転職前の悩み

40代でリストラされた…その後はどうなる?経験者が語る現実とは

リストラ」という言葉は、なんとなく大げさに聞こえて、

自分には関係ないよ

このように思っている方も多いかもしれませんね。

しかし最近では、リストラや早期退職は大手企業だけに留まらず、あたり前のように行われています。

そしてリストラのターゲットとなるのは、給料の安い20~30代の若手社員ではなく、コストのかかる40~50代の社員なのです。

今回の記事では、40代でリストラを経験した筆者が、リストラの現実、そしてその後どうなったかについてお話しします。

ひとつの例にすぎませんが、現実的にこのようなことがあるということを、ぜひ参考にしてください。

40代のときに、突然やってきたリストラ

リストラは社内でウワサになる場合もありますが、何の前触れもなく突然やってくるケースがあります。

筆者の場合は、前触れなくある日突然にやってきました。

事業部の売却によって、リストラが断行されることに

筆者は40代前半のころ、とある製造業の営業部門でマネージャーをしていました。

勤めていた会社には3つの事業部があり、筆者は2番手の売上を持つ第2事業部に所属。

ところがある日、

稼ぎ頭である第1事業部を、大手メーカーに売却します

会社がこのような発表したのです。

急なニュースに社内は騒然とします。

何しろいちばんお金を稼いでいた、知名度の高い事業がなくなってしまうのですから…。

この会社、存続できるの??

当然ながら、社員の誰もがこのように思ったものです。

あわせて発表された、会社のリストラ策は以下のような内容でした。

  1. 第1事業部を売却
  2. 第1事業部の社員は、全員売却先企業に異動
  3. 残りの2事業部で事業継続

この時は残りの2事業部については、リストラはなかったのです。

主力事業部の売却によって、筆者が所属していた第2事業部が、実質で稼ぎ頭の看板部署となります。

事業部員は一丸となって、なんとか会社を存続しようと頑張りました。

しかしこれは束の間の平和だったのです…。

指名解雇でリストラされた…

ある程度の予想はしていましたが、第1事業部の売却後に、第2弾のリストラが始まります。

まず手はじめに、第3事業部の50代古株社員が指名解雇。

そして第2事業部の最年長である筆者も、指名解雇の対象となりました。

まさか名指しでリストラされるとは夢にも思っておらず、筆者も軽いパニック状態に…。

退職にあたっては多少の条件がありましたが、「会社都合」ということで決着しました。

労働基準局に相談してみようか…

このような思いもありましたが、小さな会社なのでたとえ残れたとしても、居づらくなるのは目に見えています。

結局、そのまま受け入れることにしました…。

退職日まではまだ1ヶ月ちょっとあったのですが、退職勧告が月末の27日だったこともあり、

3日後から、もう出社しなくていいよ

このように会社から言い渡されたのです。

引継ぎも要らない」という、会社の確固たる意思を感じました。

リストラされたその後。再就職までの道のり

急なリストラだったことに加えて、事業部の売上は小さいながらも上向きだったこともあり、筆者は転職活動などをまったくしておりませんでした。

会社の在籍期間はまだ1ヶ月ほど残っていますが、すぐにでも転職活動を始めて、次を探さなければなりません…。

失業保険での生活

会社都合の退職だったので、失業保険は1ヶ月ほどでもらえるようになり、これは経済的に助かりました。

たった1ヶ月とはいえ、体感では2ヶ月くらい待ったような印象です…。

筆者は20年近くサラリーマンをやってきましたが、これがはじめてもらう失業保険でした。

思っていたよりはもらえましたが、もちろん給料と同じ額をもらえるはずもなく、貯金を切り崩しながらの生活を続けることになったのです。

転職活動に専念していたので、ほかの収入はまったくありません。

失業保険をもらっているうちは、アルバイト収入などがあるとハローワークへ報告する必要もあるため、積極的に収入を得ようとは考えていませんでした。

個人事業も視野に入れながらの転職活動

転職活動は思ったほどうまくいかず、自身が納得できる転職案件は少なかったです。

転職エージェントにも登録して、面接も何件かはしたのですが、採用には至りませんでした。

40代ならば、まだ転職先はあるはず

このような思いもあったので、失業中でもそれほど深刻さを感じていなかったのです。

またこの頃は、個人事業も意識していたので、

起業するかライターの仕事で、個人事業主として食べていけないだろうか?

