42歳で未経験への転職は難しい?実体験から学んだ3つのポイント

チャレンジ精神旺盛な人なら、40代でも興味関心があるものに挑戦されます。

転職においても、

未経験の仕事を希望したい

このように考えている方もおられるでしょう。

かくいう筆者も、42歳で未経験の職種への転職活動を現在進行形で進めています。

この記事では、筆者の経験から学んだ、

  • 市場価値を意識する
  • 軸をずらす
  • 一次面接の獲得方法

上記3つのポイントについてご紹介します。

40代でも転職活動を成功させたい!

このように考えている方は、ぜひこの記事をご覧ください。

目次

40代で未経験への転職は、厳しい現実が待っているのは事実

40代で未経験への転職をしようとするとき、厳しい現実が待っているのは間違いありません。

それは何かというと《書類選考》で落とされる現実です。

30代では感じなかったのですが、42歳でいざ転職活動を始めてみると、《転職の壁》を体現することになりました。

書類選考を通過することがかなり難しく、いまは自分なりに、40代の転職について試行錯誤をしています。

人事担当者の心理を考えてみよう

人事担当をしている同僚から聞いたのですが、

40代の転職者に求めるものは「マネジメント力などの即戦力」だよ

このような話でした。

つまり、将来性ではなく、実績を重視するということ。

今までの取り組みを再現して、今ある問題をどう解決できるのか?

前の会社ではできたのですが…

というのではダメなのです。

人事担当者

いま持っているもので、どのような形で貢献してくれるのだろうか?

