応募書類作成

40代転職の志望動機は2つの要素で「型」を作れば量産できる!【例文あり】

キャリアコンサルタントのRikaです。
30~40代の方の転職支援業務を行っており、なかでも面接対策を得意としています。

転職における志望動機は、転職理由と同じく最もよく聞かれる質問です。

どのように回答しようか、誰もが対策を準備するでしょう。

しかし結局、よいフレーズが思い浮かばずに、以下のような無難なことを話していませんか?

御社の『○○を追求し、社会に貢献する』という企業理念に共感をしまして、私も地域の発展のために、ぜひ役に立ちたいと思い志望しました。

これは新卒なら、かろうじて許されるレベルですが、40代の志望動機としては内容に不足があります。

20代であれば、人柄やポテンシャル(のびしろ)で採用されることもあるでしょう。

しかし40代に対しては、「入社後に確実に活躍してくれる」という保証がなければ、企業側が前向きに採用を検討することはありません。

採用面接においては、

御社が求める人材、それは私です

上記のような訴求を、他応募者よりもどれだけできているのかという戦いなのです。

面接の訴求力アップに必要なのは、志望動機にオリジナリティをもたせることです。

「企業理念」や「業界トップ」といった誰もが使うフレーズを使わずに、独自の志望動機で勝負しなければ、内定を勝ち取るのは難しいでしょう。

ただ、志望動機でオリジナリティを出すのは、実はそんなに難しいことではありません。

2つの要素が入った「型」を習得すれば、企業ごとに収集した情報を埋め込んでいくことで、応募企業ごとに志望動機を量産できるでしょう。

今回の記事では、その方法を詳しく解説するとともに、代表的な例文もいくつかご紹介していきます。

大手人材紹介会社のキャリアアドバイザーとして、数多くの転職者の面接対策を支援してきたノウハウに基づいていますので、ぜひ最後までご覧ください。

転職の志望動機は「あとから作るもの」

志望動機とは、自分の内面から湧き上がるものだ

こんなふうに思っていませんか?

じつは志望動機とは、「あとから作るもの」なのです。

志望動機は、応募動機とは別のもの

転職理由や志望動機の出題率はほぼ100%ですから、面接対策を始めたら、即準備すべき質問といえるでしょう。

しかし、比較的すぐにまとめられる転職理由と異なって、いくら頭をひねっても出てこないのが志望動機です。

志望動機が思いつかない…

こんなふうに焦って、ネットで例文検索する人も多いのではないでしょうか。

ただ、よく考えてみれば、志望動機が自分の中にないのは至極当然のことなんです。

求人を見た時に、

この企業に応募しよう!

このように湧き上がってきた気持ちは、衝動的なものだったはずです。

私はなぜ、この企業を志望するのだろうか?

上記のようにじっくり自問自答してから、求人に応募する人はほとんどいませんよね。

企業への興味は、求人票に記載される文言を見て、理屈よりも本能や直感で湧き上がるものなんです。

お!この会社知ってる!
希望エリアの近くでいいかも!

たいていはこんな感じで、ビビっときて受けているのではないでしょうか?

これらは応募動機と呼ぶべきもので、志望動機とは別のものとなります。

志望動機とは、「思いつくもの」ではなく「調べて作るもの」

応募動機をそのまま志望動機として伝えても、

それでは面接官の共感は得られない…

上記については誰でもなんとなくわかりますよね。

そこでありがちなのは、

自分はなぜこの企業にこんなに惹かれたのか?

上記のような、潜在的な意識を言語化することに、一生懸命になってしまうことです。

潜在意識を文章にする作業は、難しくてなかなか前に進んでいかず、行き詰まり感を覚えてしまいます。

このような作業に注力するのではなく、志望動機とは「これから作るもの」なのだと、早々に切り替えてみましょう。

志望動機は応募すると決めてから、「あとから作ってもよいもの」なのです。

応募動機を思い出すことに一生懸命になるよりも、

面接官に共感される志望動機を、これから作っていく

このようなスタンスで取り組んでみましょう。

作成した志望動機は、入社後もあなたの行動指針となっていくはずです

面接官が志望動機を聞くのはなぜ?

そもそも企業は、志望動機を聞くことで応募者の何を知りたいのでしょうか?

