40代営業マンの転職は異業種も考えよう!コロナ禍でも内定を得る方法

40代営業マンの転職は異業種も考えよう!コロナ禍でも内定を得る方法

40代の転職では、何かと制約が多いですよね。

管理職経験 / 業界経験 / 職種経験 / 転職回数 / 勤務地 / 年齢の不利など…

30代の頃はそうでもなかったのに、40代になった途端に、転職に対するハードルの高さを感じている人も多いのではないでしょうか?

とくに現在は、コロナ禍による経済の停滞が、転職市場にも大きな影響を与えています。

これから転職をしようと考えている方にとっても、まだまだ厳しい状況が続くかもしれません。

コロナ禍による転職市場への影響について

このような状況ですから、営業マンであるあなたも今までのキャリアだけにこだわらず、異業種への挑戦も検討してみましょう

たとえ未経験の業界でも、必要な準備と努力を怠らなければ、内定を得ることはできます。

筆者は25年の営業キャリアを活かし、トップセールスとして6社を渡り歩いてきたのですが、コロナ禍の転職活動はかつて無いハードルでした。

書類選考すら通らない厳しい状況だったのですが、応募する業界の幅を広げて、複数企業から内定を得られるようになったのです。

この記事では、コロナ禍の厳しい状況のなかで、45歳営業マンが転職を果たすまでの体験談をお届けします。

少しでもあなたのご参考になれば幸いです。

目次

かなり厳しくなった?コロナ禍での転職活動の現実とは

筆者自身は転職回数が多くて、40歳の時点では3社でしたが、45歳の時点で転職回数は6社となっていました。

とはいえ、次の転職先として、

次は当社に来ませんか?

とお誘いをいただいている会社が何社もあったので、退職を申し出るタイミングでは、全く心配していなかったのです。

新型コロナで転職市場の状況が一変

ところが、世間で新型コロナが猛威を振るい始めて、状況が一変してしまいます。

入社予定だった会社が採用中止に追い込まれてしまい、急遽、自分で次の会社を探す必要に迫られたのです…

もちろん筆者は営業ですから、従来からのお付き合いや人脈はあります。

しかし、医療業界に身を置いていたので、コロナの影響をとくに強く受けてしまい、採用中止となる企業が続出しました。

知人のなかには、

このままでは、自分のポジションも危ない…

という危機感をもつ人も少なくなかったのです。

こういった状況のなかで、筆者は数少ない医療業界の求人に応募したのですが、コロナを機に応募者の殺到が続きました。

完全な「買い手市場」に突入です。

同じ業界でも40代での転職が困難に

求人に応募してもかなり狭き門となり、かなり細かく経験やスキルが要求されるケースが増えました。

  • 〇×の取り扱い経験
  • エリアの代理店人脈
  • マネジメント経験
  • プレイングマネージャー経験
  • 海外出張あり(要英語力)

上記のような条件を、すべてを満たす候補者なんて、そうそういないものだと思いますよね。

ところが、コロナ禍以降は応募者が多くなり過ぎて、かなりマッチングの高い人が現われるようになったのです。

しかも、応募者が多いせいで年収も低く設定されており、40代よりも30代が有利な状況になってしまいました。

筆者は、このような現実を何度も目の当たりにした結果、

同じ医療業界で転職することは難しいのでは…

上記のように思うようになり、業界を問わずに、自分を発揮できる企業を探すことを決心したのです。

異業種への挑戦のために取り組んだこと

40代からの異業種への転職に挑戦することは、自ら希望していたわけではありませんでしたが、家族のためにもやるしかありません。

実際に筆者と同じように、未経験業種まで範囲を広げて、転職活動を進めている人は増えているはずです。

10社ほど未経験業種へ応募するも、すべて書類審査落ち

未経験業種への応募は、やはりハードルが高いものです。

当初に10社ほど応募してみたのですが、筆者はすべて書類審査で落ちてしまいました。

さすがにこれはマズいな…

このような危機感を覚えて、自分の応募書類を徹底的に見直すことにしたのです。

キャリアを棚卸しして、自身の強みを再認識する

まずは自身の過去のキャリアを棚卸しすることで、

  • 自分に何ができるのか?
  • 自分はどのように貢献できるのか?
  • 自分はどのような影響を与えることができるのか?

