コラム

40代の転職に役立つブログ13選!リアルな声からやり方を学ぼう

  • 40代転職は厳しいとは聞くけど、どういうことに注意したらいいのだろうか?
  • 40代の転職に参考になるブログがなかなか見つからない…

このような悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

実は私も40代で転職をしようと考えたときに、同じような悩みを抱えていました。

本当の意味で40代の転職に参考になる、ネットの情報がほとんどないので、

これは自分でブログを立ち上げて、発信した方がいいレベルだわ…

このように思ってしまうくらい、参考になる記事が見当たらなかったことが、このブログを立ち上げるひとつのきっかけでもあったのです。

40代の転職を成功させるためには、

40代ならではの転職のやり方

上記のようなノウハウを知っておくことがとても大切であり、それをもっとも学べるのが、40代転職経験者が体験を語るブログです。

そこで今回の記事では、40代の転職者が運営するブログや40代の転職体験ブログ記事について、詳しくご紹介します!

「40代の転職」に特化して、情報を発信しているセカンドゴングの観点から、役立つブログをピックアップしていますので、ぜひ最後までご覧ください。

40代の転職者がブログから学ぶべきこと

まず最初に、40代の転職者がブログを見るなかで、学んでおくべき情報について整理しておきましょう。

40代の転職には決まらない理由がある

40代の転職は厳しい…

このような声をよく耳にしますが、若年層の転職と比べたときに、40代の転職には「決まらない理由」が存在しています。

ところが、その決まらない理由を意識することなく、若年層と同じような感覚で転職活動をしてしまい、思わぬ苦戦を強いられる方がとても多いのです。

40代の転職が、なかなか決まらない理由にはどういったものがあるのか、まずはこの観点から、ブログを見るなかで学んでおきましょう。

自身の境遇で注意すべき点、やっておいた方がよいこと

転職を考える理由やその時の状況は人それぞれです。

  • 未経験の業種・職種への転職を考えている
  • Uターンして地元で転職したい
  • ワーママとして転職したい

上記のような境遇のなかでも、それぞれにおいて転職活動をするうえで、注意するべきことやしておくべきことが存在しています。

転職サイトのノウハウ記事などを見ても、自身の境遇にピッタリな情報を見つけることは、そう簡単なことではありません。

しかも転職サイトなどでは、ほとんどが若年層に向けた情報のため、40代の転職に活用できるノウハウはほとんど存在しないのです。

実際に40代の転職活動を実践した人から、自身の境遇と共通するノウハウを学ぶことは、とても有効な取り組みであるといえるでしょう。

転職ブログで学ぶデメリットとは

40代の転職経験者が運営するブロクでは、実際の転職活動からのリアルな声が聞けて、自身にも参考になる有益な情報が多いです。

しかし、公開しているたくさんの記事を読みながら、必要な情報を見つけていく手間がかかります

個人が運営しているほとんどのブログでは、日記のように日々の活動ベースで更新されているので、読む記事もそれなりのボリュームになるでしょう。

また、情報は必ずしもまとめられているわけではなく、こちらで整理してノウハウ化する必要があります。

在職中の転職活動など、限られた時間のなかであれば、たくさんの情報を掴むことは容易なことではないのです。

このデメリットをクリアできるように、セカンドゴングではさまざまな40代の転職活動を、体験談のブログ記事として公開しています。

転職活動全体を通してのポイントが、わかりやすくひとつのブログ記事にまとめられているので、短時間でノウハウを学ぶには効果的です。

後ほど男性と女性の体験談に分けて、いくつかのブログ記事をご紹介していますので、あなたの境遇と共通する体験談ブログがあれば、ぜひチェックしてみましょう。

40代転職者が運営するブログ 2選

ここではまず、40代の転職者が運営しているブログを2つご紹介します。

40代後半でも転職に成功!『47歳転職日記』

URL:http://roto6atare.blog.fc2.com/

47歳から転職活動していた方が運営するブログで、5年以上ブログ更新が続いており、転職時期や転職後の話なども盛りだくさんです。

ブログを読み進めていくと、49歳の時にも転職活動しているため、50歳前後の方も参考になるでしょう。

転職活動している時には、下記のような経験談が語られています。

  • 大卒縛りの案件が多かったので応募できなかった
  • 半年ハローワークに通って1件しか求人がなかった
  • 人材紹介会社の登録すら断られた
  • 40代後半だと管理職クラスのキャリアがないと仕事紹介がなかった