面接官の真意が分からないうちに回答してしまうと、どんなに熱意をもって話しても、的を外しているかもしれません。

40代には「転職先でも活躍できるという保証」を求めている

面接官が40代の転職者に対して知りたいのは、定着性と即戦力性があるかどうかです。

20代の人材を採用するなら、「育成して一人前にする」という選択肢が企業側にあります。

教育係である先輩社員もいますし、育成にかかるコスト(人件費)も安く抑えられるからです。

しかし40代ともなると、教育係となる適任者もおらず、人件費も高いですから、最初から即戦力性と定着性が備わっていることが求められます。

面接官
面接官
この人は我が社での貢献度が高そうだ

こんなふうに確信が持てない限り、40代の転職者に対して、企業側は積極採用しづらいのです。

志望動機に共感されなかった時点で試合終了

定着性と即戦力性を見極めたいと企業側が思っているのに、

企業理念に共感しました
社長の『社員は家族』との考えに感動しまして
圧倒的知名度がある御社で働きたいです

上記のようなことを志望動機として話しても、的が外れているのでアピールにつながりません。

面接官
面接官
ウチに入ったらいろいろ大変なことがあるけど、この人辞めちゃうだろうなぁ
面接官
面接官
商材に知名度がないと売ってこられないの?
面接官
面接官
会社の業績が落ちたら、また転職活動するんだろうな

こんなふうに面接官に思われて終わりです。

「わが社に高い興味を持っている」と言うが、それは何に対してなのか?

当然のことながら、ネームバリューや福利厚生について褒められても、面接官は嬉しくありません。

たいして調べていないことが露呈するだけで、定着性に不安ありと評価されるでしょう。

  • 商材の強み
  • 他社との比較
  • 業界の動向分析

上記のような内容に触れて、

面接官
面接官
おお、しっかり調べてきてますね

このように思わせるような内容で、魅力を語らなければならないのです。

志望動機は面接の中盤までに質問されますので、志望動機の部分までで、合否がほぼ決まるといっても過言ではありません。

残念ながら志望動機に共感されずに、「お見送り」と判断された場合は、残り時間で聞かれる質問の数々は消化試合みたいなものです。

どんなによい答えができても、形勢挽回することは難しいでしょう。

志望動機で最も大切な要素は「オリジナリティ」

定着性と即戦力性があります

このようなアピール力を競うのが、40代の採用面接です。

他応募者と内容を差別化するためには、オリジナリティの高い志望動機を作る必要があります。

オリジナリティなき志望動機は志望動機にあらず

このように心得ておきましょう。

オリジナリティのある志望動機には「型」がある

オリジナリティを出すためには、さまざまな情報を盛り込んでいく必要があります。

面接官に理解・共感されるためには、どのように表現するかを考えなくてはなりません。

御社を志望したのは、私は~が~だったので、~で、~ということもあり、~だからです。

また~ということもあり応募しました。

上記のような形で、中身の薄い内容を思い出した順番で冗長に話す人がいますが、聞く側からするとまったく頭に入ってきません。

筆者が面接のアドバイスする際には、

濃い内容の情報を2部構成で伝えていく

このような「型」をおすすめしています。

「型」とはすなわち定型文、構文です。

応募企業が何社に増えようと、この型さえ覚えてしまえば、企業別の志望動機を量産することができます。

志望動機に入れるたった2つのこと。「企業の魅力」と「貢献内容」

オリジナリティのある志望動機を作るために、盛り込む情報はたった2つです。

志望動機に盛り込むべき情報
  • 企業の魅力】
    会社の商材・サービスについての魅力
  • 自分がどのように貢献できるのか】
    営業力や人脈など具体的なスキルや情報資産

この2つを組み合わせて、以下のような型で志望動機を構成していきましょう。

御社を志望した理由は2点です。

1点目は○○に御社の魅力を感じているからです。といいますのも~だからです。

2点目はそんな御社で私は○○の貢献がしたいからです。私は~してきた実績があります。

自分が感じる会社の魅力」と「どのように貢献したいか」、この2つを掛けあわせることで、あなただけの他にはない志望動機ができあがります。

実際には、細部を所々変えて構いませんが、下記の3つのポイントは必ずご留意ください。

  • 冒頭で志望動機が2点あると前置きする。
  • 結論を最初に話し、いちど文を切る。切ったあとで理由を述べる。
  • 文を短く切る。迷ったら一度切る。

この3つの話し方を意識することで、面接官の理解度が格段に上がるはずです。



志望動機のオリジナリティは情報収集から生まれる

オリジナルな志望動機を作るといっても、無から有は生まれません。

志望動機を作るための情報収集が必須となります。

「志望動機を作る」とは、応募する会社のことを調べて、自分自身をよく自己分析して、文章化していく作業に他なりません。

企業の魅力」と「貢献内容」をそれぞれどう表現するか。

頭で考えていても思い浮かばないので、調べましょう。情報収集あるのみです。

ヒントは求人票に書いてある

現職中の転職活動であれば、準備にあまり時間をかけられない人も多いでしょう。

限られた時間のなかで、効率的に情報収集するにはどうしたらよいのか。

あてもなく収集を始めるよりも、まずは求人票をよく読み込んでみることをおすすめします。

ハローワークの求人票は内容が薄いのですが、転職サイトや人材紹介会社の求人票であれば、内容が充実しています。

とくにチェックするべきなのは、

  1. 会社紹介の部分
  2. 職務内容
  3. 求める人物像(記載がない場合もあり)

これらの部分についてです。

記載されている文章の中から、以下について読み取りましょう。

  • 会社紹介文
    企業自身が自社のストロングポイントをどこと捉えているのか?
  • 職務内容、求める人物像
    この企業における即戦力とはどんなスキルなのか?