このようなことも漠然と考えていました。

しかし個人事業主として、サラリーマンくらいの年収を稼ぐのは、並大抵のことではないと気付かされます。

起業している知人の事業内容を聞いたり、勉強させてもらううちに、起業することは断念しました。

当時の筆者は、転職活動も起業への模索も、真剣にやっていたつもりだったのです。

しかし転職活動がうまくいかないと、

起業すればいいか

上記のような考えになり、その起業がうまくいかないとわかると、

やっぱり転職にするか

このような考えに戻ってしまう、どっちつかずの状態になっていました。

結局は次の転職をするまでに、1年もかかってしまうこととなり、貯金もすっからかんになってしまったのです。

40代転職のリアルとは

リストラされた後の筆者は、40代で2回転職することになります。

どちらも自分のキャリアを活かせる、同業他社への転職だったのですが、いずれも成功とは言い難いものでした。

一度目の転職はオーナー企業へ

一回目の転職では、家族経営の零細企業に入社しました。

この会社は、知人が仕事で以前にかかわりのあった会社だったので、ある程度の情報を知人から入手しています。

正直なところ、あまりいい印象ではありませんでした。

ただ知名度のある商品は持っているので、貯金も底をついていた筆者は、ためらいながらも入社することにしたのです。

しかしこの転職は大失敗でした…

応募要項には「幹部候補募集」とあったのですが、とくに役職をもらえるわけではありません。

今いる営業部長が役に立たないから、お前が蹴落としてそのポジションを取れ!

会社側はこのようなスタンスだったのです。

つまり一般社員として入社する内容だったので、給料も希望よりもかなり低い額を提示されました。

しかも、入社の契約書にハンコを押す時点で低い給料を提示されたので、もう引っ込みがつかなくなっていたのです。

貯金も底をついていた筆者は、それでも入社するしかありませんでした…。

入社後にこの会社の専務が、以下のような発言をしていたのが印象に残っています。

不景気も我々のような小さい企業にとっては悪いだけではない
熟練の経験者を安く雇えるからね (笑)

結局のところ40代であっても、現場の一般職で転職する限りは、20代や30代と同じ給料しかもらえず、買い叩かれるだけなんだと認識しました。

もっともこの会社は、部長級でもかなり安い年収であることを、後で知ることになるのですが…

筆者はこれまで外資系のドライな社風に慣れていたので、オーナーカンパニーの家族経営には、まったく馴染むことができませんでした。

ただ在職している社員の多くは、文句を言いながらも馴染んでいたので、これは筆者の力量のなさだと反省しています。

この一度目の転職で学んだことは、会社には社風というものがあって、「馴染めない会社には努力しても馴染めない」ということですね。

二度目は転職エージェントを利用して管理職に

一度目に転職したオーナー会社は、結局は1年足らずで退職して、再び転職することになりました。

次に転職した会社は、社員は数百人規模で売上が数百億ある企業です。

待遇もマネージャークラスであり、事実上の営業責任者というポジションで、年収は前職より大幅にアップとなりました。

この会社には、転職エージェントを経由して入社しています。

転職エージェントの担当者がとても熱心な方で、案件をいろいろと探してくれたり、転職先の会社への交渉ごとも進めてくれました。

面接や職務経歴書のアドバイスも役立ちましたね。

転職エージェントにもいろいろありますが、

  • 自分の転職する業界に強いかどうか?
  • 担当者が熱心かどうか?

筆者としては、上記の二つが転職エージェント選びで重要だと実感しました。

「年収が上がる転職」には理由がある

年収アップしてこの会社に入社できた要因は、本業では知名度のある大手であるものの、異業種への新規参入で経験者を募集していたからです。

新規参入する業界で筆者は20年以上の経験があり、ルートと人脈も持っていたため、ノウハウと人脈ごと買われたのでしょう。

高く買ってもらえるのには、やはりそれなりの理由があります。

マネジメント経験だけでなく、ゼロから事業を立ち上げることができる、業界の経験も持つ人材が必要だったため、筆者に白羽の矢が立ったのです。

いい条件で転職できた結末は?