ブログを運営している方は、四大卒ではないということで決してエリートではありません。

それでも最終的には、40代後半でも転職に成功しています。

ただ条件面では妥協した部分があり、「月収27万円で内定した」と記載されています。

月収30万円にしてください

このように人材紹介会社に交渉を相談したそうですが、ダメだったとのこと。

必ずしも、自分の希望が通るわけではないことがわかります。

ただ妥協する部分があれば、40代後半でも転職できると勇気をもらえるブログです。

40代後半ともなると、転職事情は厳しいものですが、こういったリアルな声で「転職できる」こと知れば、活力が湧くのではないでしょうか。

47歳転職日記

転職を繰り返す失敗談『40代でリストラされた僕の転職日記』

URL:https://hidesroom.jpn.org/

40代でリストラされて転職を繰り返している、「ヒデ」さんが運営するブログです。

最終学歴は高校中退の独身の方で、ガスに関する資格を取得しています。

2016年からブログが開始され、2019年になっても更新されている現役ブログです。

不採用となったという報告が多いですが、ガス会社に応募したところ、即採用されたという内容もあります。

やはり40代になっても、経験や資格などがあると、その専門業者からは重宝されることが分かりますね。

そのガス会社には即日採用されて、

明日から勤務して欲しい

このように言われたとの記載があります。

そして最初は試用期間となり、その後に正社員になるという契約を結んだようです。

ただし、試用期間の基本給は14万円。

その他手当や休日出勤もあり、「実際はもうちょっともらえた」とのことですが、40代でこの月収はきついですね…。

しかもヒデさんは最終的に、

仕事で必要となる化学関連試験に不合格の場合は、正社員で採用はできない

上記のように通告されています。

結局正社員にはなれずに退職に至りました

このような報告がなされており、非常に苦労が伝わってくるブログです。

このブログを反面教師として、「転職を繰り返すことはマイナスになる」ということがいえるのかもしれません。

 40代でリストラされた僕の転職日記

40代男性の転職体験ブログ記事 6選

続いては、自身の「40代の転職活動」をセカンドゴングに寄稿してくれた方の、ブログ記事をピックアップしてご紹介します。

まずは40代男性の転職体験談を確認してみましょう。

40代から未経験でIT業界へ転職

未経験の40代がIT業界へ華麗に転職?初心者が手に職をつける方法

プログラミング経験が無かったstaroさんが、40代でITエンジニア職へ転職した体験談です。

未経験の40代でなぜIT業界へ転職できたかというと、以下のアピールが効果的だったと述べています。

  • まだ扱える人が少ないRPAソフトを経験した
  • 有料の基礎研修講座を受講した

staroさんの転職成功のカギは、まだ使える人が少ないソフトのスキルを磨いたこと、そして実務で役立つレベルの知識を身につけたことです。

仮にPhotoshopやIllustratorなど、長く利用されているソフトの技術をちょっと磨いた程度では、なかなか転職に役立ちにくいもの。

しかしRPAのソフトは、まだ新しい分野のソフトなので経験者が少ない状況であり、未経験者歓迎の求人も多いのです。

こういったところに目をつけて、しっかり技術を磨いたことが転職につながったといえるでしょう。

未経験の40代がIT業界へ華麗に転職?初心者が手に職をつける方法

未経験業界へのUターン転職を40代で成功させる秘訣とは?