それぞれ鍵となる言葉や文にマーカーをつけて、それらに類似したワードを、志望動機のなかに散りばめていくのです。

徹底的なリサーチで「企業の魅力」を書き出そう

企業の魅力をより深く知るために、企業研究を行いましょう。

求人票に記載されている魅力ポイントに、さらに情報を肉付けしていきます。

企業研究の参照先リスト
  • コーポレートサイト
    新卒採用ページがあればそちらをまず確認しましょう。
    商材や職種について網羅的に記載されており、効率的に情報収集できます。
  • 四季報や業界地図本
    業界の中での企業の立ち位置が分かります。
  • 雑誌や新聞記事
    新商品や開発意図に関する情報、最新の業績・動向が手に入ります。
    データーベースを無料で閲覧できる図書館があります。
  • 口コミサイト
    「やりがい」「将来性」「企業分析」などが参考になります。個人の主観が入っているので鵜呑みにするのは危険です。複数のリソースで真偽を確認しましょう。

魅力ポイントとするのは、商品もしくはサービスについてのコメントがベストです。

待遇面や休暇日数、福利厚生面などを、魅力ポイントとして挙げるのはやめておきましょう。

民間企業である以上は、なんらかの商品やサービスを持っているはずです。

商品やサービスについての魅力を洗い出してみましょう。

商品の開発やセールスに直接は携わらない、事務職のような職種に応募する場合でも、多少なりとも商材の魅力に触れた方が、好印象を与えることができます。

「貢献内容」は企業によって変わってくる

新卒や20代なら「成長したい」という表現でも許容されますが、40代ならば、成長よりも貢献内容を訴求していきましょう。

どのような貢献をしたいと伝えるべきか」は、求人票にヒントが書いてあります。

求人票の「求める人物像」や「応募条件」欄を確認してみましょう。

◆営業職の例
  • 営業経験、特に新規開拓の経験を持つ方
  • 有形商材を取り扱ってこられた方
  • 顧客と長期的な信頼関係を築いて営業活動をされてきた方
  • ソリューション型、コンサルティング型の営業経験がある方
◆事務職、営業アシスタントの例
  • メーカー企業等で受発注経験がある方
  • Excelで関数が使える方
  • 電話やメール対応(クレーム対応を含む)ができる方

記載されている内容をヒントに、アピールすべきスキルについて仮説を立てていきます。

例えば、新規開拓の営業経験者を求めている場合なら、

  • 関係構築力やメンタルの強さ
  • 相手企業のキーマンが誰かを見極める力

このようなものが必要と推測できるはずです。

また、事務職で「クレームの一次対応ができる方」を求めているのは、営業マンが日中ほとんど社外にいて、内勤業務ができない環境なのかもしれません。

もしそうなのであれば、顧客対応をするだけではなく、

先読みして、さまざまな仕事をこなしていけるマルチタスク力

このようなスキルをアピールするとよいのではないかと、仮説を立てることができます。

こうやって会社の求める人物像を分析しながら、アピールすべきキーワードを選択していきましょう。

何気なくやっていることも、言語化すればスキルになる

ふだん何気なく実行していることも、言語化すると立派なスキルになります。

あなたは自分のスキルを、どれだけ言語化できるでしょうか?

