40代女性の転職

母子家庭の44歳ママが初めての転職!子育て中だからこそ正社員を目指そう

44歳、3人の子育て中の母子家庭というだけで、

転職なんて無理じゃない?

という声が聞こえてきそうですが、筆者は初めての転職活動に踏み切りました。

離婚した元夫に見つからないように住所を変えて、同時に職場も変える必要があったからです。

引っ越しを終えて、子どもたちとの生活も落ち着いてきた、44歳の春のことでした。

これまでずっと同じ会社で、24年間も正社員として働いてきたのですが、母ひとりで3人の子どもを育てるなら、やはり正社員としての転職が絶対です

生活していくにはまずは安定ですし、子どもたちに不自由をさせたくはありません。

そんな思いで始まった転職活動でした。

子どもはどうする?母子家庭なら転職前に考えておきたいこと

転職活動をしているなかで、子どもについての質問は、必ずといっていいほど聞かれる内容です。

質問されたときに、「しどろもどろ」にならないよう、しっかり事前に準備をしておく必要があります。

市区町村の行政サービスについて調べる

ファミリーサポートについては、市区町村によってサービスに内容が違います。

  • 病児保育はNG
  • 学校から家や習い事教室への送迎はNG

上記のような場合は、民間の学童保育やひとり親家庭のお手伝いをしてくれるNPOなど、別に探すことも必要になるのです。

事前登録が必要な場合もありますから、転職活動前に調べておいて、準備しておくことをおすすめします。

母子家庭を支援してくれる団体について

収入の面で、塾や習い事に通えない子どもたちの学習サポートをしてくれる団体等もあります。

ボランティア団体に相談したり、学習支援を受けたりと、ひとり親では対応が難しい面のサポートが受けられます。

支援の有無、内容については、都道府県や市区町村によって異なるため、詳しくは自治体のホームページなどを確認してみましょう。

病児保育や病後児保育について

病児保育や病児後保育については、各自治体によって対応がバラバラなので、ご自身が住む自治体に要確認が必要です。

筆者の住む地域では、事前に登録しておけば、ファミリーサポートが対応してくれました。

しかし、以前住んでいた自治体では、病児病後児の保育に関しては、個人で電話して登録をする必要があったのです。

子どもは頻繁に病気にかかりますから、病児病後児サポートについては、かならず確認しておきましょう。

母子家庭の転職活動で押さえておきたいポイント

母子家庭には、母子家庭なりの転職活動の方法があります。

筆者も、最初は右も左も分からなかったのですが、何度も失敗を繰り返すうちに、少しづつ学習していきました。

とくに以下の2つのポイントは、押さえておきたいところです。

転職で譲れない条件は?線引きを明確にする

転職するにあたって、

この条件だけは譲れない!

というものがあると思います。

筆者にとっての譲れない条件は、土日祝お休みだけでした。

お給料などは最低ラインを決めていましたが、子育てに優しい転職先であることの方が優先条件です。

譲れるものと譲れないもの、希望条件の線引きをしっかりしておくことで、むだに悩む原因がなくなります。

シングルマザーだからこそ正社員に!

母子家庭のシングルマザーだからこそ、福利厚生をきっちり受けられる、正社員での採用を目指しました。

たしかに、派遣社員でも時給で換算すれば、それほどの差はないのかもしれません。

でも、今回のコロナ騒ぎのなかでも、社員でいるというのは、他の雇用形態とは違うことを実感しました。

緊急事態宣言が発令されたときは、会社は週の半分が休業となりましたが、正社員の筆者は休業分のお給料が支払われています。

でも派遣社員の方は、派遣会社が休業補償をしないため、月収が半分以下になってしまったのです。

でも正社員になるのはハードルが高いし…

このように思うかもしれませんが、正社員になることはけっして無理ではありません。

諦めてしまう前に、まずチャレンジすることがスタートであり、正社員への道を開いてくれるのです。

初めての転職活動で学んだこと

筆者は24年間ずっと同じ企業で働いていたので、本当に初めての転職活動でした。

職務経歴書の書き方すらも分からず、仕事の探し方もハローワークぐらいしか、思い浮かばない状況だったのです…

また、仕事も幅広い職を経験していたので、

自分の売りは何なのか?

