48歳私学教員の転職体験談。挑戦すれば40代でも転職できます!

48歳のあなたは、転職できますか?

この質問に何と答えるのが正解でしょうか。

筆者も「40代では転職は難しい」とずっと思っていたのですが、

確かに難しいけど、十分に可能だよ!

今ならこのように答えます。

なぜなら、48歳の筆者でも転職の内定をもらうことができたからです。

この記事では、48歳の私学教員である筆者が、3つの採用試験を受けた体験談をお話しします。

まったくダメダメの状態から、内定をいただけるまでになった経緯が、あなたの参考なることを願って書きました。

読み終わった後に、40代でも転職が可能であると、少しでも希望を感じていただければ幸いです。

目次

40代で転職しようと思い立った理由とは?

筆者は、九州にある私立高校の教員をしています。

いまの学校に35歳で転職してから、13年間勤めてきました。

勤め先では、待遇の悪化やパワハラなどがあり、家ではいつもイライラしていたのです。

そんな筆者を見かねて、あるとき家族から、

転職を考えてみたら?

このように言われました。

35歳で転職した時には、

年齢的にも、これが最後の転職だな…

このように思っていましたし、40代になると年齢が年齢ですから、転職することなど考えもしなかったのです。

ですので、「転職してみたら?」という家族の言葉に、筆者は大きな希望を感じました。

そこでさっそく、さまざまな情報を集めて、家族で話し合いをした結果、

キャリアを武器にすれば、転職は十分に可能である

このように結論づけられたので、挑戦を始めることにしたのです。

48歳の私立教員が転職できる理由を考えてみた

ネットで調べてみると、「転職可能は35歳まで」とか、「40歳まで」というような話が出てきます。

しかし、今だから言えますが、どんな年齢でも転職は可能です

筆者は48歳で転職するために、

転職できる人とは、どんな人なのか?

ということについて、まず考えてみました。

筆者でいえば、少なくとも30代のときには、今の職場に転職できたわけです。

なぜ、30代なら転職できるのだろうか?

この問いに対する答えは、「若さの可能性」であると思いました。

若さで、成長の可能性を期待できるから、30代なら転職できる。

ならば、その成長の可能性を上回る40代であれば、転職はできるはずです

48歳の今ならできて、30代の頃にはできなかったこと

筆者は30代で転職した13年前よりも、確実にできるようになっているものを探しました。

誰にでも、必ず何かしらはあるはずです。

筆者の場合は教員なので、

  • 受験指導
  • クラス担任
  • 生徒指導

上記のような強みが挙げられます。

この3つの強みのなかで、自信のあることを具体的に書き出しました。

書き出してみることで、自分の強みを明確に理解することができ、

自分ならできる!

このような自信が持てるようになったのです。

転職を考えたときは、まずは「自分の強み」を書き出してみることをおすすめします。

今の自分が持っている強みを、需要と一致させよう

「自分の強み」を見つけられたら、次はその強みを活かせる場所探しです。

筆者は各学校の特徴を探り、自分の強みを活かせる場所は、どのようなところなのかを考えました。

強みを活かせる場所なら、13年前の自分よりも、いまの自分が採用されるはずです。

自分の強みを活かせる学校のイメージを具体的にしたうえで、筆者は求人を探しはじめました。

私立教員の募集はおもに、

上記などに出されます。

教員の場合、早い学校なら夏くらいから、来年度の教員募集がはじまるはずです。

しかし、筆者の強みを活かせそうな求人は、秋ごろまで見つかりませんでした…

転職活動で3つの応募先から学んだこと

いま振り返ると、筆者はかなりのんびりした転職活動をしていたと思います。

求人が出るまで待つしかないな…

このように考えていたのです。

しかし実際には、ただ待つだけではなくて、準備しておくことはたくさんありました。

履歴書職務経歴書の自己PRなど、早めに準備しておきしましょう。

筆者も事前にしっかり準備をしたうえで、応募先に応じて、調整した書類を提出するべきでした。

やっと求人が見つかったという段階で、慌てて準備をしてしまったのです…

すでにこの段階で、失敗していたのですが、失敗から始まる筆者の転職活動を詳しく話していきます。

学んだこと:準備は早めにすること

▼転職準備のポイントはこちら▼

自分をアピールするだけでは難しい

やっと見つかった1つ目の学校に、応募することにしました。

出願書類は、各種証明書、履歴書、自己PRです。

履歴書は、パソコン入力で印刷したものを利用しましたが、自己PRはA4サイズの自由書式でした。

年齢の負い目があるので、

必死でPRしなければ…

という気持ちがあって、今まで行ってきた業務や強みをひたすらPRしたのです。

しかし、これは明らかに失敗でした…

結果は、当然ながら書類審査で不採用

しかもその学校は、筆者を不採用にした後に、再び教員募集をしていたのです。

受験者がいなくても不採用」という情けない結果でした…。

あらためて自己PRを読み返してみると、自分の都合だけのPRをしており、

採用担当

48歳だからといって、いったい何様なの?!

