求人探し・応募

転職の企業研究って何をすればいいの?2つの目的と攻略方法とは

キャリアコンサルタントのRikaです。
30~40代の方の転職支援業務を行っており、とくに面接指導を得意としています。

応募先企業の志望動機などを考えるときに、

企業研究しなければ…

このように思って、気が重くなることはありませんか?

「研究」という言葉がついているので、なにか難しくて、果てしない作業のように思ってしまいがちです。

企業研究って、何をどこまでやればいいのか見当がつかない
調べて集めた情報を、どう分析したらいいかよく分からない…

筆者もこのような相談をよく受けます。

しかし、企業研究は確かに時間を要するものですが、「研究」と名がついてはいても、新しい事実や解釈の発見などは全く必要ありません。

経済アナリストならともかく、いち応募者としての企業研究は、もっと単純なタスクなのです。

企業についての情報収集・リサーチのレベルで構わないので、とにかく応募を考えたら早めに企業研究に取り掛かりましょう。

40代ともなれば、20代30代よりも情報の深さで差をつけたいところ。

しかし、調べれば調べるほど情報が出てきて、際限がありませんよね…。

そこで今回の記事では、40代の転職者が企業研究をする際に押さえておきたい、効率的な手順などのノウハウをご紹介します。

大手人材紹介会社のキャリアアドバイザーとして、数多くの転職者を支援してきた知見に基づいていますので、ぜひ最後までご覧ください。

転職における企業研究とは

転職活動において、企業研究は必ずやるべきタスクです。

企業研究を怠って、入社後にミスマッチを後悔しては意味がありませんので、企業の良い面・悪い面問わず、あらゆる情報を精査しておきましょう。

新卒と転職では、企業研究の方法が異なる

新卒時の就職活動と転職活動では、企業研究の方法が異なります。

新卒であれば、会社説明会などに参加できる機会がありますが、転職であればその機会はほとんどないでしょう。

よほどの大量採用の求人であれば別ですが、中途採用では枠が1名であることも多いので、会社説明は面接のなかで行われるのが一般的です。

また、OG・OB訪問も転職ではあまり聞きませんし、40代であればなおさら難しいでしょう。

このように転職活動では、企業側が発信する一次情報を、直接受け取る機会はとても少ないのです。

企業研究には時間がかかります

企業や現職の社員から、ダイレクトに情報を仕入れることが難しいので、文字になっているリソースを活用することが、転職における企業研究の基本です。

コーポレートサイトを中心に、他の企業サイト・雑誌・新聞なども併用して、リサーチを行っていきましょう。

企業説明会に参加すれば小一時間で得られる情報を、自分でさまざまな箇所を見て、情報を集めなければいけないのが大変なところです。

当然のことながら、コーポレートサイトは企業によって各社作りが違います。

情報が記載されている場所も個々に異なるため、必要情報を集めるのには、多少の時間は要するでしょう。

転職の企業研究はそれほど難しくない

企業研究には多少の労力と時間を要しますが、それほど難しいことではありません。

経営企画や経営コンサル職を志望しているなら別ですが、転職における企業研究では、集めた情報を使って分析や予測をする必要はないのです。

以下の2ステップを踏んで、転職活動に活かせるかどうかが重要なポイントとなります。

企業研究の2つのステップ
  1. 目的別に企業情報を収集する
  2. 収集した情報を、必要に応じて面接で活用する

企業研究の目的は2つ。「面接に合格する」と「入社するか決める」ため

転職活動において、企業研究する目的は以下の2つですが、目的ごとにそれぞれ収集すべき項目が異なります。

企業研究する目的と収集する項目
  1. 面接に合格するための企業研究
    沿革、経営者情報、商材の特性、売上高、取引先情報、競合情報、中期経営計画(企業理念含む)、業務内容など
  2. 入社するか判断するための企業研究
    年収や評価制度、産休・育休取得状況、ワークライフバランス(残業や有給)など