ということもわからずに悩みました。

履歴書や職務経歴書の書き方を学ぶには?

転職活動で、最初につまづいたことは、

履歴書や職務経歴書の書き方がわからない…

ということでした。

見よう見まねで何も考えず作成した書類で、20社ほど応募してみたのですが、すべて書類選考で落ちています…

しかし、転職エージェントでよい担当者の方に出会ったことで、状況が劇的に変わったのです。

その担当者の方は、書類の書き方をイチから教えてくれて、自らで作成して見本を見せてくれました。

サポートいただけたおかげで、書類選考を通過できる機会が増えたのです。

提出書類が違うだけで、こんなにも変わるんだ…

このように実感した出来事でした。

求人選びで心掛けたこと

まず募集要項の内容を見て、その求人案件が、

  • 業務好調のための増員なのか?
  • 欠員のための募集なのか?

という点を確認するようにしました。

  • 増員のための求人
    募集要項に記載されている残業時間から減ることはない
  • 欠員募集の求人
    募集要項に記載されている残業時間から増えることはない

という特徴に気がついたからです。

筆者の場合は、応募できるチャンスは減りますが、欠員募集の求人を探すようにしました。

選考に受かるためにやったこと

転職エージェントを利用すると、応募する前にこちらの条件を伝えてもらうことができます。

筆者の希望条件と企業側の要望を、事前にすり合わせしてもらえることで、面接に進める機会が増えたのです。

また、自己応募で書類を送付する際は、応募する企業ごとに、必ず手紙を一緒に送るようにしました

  • 募集内容のどこが気に入ったのか
  • 入社したいという気持ち

このようなことを、手紙のなかに盛り込むようにしたのです。

もちろん面接でも、同じことは質問されるでしょう。

ですが、ただ書類を送るだけではなく、

自分の気持ちを伝えられる機会を逃さない

という姿勢が、先に繋がっていくものと考えていたのです。

面接を受けた後も、お礼の手紙かメールを送って、

  • 面接で伝えきれなかったこと
  • 面接官の方へのお礼の言葉

上記をかならず伝えるようにしていました。

悪条件のマイナスイメージを軽減させる方法

書類選考を通ったとしても、筆者自身の状況は変わりません。

まず聞かれることは、子どものことです。

ただ、子どものことは事前に対処を決めていますから、

残業ができるかどうか?

という点に、どのように回答するかがポイントとなります。

筆者が注意したのは、「残業は絶対無理」という姿勢をとるのではなく、

  • 1日1時間程度なら可能です
  • 早出勤務ならできますが、いかがでしょうか?
  • 自宅へ仕事を持ち帰ることは可能ですか?