あなたにもできる!40歳で未経験の仕事に転職できた3つの勝因とは

40歳で実家のある山形県へ戻り、未経験業界へのUターン転職を果たした、五島アツシさんの転職体験談です。

40代で業界未経験OKとしている求人は少ないですから、

求人を紹介してもらえる窓口は、多ければ多いほどよい

このように考えて、転職サイトにエージェント、ハローワークはもちろん、知り合いにも積極的に紹介を依頼されてます。

知人への紹介依頼にもコツがあって、実際に五島さんは数人から紹介をもらえたのだとか。

五島さんがとくに注力されたポイントは、以下のとおりです。

  • 信頼できるプロのアドバイザーを見つける
  • 応募書類はアドバイスをもらいながら何度も見直しする

アドバイザーというと転職エージェントを思い浮かべますが、五島さんが頼りにしていたアドバイザーは、ハローワークのベテラン相談員の方。

足しげく通うことで、親身に相談に乗ってくれるベテラン相談員さんに出会えたことが、転職を成功させるきっかけになったと語っています。

応募書類を作成するうえでは、自分だけの目線では限界があるので、プロのアドバイザーに添削してもらうことがオススメです。

あー、これではダメだね

このように言われてしまって、五島さんもカチンときたそうですが、それでも言われたとおりに直した結果、途端に書類選考を通過できるようになったのだとか。

40代ともなると、アピールできるポイントも多いので、

どの点が転職市場において、一番のストロングポイントになるのか?

上記について、プロの客観的な視点で書類添削してもらうのは有効な方法です。

あなたにもできる!40歳で未経験の仕事に転職できた3つの勝因とは

焦って一度目の転職に失敗…反省を活かしてホワイト企業へ再転職!

【41歳男性の転職】焦らずじっくり活動してホワイト企業へ入社できた!

筆者である音海まことさんは、ITベンチャー企業に勤めていたのですが、経営が傾いて希望退職を募集。

数ヶ月もあれば転職できるだろう

このように楽観的に考えて、退職⇒転職活動を始めることに。

しかしなかなか良い企業が見つからず、焦って入社を決めた会社が本物のブラック企業で、わずか2ヶ月で退職してしまいます。

一度目の反省点をふまえて、そこから数ヶ月後にホワイト企業への転職を果たすのですが、

  • 入社前に企業調査をしっかりすること
  • 書類作成や面接のスキルを上げること

これらがポイントになったと語っています。

音海さん自身は、準備なく転職活動を開始して、良い企業への転職を果たすまでに半年ほどかかっています。

退職済みで転職活動に専念できても、それなりに期間がかかる場合があるので、十分な準備をしておくことが重要だといえるでしょう。

【41歳男性の転職】焦らずじっくり活動してホワイト企業へ入社できた!

40代で自営業を廃業。職業訓練校に通って再就職!

43歳自営業者が再就職!職業訓練校に通ったら一番の近道だった

将来のことを考えて自営業を廃業して、40代で会社員へ再就職した方の転職体験談です。

長年自営業をやっていると、会社員へ転身しようと思ってもいろいろと障害があるもの。

しかし筆者の方は、自営業を辞めて職業訓練校へ通うことで、会社員へのスムーズな再就職ができることを身をもって証明されました。

自営業の方でも廃業すれば、職業訓練制度が利用できるということを、知らなかった方も多いのではないでしょうか。

同じような境遇の方であれば、非常に参考になるブログ記事だと思います。

43歳自営業者が再就職!職業訓練校に通ったら一番の近道だった

将来の安定を考えて、ゆるい会社に転職して副業でも収入を確保!

44歳でもできた!私がゆるい会社に転職した方法と見つけ方とは?

年功序列の廃止や終身雇用が崩壊、年金制度も不安など…

40代の私たちにとって、「安定」といわれた神話はもはや崩れ去っています。

筆者のシンイチロウさんは、そんな状況でずっと同じ会社に勤め続けることは、むしろリスクになると考えて、副業を始めることに決めました。

しかし、労働環境が過酷な会社では、副業をすることはなかなか難しいので、副業のために「ゆるい会社」への転職を決意します。

最近では「副業解禁」といわれていますので、このような「副業のための転職」という考え方は一般的になっていくでしょう。

働き方が多様化していくなかで、ぜひ参考事例としたいブログ記事だといえます。

44歳でもできた!私がゆるい会社に転職した方法と見つけ方とは?

40代タクシードライバーが、1年半にわたる転職活動で掴んだものとは?

