転職の準備

40代の転職が決まらない5つの理由を押さえて内定を勝ち取る!

40代の転職が決まらないときに、

転職適齢期の年齢を過ぎているからかな…

このようなことを理由にしていませんか。

分かりやすく納得しやすい理由ですが、敗因はそれだけではないはずです。

内定を勝ち取るためには、もっと詳細に「決まらない理由」を検証する必要があります。

今回の記事では、筆者自身の過去の経験も踏まえて、40代の転職が「決まらない理由」を分かりやすく5つに分類してご紹介していきます。

転職活動における敗因分析・検証の手助けとなり、今後の活動を効率的・効果的に進めるために役立てていただければ幸いです。

なぜ40代の転職が決まらない理由を紹介するのか?

今回このようなテーマをお話ししてみようと考えたのは、40代の転職希望者の皆さんには、できるだけ効率よく活動して欲しいという思いがあるからです。

40代の転職活動には、正直に申し上げて、かなりの時間と労力がかかります…

書類作成も時間がかかる

40代ともなればそれ相応のキャリアを持ち、職務経歴書を書くだけでも相当の時間を要するはずです。

  • 自分の経歴を一つ一つ思い起こす(ふだんそんなに振り返りませんよね・・)
  • どういう形式で書くのがよいのか?(時系列式? キャリア式?)
  • どこまで詳細に書けばよいのか?
  • 時には若干見せるテクニックも必要
  • 応募先によって、内容を濃くする箇所を変える

上記のようなことをしなければならないので、筆者の場合は、書類作成だけでもかなりの労力を費やしました。

ふだんの仕事、会社での付き合い、家庭のこと・・

在職中の方であれば、通常の勤務をこなしながらの活動となり、時には残業などもあるでしょう。

転職活動を会社に気づかれないようにするためには、付き合いに不自然さが出ることにも注意しなければなりません。

家に帰れば、家庭人としての務めが待っています。

つまり、一生をかけた大事な活動をするにもかかわらず、まとまった時間がなかなか取れないのです。

時間がない40代は、反省も効率よくしたい

40代の転職は、チャンスそのものが少ないです。

失敗を糧にし、次のチャレンジに活かさなければなりませんが、次への対策を打つにしても、何が足りなかったのか、どこを補強すべきなのか、誰かがアドバイスしてくれるわけではありません。

振り返ることはもちろん大切ですが、どこをどう振り返ったら良いのか、あれこれ考えてしまうのは、時間がない40代には非常にもったいないのです。

この記事をご覧になって、転職活動しながら「決まらない5つの理由」をカバーしていってもよいでしょう。

どこかで躓いて原因が思い当たらない時には、すぐにこの記事を読み返して、原因究明の参考としてご活用ください。

それでは、「決まらない5つの理由」をひとつずつ詳しく掘り下げていきましょう。

1.自分自身に理由がある(準備不足)

求人探しやテクニックを磨く前に、自己の内面を見つめ直して、経歴の整理をすることが重要です。

自己分析不足

多くの転職サイトでも言及されている「自己分析不足」です。これが敗因という例がとても多いのです。

  • なぜ転職したいのか?
  • 転職理由の妥当性があるか?
  • 譲れない条件が高すぎないか?
  • 自己評価は妥当か?(過大評価していることが多い)

上記のような、転職活動の最初にしっかり考えるべき最も大切なことが、突きつめきれていないということはないでしょうか。

転職回数が多い、ブランクが長い

正直なところ、転職回数が多いと企業側のイメージはよくありませんが、過去を変えることはできません。

ですから少なくとも、転職に至った理由をきちんと説明できる必要があります。

退職理由などは、必ずしも前向きな理由ばかりではないかもしれませんが、質問者が納得できるような、疑念や不安を解消できる説明を心がけましょう。

20代の転職があっても、40代では問題視されない

話は少しそれますが、40代であれば、20代の頃に転職していたとしても、その理由はあまり重要ではありません。

筆者の知人の例ですが、20代の頃にいちど会社を辞めて、1年くらい何もせずブラブラしてから転職しました。

その時の退職理由とブランク期間について、40代の転職面接で聞かれたときに、

仕事がつまらなかったので、退職して友人の家に居候して遊んでいました

このようにハッキリ言ったそうですが、それでも無事に合格したそうです。

30代~40代でのキャリアをそれ相応に築けていれば、昔のことはそれほど問題はないといえるでしょう。

2.自分自身のスペックが足りていない(スキル不足)

