、軸となる基本方針が、

  • あっちへフラフラ、こっちへフラフラ

このような状態では、すべてが中途半端な転職活動になってしまいます。

その時々で、柔軟に発想を転換する必要はありますが、

何を優先して、何に妥協するべきなのか?

という基準を持つためにも、まずはしっかりとした軸を定めることが重要です。

転職理由(退職理由)と次の仕事に求める要素は、イコールの関係でなければ問題解決にはなりません。

ポイントは、欲張りすぎた成功を求めないこと

希望の優先順位をつけて、譲歩できる事項を整理しておきましょう。

戦術は柔軟性が必要ですが、戦略には一貫性が求められます。

メンタルのコントロールができていない

40代の転職がうまくいかない人は、

メンタルをコントロールできていない

という場合が多いです。

心理的ストレスをうまくコントロールできないと、長丁場の戦いをしのげません。

結果的に、転職活動がうまくいかなくなってしまうのです。

40代の転職活動は孤独との戦い

20代の頃の転職とは違って、40代の転職では背負っているものがぜんぜん違います。

  • 家庭がある
  • この先何度も転職できず、不退転の覚悟で会社を決めねばならない
  • 誰にも相談できない
  • 転職活動をしている友人もいない
  • 仲の良い同僚への後ろめたさ
  • 転職活動が周りに気づかれていないか注意を要する

40代の転職では、とくに辛くて孤独な戦いを強いられることが多いのです。

モチベーションの低下とともに、心理状態は揺らぐもの

筆者も転職活動が長引いたとき、どんな会社を目指せばよいのか、よく分からなくなったことがありました。

「内定をもらいやすい会社」を狙うべきなのか?

いやそれとも、「本当にやりたい仕事ができる会社」を選ぶべき?

……もう何が何だか分からなくなったのです。

いま思えば、答えは明白でした。

自分を取り巻く環境を、客観視できていなかったからなのですが、精神的な疲れもあったのでしょう。

おかげで、自分の希望条件にピッタリ合う、貴重な応募先を見逃してしまったことも…

40代の転職は、「簡単に決まらないのが当たり前」なのに、転職活動を始めた頃は安易に考えていて、

なぜだ?こんなはずではなかった…

こんなふうに、一人で焦っていた時期もありました。

そのうち、あきらめ感が出てきたり、慎重になりすぎたり…

ブレブレになってしまう心理状態を、うまくコントロールすることができなかったのです。

自己の存在価値に否定的になる

無職の状態だと、社会とのつながりがなくなります。

でも、自分がいなくても世の中は普通に回っていて、そのうち自己の存在価値を疑うようになりました。

コミュニケーションには自信があったはずなのに、選考途中で入社後のことを考えて、

この会社に馴染めるかな…

内定ももらえていないのに、こんなふうに不安になったり…

何を考えているときも、とにかくマイナス思考になりがち

転職活動が長引けば長引くほど、どんどん自信を失ってしまうのです。

家庭内の対策をしていない

40代の転職は長丁場になることが多いので、家族の理解と協力なくしてはうまくいきません。

家庭を持っている方の場合は、転職することについて、家族の理解を得ておく必要があります。

あなたの転職活動が家族の空気を重くする

転職活動が長期間にわたった場合、家庭内の空気が重くなるのは避けられません。

本来は家族のために使うべき時間を、転職活動に取られるわけですから、家族からすればネガティブな印象になりがちでしょう。

奥さんや子どもにも、夫(父親)や家庭に対する理想のイメージがあるはずです。

転職活動中にそのイメージを崩す可能性があるのなら、

  • どうして転職したいのか
  • 転職することで、この先がどう変わっていくのか

上記について、家族にきちんと説明して共有したうえで、理解と協力を求めましょう。

精神的に不安定になったとき、唯一の味方である家族のサポートは、とても有難いものです。

家庭内での協力が得られる環境を、しっかり築いておきましょう。

嫁ブロックを回避する方法は?

40代で転職活動を始めようとしたとき、奥さま(場合によっては母や義母)からの反対によって、断念せざるを得なくなるケースがあります。

いわゆる「嫁ブロック」と呼ばれるものです。

転職サイト「ミドルの転職」の調査によると、

嫁ブロックをされた経験があります…

このように回答したのは、40代男性では30%を占めました。

◆嫁ブロックをされた経験はありますか?

