転職成功の近道! 40代が支持するエージェントはこちら
4.0 ( 1 )

40代ママ看護師が子育てのためにフルタイムからパート勤務へ転職!

40代ママ看護師が子育てのためにフルタイムからパート勤務へ転職!

40代で子育てをしつつ、フルタイム看護師として働くことは、かなりの体力勝負です。

できれば、パート勤務に切り替えたいけれど、

  • 今までの看護師経験を活かせる職場はあるの?
  • 子育ての真っ最中なのに、慣れない職場へ転職するのは不安
  • 転職先が合わなかったらどうしよう…

このような不安もありますよね。

フルタイム看護師として、22年間も病院で働いてきた筆者。

42歳で出産し、子育てのために引っ越しをしたタイミングで、パート勤務へ転職しました。

フルタイム看護師として働いてきた経験を活かせば、病院以外でも幅広く仕事は探せます。

看護師の経験を活かせるパート勤務で働けば、子育てと仕事の両立は十分に可能です

この記事では、子育てとの両立に悩むママさん看護師に向けて、

看護師の経験を活かして、病院以外のパート勤務に転職する

という筆者の体験談をお話ししています。

ぜひ参考にしてみてください。

目次
この記事の執筆者
まきこ

まきこ

40代女性、神奈川県在住。正看護師歴24年。数回転職を経験。出産、引っ越しを機に、フルタイム看護師からパート勤務へ転職。そのかたわら、フリーライターとして活動を始める。

40代のママナースがフルタイムからパート勤務を選んだ理由

筆者はフルタイム看護師として、病院で22年ほど働いてきました。

40代のタイミングで、なぜフルタイムからパート勤務へ転職をしたのか、その経緯についてお話しします。

時短勤務が終了して、育児と仕事の両立が困難に…

筆者は42歳で出産して、育休あけに時短制度を利用して職場に復帰。

仕事が終わってからは、

  • 保育園のお迎え
  • 家事
  • 育児

に追われる毎日を過ごしていました。

主人の帰宅が遅いため、ほとんどを1人でこなしていたのですが、時短勤務が終了すると、育児と仕事の両立が難しくなってきたのです…

しかし、そうは言っても、

慣れない場所で気を使いたくない…

このような思いもあったので、環境が変わることへの不安がありました。

出産後の体力低下

40代という年齢に育児の負担が加わって、出産前と同じような勤務を続けるのが、徐々に辛くなってきました。

  • ナースコールの対応
  • 立ち仕事
  • 患者さんのケア

こういった仕事もあるので、腰痛もひどくなってきたのです。

そんな折に、

子どもがのびのびと遊べるように、自然の多い場所に引っ越ししよう!