自分のスペックをどうとらえるか。
経歴やスキル・能力を正しく認識し、自分の立ち位置今後の方向性を決めましょう。

求める能力に対して経験不足の場合

求められているスキルや経験(専門性や管理能力)に対して、それらがまったく不足している場合があります。

この場合は、そもそもミスマッチかもしれません。

どうしてもこの求人に応募したい

もしこのような意気込みなのであれば、「経験がない求人になぜ応募したのか」という志望動機をしっかり確立してください、

そのうえで、その会社で活かせる自らのスキルを説明できるようにしておきましょう。

経歴のミスマッチが起きていないか

逆にスペックが高すぎて決まらないということもあります。高学歴や大企業出身者が、必ずしも優遇されるわけではありません。

一般的に高学歴や大企業出身の人たちは、プライドが高くて扱いづらい、周りと上手くやっていけないとみなされます。

高卒の社員がほとんどという組織なら、大卒が混じって働きづらいということは、現実問題としてありえます。

また、優遇されて入社したように見えても、実は本当に歓迎されているわけではない、このようなケースもあります。

学歴コンプレックスを持つ経営者は、華麗なキャリアの人材をそばに置きたがる傾向があります。

経営者がその人に飽きたら急に態度が変わって、当人が会社に居づらくなるというのは、オーナー企業ではよく聞く話なのです。

基本的なスキルのミスマッチ

年齢に相応しいキャリアがない場合や、今どき必要な基本スキルがない場合など。

例えばパソコンやスマホが苦手、カーナビ操作ができない、というのも敬遠されがちでしょう。

3.企業側とのやり取りで失敗している(研究不足)

自分がもし採用担当者だったら?

このような企業側の目線に立って、応募書類作りと面接対策を取りましょう。

書類作成での対策不足

40代であれば、応募書類の完成形も、それなりのレベルのものが求められます。

応募書類のクオリティが低いと、社内で作成する書類についても、その程度のものしか作れないと判断されてしまいます。

応募する業種・職種に応じて、どういったことに言及すれば相手の目に留まって、心証がよくなるのかを考え、応募書類から熱意が相手に伝わるようにしましょう。

面接にのぞむにあたっての対策不足

面接では、多少の緊張はいたしかたないですが、質問を想定しておけば、場慣れしていなくてもある程度は答えられるはずです。

緊張して話せないのと、答えが思い浮かばない、答えを用意していなくて話せないの違います。

そのあたりは面接官もキッチリ見抜きます。

不平不満や在職している会社の悪口を言ってしまうのも、面接官にそういう類の話はNGということを理解していない、という意味で準備不足といえるでしょう。

お決まりの基本的な質問や、自分のキャリアで質問されそうなことについては、あらかじめ答えを用意しておく必要があります。

面接官が若い人だと、こちらの年齢が上なので、つい上から目線で受け答えしてしまいがちですが、これも当然ながらNGです。

企業研究不足が意外と多い

キャリアに対する質問対策に注力するあまり、企業研究がおろそかになっている人がいます。

採用を担当した経験談から言いますと、応募者の方が会社について調べていないとわかった時は、とてもガッカリします。

求人応募する側からすれば、応募するたくさんの企業のうちの一つにすぎないのかもしれませんが、面接官の側はそうは思っていないのです。

面接官は、自分の会社にどうしても入りたいという人に、出会えることを期待しています。

最低限のことすら調べていないようでは、どんなに優秀な人材でも、採用する気になれません。

売上や社員数、事業内容、業界内での位置づけなどは、基本事項すぎるので、面接で質問されるかどうかは分かりませんが、ホームページ記載の企業概要くらいは、必ず調べておきましょう。

4.転職活動の進め方に問題がある(戦術不足)

「情報収集⇒書類作成⇒面接⇒合格」という流れを、どうやって進めていくか。

そのプロセスごとの作戦立案が、勝敗の鍵を握ります。

あらゆるところにアンテナを張る

転職サイトや転職エージェント、ハローワークなど、あらゆるものを情報源として持っておくことをオススメします。

筆者の転職活動時には、求人誌にも目を通していました。

求人誌はアルバイトやパートの求人案件が中心ですが、それらを眺めていると、

  • どういう分野で求人が多いのか?
  • 多くの媒体に求人を出しているのはどんな企業なのか?

