40代の転職が決まらない5つの理由|内定を勝ち取るコツは敗因分析にあり

40代の転職が決まらないときに、

転職適齢期を過ぎているから、決まらないのかな…

このような理由だけで納得していませんか?

分かりやすく納得しやすい理由ですが、敗因はそれだけではないはずです。

40代の転職で内定を勝ち取るためには、転職が決まらない要素を押さえて、無駄なく効果的に、転職活動を進めなければなりません。

40代の転職がなかなか決まらない理由をまとめると、以下の5つに分類されます。

40代の転職が決まらない5つの理由
  1. 準備不足
    自分自身に問題がある
  2. スキル不足
    自身のスペックが足りていない
  3. 研究不足
    企業側とのやり取りで失敗している
  4. 戦術不足
    転職活動の進め方に問題がある
  5. 需要不足
    転職市場に原因がある

筆者は転職エージェントのキャリアアドバイザー経験者ですが、自身でも40代の転職を経験しました。

その体験談も交えながら、上記5つの理由について、わかりやすく解説しています。

転職活動における敗因分析・検証の手助けとして、今後の活動を効率的・効果的に進めるために、役立てていただければ幸いです。

転職が決まらない オススメ記事
目次

転職活動を効率よく進めるために、決まらない5つの理由を押さえよう

40代の転職活動には、正直に申し上げて、かなりの時間と労力がかかります…

ですので、これから転職しようと考えている皆さんは、

できるだけ効率よく活動する

ということを、まず意識していただきたいです。

応募書類作成にも時間がかかる

40代ともなれば、それ相応のキャリアを持っているはず。

職務経歴書を書くだけでも、相当な時間を要するでしょう。

筆者のケースでいうと、

  • 自分の経歴を一つ一つ思い起こす(ふだんそんなに振り返りませんよね・・)
  • どういう形式で書くのがよいのか?(時系列式? キャリア式?)
  • どこまで詳細に書けばよいのか?
  • 時には若干見せるテクニックも必要
  • 応募先によって、内容を濃くする箇所を変える

上記のようなことを実践したので、書類作成だけでもかなりの労力を費やしました…

在職中は何かと忙しく、なかなか時間がとれない…

在職中の方であれば、通常の勤務をこなしながらの転職活動となり、時には残業などもあるでしょう。

転職活動していることを、会社に気づかれないようにするためには、

会社での付き合いに、不自然さが出ないようにしなければ…

こういったことにも注意しなければなりません。

また、家に帰れば、家庭人としての務めが待っています。

40代の転職は、一生をかけた大切な活動であるにもかかわらず、

まとまった時間がなかなか取れない

というのが現実なのです。

チャンスも時間も少ない40代だからこそ、反省も効率よくしたい

40代の転職は、チャンスそのものが少ないです。

失敗してしまったことはしっかり糧にして、次のチャレンジに活かしていく必要があります。

しかし、次への対策を打つにしても、

  • 何が足りなかったのか?
  • どこを補強すべきなのか?

こういったことを、誰かがアドバイスしてくれるわけではありません。

振り返ることは大切ですが、要領を得ないままにあれこれ考えてしまうのは、時間がない40代には非常にもったいないことです。

これからご紹介する、「40代の転職が決まらない5つの理由」をカバーして、転職活動を始めるようにしてください。

次項より、ひとつずつ詳しく掘り下げて、ご紹介していきます。

1.準備不足:自分自身に問題がある

転職サイトなどでも、「自己分析」については数多く言及されていますが、実際にこれが敗因になっているケースが多くなっています。

求人探しやテクニックを磨くまえに、

自己の内面を見つめ直して、経歴の整理をする

ということが重要です。

これまでの経験を棚卸しして、自身の強みを自己分析する

40代の転職者に対しては、若い頃のように「ポテンシャル(伸びしろ)に賭けてもらえる」といった特典はありません。

「今後の可能性に期待」という悠長な姿勢はなく、入社してすぐに結果を出すことを求められます

選考をするなかで、

採用担当

この人ならすぐに活躍してくれそうだ!

このような確証が持てない限りは、企業側が内定を出すことはないでしょう。

即戦力であると企業側に思ってもらうためには、

私が持っている強みは○○です!