という話が持ち上がりました。

引っ越しをするとなると、

  • 新しい保育園や幼稚園
  • 新しい職場

といったものを探さなければなりません。

仕事が休みの日も時間を取られてしまい、まったく身体を休ませる暇がなく、ついには仕事中にダウンしてしまったのです。

40代にもなると、やはり無理はきかないもんだな…

このように実感して、仕事のペースを抑えることを、真剣に考えはじめました。

引っ越し先は保育園の利用ができず、夜勤前提の職場ばかり

いろいろ探してはみたのですが、引っ越し先の地域では、保育園の空きがありませんでした。

そこで、託児所付きの職場を探すことにしたのですが、

託児所付きだけど、夜勤が大前提

という病院ばかりなのです…

子どもの預け先として残された選択肢は、幼稚園に預けるくらいしかありません。

しかし、幼稚園では預けられる時間が短いので、たとえ家族に協力してもらえても、フルタイムでの勤務は時間的に難しくなります。

パート勤務を視野に入れるしかありませんでした。

子どもとの時間を大切にしたい

子どもを保育園に預けられるというのは、とてもありがたい環境です。

しかし、仕事を優先することで、

  • 子どもの成長を見ることができない

というジレンマがありますよね。

筆者は働き続けるなかで、

  • もっと子どもと一緒に過ごす時間が欲しい
  • 今しか過ごせない子育ての時期を大切にしたい

上記のような想いが、徐々に強くなっていました。

保育園に預けられないという状況から、やむを得ずの幼稚園生活でしたが、子どもとの時間を持てるようになったのです。

もう迷うことはありません。

パート勤務として働くための職場探しを始めました。

納得のいく転職先を見つけるために行動したこと

ここでは、筆者が納得のいく転職先を見つけるために、具体的に行動したことをご紹介します。

看護師求人サイトに登録する

まずは看護師求人サイトに登録しました。

登録をすると、条件確認の電話やメールがきますので、

  • 幼稚園生活に合わせた時間帯
  • お休みの希望
  • 勤務可能な場所

といったことを伝えると、数日後には、条件に合う職場をいくつか提案してくれました。

筆者は、これまで病院でしか働いたことがありませんので、

今までの経験を活かしたい

というこだわりを捨てられず、希望の転職先に病院だけを指定していたのです。

しかし多くの病院では、

  • 週に4日、6時間以上の勤務
  • 託児所付きなので夜勤は必須

といった制約があって、納得いく転職先がなかなか見つかりません。

そこで、求人サイトのスタッフが病院に直接交渉をしてくれて、

今までの経験値があれば、週1回でも対応可能ですよ!

と言ってくださったのです。

これまでの看護師経験が強みになったと言えますね。

ある程度の経験をお持ちであれば、看護師求人サイトはぜひ登録しておきましょう。

看護師求人サイトの選び方については、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

ハローワークを利用する

筆者は次の職場が見つかるまで、失業保険がもらえるハローワークを利用しました。

所轄のハローワークには、一般公開されていない募集案件がいくつかあるようです。

希望の日数や時間帯をスタッフに相談すると、その場で雇用主に確認の電話をしてくれます。

週1日、1時間から可能な募集案件がいくつかあり、実際に面接を受け、就職もできましたよ。

ハローワークや公共支援サービスの詳細はこちら

自分の足で応募先の職場を訪ねてみる

看護師求人サイトやハローワークで見つけた職場へ、実際に訪ねてみることもしました。

職場のスタッフや施設を確認することで、

  • 長く働くことができそうか?
  • 通勤するのに負担はないか?

といったことを確認できますし、やはり自分の足で職場の雰囲気を感じることは大事です

看護師の経験は病院以外のパート勤務でも活かせる

フルタイム看護師の経験を活かせる3つの勤務先

病院以外のパート勤務で、看護師としての経験を活かして働ける勤務先として、

  1. 療養型病院
  2. クリニック
  3. 訪問看護

上記の3つについてお話しします。

筆者は引っ越しをしたあと、しばらく生活環境に慣れるまでは、週に1回土曜日のみ「療養型病院」で働きました。

平日の短時間勤務は求人がなかったので、平日午前中はクリニックと訪問看護ステーション、3ヶ所を掛け持ちして働いたのです。

現在はスタッフとの信頼関係も得られ、職場で勤務時間を調整してもらえるようになったので、訪問看護ステーションだけで働いています。

【療養型病院】これまで培った観察力を活かせる

療養型病院では、毎日の業務がルーティン化されているので、あわただしく働くことがありません。

療養型病院とは、病状が慢性期になった方、治療よりも長期にわたる介護が必要な高齢者が、医師の管理下で看護、介護、リハビリテーション等の必要な医療を受けることができる病院のことです。

