40代女性の転職

正社員になりたい40代女性。紹介予定派遣で転職できた理由とは?

40代は子どもの教育費などの負担も大きくなる頃です。

収入アップや今後の人生を考えて、

正社員になりたい!

という思いを強くして、転職活動をはじめている方も多いのではないでしょうか?

しかし、転職サイトなどから応募してみても、何十通と履歴書を送ったところで、全くいい返事がもらえない現実があります…

筆者もそんな一人です。あまりに書類選考で落ち続けたので、

やっぱり女性は、40歳を過ぎたら正社員採用は難しいのかな…

こんなふうに絶望的な気持ちにもなりました。

しかし、このまま同じように応募してもうまくいかないと思い、紹介予定派遣を利用してみたことで、流れが大きく変わったのです

紹介予定派遣は、最長6ヶ月を派遣社員として働いたあと、双方合意の上で勤務先で直接雇用に切り替える制度。

転職方法のひとつの選択肢として、正社員へのチャンスが広がります!

この記事では、厳しい転職活動で心が折れそうになっていた40代女性の筆者が、アプローチを変えて、紹介予定派遣を使って正社員になれた体験談をご紹介します。

正社員になりたいと転職活動を進めている方は、ぜひ参考にしてみてください。

厳しい転職活動を乗り切るために、紹介予定派遣を利用してみた

筆者はかつて正社員として7年間働いていた会社を、出産を機に退職しています。

その後も2度の出産などで転職して、転職歴は5回になりました。

これまでも、常に正社員を目指して転職活動をしていたのですが、なんとか面接まで行っても、

面接官
面接官
お子さん、ほんとにまだ小さいですね
面接官
面接官
熱を出したりしたら、誰か見てくれる人はいるの?

必ずこんなふうに聞かれて、なかなか正社員になることができなかったのです。

子どもは成長と共に、体調を崩すことも少なくなりました。

ただ、その頃には筆者も44歳に…

収入アップのために、なんとか正社員になりたい!

このような思いで、これが最後の転職活動だと覚悟を決めて、応募書類を送り続けるのですが、

今回は残念ながら…

という返事ばかりだったのです。

紹介予定派遣のことは、これまで派遣社員でも働いていたので、存在は知っていました。

あくまで「予定」だから、正社員になれるかはわからないでしょ…

上記のように避けていたのですが、とにかく応募のチャンスを増やすためにも、今回は利用してみようと思い直したのです。

実際に登録した派遣会社は?

筆者が紹介予定派遣の求人に応募した際に、利用した派遣会社は以下の3つです。

上記の3社は、紹介予定派遣の案件数が多く、派遣社員に対するサポート体制が整っていて、派遣として働く期間も安心だと感じました。

最終的には、テンプスタッフで紹介予定派遣を利用しましたが、3社とも、

  • 希望条件
  • 今までの経験について

上記などを、しっかりヒヤリングして対応してもらえたと思います。

経験やスキルを棚卸しして希望条件を整理。応募する求人のアドバイスをもらう

筆者がこれまで経験してきた職種は、

  • 営業事務
  • カウンターセールス
  • 接客など

上記のように、一貫性はありませんでした。

しかし逆にいえば、いろんなシステムや顧客対応などを経験してきたので、うまくアピールできれば強みにもなります。

筆者の希望条件としては、

土日祝日休みで、子どもと休日を合わせられる

ということを第一優先に考えていました。

今までの職務経歴から考えると、

希望条件的に事務職限定かな…

自分ではこのように思い込んでいたのです。

しかし、派遣会社でのスキルの棚卸しと、転職活動の希望条件を確認する面談のなかで、

ひとつの職種に絞らず、自分の希望条件を満たす求人には、幅広く応募してみましょう!

上記のようなアドバイスをもらいました。

職務経歴書の使いまわしはNGだった…職種や業界に合わせてバランスを変えたら通過率がアップ!