上記のように、自身の強みについて徹底的に考えました。

強みを活かせる仕事を考え、求人に応募する

筆者の場合は営業職出身ですから、

  • 高額商材の契約に慣れていたこと
  • 資産家への営業経験が豊富なこと

こういった強みを活かすことができる、不動産業界への転職を考えました。

また、医療機器に通じる要素があると考えて、精密機械や産業機械の求人にも応募してみたのです。

さらに視点を変えて、

ベンチャー企業なら、管理職の経験を活かせるのではないか?

という思いから、ベンチャー企業へも応募してみました。

ベンチャー企業では、会社の成長に人材育成が追い付かなくて、管理職を中途採用する可能性があると考えたからです。

書類通過率が35%に改善

どれも未経験ですから、自分のキャリアとのギャップを懸念される場合は、

やはり書類審査で落ちてしまうだろうな…

という覚悟はしていました。

しかし、応募書類と応募先を見直した後は、40社に応募して、14社の面接に進めるようになったのです。

未経験にもかかわらず、35%の通過率ですから悪くはありません。

自分なりに応募先の照準を絞ったことが、功を奏したようです。

職務経歴書を作成するポイント

職務経歴書を作成するうえで、筆者が気をつけていたことは、以下の5点です。

職務経歴書のポイント
  1. 営業は数字で書くことが最重要
  2. 数値化できないスキルは、できるだけ具体的に書く
  3. 転職回数が多いので、退職理由に気をつける
  4. 記載項目を絞って逆編年体式でまとめる
  5. 企業研究をして、応募先ごとに職務経歴書を書き換える

転職回数が多いうえに、40代で異業種への挑戦でしたが、書類選考の通過率を高められたのは、この取り組みの効果が大きいです。

営業は数字で書くことが最重要

筆者の場合は営業職でしたので、以下の項目については数字で記載しました。

営業の数値目標 / 実績数字 / 達成率 / 社内の順位 / マーケットシェアの推移 / 担当顧客数 / 受注数 / 総商談数 / 受注率 / 顧客セグメンテーション比率 / 代理店数 / 部下の数

ここで重要なポイントは、自分の仕事に対して数値化した意識を持っていることです。

客観的な数字での説得力を、最大限に活用することを心がけました。

数値化できないスキルは、できるだけ具体的に書く

数字で示せないスキルは、できるだけ具体的に書いて示すようにしました。

スキルの記載例
  • ロジカルシンキング
    〇×社トレーニング受講済、業務活用歴△年
  • 商談分析
    SWOT、4P、3C等分析手法活用歴〇年
  • プレゼンテーションスキル
    対象人数〇~△人、経験年数×年、英語可
  • 業務上、身に付けた専門知識
    電気工学基礎、FA基礎、医療知識・経営者・Dr打ち合わせ可能レベルなど
  • 部下育成
    経験人数〇人、手法・工夫点、効果判定
  • 組織運営
    会議の運営工夫点とその効果、成績の悪い部下のサポート、優秀な部下との区別の在り方など

企業側が内容を見て、

採用担当

なるほど、この経験とスキルだからエントリーしたのだろう

このように思ってもらえるように、できるだけ具体的に書くことで、書類通過率を高めることができます。

転職回数が多いので、退職理由に気をつける

筆者の場合は、これまでの転職回数が多いので、所属先ごとに退職理由を簡潔に書きました。

正直なところ、退職理由の記述がいちばん難しかったです。

短期間での転職が数社あったため、

採用担当

長続きしない人なのでは?

こういった印象を与えてしまう可能性がありました。

この懸念点をクリアするために、

期待した業務内容との乖離が大きかったので、「短期間でも次を目指すべき」と考えました

上記のようなポジティブな記載としたのです。

当然ながら、面接に進んだ場合に必ず質問されるので、回答の準備もしっかり行いました。

記載項目を絞って逆編年体式でまとめる

筆者は転職経歴が多いので、普通に職務経歴を書き上げると、職務経歴書は8ページになってしまいました。

このボリュームでは、読むだけで一苦労であり、圧縮する必要があります。

そこで、数値化できた項目を優先的に残して、他の記載項目は最低限に抑えることで、なんとか4ページにまで削減しました。

また、できるだけ直近の勤務内容が目に入るように、「逆編年体式」で記載しています。

逆編年体式ってどんな形式?