ということをしっかりアピールしなければなりません。

まずは社会人になってからこれまでの、職歴や実績について棚卸しをしてみましょう。

そのうえで、自身の強みを自己分析しておく必要があります

しっかり自己分析をしておくことで、求人を選ぶ際の手がかりや、応募書類の作成でも役立つはずです。

転職への”動機づけ”を明確にする

転職準備をしっかり進めるうえで、

転職に対する”動機づけ”を明確にしておく

ということが重要です。

採用面接で、面接官に転職の動機を聞かれたときに、

御社の事業内容に魅力を感じました

上記のような回答では、さすがに選考を通過するのは難しくなります。

退職理由にも、転職理由にもなり得る“ポジティブ”な理由目標を、しっかりと決めておきましょう。

転職の動機を明確にしておけば、転職活動が長期化した際にも、原点回帰できるのでとても重要です。

なお、転職の動機については、

  • 退職理由
  • 転職理由
  • 志望動機

上記のような要素として、面接で必ず質問される内容です。

それぞれにはノウハウが存在していますので、以下の記事などを参考にして、しっかりと対策しておきましょう。

▼あわせて読みたい記事▼

転職回数が多い、ブランクが長い

正直なところ、転職活動をするうえで、

  • 転職回数が多い
  • ブランクが長い

上記のような方は、企業側のイメージはよくありません。

しかし、過去を変えることはできませんから、少なくとも「転職に至った理由」については、きちんと説明できる必要があります。

退職理由などは、必ずしも前向きな理由ばかりではないかもしれませんが、質問者が納得できるような、疑念や不安を解消できる説明を心がけましょう。

▼あわせて読みたい記事▼

20代の転職歴は、40代では問題視されない

話は少しそれますが、40代であれば、20代の頃に転職していたとしても、その理由はあまり重要ではありません。

筆者の知人の例ですが、20代の頃にいちど会社を辞めて、1年くらい何もせずブラブラしてから転職しました。

そのときの退職理由とブランク期間について、40代の転職面接で聞かれたときに、

仕事がつまらなかったので、退職して友人の家に居候して遊んでいました

このようにハッキリ言ったそうですが、それでも無事に合格したそうです。

30代~40代でのキャリアをそれ相応に築けていれば、

若い頃の話はそれほど重要ではない

といえるでしょう。

2.スキル不足:自身のスペックが足りていない

40代転職の現実を知っておこう

自分のスペックをどうとらえるのか?

経歴やスキル・能力を正しく認識して、自分の立ち位置今後の方向性を決めましょう。

求める能力に対して経験が不足している

求められているスキルや経験(専門性や管理能力)に対して、

  • 自身の能力がまったく不足している

という場合は、そもそもミスマッチなので、応募を見送るべきかもしれません。

ミスマッチだとわかっていても、

どうしてもこの求人に応募したい!

上記のような意気込みなのであれば、

経験がない求人に、自分がなぜ応募したのか?

という志望動機をしっかり確立しておく必要があります。

そのうえで、応募企業で活かせる自らのスキルを、しっかり説明できるようにしておきましょう。

保有しているスキルの言語化に関しては、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

経歴のミスマッチが起きていないか?

企業側が求めている人物像に対して、

  • スペックが高すぎて決まらない

という場合もあります。

高学歴や大企業出身の人が、必ずしも優遇されるわけではありません。

企業側からすれば、

採用担当

プライドが高くて扱いづらそうだ…

採用担当

周りと上手くやっていけないだろうな…

上記のような見られ方をされることも…

また、優遇されて入社したように見えても、

本当は歓迎されているわけではない

というケースもあります。

学歴コンプレックスを持つ経営者は、華麗なキャリアを持つ人材を、そばに置きたがる傾向があります。

しかし、経営者がその人に飽きたら急に態度が変わって、「当人が会社に居づらくなる」というのは、オーナー企業ではよくある話なのです。

3.研究不足:企業側とのやり取りで失敗している

応募書類の作成や面接対策をする際は、

自分がもし採用担当者だったとしたら?

このように、企業側の目線に立って考えるようにしましょう。

応募書類はしっかり作り込む必要がある

40代であれば、応募書類の完成形も、それなりのレベルのものが求められます。

転職活動の際に必要となる、一般的な応募書類は以下の2点です。

採用担当者が応募書類に目を通す時間は、わずか数分ほどしかありません

その時間のなかで、

私は貴社が求める人物です!

ということを証明する必要があるのです。

提出する応募書類のクオリティが低いと、

採用担当

社内資料の作成をお願いしても、レベルの低いものしか作れなさそう…

このような判断をされてしまいます。

応募する業種・職種に応じて、どういったことに言及すれば、

相手の目にとまって、心証がよくなるのか?