このようなことが分かってくるのです。

むやみやたらに、あちこちの媒体に求人を出している企業は、社員の入れ替わりが激しい、あまりおすすめできない企業なのかもしれません。

面接に慣れるために本命企業以外にも応募してみる

転職市場における自分の市場価値を測るためにも、とにかくたくさん応募してみるのも一つの手です。

自分の経歴にどういった企業が興味を示してくれるのか、どの程度の会社なら可能性があるのかが見えてくるでしょう。

求人応募して合否を見ながら、転職活動の軌道修正を行っていくと、自分の理想と現実がマッチしていきます。

面接は場慣れが必要ですが、応募するなかで書類選考に受かれば、面接の実践練習の場とすることもできるのです。

スケジュール管理を怠りなく

40代の転職は、勢いでどうにかなるものではなく長期戦です。経済的な問題も出てきますし、モチベーションの維持も必要でしょう。

計画性がないと、気分や忙しさを理由に、活動を始めたり止めたりを繰り返します。

これでは満足のいく成功は勝ち取れません。

いついつまでに何社に応募する、何社の面接を受けるといった、具体的な数値目標を立てて管理していきましょう。

5.転職市場に原因がある(需要不足)

40代の求人はまだまだ少ない…自分ではどうしようもないじゃないか!

このようにとらえた方がいい場合もあります。

40代の求人は圧倒的に少ない

ご承知の通り、40代の求人は多くありません。

人手不足の時代ですから、求人数は増えてはいるものの、就職できればどこでもいいという訳ではないのです。

高望みをしないまでも、まあまあ納得できる求人

このような求人であれば、誰もがそこを目指すので、倍率は高くなってしまうでしょう。

その少ないパイを、時には20代や30代の人と奪い合うわけですから、勝利するのも容易ではありません。

しょうがない」と、時には割り切ってしまうのも大切なことです。

とはいえ、敗因の分析は必要

ただしこの場合も、自分が不採用だった理由の客観的な検証は行ってください。

とくに面接まで進んだのに落ちた場合です。

面接まで呼ばれているわけですから、結果的に20代や30代の人に負けたのだとしても、敗因は年齢以外にもあるはずです。

なぜ面接まで行ったのに、自分は落ちたのか?

このような分析をすることで、次の面接での成功につながっていくでしょう。

まとめ:「40代の転職が決まらない理由」を押さえて、内定を勝ち取ろう!

今回は、筆者自身の過去の経験も踏まえて、40代の転職が「決まらない理由」を分かりやすく5つに分類してご紹介しました。

40代での転職は容易なことではありません。

転職活動にのしかかる負荷は相当なものであり、かと言って誰かが助けてくれるわけでもないのです。

途中で何度も諦めたくなるでしょう。終わりのない戦いに一人で挑むようなものです。

それでいて、40代では転職活動に使える時間は、本当に限られた時間しかないのです。

いつまでも続けるわけにはいきません。

このような環境のなかで、なんとか転職を成功させて、ご自身の明るい人生の次のステップを掴んでいただくためにも、少しでも効率的・効果的に転職活動を進めましょう。

今回ご紹介した「40代の転職が決まらない5つの理由」が、少しでもそのお役に立てることを願っております。

転職には努力も運も必要ですが、求人があれば必ず誰かが内定を勝ち取っているのです。

それがあなたの番になる時は、必ずやってくるでしょう。

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
russellhead
40代男性、宮城県在住。順調なサラリーマン生活から一転、40代に入り、三度転職を経験。転職エージェント勤務、企業の採用担当業務などを経て、現在は営業職にて奮闘中。自ら転職を乗り切ってきた経験を、同じ40代の転職希望者にお伝えしたい。
セカンドゴング おすすめの記事
40代転職の完全ガイド!
40代の転職を成功させよう!

40代の転職を成功させるためには、まず40代の転職を取り巻く状況や現実を知ることが大切です。
そのうえで転職活動の具体的な流れ、各ステップごとの対策や攻略ポイントを学びましょう。
40代転職に特化した当サイトならではのノウハウを徹底解説します!

40代向け転職サイトはこちら
40代におすすめの転職サイト11選

40代が応募できる求人は数が減ってしまうので、転職サイトごとの特徴を掴んで、自分にマッチした求人を効率よく集めることが重要です。
40代が転職サイトを選ぶときのポイントと、おすすめ11選を5つのタイプ別でご紹介します。

みんなのコメント

まだコメントがありません。

関連コンテンツ