これらの目的を知らずにリソースと接しても、大量の情報のなかで収拾がつかなくなって、どれが有用度の高い情報なのか判断できません。

その結果、面接でも活用ができずに、不合格という悪循環を生むのです。

効率的な企業研究のやり方とは

面接準備の段階で、入社するか判断するための企業研究に必要な情報ばかりに、目が行ってしまう人がいます。

その結果、面接に合格をするための企業研究が疎かになってしまうのです。

どちらにも情報に優劣はなく大切な情報ですが、取得の優先順位が異なります。

「面接に合格するための企業研究」は面接前におこなう必要があり、「入社するか判断するための企業研究」は、極端にいえば内定後でも間に合うのです。

併願先が数社あることを考えると、限られた準備時間のなかでは、「面接に合格するための企業研究」を優先すべきといえるでしょう。

面接に合格するための企業研究とは

限られた時間のなかで、面接合格のための企業情報を収集するヒントとコツをご紹介します。

情報収集ポイントは過去問にヒントあり

大学受験や資格試験にチャレンジする際に、過去問を見ずに勉強する人はいないでしょう。

じつは転職活動でも同じです。

ある程度の規模の企業であれば、採用方針や選考基準を定めているため、面接にも傾向やクセが出てきます。

膨大な企業情報をやみくもに集めるよりも、企業に聞かれそうな質問をまず先に把握して、効率よく情報収集していきましょう。

たとえば以下のような質問です。

  • 競合がどこか知っていますか?
  • 社長や沿革についてはある程度ご存知でしょうか?
  • わが社の今日の株価は?
  • 当社の店舗を利用したことはありますか?

このような、よく出る質問が何かについて調べることも、企業研究の一環だと思ってください。

過去の質問例については、転職用のクチコミサイトなどに記載がありますので、比較的新しい投稿を参考にしましょう。

▼企業のクチコミサイトはこちら▼

また、転職エージェント経由で応募している場合は、キャリアアドバイザーに依頼すれば、面接の傾向や過去の質問例を調べて教えてくれます。

朝に依頼しておけば、夜までに情報をまとめてメールをしてくれる、頼れるアドバイザーもいますのでどんどん活用しましょう。

▼転職エージェント選びはこちらから▼

面接での質問パターンを理解しておくと、集めた企業情報をどう話すか準備しやすくなります。

どこまで調べたらいいの?押さえておくべき収集項目

過去の質問例を把握したうえで、収集作業をさらに進めていきます。

とくに下記については徹底的に調べましょう。

応募する企業は、誰に(顧客)、何を(商材)、どのように販売している会社なのか?

  • 【顧客】
    法人なのか個人なのか。既存顧客か新規顧客か。法人なら業界はどこか、社名はどこか。個人なら年齢や性別といった属性はどういった人たちなのか。
  • 【商材】
    価格帯はどのくらいか。提案する頻度は、商材の強みは何か。どのような差別化をしているか。
  • 【販売方法】
    対面・インターネットなのか、問い合わせしてきた顧客にのみ提案する(反響営業)のか、こちらから新規開拓をするのか、など…

志望動機を考える際に、商材の理解は必須ですし、商材の特性が企業文化や働き方にも影響しているものです。

これらを押さえておくと他項目の理解に役立ちますし、収集する段階で網羅的に他の情報も集まりだします。

企業の質問傾向にもよりますが、最終的には以下を押さえておけば、面接で話す内容に深みが出るはずです。

面接に合格をするための企業研究
  • 沿革(歴史):創立して何年目か。創業者はどんな人物か。これまでに危機や転機となる出来事はどんなものだったか。
  • 経営者情報:社歴や、人物評など。
  • 企業理念:会社の目指すべき姿や行動指針も含めて確認する
  • 売上・収益:直近3~5年の推移
  • 取引先情報:顧客規模、特性を押さえておく
  • 競合情報:業界研究もかねて押さえておく
  • 中期経営計画:市場分析、今後の経営方針について一度に把握できる
  • 仕事内容:今回応募した職種の詳細内容を把握する。あわせて自分のどんな経験が生かせそうかを言語化する