出典:府中病院/医療相談室

残業も少ないので、子育てとの両立がしやすい職場です。

入院されている患者さんは、症状が安定しており、寝たきりであったり意識がなかったりします。

医療行為は少なく、ケア重視の職場です。

長く看護師として培ってきた、小さな変化にも気付ける観察力が活かせますよ。

【クリニック】看護技術や専門知識を活かせる

クリニックでは、働く日にちと時間帯がはっきり決まります。

夜勤がなく、土日休みのところが多いため、ワークライフバランスの確保がしやすいというメリットがあります。

注射や採血、点滴などの処置が多いため、注射のスキルを活用できますし、

  • 小児科
  • 循環器内科
  • 消化器内科

上記のような専門のクリニックに勤務すれば、今までの看護師経験から、自分が得意とする専門的な知識や経験を活かせるはずです。

【訪問看護】看護師としての力量を最大限に活かせる

訪問看護は基本的に夜勤がありませんし、勤務時間も柔軟に対応してくれます。

筆者は、「1日1時間からOK」という訪問看護ステーションで働きました。

慣れてくると、

  1. 訪問予定の時間に利用者さんのお宅へ訪問
  2. 訪問看護を実施
  3. そのまま自宅へ帰宅

上記のような流れで、直行直帰も可能

個々にタブレットが支給されているので、検温結果や出勤時間を自宅で入力して終わりなのです。

訪問看護では、看護師1人で利用者さんの看護をします。

病棟のように、ほかのスタッフに相談することができないので、

自分ひとりで判断する責任の重み

を感じて、不安を覚えるかもしれませんが、実際には、電話で管理者に相談もできますよ。

逆にいえば、自分ひとりで判断して行動できるので、やりがいを感じることができます。

週に1〜2回の限られた訪問時間のなかで、ちょっとした変化に気付ける、高いアセスメント能力が求められるのです。

看護師として働いてきた経験や実績を、最大限に活かすことができる

というのが、訪問看護の特徴といえるでしょう。

まとめ:フルタイム看護師の経験は、子育てとの両立に活かせる!

今回は、42歳で出産をした看護師ママが、引っ越しを機に、

フルタイム勤務 ⇒ パート勤務

上記のような転職をした体験談についてお話ししました。

病院でのフルタイム勤務でしか働いた経験がなかった、40代のママ看護師だった筆者。

パート勤務で今までの経験、実績を活かせたポイントは以下の3つです。

  • ケア重視の療養型病院で観察力を活かす
  • クリニックで看護技術、専門分野の知識を活かす
  • 訪問看護で看護師の力量を最大限に活かす

これまでフルタイム看護師として働いてきた経験を活かせば、病院以外でも幅広く仕事は探せます。

長く看護師として勤務してきた経験や実績を強みにして、子育てと仕事を両立させましょう。

40代看護師が転職を成功させるには、効率よい求人探しがポイントです。看護師に特化した求人サイトを活用しましょう。詳しくは「おすすめの転職サイト・エージェント7選」でご紹介しています。

▼この記事の満足度をお聞かせください▼

4.0 ( 1 )

セカンドゴングは40代の転職を応援しています!

40代の転職を応援しています!

当サイト(セカンドゴング)では、40代の転職に特化した転職ノウハウについて、

  • 実際に40代で転職を経験した人
  • 企業の採用担当・キャリアコンサルタントなど、転職活動に知見を有する人

上記のようなメンバーが数多くの記事を提供しています。

セカンドゴングの概要と執筆メンバーの一覧はこちら

転職活動の流れと攻略するコツについて、以下の記事でわかりやすくまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

また、当サイトにノウハウを提供している転職サポーターが、あなたの転職活動をお手伝いします

さまざまなサポートをご用意していますので、悩みがある方はお気軽にご相談ください。

転職サポーターの支援メニューはこちら

この記事を書いた人

40代女性、神奈川県在住。正看護師歴24年。数回転職を経験。出産、引っ越しを機に、フルタイム看護師からパート勤務へ転職。そのかたわら、フリーライターとして活動を始める。

40代ママ看護師が子育てのためにフルタイムからパート勤務へ転職!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

40代で転職するなら、実践したい仕事の探し方

40代向けの求人は、20~30代向けの求人数と比べて少ないので、

応募したい仕事がなかなか見つからない…

このような状況になる場合も多く、効率よく求人を見つけることが重要です。

ここでは、40代が転職を成功させるために、無駄なく仕事を探すためのポイントをご紹介します。

40代におすすめの転職サイトに登録する

まずいちばん初めにしておきたいのは、転職サイトへの登録です。

すぐには希望通りの案件が見つからなくても、転職のための情報量の多さはダントツですし、無料で利用できますから、ぜひ登録しておきましょう。

大手の転職サイトであれば、常に数多くの求人情報が掲載されており、高度な検索機能があるので、

職種 / 地域 / 年収 / 福利厚生 など

上記のような条件で、求人を簡単に絞り込むことができます。

40代向けの求人を効率的に集めるには、

40代歓迎
年齢不問

といったキーワードで検索してみましょう。

また、ひととおり求人を眺めたなかで、掲載写真に年配者が写っている求人を探してみてください。

若手でなくても構わないですよ

企業側のこのようなメッセージかもしれません。

転職サイトの選び方や活用する方法、40代におすすめの11社を以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