45歳転職の理想と現実|キャリアアップしたいがこんなはずでは…

42歳でタクシー運転手に転職したエイージさんは、運転手の上級職であるハイヤー運転手への転身を考えます。

しかし、ハイヤー運転手になるために必須となる応募資格が満たせず、選考落ちを繰り返して断念せざるを得ない状況に…

仕方なくタクシー運転手になる前の経験もふまえて、営業職での転職活動を開始しますが、

  • 求人応募してもほぼすべてが書類選考で落ちる
  • スカウトやヘッドハンティングに登録しても、ほとんど声がかからない

上記のような厳しい状況で、行き詰まりと焦りを感じるようになりました。

事態を打開するべく転職エージェントにも相談して、面談や職務経歴書の添削などを繰り返すうちに、ようやくスカウトの数が増えるように。

さらに半年ほど活動した結果、ひとつのスカウトがきっかけで、異業種未経験職への転職を果たすことになります。

働きながらではありますが、1年半もの期間を転職活動に要してしまっており、40代転職の厳しさと難しさを知ることができる記事だといえるでしょう。

45歳転職の理想と現実|キャリアアップしたいがこんなはずでは…

40代女性の転職体験ブログ記事 5選

続いては、セカンドゴングに寄稿してくれた、40代女性のブログ記事をピックアップしてご紹介します。

40代で田舎住まい、一般的な女性の転職活動記

田舎住まいの40歳女性は転職できる?体験して学んだ転職への対策とは

筆者である咲楽みとさんは、事務職などは経験していたものの、特筆できる資格もなく、一般的な40代女性といえるでしょう。

しかも都市部ではなく、地方に在住されています。

一般的には、地方に暮らしている人のほうが、都市部より転職に苦労する傾向があるのです。

咲楽みとさんがとくに苦労した点として、挙げていることは以下のとおり。

  • 地方だと求人数が少ない
  • 転職エージェントが利用できない
  • 年齢制限がある

一般的な職種でも、地方になると求人数が大幅に減ってしまうのです。

咲楽みとさんは事務職を希望していましたが、

応募先がかなり少ないことで転職に苦労した

このように、一般的な事務職でも求人が少なかった実情を述べています。

転職エージェントの拠点も都市部にあり、実際に面談で行かなければいけないところが多く、利用できないといった意見が聞かれました。

地方の方が転職エージェントを探す際は、電話での面談が可能なところを選ぶべきですね。

このような地方の厳しい転職活動において、咲楽みとさんが苦労しながらも努力したポイントは以下のとおり。

  • ハローワークと転職サイトを併用する
  • 履歴書と職務経歴書でアピール

ハローワークなら地方にもありますから、やはり仕事を探す上では必須となります。

ただし、条件的に良い求人が多いわけではないので、転職サイトとの併用がおすすめです。

そして履歴書と職務経歴書は、40代ではとくに力を入れるポイントでしょう。

40代ともなると、職歴がたくさんあるという方も多いはず。

そうなると職務経歴書も長い文章を羅列することになり、視覚的に見にくさを生み出してしまいます。

このような見づらい職務経歴書を防ぐためには、データや表の作成が有効です

職務経歴書では、「文章だけで書かなければいけない」という決まりはありませんから、データや表も取り入れて、見やすく仕上げましょう。

咲楽みとさんも、表などを取り入れて工夫をすることが功を奏したと話されています。

田舎住まいの40歳女性は転職できる?体験して学んだ転職への対策とは

独身の40代女性は第一印象が重要!見た目の対策をした結果は?

40歳独身女性の転職は第一印象がすべて!プロの就職支援で対策しよう

新卒の時は就職氷河期の真っ只中で、初任給は手取り11万という厳しい環境で頑張ってきた、管理栄養士のはるさん。

未婚では居辛くなってしまったいまの会社から、40歳で転職を考えるように…。

30代までに国家資格などいくつもの資格も取得しており、40代とはいえ新卒の頃とは時代も違うので、何とかなるだろうと考えて転職活動を開始しました。

しかし田舎ということもあって、40代独身女性への偏見やセクハラまがいの面接など、さんざんな言われようが続きます。

ブログ記事を読むなかで出てくる面接官が、さすがにひど過ぎるだろうと思う反面、実際の転職活動においては、十分あり得る話なのでしょうね。

とくに地方で転職活動をする40代の女性の方は、ぜひ読んで参考にしていただきたい内容です。

40歳独身女性の転職は第一印象がすべて!プロの就職支援で対策しよう

40代の専業主婦でも正社員になれる!ママならではの転職活動とは?