嫁ブロックを経験した割合|ミドルの転職より
出典:嫁ブロック実態調査|エン・ジャパン

嫁ブロックにあってしまう最大の理由は、「収入が下がる」ことによる将来への不安です。

転職すると今よりも収入が下がって、生活が厳しくなってしまうのでは…

このような不安に対する防衛反応(現状維持バイアス)が、転職を断固阻止する反応となって現れます。

ですので、嫁ブロックを回避するには、「将来への不安」を取り除くための具体的な行動が必要です。

嫁ブロックを回避するためのステップ
  1. 転職によって収入がどのように変わるのかを把握する
  2. 現在の家計の状態を把握する
  3. 収入が下がる場合は、実現可能な支出削減プランを立てる
  4. を嫁に説明したうえで、将来の家計がどのような展望になるか共有する

上記のような手順で、家計の状態と転職後のプランを明示し、将来への展望を奥さまと共有するようにしましょう。

現時点だけの判断ではなく、

将来へ向けての広い視野で、転職を計画しているんだな…

ということを理解してもらえれば、不安が解消されて協力を得られる可能性が高まります。

柔軟な思考を持てていない

40代の転職がうまくいかない人は、柔軟な思考を持てていないので、臨機応変な対応を取ることができません。

譲れない条件を持つことは必要ですが、柔軟な思考を持つことは重要なポイントです。

ふだん目を向けないところにチャンスあり!

筆者の知人は、それまでずっと営業系や企画系の職種に就いていましたが、40代では転職がなかなか決まりませんでした。

そこで、すでに退職していた彼は、

生活のためにも、まずは就職することが優先だ!

このように考えて、思い切ってブルーカラーの職種に応募して、採用されたのです。

しばらくは、慣れない業務と環境に戸惑うばかり…

しかし、持ち前のリーダーシップや積極性を発揮して、徐々に周囲に重んじられる存在となり、今では管理職の補佐的な役割を担っています。

職場で重宝されたのが、PCなどのオフィスワークのスキルです。

ブルーカラーの方々は、オフィスワークや企画を立案したりという業務が、

ちょっと苦手なんだよな…

という人が多かったので、彼はそこで力を発揮して、自分のポジションを確立しました。

キャリアチェンジしやすい職種であれば、

  • 異業種も検討する
  • 正社員登用制度があれば、ひとまず契約社員でもOKとする

このような判断もありかと思います。

求人票を見ただけでは、そんなに入社したい会社だと思えなくても、実際に面接を受けてみると、

意外と自分に合いそうかも…

このように、違う印象を感じる場合もあるものです。

40代の転職を成功に導くためには、

  • まったく違う視点でものごとを見る
  • 反対の立場から考えてみる

上記のように、柔軟性を持つことも重要な要素といえるでしょう。

当サイトでは、数多くの40代の転職体験談をご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

▼あわせて読みたい記事▼

働き方を柔軟に考えよう

転職するといっても、正社員として働くことだけが、ゆいいつの方法というわけではありません。

発想を広げてみると、さまざまな働き方が思い浮かぶのではないでしょうか。

柔軟に働き方を考えてみよう

上記のように、固定観念に縛られることなく、目線を変えて自身の可能性を探ってみましょう。

これまでとは違った、新たな働き方を見つけることができるはずです。

転職に成功したい40代が実践するべき求人の探し方

40代向けの求人は、20~30代向けの求人数と比べて少ないので、

応募したい求人がなかなか見つからない…

このような状況になる場合も多く、効率よく求人を見つけることが重要です。

ここでは、40代が転職を成功させるために、無駄なく求人を探すためのポイントをご紹介します。

40代におすすめの転職サイトに登録する

40代が転職サイトを活用する方法

まずいちばん初めにしておきたいのは、転職サイトへの登録です。

すぐには希望通りの案件が見つからなくても、転職のための情報量の多さはダントツですし、無料で利用できますから、ぜひ登録しておきましょう。

大手の転職サイトであれば、常に数多くの求人情報が掲載されており、高度な検索機能があるので、

職種 / 地域 / 年収 / 福利厚生 など

上記のような条件で、求人を簡単に絞り込むことができます。

40代向けの求人を効率的に集めるには、

40代歓迎
年齢不問

といったキーワードで検索してみましょう。

また、ひととおり求人を眺めたなかで、掲載写真に年配者が写っている求人を探してみてください。

若手でなくても構わないですよ

企業側のこのようなメッセージかもしれません。

転職サイトの選び方や活用する方法、40代におすすめの11社を以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

40代向けのおすすめ転職サイト11選はこちら

40代は転職エージェントの活用が成功の近道

転職活動を進めるには、かなりの労力が必要であり、ノウハウも必要となってきます。

あれもこれも一人でやるのは、本当に大変なものです…

そこでおすすめしたいのが、転職に必要な一連の作業をフォローしてくれる、「転職エージェント」を活用すること。

転職のプロによるサポートを受けることで、以下のようなメリットを得ることができます。

転職エージェントのメリット
  • 転職サイトなどに出回っていない、40代向けの非公開求人を多く保有している
  • プロの視点で自身のキャリアや市場価値を見極めて、最適な求人案件を紹介してもらえる
  • 自身の強みを効果的に表現できるように、応募書類作成や面接対策のサポートを実施してくれる
  • 応募企業との連絡や日程調整、入社時期や給与の交渉まで、エージェント担当者が間に入って行ってくれる