人事担当者はこのように考えているのです。

データから見る40代の転職事情

独立行政法人労働政策研究・研修機構によると、41~50歳の未経験職への転職は、《16.8%》という調査結果が公表されています。

さて、この結果をあなたはどのように捉えますか? 少ないですか、それとも多いと感じますか。

筆者は「意外と多いな」と思いました。

40代で未経験職を選択することは、今までのキャリアを《リセット》する形に近いはずです。相当な覚悟がないと選べない。

このように考えると、40代でもチャレンジ精神旺盛な方は多いと考察できます。

42歳の転職経験から見出した3つのポイント

筆者が42歳で転職を考えたとき、

これが最後の転職活動だな…

このように決意して臨みました。

改めて転職についての本を読んだり、勉強に励んでおり、今まさに転職活動中なのですが、その実体験から得られた情報や考え方を共有します。

社内評価より市場価値を意識しよう

自分の《市場価値》に目を向けて、《考え方》を変えると、かなり気持ちが楽になりました。

とある著名ブロガーの名言で、

  • グチを言う
  • 他人をねたむ
  • 誰かに評価して欲しいと願う

…人生をムダにしたければ、この3つをどうぞ

このような言葉があります。

3つ目がとても難しい…。人事考課もありますし、「評価して欲しい」と誰もが思いますよね。

でもそれって、あくまでも組織内の評価でしかない

そんな評価でモヤモヤするよりも、外の世界へ目を向けた方が、目指すべき道筋も見えてきます。

まったくの未経験ではなく軸をずらそう

ちょっと《軸をずらす》視点で考えると、未経験職であっても、今までの経験を活かせる転職ができます。

まったく経験がない職種への転職は、かなり難しいです。しかし無理という訳ではありません。

そのポイントは《軸をずらす》ことです。

例えば小売業の営業をやっていた人なら、金融商品の営業に転職するというもの。

営業職》という職種は変えずに、《業界》を変えるのです。金融業界の方が高所得ですからね。

筆者の場合は、現在は福祉業界で働いているのですが、転職先として、一般企業の障害者雇用を担当する部署を狙ったりしています。

書類選考を避けて一次面接を獲得しよう

ポイントは応募の前に、人事担当者に《会いに行く》ことです。

筆者は42歳で転職活動をしていますが、書類選考を通過することに苦戦しました。

30代では感じなかった、40代の壁なのでしょうか…。

応募書類を自分なりに添削して、求人応募を繰り返していたのですが、

このままではダメだ、何かほかのアプローチ方法を試さないと

上記のように考えるようになりました。

そこで会社説明会などに参加して、人事担当者と名刺交換をしたり、直接に話をする機会を増やしたのです。

このような機会を設けることで、《向こうから》面接のお誘いをいただけるように。

これが転機となって、一次面接を獲得できるようになりました。

▼求人探しのポイントはこちら▼

40代だから書ける魅力的な応募書類

40代が若い世代の人より優れている強みのひとつに、《経験》があげられます。

まずは書類選考を通過しないと始まらないので、最大限に自分をアピールできる、職務経歴書を作成しましょう。

希望先の募集要項から、《顕在ニーズ》と《潜在ニーズ》を分析して、しっかりと応募書類の作成に取り組むことが重要です。

まずは自己分析、今までの経験をアピールしよう

いざ考えてみると、

アピールする実績がないな…

このように思うかもしれませんが、決してそんな事はありません。

自分の強みや仕事で取り組んだ実績は必ずあるもので、単にそれに気付いていないだけ。

自分でわからない時は、飲み会などでさり気なく同僚に聞いてみるのがオススメです。

へ~、そう思われているんだ…

こんなふうに感じることが、筆者の場合は結構ありましたよ。

周りからの意見はすごく参考になり、自分を振り返る手助けをしてくれます。

転職エージェントに相談するのもあり

市場価値を≪プロの目≫で評価してもらうことは重要です。

だから筆者は、転職エージェントに登録しています。

また、応募したい求人に対しても、転職エージェントから≪推薦≫してもらうことで、未経験職への書類選考が有利になるのです。

転職エージェントのメリット
  • 自身の強みを効果的に表現できるように、応募書類作成や面接対策のサポートを実施してくれる
  • プロの視点で自身のキャリアや市場価値を見極めて、最適な求人案件を紹介してもらえる
  • 転職サイトなどに出回っていない、40代向けの非公開求人を多く保有している
  • 応募企業との連絡や日程調整、入社時期や給与の交渉まで、エージェント担当者が間に入って行ってくれる

40代が無駄なく効率的な転職活動をおこなううえで、利用しない手はないサービスです。

しかも、転職エージェントは人材が採用されたときに、企業から成功報酬を得るビジネスモデルのため、転職者は無料で利用することができます

転職エージェントの選び方については、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

▼おすすめの転職エージェントはこちら▼

関連記事40代におすすめの転職エージェント6選|179人の口コミ評価でランキング

あなたの強みを客観的に把握しよう

自分の強みを分析できるツール、リクナビNEXTの「グッドポイント診断」を利用しましょう。

米国ギャラップ社の「ストレングスファインダー」では2,200円~しますが、「グッドポイント診断」はなんと≪無料≫で診断ができます。

自分では≪ネガティブ≫だと思っていたことが、≪表現や捉え方≫を変えることで、≪ポジティブ≫になるんだと感心しました。

筆者はグッドポイント診断の結果を、応募書類にそのまま添えています。

まとめ:40代で未経験職種への転職を成功させるには戦略が大事

転職活動を成功に導くためには、しっかりと自己分析をすることが重要です

何も考えずに応募するのでは、採用の確率を大きく下げることになるでしょう。

今回は、いままさに転職活動中の筆者から、実際に体験して学んだ3つのポイントをご紹介しました。

40代で未経験職への転職を成功させるためのポイント
  1. 社内評価ではなく《市場価値》を意識しよう
  2. まったくの未経験ではなく《軸をずらす》転職を
  3. 《一次面接の獲得方法》は応募する前に人事担当者と会う

筆者自身も、これらの3つのポイントを実践することにより、42歳で転職活動を始めたときに感じた、《転職の壁》を超えつつあります。

希望している業界における、最大手企業の一次面接も決まりました。

これも筆者なりに、3つのポイントを実践した結果です。

あなたも戦略的に自己分析をして、40代で未経験職への転職を、ぜひ成功に導いてくださいね。

当サイトでは、40代の転職に特化した転職ノウハウについて、

  • 実際に40代で転職を経験した人
  • 企業の採用担当・キャリアコンサルタントなど、転職活動に知見を有する人

上記のようなメンバーが数多くの記事を提供しています。

当サイトの概要と執筆メンバーの一覧はこちら

40代男性の転職体験談について、以下の記事でご紹介していますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

▼40代男性の転職体験談はこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる