働きながら転職活動するのは大変すぎる?成功させる7つの秘訣とは

業務の合間に仕事を探したり、面接に出向いたり……

働きながら転職活動するのは、なかなか大変なことですよね。

ネット上でも、

いちど退職しないと、仕事探しに専念できないのでは?

このような否定的な意見も見られます。

しかし、働きながら転職活動することは、

気持ちの焦りや経済的なリスクを回避できる

というメリットがあるのです。

この記事では、働きながらの転職活動にフォーカスして、

上記について解説しています。

最後までお読みいただき、ぜひ参考にしてください。

目次

転職活動は働きながらか、それとも仕事を辞めてから?

転職活動は働きながらか、それとも仕事を辞めてから、どっちがよいのだろう?

このような疑問をお持ちの方は多いでしょう。

しかし選ぶべきは断然に前者。つまり、転職活動は「働きながら進める」べきなのです

その理由は40代という年齢にあります。

中年サラリーマンにとって、「転職」は自分ひとりだけの問題ではありません

一時的とはいえ収入が途絶えれば、暮らしへの影響は避けられず、家族も不安になってしまうでしょう。

頑張ってね、応援してるよ!

このように背中を押しつつも、内心では経済的な心配をしているはずなのです。

また、焦って再就職したばかりに、

しまった、ブラック企業だった…

なんてことにもなりかねません。

たとえ苦労はあっても、40代なら転職活動は働きながら行うべきでしょう。

働きながら転職活動をするメリット

「収入が安定する」といった利点のほかにも、在職中に転職活動することには、以下のようなさまざまなメリットがあります。

時間をかけて希望の求人情報を探せる

プレッシャーに悩まされることなく、じっくりと希望の仕事を探せるのが最大のメリットです。

たとえば、自分の予想に反して、

希望する業種の求人情報が少ないな…

上記のような場合でも、職種の幅を広げたり、新たな募集を待つこともできます。

ブランクが生まれず、人事担当者に好印象を与えられる

退職してからのブランクが長期になると、

やる気がないのかな…

計画性がない人なのかも

人事担当者にこのように思われてしまいます。

逆に、在職中でスケジュール調整に苦労しながら面接に行くと、

面接官

]働きながら忙しいなかなのに、積極性がありますね!

上記のように、好印象を与えられるものなのです。

状況によって転職を延期、中止できる

実際に転職活動をしてみた結果、

やっぱり今の職場に残ったほうがよさそうだな…

このように考えなおした場合でも、すぐに取りやめることができます。

いざ行動してみたら、

現職の良い部分が見えてきた

というようなケースは、じつはよくあることなのです。

わずらわしい手続きを自分で行わなくてよい

転職先を決めてからいまの会社を退職すると、

  • 社会保険
  • 厚生年金
  • 雇用保険

上記などのわずらわしい移行手続きを、自分でおこなう必要はありません。

現在の勤め先から各書類を預かって、新しい勤め先に提出するだけで済みますので、時間と手間を大幅に削減できます。

▼あわせて読みたい記事▼

働きながら転職活動をするデメリット

メリットがある一方で、働きながらの転職活動には相応の苦労があることも、認識しておきましょう。

本業に追われて、転職活動に専念しづらい

現行業務や引継ぎなどと転職活動が重なって、「二足のわらじ」状態になると、しんどい思いをするかもしれません。

また、本業で時間が確保できず、業界分析や面接準備を十分にできなかったために、

選考に落ちてばかりで、なかなかうまくいかない…

このようなケースもありえます。

スケジュールの調整が難しい

応募企業の多くが平日に面接を指定してくるなかで、有給休暇や半日有休を使って、面接にのぞむことが多くなるでしょう。

  • 頻繁に休みを取得していると、会社側に怪しまれる
  • 面接などのスケジュール調整に苦労する
  • 急募の求人に応募できない

こういったマイナスポイントも存在しています。

表立った転職活動ができない

職場に転職活動を内緒にしている場合なら、

会社にバレないだろうか…

上記のようにヒヤヒヤしたり、人によっては「後ろめたい気持ち」になってしまうかもしれません。

また、内緒で同僚に相談をしたつもりだったのに、

いつの間にか職場中のウワサになっている

このようなケースも多いのです。

雇用保険の恩恵を受けられない

在職中に内定をもらうと、「失業の定義」から外れてしまうため、失業保険や再就職手当などをもらうことができません

収入が安定的である証とはいえ、保険料を支払ってきた恩恵を受けられないと考えれば、この点もデメリットだといえるでしょう。

▼あわせて読みたい記事▼

働きながらの転職活動を“成功”させる7つの秘訣

働きながら転職を成功させるためには、どのようなことを意識すれば良いでしょうか?