紹介予定派遣を利用する前は、職務経歴書をいちど作成したら、基本的には全ての応募先で、同じものを使い回していました。

しかし派遣会社から、

これでは応募先に対して説得力がないですね…

このような指摘を受けたのです。

そこで応募先の業界や職種に合わせて、記載するアピールポイントの比重を変えることにしました。

たとえば営業事務に応募するなら、営業事務経験における職務経歴の割合を増やし、細かく記載して具体的にアピール。

カスタマーサポートに応募するなら、接客経験や電話でのお客様対応経歴を細かく記載するなど…

こういった対応に変えてから、派遣会社内の書類選考を通過する確率が、格段に上がったのです!

転職回数は多いけど、都度に対応してきたコミュニケーション力をアピール

転職回数が多いから、マイナスの印象を持たれるのでは…

この点についても気になっていました。

出産育児のためとはいっても、転職回数が多い理由はそれだけではありません。

ただ、プラスになることを自分なりに考えてみると、

どこの職場でも、円滑にコミュニケーションが取れていた

ということがいえます。

そこで、転職回数が多いことの話題になった際には、

うちで働いてもらうことになっても、他の社員や顧客とうまくやっていけそうだ

このように思ってもらえるように、アピールすることを心がけました。

紹介予定派遣がおすすめなポイントとは?

自分ひとりで転職活動をして、書類選考に落ち続けていると、

なぜこんなに書類選考に落ちるのか?
いったいどうすればいいのだろうか…

こんなふうに行き詰まってきます。

  • ダメな理由はいったい何なのか?
  • どこに応募すれば可能性が上がるのか?

上記についてよくわからなくなって、手当たり次第に応募している状態になるのです。

筆者もそういう状況に陥りましたが、派遣会社に相談することで、採用される具体的な人物像が見えてきました

募集企業が希望する人物の特徴を事前に入手できる

通常、転職サイトなどで直接応募する場合は、

  • 求める人物像の詳細
  • なぜ募集することになったのか?

こういったことについては、本当のことを知るのは難しいです。

しかし紹介予定派遣では、派遣会社の応募先担当者から、かなり詳細な情報を教えてもらうことができます

おかげで、事前にしっかりと細かな対策ができました。

  • 一緒に働く方の年齢層
  • 求人募集している理由
  • 実際の残業時間
  • 応募先企業が希望する入社時期

上記について事前に知っておくことで、

今の自分の生活スタイルで対応できそうだな…
面接ではこんな受け答えを準備しておこう

こういった心の準備を、面接前にできることが大きかったです。

応募書類作成のコツや面接対策までサポートしてくれる

いざ応募となれば、履歴書・職務経歴書を作成するのですが、応募先に提出する前に、まずは派遣会社でチェックしていただけました。

職務経歴書のテンプレートや例文なども、派遣会社で用意されているので、とても参考になります。

また、応募先企業に対して、すでに働いている人や応募の実績があることも多いため、

  • 応募企業に紹介予定派遣で入社した人の特徴
  • 面接でのアピールポイント

こういったことを事前に教えてもらえるので、応募書類や面接でのアピールポイントを外すことなくのぞめました。

派遣会社がエージェントの役割を果たしてくれる

在職中の転職活動なので、間隔をほぼ空けずに転職する予定をしておりました。

したがって、転職が決まった場合に、退職日に合わせて入社日を調整する必要があります。

できるだけ早く入社してほしいのですが…

こういった要望を受けても、退職できるのは最短でも一ヶ月後です

もちろん、応募先にはあらかじめ伝えてはいたものの、

何とかなりませんか?

と言われたときに、派遣会社が間に立って調整してくれます

とても助かりますし、本当に頼りになる存在でした。

年齢的にも最後のキャリアにしたい!就職したい職場かどうかを派遣期間で確認できる

筆者は今回の転職にあたって、

40歳も過ぎてるし、これが正社員になる最後のチャンスかも…
「転職して失敗した」は許されないぞ!

このような思いで転職活動をしていました。

残業量や業務内容ももちろん気になるのですが、

人間関係がうまくいきそうか?

という点をとくに大切に考えていたのです。

今までの転職経験から、

人間関係さえ良好であれば、他に気になることがあってもなんとかなる

このような考えを持っていました。

同じ職場に40代女性がいると働きやすさがアップ!