【専業主婦から正社員へ】41歳主婦の私が社会復帰できた方法とは?

子育てもひと段落をして、また正社員として働きたいと考える、40代の専業主婦の方も多いのではないでしょうか。

しかし一方で、

  • キャリアにブランクがあるから不安…
  • 正社員として働くスキルが足りないのでは?

このような心配もあり、前に一歩が踏み出せない方もいるはずです。

41歳まで専業主婦だったコバヤシ魚子さんは、正社員を目指すステップとして、まずは派遣会社に登録。

ブランクとスキルの不安を解消して、正社員への転職を果たしています。

専業主婦ならではの転職活動のコツも、実体験にもとづいて紹介されているので、社会復帰を目指している専業主婦の方は、ぜひチェックしておきましょう。

【専業主婦から正社員へ】41歳主婦の私が社会復帰できた方法とは?

離婚をきっかけに憧れの海外へ!英語が話せなくても転職できます

【45歳女性の海外転職】思い込みを捨てて可能性を広げよう!

結婚して25年。
子育ても終えて、穏やかな老後を見据えていた「うーみん」さん。

しかしその目論見が、夫の不倫が発覚して一瞬で崩れ去ってしまいます…

夫から自立するために、45歳で13年ぶりの転職活動を開始。

想像を絶する書類選考通過率の低さに、どんどん自信を失っていきますが、信頼できるキャリアアドバイザーとの出会いが、転職活動の転機に!

若い頃に思い描いていた「海外で働く生活」を、40代の転職活動で手に入れることができたのです。

  • 英語が話せなくても海外転職はできる
  • 40代だから遅いということはない

思い込みで自身に制限をかけてしまわずに、勇気を出してチャレンジしてみましょう。

40代からでも、人生や生活を大きく変えることはできるのだと、「うーみん」さんのブログ記事で学ぶことができました。

【45歳女性の海外転職】思い込みを捨てて可能性を広げよう!

子持ち女性には長時間通勤はつらい…解決方法は転職以外にもあった!

40歳子持ち女性の転職は難しい?実際に体験してみて感じたこと

3人の子持ちでありながら、社労士事務所で働く筆者のしろくまさんは、片道1時間半の通勤時間を苦にして、転職することを決意します。

しかし転職活動を進めるなかで、通勤時間以外に勤める会社に不満がないことを再認識。

会社に悩みを相談して、「在宅勤務」で働き続ける選択を見つけました。

子持ち女性の転職活動についても、詳しくノウハウが語られていますので、同じ境遇の方はぜひチェックしてみましょう。

40歳子持ち女性の転職は難しい?実際に体験してみて感じたこと

まとめ:40代転職成功者のリアルな声をブログから学ぼう!

今回は、40代の転職者が運営するブログや40代の転職体験ブログ記事について、13選として詳しくご紹介しました。

40代の転職を成功させるためには、40代ならではの「転職活動のやり方」を知っておくことが大切です。

セカンドゴングでは、今回ご紹介したブログ記事以外でも、たくさんの40代の転職体験談をご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼
この記事を書いた人
ぽけご
40代男性、兵庫県在住。ITベンチャーで月200時間残業をこなして仕事に没頭 ▷ 経営幹部に登りつめる ▷ 自分を見失いうつ症状で退職/40代で転職する難しさや孤独さを自身で体験し、40代転職を応援するWebメディア「セカンドゴング」を立ち上げる。
セカンドゴング おすすめの記事
40代転職の完全ガイド!
40代の転職を成功させよう!

40代の転職を成功させるためには、まず40代の転職を取り巻く状況や現実を知ることが大切です。
そのうえで転職活動の具体的な流れ、各ステップごとの対策や攻略ポイントを学びましょう。
40代転職に特化した当サイトならではのノウハウを徹底解説します!

転職エージェントを選ぶなら
40代におすすめの転職エージェント6選

40代は転職エージェントを活用することが成功への近道です。
しかし失敗したくないので、選び方や注意点など慎重になりますよね…。
3000名以上の転職支援をしてきた筆者が、おすすめの転職エージェントと40代の活用方法を徹底解説します!

みんなのコメント

まだコメントがありません。

  • アバター

1人が
読んで良かった!

関連コンテンツ