40代が無駄なく効率的な転職活動をおこなううえで、利用しない手はないサービスです。

しかも、転職エージェントは人材が採用されたときに、企業から成功報酬を得るビジネスモデルのため、転職者は無料で利用することができます

転職エージェントの選び方については、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

40代が支持する転職エージェント7選はこちら

ハローワークなどの公共就職支援サービスを利用する

ハローワークは心強い味方

ハローワークは、転職サイトと比較すると求人の詳細がわかりにくく、待遇面で見劣りすることが多いので、利用を敬遠している人もいるかもしれませんね。

ですが40代の転職においては、ハローワークも積極的に活用しましょう

ハローワークを利用することで、以下のようなメリットを得ることができます。

ハローワークを利用するメリット
  • 仕事の種類が豊富で求人数が圧倒的に多い
  • ハローワークだけの独自求人がたくさんある
  • 職業相談の窓口が充実しており、気軽に相談できる
  • 子育て中の仕事探しを支援するマザーズコーナーがある
  • 職業訓練を受けて、資格やスキルを習得できる

ハローワークは公共の職業紹介機関ですから、企業は無料で求人を掲載することが可能です。

そのため、

ブラック企業の求人が紛れているのではないか…

こういった心配をしている人もいるでしょう。

ですが、質の悪い求人は見分けることができますし、窓口で確認すれば、さまざまな情報を教えてもらえます。

  • 現在失業中である
  • 地元企業への就職を希望している
  • 未経験の仕事に転職したい
  • 子育て中である

上記のような方であれば、利用しないのはもったいないサービスですよ。

また、公共の就職支援サービスはハローワークだけではありません

人材紹介会社による委託運営がされていて、転職エージェントのような充実したサービスを用意している地域もあります。

ハローワークなどの公共支援サービスについては、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

ハローワークや公共支援サービスの詳細はこちら

紹介予定派遣で転職する方法もある

転職するひとつの方法として、紹介予定派遣を利用することも有効です。

最初の2~6ヶ月を派遣社員として勤務して、派遣勤務の期間が経過した段階で、労働者と企業の双方が合意すれば、正社員になることができます

紹介予定派遣を利用するメリットは、以下のとおりです。

紹介予定派遣のメリット
  • 最初は派遣社員として入社するので、ワークライフバランスがとりやすい
  • 直接雇用される前に、仕事内容や職場の雰囲気を確認できる
  • 必要な人材であることを、働きながら直接アピールできる
  • 未経験の業務にもチャレンジしやすい
  • 合わないときは断ることもできる

もちろんメリットばかりではありませんが、まずは大手の派遣会社に2~3社登録して、紹介予定派遣にはどのような求人があるかを、いちど確認してみましょう。

紹介予定派遣のメリットやデメリット、40代が採用されるコツなどは、以下の記事でご紹介していますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

まとめ:「うまくいかない人の特徴」を押さえて、内定を勝ち取ろう!

今回は、40代で転職がうまくいかない人の特徴についてお話してきました。

40代の転職がうまくいかない人の特徴
  • 年齢を失敗の言い訳にしている
  • わずかの「うまくいかない原因」を見逃している
  • 自己分析や企業研究ができていない
  • 考えや行動に一貫性がない
  • メンタルのコントロールができていない
  • 家庭内の対策をしていない
  • 柔軟な思考を持てていない

ご紹介した「失敗する人の特徴」のなかで、

これは自分も当てはまっているかも…

このように感じる項目があるのであれば、さっそく取り組み方を見直してみましょう。

40代で転職することは、たしかに容易なことではありません。

しかし、失敗する人が陥ってしまう要素を押さえて、しっかり対策したうえで転職活動に取り組めば、必ず活路は拓けるはずです。

今回お話しした内容が、あなたの40代の転職において、少しでもお役に立てることを願っております。

▼こちらも合わせてどうぞ▼

当サイト(セカンドゴング)では、40代の転職に特化した転職ノウハウについて、

  • 実際に40代で転職を経験した人
  • 企業の採用担当・キャリアコンサルタントなど、転職活動に知見を有する人

上記のようなメンバーが数多くの記事を提供しています。

当サイトの概要と執筆メンバーの一覧はこちら

転職活動のすべてのステップについて、以下の記事でわかりやすくまとめていますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

▼40代転職の完全ガイドはこちら▼

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

40代男性、兵庫県在住。ITベンチャーで月200時間残業をこなして仕事に没頭 ▷ 経営幹部に登りつめる ▷ 自分を見失いうつ症状で退職/40代で転職する難しさや孤独さを自身で体験し、40代転職を応援するWebメディア「セカンドゴング」を立ち上げる。

目次
閉じる