同じ職場に40代の女性がいるかどうかは重要です。

同年代の方がいる職場では、

  • 子どもの体調不良で、急にお休みする可能性がある
  • 帰宅後に家事をする必要がある

上記のような、実生活の感覚や悩みが合うと仕事もしやすいですし、何かあったときに、お互いにフォローしあえる関係が築けます

経験重視で中途入社当たり前の企業ばかりだから、入社後も馴染みやすい

紹介予定派遣を採用している会社は、既存社員も中途入社の方が圧倒的に多いです。

これまでの経験で採用された方ばかりなので、

業務に対する知識はあって当たり前

という雰囲気があり、できるだけ早く業務をこなせるように、必死に努力する必要はあります。

ただ、いろいろな経歴を持っている方々ですので、知識が豊富で話も面白く、44歳で中途入社した筆者が浮くようなことはありませんでした。

正社員になりたい思いが強くなれば、仕事でしっかりアピールできる

紹介予定派遣であれば、派遣社員として働く期間中に、

  • 同僚となる人たちとうまくやっていけるのか?
  • 業務内容や仕事の進め方、残業時間、休日出勤など、今のライフスタイルで対応できるのか?

こういったことを、実体験で確認することができます。

そのうえで、

一緒に働く人たちとうまくやっていけそう
この会社は自分に合っているかも!
正社員として働きたいな

上記のように思えるようになれば、仕事でしっかりアピールしようと、モチベーションもどんどん上がっていきます。

積極的に業務に取り組むようになり、同僚ともうまくやっているとなれば、就業先からの評価も得られるでしょう。

もし、自分に合わないと思えば、お断りを入れることも可能

その場合は退職ではなく、契約終了という形になります。

契約終了になった場合は、次の就業先を見つけるために、また頑張ればよいだけです。

まとめ:紹介予定派遣で正社員への道を成功させよう!

今回は、正社員になりたい40代女性の筆者が、紹介予定派遣を利用して、正社員への転職を成功させた体験談をお話ししました。

紹介予定派遣を利用すれば、

  • 作成した応募書類のチェック
  • 面接対策

上記のようなサポートをしてもらえますし、応募先企業の内情まで事前に知ることができます。

正社員への転職を考えている方にとって、これらは大きなアドバンテージになるでしょう。

転職活動を一人で進めていると、アピールする方向性を間違えていたり、うまく伝えきれていないことも多いものです。

しかし紹介予定派遣を利用すれば、派遣会社にプロのサポートをしてもらって、採用担当者に直接ひびくような面接対応が可能となります。

転職エージェントを利用することでも、同様のサポートを受けることはできますが、

派遣社員として働きながら、正社員として就職したい職場かどうかを確認できる

という点は、紹介予定派遣にしかない大きなメリットです

書類選考がなかなか通らない方は、ぜひ紹介予定派遣も検討してみてください。

違ったアプローチからの転職活動で、正社員への道が見えてきますよ!

▼紹介予定が利用できる派遣会社▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
Plumeria777
40代女性、福島県在住。新卒で正社員勤務後、出産を機に退職。その後、子ども3人を育てながら転職を5回経験しました。現在シングルマザーですが、転職も人生もあきらめなければ道は開ける!実りある40代になれるよう、あれこれチャレンジ中です!
セカンドゴング おすすめの記事
40代転職の完全ガイド!
40代の転職を成功させよう!

40代の転職を成功させるためには、まず40代の転職を取り巻く状況や現実を知ることが大切です。
そのうえで転職活動の具体的な流れ、各ステップごとの対策や攻略ポイントを学びましょう。
40代転職に特化した当サイトならではのノウハウを徹底解説します!

40代向け転職サイトはこちら
40代におすすめの転職サイト11選

40代が応募できる求人は数が減ってしまうので、転職サイトごとの特徴を掴んで、自分にマッチした求人を効率よく集めることが重要です。
40代が転職サイトを選ぶときのポイントと、おすすめ11選を5つのタイプ別でご紹介します。

みんなのコメント

まだコメントがありません。

関連コンテンツ