ここでは、リスクを最小限に抑えて、転職を成功させるためのポイントを7つご紹介します。

決してブレない心構えをもつ

会社に転職することを伝えれば、

  • 退職を引き止められる
  • 退職を厳しく非難される
  • ネガティブなことを言われる

このようなことが待ち受けているかもしれません。

また、終わりの見えない転職活動にモチベーションが下がり、落ち込む日もあるでしょう。

しかし、転職を決意するに至った理由を考えれば、気持ちは何度でも持ち直すことができるはずです。

転職活動では、妥協したり気持ちが負けたら、失敗に終わります。

多少のことでは影響されない、ブレない強い意志と心構えを持ちましょう

希望の条件を明確にする

休日日数 / 残業時間 / 仕事内容 / 年収など

こういった希望条件を明確にしておくことで、応募企業を効率的に絞り込むことができます。

仕事探しは長引くほど、やる気と成功率が下がりますので、テンポ良い活動が大切です。

現職と転職活動の両立に疲れてしまう前に、早めに決着をつけましょう。

▼あわせて読みたい記事▼

早めの退職交渉で気持ちよく退職する

気持ちよく次に向かうためにも、円満退職を心がけましょう

早期に退職を申し出ることで、会社からも一定の理解を得られやすいですし、面接日程などでも融通が利くようになります。

引継ぎや人員の関係で、延長交渉があったとしても、一定期間を条件に協力するようにしましょう。

退職後でも、源泉徴収票などの書類の受け取りや制服の返却といった用事で、会社とコンタクトを取ることはあるのです。

気まずい雰囲気での退職とならないよう、また一つの区切りとして、大人の対応を心がけましょう。

▼あわせて読みたい記事▼

仕事終わりや休日の時間を有効活用する

スキルアップや必要な資格を取るために、平日の仕事終わりや休日の時間を、最大限に有効活用しましょう。

転職という機会でもない限り、じっくり勉強できるチャンスはありませんし、自身の能力開発に励むことは、転職における市場価値を高めてくれるのです

今まで学んでこなかった、外国語やITスキルなどを学べば、より仕事探しの幅が広がって好待遇も期待できます。

  • スキマ時間に求人サイトをリサーチする
  • 自己分析や自己アピール内容を考える

上記のような取り組みも有効です。

スマホを使って、コツコツと職務経歴書の下書きを進めるのもよいでしょう。

▼応募書類の書き方のポイントはこちら▼

有給休暇を有効活用する

有給休暇を取得して面接や会社見学に行くことはもちろん、溜まっていた休暇を一気に消化することで、まとまった時間を手にすることができます。

自己啓発に励んだり、家族サービスをしたりと、貴重な時間を有効活用しましょう。

転職した後は、半年間は有給休暇が付与されません。

これまでやりたかったことを思い切りやって、リフレッシュして新しい仕事にのぞみましょう。

経済的な余裕をもつ

40代の転職では、多くの方が、

転職により年収がダウンしてしまう

という傾向にあります。

試用期間を設けている会社や、契約社員でのスタートとなる場合も、やはり経済的に苦しくなるでしょう。

しかも住民税は前年の収入によって金額が確定するため、前職で稼いでいた場合は、年収ダウンとのダブルパンチでさらに厳しくなる可能性も…

こうした事態を想定して、経済的な余裕を持っておけば、キャリアを築くことに専念できます。

サラリーマンとしての収入だけではなく、副業も見据えて準備することもおすすめです。

▼あわせて読みたい記事▼

転職エージェントの力を借りる

退職後と違って、働きながらの転職活動はとにかく忙しいもの。

条件を絞って企業を選んで、それから面接予定を調整して…

上記のように、あれもこれも一人でやるのはかなり大変でしょう。

こういった転職に必要となる、一連の作業をフォローしてくれるのが、転職エージェントという存在です。

転職のプロによるサポートを受けることで、以下のようなメリットを得ることができます。

転職エージェントのメリット
  • 自身の強みを効果的に表現できるように、応募書類作成や面接対策のサポートを実施してくれる
  • プロの視点で自身のキャリアや市場価値を見極めて、最適な求人案件を紹介してもらえる
  • 転職サイトなどに出回っていない、40代向けの非公開求人を多く保有している
  • 応募企業との連絡や日程調整、入社時期や給与の交渉まで、エージェント担当者が間に入って行ってくれる

40代が無駄なく効率的な転職活動をおこなううえで、利用しない手はないサービスです。

しかも、転職エージェントは人材が採用されたときに、企業から成功報酬を得るビジネスモデルのため、転職者は無料で利用することができます

現職業務を抜かりなくこなしつつ、確実に転職を成功させるためには、転職のプロに力添えをしてもらうのが一番の近道となるでしょう。

転職エージェントの選び方については、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

▼おすすめの転職エージェントはこちら▼

関連記事40代におすすめの転職エージェント6選|193人の口コミ評価でランキング

まとめ:ポイントを押さえて、働きながらの転職活動を成功させよう!

今回は、働きながらの転職活動にフォーカスして、そのメリットとデメリット、成功させるためのポイントについてお話ししました。

働きながらの転職活動には、メリットとデメリットが存在しており、決して楽な道ではありません。

しかし、以下のような要点を押さえて行動すれば、きっと良い仕事に出会うことができるはずです。

働きながら転職活動を成功させる7つの秘訣
  1. ブレない心構えをもつ
  2. 希望条件を明確にする
  3. 早めの退職交渉
  4. アフター5や休日の時間を有効活用
  5. 有給休暇を活用する
  6. 経済的な余裕をもつ
  7. 転職エージェントの力を借りる

お話ししてきたこれらのポイントを意識して、ぜひ実りある転職活動を進めてくださいね!

当サイトでは、40代の転職に特化した転職ノウハウについて、

  • 実際に40代で転職を経験した人
  • 企業の採用担当・キャリアコンサルタントなど、転職活動に知見を有する人

上記のようなメンバーが数多くの記事を提供しています。

当サイトの概要と執筆メンバーの一覧はこちら

転職活動のすべてのステップについて、以下の記事でわかりやすくまとめていますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

▼40代転職の完全ガイドはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

40代男性、神奈川県在住。運送業界にて管理職を経験するも、家族との時間をもっと大切にしたいと40歳にて転職。現在は、自由気ままに暮らしながらWebライターとしても活動中。森林散策とカフェでのひと時が元気の源!

目次
閉じる