この会社へ転職して苦労したのは、「ゼロから事業を立ち上げる」ことよりも、

経営陣に業界の知識と理解がないこと

この点が難しかったです。

前述したとおり親会社が異業種だったので、参入するこの業界の常識や商慣習を、なかなか理解してもらえませんでした。

結局は事業を軌道に乗せることができず、新規事業からわずか数年で撤退することになってしまったのです…。



リストラされたら転職活動は不利になる?

会社のリストラによって退職した場合、はたして転職の際にデメリットになるのでしょうか?

結論からいうと、筆者の場合は問題にはなりませんでした。

リストラによる退職はデメリットにはならない

  • 会社の経営不振による人員削減
  • 事業部が閉鎖になって人員整理になった

上記のような場合など、明確な理由があるリストラの場合は、転職の際にそれほどデメリットにはなりません。

リストラすることは会社側の問題であり、本人の意思に関係ない退職だからです。

面接で説明する際にも、自己都合の退職理由を説明するよりも、よどみなく明快に答えることができます。

リストラされただけで、「自分は辞めたかったわけではない」という明確な理由がありますので、退職理由をどう言おうか悩む必要がありません。

リストラされたということは、役に立たない人材なのでは?

もしかしたら、このように勘繰られるのではないかと思うかもしれませんが、筆者の場合はそれはありませんでした。

そもそも、事業部ごと全員リストラという場合であれば、個人が役に立つも立たないも関係ありません。

常識のある企業であれば、そのあたりは理解しているでしょう。

短期間で転職を繰り返すとネックになる

面接の時にしつこく聞かれるのは、「転職回数」と「在職期間の短さ」です。

これらに後ろめたさがある方は、

採用しても、すぐに辞めてしまうのではないか?

このように思われてしまうことは覚悟しておきましょう。

50代で転職する現実は?

筆者は50代前半で現職に転職しました。

残念ながら年収は大幅ダウンしましたが、会社におかしな人もいないため、人間関係に悩むことはありません。

また、残業もほとんどない会社なので、プライベートの時間をたっぷり取ることができ、今まではほとんどできなかった、家事もできるようになりました。

しかしこれは共働きだからこそ、成り立っている生活なのです。

もし妻の稼ぎがなかったら、とてもじゃありませんが、親子が生活していける収入ではありません。

もう少しいい収入の仕事がないかと、筆者は今でも転職サイトに登録しています。

転職案件のメールなどが来ることはありますが、希望している業種の案件はまずありませんし、給料も退職後の再雇用かと思ってしまうくらいです。

年齢層の高いハイクラス転職サイトなどにも登録してみましたが、

現在ご提案できる案件はありません

このように袖にされています。

直近や過去のキャリアが、かなり優れたものでないと厳しいのが現実です。

50代になると、好条件の転職案件はほとんどないものと、思っておいた方がよいでしょう。

まとめ:40代なら、リストラされたその後にもチャンスはある

今回は、40代でリストラを経験した筆者が、リストラの現実と、その後はどうなったかについてお話ししてきました。

よほどのキャリアを持っていれば別ですが、「40代の転職はラストチャンス」と考えた方が賢明です。

50代になると、求人案件がほとんどなくなります。

ですから可能であれば、定年まで勤められる会社を転職先に選びましょう。

40代であれば、仮にリストラされたとしても、まだチャンスは転がっているのです。

▼おすすめの転職エージェントはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
なげ
50代男性、東京都在住。日用品業界にて30年近く営業として働いています。 7回ほど転職を経験しており、私の転職体験や経験が40代の転職でお悩みの方に、なにか少しでも参考になればと思っています。
セカンドゴング おすすめの記事
40代転職の完全ガイド!
40代の転職を成功させよう!

40代の転職を成功させるためには、まず40代の転職を取り巻く状況や現実を知ることが大切です。
そのうえで転職活動の具体的な流れ、各ステップごとの対策や攻略ポイントを学びましょう。
40代転職に特化した当サイトならではのノウハウを徹底解説します!

40代向け転職サイトはこちら
40代におすすめの転職サイト11選

40代が応募できる求人は数が減ってしまうので、転職サイトごとの特徴を掴んで、自分にマッチした求人を効率よく集めることが重要です。
40代が転職サイトを選ぶときのポイントと、おすすめ11選を5つのタイプ別でご紹介します。

みんなのコメント

まだコメントがありません。

関連コンテンツ