ということを考えて、相手に意欲が伝わる応募書類を作りましょう。

応募書類を作成するコツに関しては、以下で詳しく解説していますので、しっかり読み込んで仕上げてください。

▼応募書類の書き方のポイントはこちら▼

面接への対策が不足している

面接では、多少の緊張はしかたがありません。

しかし、事前に質問を想定しておけば、たとえ場慣れしていなくても、ある程度は答えられるはずです。

緊張して話せないのと、

  • 答えが思い浮かばない
  • 答えを用意していなくて話せない

上記は違うものですし、面接官もそのあたりはキッチリ見抜きます

いまの会社の不平不満や悪口を言ってしまうのも、

面接官

話してはいけない内容だと理解できていないのか…

という意味で準備不足といえるでしょう。

  • お決まりの基本的な質問
  • 自分のキャリアで質問されそうなこと

上記については、あらかじめ答えを用意しておく必要があります。

面接官が若い人だと、

こちらのほうが年齢が上みたいだな…

こんな気持ちになって、つい上から目線で受け答えしてしまいがちですが、当然ながらこれもNGです。

面接への対策もしっかり準備しておきましょう。

▼面接で注意すべきポイントはこちら▼

企業研究が足りていない

自身のキャリアへの質問対策に注力するあまり、

  • 企業研究がおろそかになっている

という人が結構います。

採用を担当した経験談からいいますと、

この人はウチの会社について調べていないのか…

このようにわかったときは、とてもガッカリします。

求人応募する側からすれば、応募するたくさんの企業のうちの、ひとつの会社にすぎないのかもしれません。

しかし、面接官の側はそうは思っておらず、

あなたの会社にどうしても入りたいです!

こんなふうに言ってくれる人に出会えることを期待しています。

最低限のことすら調べていないようでは、たとえどんなに優秀な人材であっても、採用する気になれません。

転職活動における企業研究は、「研究」という言葉がついていますが、実際にはリサーチに近いものです。

インターネット上でたいていの情報を収集できますので、労を惜しまずにおこなっていきましょう。

企業研究のコツは、応募企業を1から10までつぶさに調べあげるのではなく、優先順位をつけて情報収集をしていくことです。

企業研究する目的と収集する項目
  1. 面接に合格するための企業研究
    沿革、経営者情報、商材の特性、売上高、取引先情報、競合情報、中期経営計画(企業理念含む)、業務内容など
  2. 入社するか判断するための企業研究
    年収や評価制度、産休・育休取得状況、ワークライフバランス(残業や有給)など

待遇や働き方に関する項目は、内定が近づいた段階の調査でも構いません。

書類選考・面接対策としては、できるだけに関する項目を集めて、履歴書や面接の志望動機作成に活用していきましょう。

企業研究で集めた情報は、

上記のように、活用する場面は多岐に渡ります。

たくさんの企業情報を集めれば集めるほど、他社比較などもできて知識に厚みが出ますので、早めに取り掛かりましょう。

4.戦術不足:転職活動の進め方に問題がある

転職活動を進める流れは決まっており、

情報収集 ⇒ 書類作成 ⇒ 面接 ⇒ 内定

このプロセスをどうやって進めていくか、作戦をしっかり立案することが、勝敗の鍵を握ります。

あらゆるところにアンテナを張っておく

求人情報を集めるうえで、転職サイト転職エージェントハローワークなど、

さまざまな情報源を持っておくこと

というのが、40代の転職においては重要です。

筆者が転職活動をしていたときには、求人誌にも目を通していました。

求人誌はアルバイトやパートの求人案件が中心ですが、それらを眺めていると、

  • どういう分野で求人が多いのか?
  • 多くの媒体に求人を出しているのはどんな企業なのか?

このようなことが分かってくるのです。

むやみやたらに、あちこちの媒体に求人を出している企業は、

きっと社員の入れ替わりが激しいんだろうな…

このように推察されるので、希望に見合う求人があっても、応募を見合わせていました。

新しい求人情報を日々確認できるように、できるだけ多くの情報源を確保しましょう。

▼求人探しのポイントはこちら▼

面接に慣れるために、本命企業以外にも応募してみよう

転職市場における自分の市場価値を測るためにも、

とにかくたくさん応募してみる

というのもひとつの方法です。

たくさんの企業の選考に参加してみることで、

  • 自分の経歴にどういった企業が興味を示してくれるのか?
  • どの程度の会社なら可能性があるのか?