調べ方のコツとリソース

企業情報を調べる際は、まずはコーポレートサイトを中心に調べましょう。

採用ページがあれば、そこにアクセスすれば、会社の歴史や、強み、業務内容がコンパクトにまとめられているはずです。

また、コーポレートサイト内の新卒向け採用ページや新卒サイトは、学生向け内容ということもあって、会社のビジネス内容についてわかりやすく書かれています。

企業研究のためのリソースをまとめると、以下のとおりです。

企業研究のリソース
  • 求人票
  • 求人広告:リクナビやマイナビなどの転職用サイト
  • 新卒サイト:リクナビやマイナビなどの新卒学生・既卒学生のための就職情報サイト
  • 就職四季報:宣伝ではない客観情報が手に入る
  • 業界地図:業界内での立ち位置や、業界動向がわかる
  • 新聞:データベースで検索可能 図書館なら無料のケースあり
  • 業界紙:図書館で閲覧可能
  • ビジネス雑誌:経済紙
  • 口コミサイト:転職会議やopenworkなどが参考になる
  • 転職フェア:応募企業が出展している場合

テンプレートやノートは必要ない

企業情報を収集するのに、テンプレートやノートは必要ありません。

やり方自体を否定しませんが、効率的とはいえないでしょう。

テンプレートを作ると、欄を埋めることだけに集中しがちになりますし、ノートに手書きするメリットもないからです。

筆者のおすすめは、様々なサイトから得た情報のなかで、

これは使える!

このように思った情報を、ワードやメモ帳にまとめていく方法です。

情報がある程度まとまった段階で、同じような内容をグルーピングして、企業の特徴を掴んでいきます。

この作業をする過程のなかで、

あー、こういう沿革だからこういう社風なんだな
なるほど、こういう市場環境だから、こういった人物像を望んでいるんだな

上記のように「つながり」が見えてくるはずです。

入社するか判断するための企業研究とは

転職とは内定することがゴールではなく、長期的にその企業で継続して勤務ができ、充実した仕事人生を送れるかどうかが重要です。

そのためには、働く環境企業風土社風との相性を判断する必要があります。

企業研究をするなかで、この点も見極められるようにしていきましょう。

押さえたい調査項目

社風や企業風土といったものは、求人票から読み取ることは難しいです。

しかし実際に入社すると、さまざまな想定外の場面に直面します。

働いてみないと分からない」とされる項目を、できるだけ入社前に把握しておけるように、情報を集めて読み取りましょう。

たとえば同族企業の場合であれば、「社風が独特であることが多い」といわれています。

  • トップダウンの意思決定
  • 毎朝行われる社訓や社歌の唱和

このようなことなど、雰囲気に慣れるまで一定期間を要するのです。

ミスマッチを防ぐ判断をするためにも、以下のような情報を、あらかじめ収集しておくことをおすすめします。

入社するか判断するための企業研究
  • 社風
    平均年齢、平均勤続年数、男女比といった数値情報のほか、どのような価値観を持った社員が多いかなど
  • 年収と評価制度
    年収:業界平均と比較して、どの程度か
    評価制度:何か月に一度評価される機会があり、なんの指標で評価されるか。昇給、昇格のシステムがあるか
  • 転勤の有無
    どれくらいのスパンで転勤があるか
  • ワークライフバランス
  • 平均残業時間、繁忙期・閑散期の時期
  • 有給取得率、有給消化年平均
  • 産休、育休の取得率
  • 定着率(離職率)