上記のように、残業の代わりになる方法を提示することで、マイナスのイメージを少なくする言葉選びを心がけました。



シングルマザーに役立つ、おすすめの転職方法

仕事を探すというと、まずはハローワークを思い浮かべますが、最近では転職サイトが豊富にあります。

そのなかで、どうやって自分にあったサイトを選ぶのか、これがけっこう大変です。

筆者の場合は、自分に合ったサイトを探すのに、結構な時間がかかりました…

ここでは、筆者が利用してよかったものをご紹介します。

使ってよかった求人サイト7選

転職活動をおこなう上で、できるだけ多くの求人サイトを利用しましょう。

筆者が使用して、よかったと思うサイトを7つご紹介します。

❶~❹の大手サイトは、扱っている求人数も多く、年収アップも望める求人が豊富です。

ただし、地方に住んでいる筆者には、なかなか合う求人がないのが難点でした。

❺のキャリアインデックスは、ハローワークやほか大手の求人が、一括で検索できるサイトです。

書類を代わりに郵送してくれるサービスもあり、よく使わせていただきました。

❻~❼は地元密着の求人サイトで、地方で就職を考えたい人にはもってこいのサイトです。

ただ他にも、ご自身の住んでいる地域に密着した求人サイトがあるかもしれません。

地方で転職を考えている方は、「地域名+転職サイト」などで、実際に検索してみることをおすすめします。

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

転職エージェントを活用しよう

転職エージェントを使って応募することで、書類選考を通過できる可能性が高まります。

ただ、エージェント会社も多数あるので、そのなかから、

自分に合った転職エージェントを見つける

というステップが時間のかかるところです。

筆者も電話面談を何社も受けながら、

  • 自分の希望を親身に聞いてくれる
  • 希望条件とズレのない求人を紹介してくれる

上記に当てはまる転職エージェントと出会えたことで、転職活動が少し楽になりました。

▼おすすめの転職エージェントはこちら▼

マザーズハローワークを上手に使おう

子育て中のママを中心に、求人紹介や働き方について相談にのってくれる、「マザーズハローワーク」というサービスがあります。

マザーズハローワークでは、

子どもが小さすぎるので、まだ就職が難しいかも…
子育てが忙しくて、なかなか仕事が探せない…

こういった方の力になってくれるのです。

また、女性の就職支援プログラムも充実していて、たとえば東京都では、以下のようなサポートを無料で受けることができます。

◆東京都の転職支援サービス(東京しごとセンター)

女性しごと応援テラス
ブランクがある方向けの「再就職はじめの一歩」コースや、事務職(事務・経理・人事・医療系)の専門スキルを学べるコースなどを提供(54歳以下の方が対象)

都内での就職を検討しているのであれば、ぜひ上記サービスを活用しましょう。

各地でさまざまな支援サービスが用意されていますので、それらを活用して、求職活動の負担を少しでも減らせるようにしていきましょう。

まとめ:母子家庭の40代でも、正社員での転職を目指せます!

今回は、44歳で3人の子育て中の母子家庭となった筆者が、初めての転職活動に挑んだ体験談をお話ししました。

筆者が応募した企業数は40社弱、書類通過はそのうちの半分弱で、うち内定が8社です。

すべて正社員での募集でした。

最初に内定を頂いた企業で、面接を担当いただいた方の言葉が、筆者を内定8社という結果に導いてくれた気がします。

自分に自信が持ててないようですが、もったいないですよ。ここまで経験を積んできているのに…
自分の経歴にもっと自信を持ってください

この言葉が、転職活動を諦めようかと落ち込んでいた気持ちに、活力を与えてくれました。

通勤時間の問題で、内定は惜しくも辞退することになりましたが、本当に感謝しています。

あなたのマイナスな条件面だけではなく、きちんとあなた自身を見て、評価してくれる企業は必ずあります。

最初からあきらめるのではなく、まずは自分自身に、少しの勇気と自信を持つようにしましょう。

勇気と自信を持つことで、マイナス条件の多い転職活動を、プラスの方向に変えることができるはずです。

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
SENA
40代女性、茨城県在住。3人の子育てをしながら正社員(総務)として働いているシングルマザーです。同じような立場で仕事探しに苦労されている方々のお役に立てればと思っています。苦しいのは今だけで、子どもと笑いあって生活できるようになりますよ。
セカンドゴング おすすめの記事
40代転職の完全ガイド!
40代の転職を成功させよう!

40代の転職を成功させるためには、まず40代の転職を取り巻く状況や現実を知ることが大切です。
そのうえで転職活動の具体的な流れ、各ステップごとの対策や攻略ポイントを学びましょう。
40代転職に特化した当サイトならではのノウハウを徹底解説します!

40代向け転職サイトはこちら
40代におすすめの転職サイト11選

40代が応募できる求人は数が減ってしまうので、転職サイトごとの特徴を掴んで、自分にマッチした求人を効率よく集めることが重要です。
40代が転職サイトを選ぶときのポイントと、おすすめ11選を5つのタイプ別でご紹介します。

みんなのコメント

まだコメントがありません。

関連コンテンツ