上記のようなことが見えてくるでしょう。

求人に応募して合否を見ながら、転職活動の軌道修正を行っていくと、自分の理想と現実がマッチしていきます。

応募するなかで書類選考に受かるようになれば、

面接も数をこなして慣れてきたかも…

このように、面接の実践練習の場とすることもできるのです。

スケジュール管理を怠らないこと

40代の転職は、勢いでどうにかなるものではありません。

基本的に長期戦となりますので、経済的な問題も出てきますし、モチベーションの維持も必要でしょう。

計画性を持って取り組まないと、気分や忙しさを理由に、活動を始めたり止めたりを繰り返してしまいます。

これでは、満足のいく成功は勝ち取れません。

転職活動を始める前に、

  • ○月までに何社に応募する
  • そのうち△社の面接を受ける

上記のような、具体的な目標を立てて管理していきましょう。

5.需要不足:転職市場に原因がある

求人探しでよくある失敗とその防止策

転職活動を始めてみても、40代が応募できる求人が少なすぎて、

自分ではどうしようもないじゃないか…

このような場合もあるものです。

40代の求人は圧倒的に少ない

ご承知のとおり、40代の求人は多くありません。

日本社会は人手不足の時代ですから、求人数は増えていますが、

転職できればどこでもいい…

というわけではないですよね。

高望みをしないまでも、まあまあ納得できる求人であれば、

その求人に皆が応募するため、競争率が高くなってしまう

上記のような図式です。

その少ないパイを、時には20代や30代の人と奪い合うわけですから、勝利するのは容易ではありません。

ときには、

まぁ40代は不利なんだからしょうがないか…

このように割り切ってしまうのも大切なことなのです。

敗因分析は怠らない

たとえ仕方がない場合でも、自分が不採用だった理由について、客観的な検証は忘れずにおこないましょう。

とくに、面接まで進んだのに落ちた場合は必須です。

面接まで呼ばれているわけですから、結果的に20代や30代の人に負けたのだとしても、敗因は年齢だけではありません。

なぜ面接まで行ったのに、自分は落ちたのだろうか?

このような分析をすることで、次の面接での成功につながっていくはずです。

40代が転職に成功するために、実践したい求人の探し方

40代向けの求人は、20~30代向けの求人数と比べて少ないので、

応募したい求人がなかなか見つからない…

このような状況になる場合も多く、効率よく求人を見つけることが重要です。

ここでは、40代が転職を成功させるために、無駄なく求人を探すためのポイントをご紹介します。

40代におすすめの転職サイトに登録する

40代が転職サイトを活用する方法

まずいちばん初めにしておきたいのは、転職サイトへの登録です。

すぐには希望通りの案件が見つからなくても、転職のための情報量の多さはダントツですし、無料で利用できますから、ぜひ登録しておきましょう。

大手の転職サイトであれば、常に数多くの求人情報が掲載されており、高度な検索機能があるので、

職種 / 地域 / 年収 / 福利厚生 など

上記のような条件で、求人を簡単に絞り込むことができます。

40代向けの求人を効率的に集めるには、

40代歓迎
年齢不問

といったキーワードで検索してみましょう。

また、ひととおり求人を眺めたなかで、掲載写真に年配者が写っている求人を探してみてください。

若手でなくても構わないですよ

企業側のこのようなメッセージかもしれません。

転職サイトの選び方や活用する方法、40代におすすめの11社を以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

転職エージェントの活用は必須!複数に登録しておく

転職活動を進めるには、かなりの労力が必要であり、ノウハウも必要となってきます。

あれもこれも一人でやるのは、本当に大変なものです…

そこでおすすめしたいのが、転職に必要な一連の作業をフォローしてくれる、「転職エージェント」を活用すること。

転職のプロによるサポートを受けることで、以下のようなメリットを得ることができます。

転職エージェントのメリット
  • 転職サイトなどに出回っていない、40代向けの非公開求人を多く保有している
  • プロの視点で自身のキャリアや市場価値を見極めて、最適な求人案件を紹介してもらえる
  • 自身の強みを効果的に表現できるように、応募書類作成や面接対策のサポートを実施してくれる
  • 応募企業との連絡や日程調整、入社時期や給与の交渉まで、エージェント担当者が間に入って行ってくれる