40代向けのおすすめ転職サイト11選はこちら

転職エージェントの活用は必須!複数に登録しておく

転職活動を進めるには、かなりの労力が必要であり、ノウハウも必要となってきます。

あれもこれも一人でやるのは、本当に大変なものです…

そこでおすすめしたいのが、転職に必要な一連の作業をフォローしてくれる、「転職エージェント」を活用すること。

転職のプロによるサポートを受けることで、以下のような、たくさんのメリットを得ることができます

転職エージェントを利用するメリット
  • 転職サイトなどに出回っていない、40代向けの非公開求人を紹介してもらえる
  • 履歴書や職務経歴書の添削をしてもらえる
  • 面接対策のサポートをしてもらえる
  • 業界や企業について、独自の情報を提供してもらえる
  • 求人企業について、気兼ねなく質問できる
  • 選考に落選した理由を教えてくれるので、次への対策が打てる
  • キャリアや市場価値をプロの視点で見定めて、アピールするべき自身の強みを教えてくれる
  • 応募企業との連絡や日程など、エージェント担当者が間に入って調整してくれる
  • 入社時期や年収条件など、交渉ごとを代行してくれる

40代が無駄なく効率的に転職活動を進めるうえで、利用しない手はないサービスです。

しかも、転職エージェントは人材が採用されたときに、企業から成功報酬を得るビジネスモデルのため、転職者は無料で利用することができます

エージェントとの相性を見極めて厳選するという前提で、最初から3~4社ほどに登録しておきましょう。

以下の記事で、40代女性におすすめのエージェントや、実際に利用した40代女性の声をご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

40代女性が支持する転職エージェント6選はこちら

ハローワークなどの公共就職支援サービスを利用する

ハローワークは、転職サイトと比較すると求人の詳細がわかりにくく、待遇面で見劣りすることが多いので、利用を敬遠している人もいるかもしれませんね。

ですが40代の転職においては、ハローワークも積極的に活用しましょう

ハローワークを利用することで、以下のようなメリットを得ることができます。

ハローワークを利用するメリット
  • 仕事の種類が豊富で求人数が圧倒的に多い
  • ハローワークだけの独自求人がたくさんある
  • 職業相談の窓口が充実しており、気軽に相談できる
  • 子育て中の仕事探しを支援するマザーズコーナーがある
  • 職業訓練を受けて、資格やスキルを習得できる

ハローワークは公共の職業紹介機関ですから、企業は無料で求人を掲載することが可能です。

そのため、

ブラック企業の求人が紛れているのでは…

こういった心配をしている人もいるでしょう。

ですが、質の悪い求人は見分けることができますし、窓口で確認すれば、さまざまな情報を教えてもらえます。

  • 現在失業中である
  • 地元企業への就職を希望している
  • 未経験の仕事に転職したい
  • 子育て中である

上記のような方であれば、利用しないのはもったいないサービスですよ。

また、公共の就職支援サービスはハローワークだけではありません

人材紹介会社による委託運営がされていて、転職エージェントのような充実したサービスを用意している地域もあります。

ハローワークなどの公共支援サービスについては、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

ハローワークや公共支援サービスの詳細はこちら

紹介予定派遣で転職する方法もある

転職するひとつの方法として、紹介予定派遣を利用することも有効です。

最初の2~6ヶ月を派遣社員として勤務して、派遣勤務の期間が経過した段階で、労働者と企業の双方が合意すれば、正社員になることができます

紹介予定派遣を利用するメリットは、以下のとおりです。

紹介予定派遣を利用するメリット
  • 最初は派遣社員として入社するので、ワークライフバランスがとりやすい
  • 直接雇用される前に、仕事内容や職場の雰囲気を確認できる
  • 必要な人材であることを、働きながら直接アピールできる
  • 未経験の業務にもチャレンジしやすい
  • 合わないときは断ることもできる

もちろんメリットばかりではありませんが、まずは大手の派遣会社に2~3社登録して、紹介予定派遣にはどのような求人があるかを、いちど確認してみましょう。

紹介予定派遣を利用するメリットやデメリット、40代が採用されるコツなどは、以下の記事でご紹介していますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

紹介予定派遣の詳細、おすすめの派遣会社はこちら

目次