言語化できた数だけ、転職市場で使える武器となるのです。

言語化したスキルの例

ヒアリング力/提案力/課題解決力/調整力/分析力/目標達成意欲/改善スキル/突発的事態への対応力/共感力/仕事を効率に進める力/気配り力/情報収集力 など…

無理に「◯◯力」とまとめなくてもよいのですが、

私は周りの意見を大切にしながら業務を進められます

このように口頭でダラダラ語るよりも、「調整力」や「共感力」「関係構築力」と一言で表現した方が、スキルとして評価されやすくなります。

ただし、ひとつだけ例外があります。それは「コミュニケーション力」です。

40代であれば、「コミュニケーション力」は保持していて当たり前のスキルなので、差別化につながりません。

「コミュニケーション力」の使用は避けた方が無難です。

履歴書用と面接用の志望動機は、同じ内容でOK

面接で話す志望動機と、履歴書に書く志望動機の内容は同じでも大丈夫なのだろうか…

はい、同じで大丈夫です。
志望動機に限らず、自己PRや長所・短所も同じで問題ありません。

むしろ同じ内容の方が、一貫性が出て好ましいでしょう。

履歴書には、面接で話す内容の要旨を記載する形で大丈夫です。

書き出しや言い出しをどのようにするか、最初でつまずく方がいますが、筆者がおすすめする「型」にのっとれば、

志望理由は2点あります。1点目は~

履歴書も面接もこの形で問題ないので、悩む必要はありません。

【例文】転職の志望動機「職種別3選」

ここまでお話しした内容を踏まえて、職種別の例文を3つご紹介します。

【例文】営業職の志望動機

御社を志望した理由は2点あります。

1点目は御社が展開しているサービス◯◯が競合他社と比較して、◯◯という観点で優れていると感じているからです。

今後◯◯(社会情勢の変化など)が予想される中で、◯◯の需要は一層伸びていくと感じ、〇〇という面で成長性があると考え志望致しました。

2点目はそんな御社で、わたしの営業経験の中で培ったヒアリング力と提案力を生かしたいと思っているからです。

わたしは現職(前職)で◯◯の営業に◯年携わってきまして、商材の特性上、◯◯という側面がありました。

そのため顧客の満足度をあげるため、顧客がどのようなことに課題を感じているか、細かいヒアリングを行い、それに対し様々な観点から検討した複数の提案をするよう心掛けております。

その結果昨年度は〇〇や〇〇の実績を残しております。

このような経験を生かし、御社に貢献していきたいと考えております。

【例文】事務職の志望動機

御社を志望した理由は2点あります。

1点目は御社が販売されている◯◯の商材が◯◯という観点で差別化されていると感じたからです。

実際にわたしは購入したことはないのですが、もし◯◯というニーズを持つお客様がいたらとても魅力的な商品だと思っております。

2点目は私の強みを是非御社で生かしたいと考えたからです。

これまでのオフィスワーク経験の中で、スピード性と正確性について自信があります。

前職ではスピードや効率を追求した結果、〇〇にかける時間を約〇%削減することができました。

入社させていただきましたら、例えば受発注経験や請求書管理などで是非御社のお役に立ちたいと思っております。

【例文】IT技術職の志望動機

御社を志望した理由は2点あります。

1点目は御社が◯◯のような最新技術を取り入れた開発を行なっていることです。

常に最新の技術を扱うことで、自分のコンサルティング力があがり、顧客の課題解決や効率化・合理化についてこれまでにない解決策を提案していくことが可能です。

また御社は受託開発の割合が少なく、〇〇といった環境も〇〇のうえで非常に魅力的です。

2点目は私のこれまで培ってきた技術力とマネジメント経験を御社で生かしたいと考えている点です。

これまで主に◯◯、◯◯(開発環境、言語など)で経験を積んできた中で、特に◯◯が得意で、実績としては〇〇があります。

マネジメント経験としては最大〇名を率いた経験があり、〇〇と〇〇のコントロールを行ってきました。

これまでの経験を御社で生かしながら、自分の成長と御社への貢献を同時に実現できたらと考えております。

まとめ:転職活動は情報戦!オリジナルの志望動機でアピールしよう

今回は、オリジナリティのある志望動機の作成方法と、具体的な例文などをご紹介しました。

志望動機とは、応募を決めてから「作りこむもの」です。

オリジナルな志望動機でなければ、定着性と即戦力性をアピールできないことは、ご理解いただけたのではないでしょうか。

ただ、オリジナリティの重要性は志望動機だけでなく、長所や強み、過去の実績といった質問おいても言えることです。

  • 企業がどんな業務を任せたいのか?
  • どんな人材を企業は求めているのか?

上記について情報収集をしっかりしたうえで、ベストな回答を模索していきましょう。

きちんと準備もせずに、思いつきで話したまとまりのない文章の中から、

面接官
面接官
この部分は我が社でも活かせるかもしれないな

上記のように、面接官がうまいこと切り取って評価してくれることなどあり得ません。

御社が求める人物像と、自分の経験がリンクしているのはこの部分です!

このように自らポイントを絞って、戦略的にアピールしていく他ないのです。

ただし、オリジナリティを追求するあまりに、企業の求める人物像とかけ離れたことを言わないように注意してください。

  • 企業情報を増やすこと
  • 自分のスキルを的確に表現する力

この2つを磨くだけで、志望動機のオリジナリティは十分に高められるはずです。

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
Rika
40代女性、北海道在住。8年半の大手人材紹介会社勤務を経て、現在はフリーで30~40代の方の転職支援業務に従事しております。3000名以上の転職相談(カウンセリング)した経験をもとに、役立つ情報を提供致します。【厚生労働省認定 国家資格キャリアコンサルタント】