40代が無駄なく効率的な転職活動をおこなううえで、利用しない手はないサービスです。

しかも、転職エージェントは人材が採用されたときに、企業から成功報酬を得るビジネスモデルのため、転職者は無料で利用することができます

転職エージェントの選び方については、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

ハローワークなどの公共就職支援サービスを利用する

ハローワークは心強い味方

ハローワークは、転職サイトと比較すると求人の詳細がわかりにくく、待遇面で見劣りすることが多いので、利用を敬遠している人もいるかもしれませんね。

ですが40代の転職においては、ハローワークも積極的に活用しましょう

ハローワークを利用することで、以下のようなメリットを得ることができます。

ハローワークを利用するメリット
  • 仕事の種類が豊富で求人数が圧倒的に多い
  • ハローワークだけの独自求人がたくさんある
  • 職業相談の窓口が充実しており、気軽に相談できる
  • 子育て中の仕事探しを支援するマザーズコーナーがある
  • 職業訓練を受けて、資格やスキルを習得できる

ハローワークは公共の職業紹介機関ですから、企業は無料で求人を掲載することが可能です。

そのため、

ブラック企業の求人が紛れているのではないか…

こういった心配をしている人もいるでしょう。

ですが、質の悪い求人は見分けることができますし、窓口で確認すれば、さまざまな情報を教えてもらえます。

  • 現在失業中である
  • 地元企業への就職を希望している
  • 未経験の仕事に転職したい
  • 子育て中である

上記のような方であれば、利用しないのはもったいないサービスですよ。

また、公共の就職支援サービスはハローワークだけではありません

人材紹介会社による委託運営がされていて、転職エージェントのような充実したサービスを用意している地域もあります。

ハローワークや他の公共支援サービスについては、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

紹介予定派遣で転職する方法もある

転職するひとつの方法として、紹介予定派遣を利用することも有効です。

最初の2~6ヶ月を派遣社員として勤務して、派遣勤務の期間が経過した段階で、労働者と企業の双方が合意すれば、正社員になることができます

紹介予定派遣を利用するメリットは、以下のとおりです。

紹介予定派遣のメリット
  • 最初は派遣社員として入社するので、ワークライフバランスがとりやすい
  • 直接雇用される前に、仕事内容や職場の雰囲気を確認できる
  • 必要な人材であることを、働きながら直接アピールできる
  • 未経験の業務にもチャレンジしやすい
  • 合わないときは断ることもできる

もちろんメリットばかりではありませんが、まずは大手の派遣会社に2~3社登録して、紹介予定派遣にはどのような求人があるかを、いちど確認してみましょう。

紹介予定派遣のメリットやデメリット、40代が採用されるコツなどは、以下の記事でご紹介していますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

まとめ:転職が決まらない5つの理由を押さえて、内定を勝ち取ろう!

今回は、筆者自身の過去の経験も踏まえて、40代の転職が決まらない5つの理由について、詳しくお話ししてきました。

40代での転職は容易なことではありません。

終わりのない戦いに一人で挑むようなものなので、途中で何度も諦めたくなるでしょう。

それでいて、40代では転職活動に使える時間は、本当に限られた時間しかないのです。

このような環境のなかで、なんとか転職を成功させて、

なんとか人生の次のステップに進むんだ!

このように考えているのなら、できるだけ効率的で効果的に、転職活動を進める必要があります。

もし、誰かのサポートを得たいのなら、転職エージェントなど活用してみましょう。

今回お話しした内容が、あなたの40代の転職において、少しでもお役に立てることを願っております。

▼こちらも合わせてどうぞ▼

当サイト(セカンドゴング)では、40代の転職に特化した転職ノウハウについて、

  • 実際に40代で転職を経験した人
  • 企業の採用担当・キャリアコンサルタントなど、転職活動に知見を有する人

上記のようなメンバーが数多くの記事を提供しています。

当サイトの概要と執筆メンバーの一覧はこちら

転職活動のすべてのステップについて、以下の記事でわかりやすくまとめていますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

▼40代転職の完全ガイドはこちら▼

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

40代男性、宮城県在住。順調なサラリーマン生活から一転、40代に入り、三度転職を経験。転職エージェント勤務、企業の採用担当業務などを経て、現在は営業職にて奮闘中。自ら転職を乗り切ってきた経験を、同じ40代の転職希望者にお伝えしたい。

目次
閉じる