とくに社風においては、表面的な数値情報のほかに、どのような価値観を持った社員が多いのかをよく調べておきましょう。

  • 上下関係が厳しいか、フラットか?
  • トップダウンかボトムアップか?
  • 閉鎖型か開放型か?
  • 伝統重視か進化重視か?
  • 年功序列型か実力重視型か?
  • 干渉型か放任型か?(仕事のやり方だけでなく、プライベートに関しても)
  • 中途入社か新卒入社によってキャリアパスに差があるか?
  • 社内コミュニケーションの取り方について(酒席が多いかどうかなど)

調べ方のコツとタイミング

職場環境に関する情報は、面接対策用の企業情報を集めているなかでも、自然に集まってきますが、収集できない項目があった場合は下記の方法で集めましょう。

  • 内定後に人事担当者に確認する
    年収や有給取得率などは、面接内で聞くと面接官の心証を害することもあるので、内定後がベター
  • 転職エージェントを利用している場合は、担当アドバイザーに問い合わせる
  • 口コミサイト
  • 就職四季報

口コミサイトの投稿は、投稿時期と勤務場所を確認しよう

コーポレートサイトや求人票には、基本的に良い情報しか書かれていませんが、口コミサイトであれば、社員や元社員の本音が記載されています。

いまや口コミサイトは、透明性の高い労働市場を作っていくために、ひと役買っている存在といえるのです。

口コミサイトでは、質問を細かく細分化して回答を収集しています。

  • やりがい
  • 社風
  • 企業文化
  • ワークライフバランス

上記のような項目では、勤務経験者の生の声が非常に参考になるでしょう。

ただ一方で、投稿内容には個人の主観が入っているので、そのまま鵜呑みにするのは危険です

とくに書き込み時期が古いものや、自分が応募している求人とエリアや職種が異なる口コミは、無視した方が無難でしょう。

▼企業のクチコミサイトはこちら▼

まとめ:企業研究をして、企業選びの軸をひろげよう!

今回は、40代の転職者が企業研究をする際に押さえておきたい、効率的な手順とノウハウを解説しました。

面接の対策として、転職本に書いてある質問すべての回答を、準備しようとしている方がいますが、これでは時間がいくらあっても足りません。

まずは応募企業の頻出質問が何かをリサーチして、面接合格に向けての企業研究を進めましょう。

社風や就業環境についての情報収集は、内定をもらった後に、受諾期限までの数日間で間に合います。

最近では、「ブラック企業」「ホワイト企業」という言葉で、企業を判断する風潮があります。

しかし、残業時間や離職率といったモノサシだけで企業を判断するのは、もったいないですし危険です。

ワークライフバランスとは、例えるなら衛生環境のようなもので、入社後のモチベーション維持にはつながりにくいとされています。

繁忙期はとても忙しいけれど、圧倒的なシェアを持つニッチ商材を保有するなど、将来性がある企業はたくさん存在しています。

残業時間や知名度だけで企業を判断することなく、さまざまな角度から企業を評価できる力を、企業研究を通じてつちかっていきましょう。

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
Rika
40代女性、北海道在住。8年半の大手人材紹介会社勤務を経て、現在はフリーで30~40代の方の転職支援業務に従事しております。3000名以上の転職相談(カウンセリング)した経験をもとに、役立つ情報を提供致します。【厚生労働省認定 国家資格キャリアコンサルタント】
セカンドゴング おすすめの記事
40代転職の完全ガイド!
40代の転職を成功させよう!

40代の転職を成功させるためには、まず40代の転職を取り巻く状況や現実を知ることが大切です。
そのうえで転職活動の具体的な流れ、各ステップごとの対策や攻略ポイントを学びましょう。
40代転職に特化した当サイトならではのノウハウを徹底解説します!

転職エージェントを選ぶなら
40代におすすめの転職エージェント6選

40代は転職エージェントを活用することが成功への近道です。
しかし失敗したくないので、選び方や注意点など慎重になりますよね…。
3000名以上の転職支援をしてきた筆者が、おすすめの転職エージェントと40代の活用方法を徹底解説します!

みんなのコメント

まだコメントがありません。

関連コンテンツ