相手からすれば、このような印象しか持たれない内容だったのかもしれません。

求人が見つかってから慌てて準備したので、応募先の事情などを考える余裕もなく、完全な準備不足でした。

応募する際には、採用する側のことを考えて、応募書類を作成しましょう。

学んだこと:採用側のことを考えて自己PRをすること

▼応募書類の書き方のポイントはこちら▼

自分のキャリアを、相手が欲しい武器に変えて自己PRする

最初の学校で不採用になってから1ヶ月後に、2つ目の良さそうな求人が見つかりました。

提出書類は、各種証明書、学校独自の履歴書、自己PR、志望動機です。

必要書類には、大学の成績までありました。

新人が欲しいのかな…

このような印象もあったのですが、募集条件には「50歳まで」とはっきり書かれていたので、挑戦してみることにしたのです。

まずは前回の失敗経験を活かし、自己PRなどをしっかり練り直して準備をします。

この学校は、「旧帝国大学卒以上しか合格できない」という情報もある進学校でした。

3流大学卒業の筆者は、正直なところ勝算は薄いです…。

しかし、筆者の強みは「旧帝国大卒」の新人には負けない経験です

そこで提出書類には、この学校の教育に理解があることを示しました。

貴校の特徴が、私の強みを活かせる場所なので応募しました

このような趣旨の自己PRをしてみたのです。

応募してから1週間後、無事に書類審査の合格通知が届きました。

やっぱり40代のキャリアは活かせるんだ

48歳でも、帝国大卒の若さに負けなかったぞ

こんなふうに感動したことを覚えています。

その後の模擬授業や面接も、順調に進んで行きました。

最終面接では、根拠のない自信があり、もう合格した気分になっていたのです。

しかし、これが大失敗でした…

最終面接の最初に、

面接官

どうして、うちの学校を志望したのですか?

履歴書にも書いているような、基本的なことを質問されたのです。

その後に出てくる質問も、

面接官

なぜ教員になりたいのですか?

上記のような一般的なものばかり。

しかし筆者は、

転職の面接だし、あまり基本的なことは聞かれないだろう

こんなふうに、「新人じゃあるまいし」と高慢になって、重要視していなかったのです。

まるで筆者の慢心を見透かしたように、最終面接で不合格になってしまいました。

振り返ってみると、何も考えていない、都合の良い48歳をアピールしていただけだったのです。

不採用は当然の結果だったといえるでしょう。

学んだこと:初心を忘れることなく、万全の準備で合格を狙うこと

▼面接で注意すべきポイントはこちら▼

自分の強みを、相手に欲しいと思わせる工夫をする

3つ目の学校には、2つ目の学校で書類審査に合格した後に応募しました。

提出書類は、各種証明書、履歴書、職務経歴書です。

前回同様に、応募先の学校に合う部分を強調した、職務経歴を作成しました。

職務経歴書では、冒頭に今までの概要となるPR文を書き、その後に逆編年体式の経歴を書きました。

逆編年体式とは、現在から過去にさかのぼって書く方法です

最新の業務から見てもらう方が、経験をアピールしやすいと判断しました。

その結果、無事に書類審査にも合格できたのです。

最終面接は運よく、2校目で失敗して不採用となった後に指定されたので、前回の反省を活かすことができます。

今度は、学校のニーズに応える志望動機も練習して、万全の準備でのぞみました。

そして、最終面接が終わってすぐに、

採用担当

ぜひうちの学校へ来てください

上記のようなお声がけいただき、

採用担当

内定書類を送りましたよ

翌日にもこのようなお電話をいただけたのです。

合格したという達成感もありますが、なによりも、自分を肯定された喜びが大きかったですね。

学んだこと:自分の武器を、相手のニーズに合う武器にすれば売れる

何歳であっても、年齢だからこその強みを示せば、転職できます!

今回は、48歳の私学教員である筆者が、3つの採用試験を受けた体験談をお話ししました。

40代でも転職することは可能です。

何歳であっても、自分のキャリア(武器)を持っていれば、転職市場で戦うことはできます。

あなたのキャリアには、若さの可能性と同じ価値があるのです

その武器を活かすために、しっかりと準備をしておきましょう。

48歳の転職体験から学んだこと
  • 転職を考えたら、準備は早めにすること
  • 採用側のことを考えて自己PRをすること
  • 初心を忘れることなく、万全の準備で合格を狙うこと
  • 自分の武器を、相手のニーズに合う武器にすること

相手が欲しい武器をあなたが持っているのなら、必ず採用されるはずです。

失敗を活かしていけば、筆者のように48歳でも転職することは可能なので、あきらめずに頑張りましょう!

当サイトでは、40代の転職に特化した転職ノウハウについて、

  • 実際に40代で転職を経験した人
  • 企業の採用担当・キャリアコンサルタントなど、転職活動に知見を有する人

上記のようなメンバーが数多くの記事を提供しています。

当サイトの概要と執筆メンバーの一覧はこちら

40代男性の転職体験談について、以下の記事でご紹介していますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

▼40代男性の転職体験談はこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる