40代男性の転職

45歳転職の理想と現実|キャリアアップしたいがこんなはずでは…

つい最近まで、転職市場では「35歳限界説」が囁かれており、それ以降の転職は難しいものとされてきました。

しかし近年では、団塊世代の大量退職や、若年層の減少に伴う人手不足が表面化して、40代で転職を成功させる人も増えてきました。

筆者も45歳で転職を決意し、苦労はしましたが、何とか異業種への転職に成功。

今回の記事では筆者の体験をもとに、

  • どのような経緯で転職を成功させることができたのか
  • その途中にあった悩みや葛藤など

これらを詳しくお話ししますので、同じ悩みを持つ方はぜひ参考にして下さい。

タクシー運転手からハイヤー運転手を目指す

42歳でタクシー運転手になった筆者は、しばらく転職する気持ちはありませんでした。

なぜなら「養成制度」といって、普通2種免許を取得させてもらう代わりに、3年間は勤続しなければ、費用を請求される契約で入社したからです。

ですので、当初の3年間は必死に働きました。

しかし3年を経過し4年目に入った頃から、「キャリアアップをしたい」と考えるようになります。

ずっとタクシー運転手をやっていては、進歩がなく自らの成長も止まってしまう、このような思いを持つように…。

そこでタクシー運転手の上級職である、ハイヤー運転手を目指すことにしたのです。

ハイヤー運転手は上級職で、給料や待遇が良い

ハイヤー運転手になろうと決めたいちばんの理由は、タクシーの上級職であり、給料や待遇も良いからです。

というのも、タクシーは歩合制賃金で、毎月の営業収入によって給料が異なるため、生活が安定しません…。

さらにタクシー運転手という仕事は、1日働いて翌日が休みという隔日勤務だったので、月間の休日数は決まっているものの、休日の曜日を固定できないのです。

これらは、長年に渡って会社員生活を続けていた筆者には、かなり辛いものでした。

しかもボーナスや交通費の支給、退職金もなく契約社員のような扱いだったので、

転職をした方がよいのでは…

徐々にこのような思いを持つようになりました。

一流のお客様を乗せるため、そのビジネス感覚を肌で味わえる

ハイヤーとタクシーでは、お客様の層がまったく異なっています。

タクシー運転手の場合は、決まったエリアを走行してお客様を乗せるので、こちらから選ぶことはできません。

これに対しハイヤー運転手は、予約や契約で決まっているお客様を乗せるため、その差は歴然です。

筆者はハイヤーの顧客基盤に、一流企業の役員などを乗せる仕事があることを知り、その人たちの思考や行動、振る舞いを学習したいと考えるようになりました。

一流の所作を知ることで、自然にそのような立居振る舞いとなり、キャリアアップにつながると考えていたからです。

しかし現実は甘くなかった!

筆者はこのような経緯で、ハイヤー運転手への転職を目標にして、タクシー会社に在職しながら転職活動を始めました。

しかし、現実は甘くないとすぐに実感することになったのです…。

じつは筆者は過去に、交通違反を重ねると課される免許停止処分を受けており、この処分が大きな足かせとなってしまいます。

応募資格が厳しく、応募すらできなかった

ハイヤー運転手への転職を決意した筆者ですが、ハイヤー会社の応募資格を見て愕然とします。

どのハイヤー会社でも、過去3年から5年の間に無事故無違反であることと、その証明となる、運転記録証明書の提出を義務付けされていたのです。

つまり過去3年の間に、免許停止処分を受けていた筆者では、どのハイヤー会社へも応募をすることができません。

いろいろなハイヤー会社を探しましたが、運転記録証明書の提出を義務付けしている会社がほとんどで、当初から苦しい転職活動を余儀なくされました。

運よく面接まで進んでも最後で落とされる

そんななかでも、応募資格に厳しい記載がないハイヤー会社を発見することもあり、応募できることもありました。

その会社では書類選考を通過して、二次選考まで進むことができたのです。

そのハイヤー会社の二次選考では、運転の実技試験と通常の面接、役員面接を一日でやってしまう詰め込み式でした。

筆者はタクシー会社に在職している身で選考にのぞんだため、もちろん運転の実技試験は問題なくクリアできます。

次の面接も順調に進んだのですが、いちばん最後の役員面接で、運転記録証明書の提出に関する話題に…

最後の選考まで進みましたが、やはり不採用となってしまいました。

キャリアアップを諦めて、別の道を探ることに

ハイヤー運転手は応募資格が厳しく、実際に面接を受けても不採用となるので、タクシー業界でのキャリアアップは難しいと考えるようになりました。

それまで長年に渡って、ハイヤー運転手への憧れを抱いていた筆者にとって、この決断を受け入れるのには数ヶ月かかりましたが、これ以上は先延ばしできません。

今後どのような業界で、どんな仕事がしたいのか、改めて考えるようになりました。

これまでのキャリアを整理して、最初から転職活動をやり直す決断に至ったのです。

自己分析の見直しとどんな仕事に就きたいかを考える

まず自己分析ですが、転職サイトの適性診断を複数受けて、筆者がどのような性格で、どんな仕事に適性があるかを分析しました。

そこで見えてきた性格と適性を、これまでのキャリアと照合して、応募資格に合致する業界や会社を探します。

この工程で導き出した結論が、法人・個人の営業職です。

というより、これ以外に選択肢がなかったので、この業界に絞って転職活動を再開しました。

何社応募しても書類選考で落とされる!

営業職で転職活動を再開してから、気になる会社へは業界を問わずに、営業職への応募をしましたが、まったく通用しません。

ほぼ全てが書類選考で落とされました…。

やはり46歳という年齢的な部分が大きくネックとなり、書類選考を通過できないものと考えていました。

ですので、経験のあった金融などの営業へ応募をシフトしたのですが、それでも結果は全く変わらず…。

書類選考を通過することができませんでした。



スカウトやヘッドハンティングサイトも利用する

書類選考すら通過できない現状に、怒りというよりも、

まずい、このまま転職できないのでは…

このような焦りを感じるようになりました。

そこで、これまでは利用していなかった転職サイトのスカウト機能や、ヘッドハンティング型の転職サイトへも登録することに。

あらかじめ履歴書と職務経歴書を登録しておくことで、こちらから応募するだけではなく、経歴を見た企業の採用担当から、スカウトやヘッドハンティングが来るものと考えたのです。

待てど暮らせどスカウトもヘッドハンティングも来ない!

自らの求人応募と並行して、企業からのスカウトやヘッドハンティングで、転職の可能性を広げようと考えましたが、現実はそんなに甘くありませんでした。

スカウトがほとんど来ない状態が続いたのです…。

自ら応募しても、相変わらず書類選考を通過できないですし、面接にすらたどり着けない。

徐々に打てる手段がなくなり、転職活動に対して行き詰まりを感じるようになりました。

転職エージェントに相談して、職務経歴書を添削してもらう

転職活動に行き詰まりと焦りを感じた筆者は、事態を打開しようと、転職エージェントに相談してみることに。

転職エージェントでは、紹介できる案件がない場合は相談に乗ってもらえませんが、案件がある際は、親身になって相談に応じてくれます。

転職エージェントとメールでやり取りする中で、筆者の現状を率直に明かして、面談でいろいろと相談に乗ってもらいました。

その際に、職務経歴書の内容を添削してもらい、文章が長いのでもっと簡潔に分かりやすく、このようなアドバイスを頂きました。

▼転職エージェント選びはこちらから▼

ついに転機が訪れる!

転職エージェントに相談してから数ヶ月後、筆者の転職活動にようやく転機が訪れます。

職務経歴書を添削通りに修正し、文章を短く簡潔にまとめたところ、徐々にスカウトがくるようになりました。

スカウトの中から2件ほど、気に入った案件があり応募してみると、それまで落とされ続けた書類選考を通過して、面接までたどり着くことができたのです。

結果としてはやはり不採用だったのですが、少し自信を取り戻すことができました。

まったく想定していなかった業界からのスカウト

自信を取り戻した時期からまた数ヶ月が経過した頃に、まったく想定していない業界から、一通のスカウトが届きます。

スカウトをくれた会社は物流関連の倉庫で、

物流管理とフォークリフトの運転手はどうですか?

こういった内容のスカウトでした。

まったく考えていなかった会社からのスカウトに驚くとともに、その会社を調べるうちに、興味と関心を持つようになったのです。

イチかバチか。勝負してみよう!

このように考えて、応募することを決めました。

書類選考と面接を通過して、無事に内定を獲得!

応募をした物流倉庫の会社は、書類選考と面接1回という、まさに一発勝負の採用試験でした。

しかし、採用担当の方とメールを数回交換するなかで、とても丁重な対応を受けたため、会社に対して安心と信頼感が芽生えていたのです。

書類選考を無事通過して、いよいよ運命の面接にのぞみます。

面接は実質30分ほどで、会社の業務内容や福利厚生の説明を受け、筆者からは志望動機や退職理由を説明するといった、非常にオーソドックスな面接内容でした。

1週間後に内定の通知を受けることができ、まだ在職中だった筆者は、1ヶ月後に入社すると説明して合意します。

こうして筆者の長い転職活動は、ようやく終わりを告げたのです。

まとめ:40代での転職は厳しいが、諦めなければ道は開ける

今回は、筆者が転職した時の内容を、ウソ偽りなく赤裸々にお話ししてきました。

何度も挫折を味わい、苦戦もしましたので、転職活動開始から内定獲得まで、1年半もの期間を要しました。

転職活動を通じて学んだ大切なこと。

それは、どんな辛い体験をしてもそこで諦めず、次の打開策を探り続けることで、必ず道は開けることだと考えます。

諦めない強い心と、現状を分析する判断力、転職すると決めたら一心不乱に打ち込む行動力。

転職活動には、大きなエネルギーを必要とします。

転職を希望するなら、まずは本当にその転職で現状を打開して、キャリアアップにつながるかどうかを考えて下さい。

在職中の会社への不満だけで、転職活動を開始するのはおすすめできません。

なぜなら転職したとしても、転職先でも人間関係などの悩みはあるかもしれず、再度転職したいと考えるようになり、歯止めが利かなくなるからです。

それに筆者の体験からも分かるとおり、40代の転職は決して甘いものではありません。

まずは在職中の会社に対して、不満に対する解決手段をすべて講じてみましょう。

それでも変わらない時に初めて、転職という選択肢を考えることをおすすめします。

一度きりの人生ですから、過去でも未来でもなく、まずは今をしっかりと、悔いなく生き抜くことを考えてください。

お互いに頑張りましょう。

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
エイージ
40代男性、神奈川県在住。これまで外食やノンバンク、法人・個人営業やタクシー運転手、物流など幅広い職種を経験。現在は本業の傍ら副業としてwebライターとして転職関連を中心に執筆。

みんなのコメント

まだコメントがありません。

関連コンテンツ