逆編年体式は、文字通り編年体式の「逆」バージョンです。過去の職務経歴から記載していく編年体式の反対で、直近の職務経歴から順に書いていくフォーマットのことを言います。

エン転職「転職大辞典」より

そして、最後に自己PRの記載ですが、

今までのキャリアで得たスキル、経験をもって、貴社で貢献ができると考えて応募しました

上記のような記述としました。

▼応募書類の書き方のポイントはこちら▼

企業研究をして、応募先ごとに職務経歴書を書き換える

職務経歴書は、応募企業ごとに内容を書き換えるようにしました。

この作業を惜しむと、書類通過率が明らかに落ちてしまうのです。

本気で受ける企業の場合は、

  • 企業のホームページを熟読する
  • 業界の情報を調べる

上記をおこなってから職務経歴書の修正をするため、最低でも3時間くらいはかかります。

応募先企業の戦略や計画が、

職務経歴書の記載内容と符合すること

を意識していました。

企業研究をしっかりおこなうことは、熱意とも言えますが、志望動機を論理的にまとめるという意味でも、有効であったと考えています。

40代として面接で準備すること

書類審査を通過した段階で、企業のあなたに対する期待は高まっています。

面接という限られた時間を有意義に過ごせるように、事前にしっかりと準備をしましょう。

面接官によって評価は異なる

筆者の職務経歴書では、営業実績やスキルについて、漏れなく記載をしていました。

ですので、面接官が人事担当者の場合は、記載について内容を理解できないこともあり、残念ながら次に進めないケースも多かったのです。

逆に、面接官が営業経験者の場合は、面接でかなり具体的な質問をされて、次のステップに進みやすい傾向にありました。

もし可能であれば、どのような人が面接官を担当するのか、事前に確認してみましょう。

面接官に合わせた対策をとることで、内定に近づくことができるはずです。

面接対策は入念に準備する

40代ですので、企業や業界を理解しておく知見と、情報収集や研究をする姿勢は重要です。

ですので、たとえ未経験であっても、業界初心者程度の知見を得てから、面接にのぞむようにしましょう。

筆者も、異業種への挑戦でまったく知見がない状態だったので、面接が決まった際には、相当な時間をかけて志望動機や質問を準備していました。

▼面接で注意すべきポイントはこちら▼

逆質問で印象付ける

筆者は、相手に印象付ける機会として、逆質問の時間が重要と考えていました。

ですので、毎回一つだけ、変わった質問を用意していたのです。

印象付ける質問は、どんなテーマでも構いません。

  • 社名の由来
  • 採用人事のポリシー
  • 自分が書類通過した理由

上記のように、ちょっと変わった質問をしてみて、面接官に印象を残せるようにしましょう。

まとめ:厳しい環境で営業の転職を成功させるために

今回は、40代営業マンの転職体験談をお話ししました。

コロナ禍による経済の停滞が、転職市場にも大きな影響を与えています。

これまでの営業キャリアを活かして、何度も転職を経験してきた筆者でも、今回はかつてないハードルでした。

これから転職をしようと考えている方にとっても、まだまだ厳しい状況が続くかもしれません。

今までの営業キャリアを活かそうにも、完全な買い手市場の状況では、応募先のすべてから不採用通知が届くこともあり得ます。

ですから、今までのキャリアだけにこだわらず、異業種への挑戦も検討してみましょう

たとえ未経験の業界でも、必要な準備と努力を怠らなければ、内定を得ることはできます。

自分自身と徹底的に向き合い、本気で自分の価値を客観的に考えて、職務経歴書に盛り込みましょう。

書類の通過率が上がれば、面接にも強くなっているのは間違いありません。

筆者はココナラで転職サポートもおこなっていますので、転職に悩まれている方は、お気軽にお声がけください。

40代営業マンの転職について、自身の経験を交えて、コロナ禍での状況を含め、アドバイスをご提供いたします。

今回お話しした内容が、あなたの転職活動の一助、ご参考になれば幸甚の極みです。

プロさんの転職サポートはこちら

▼こちらも合わせてどうぞ▼

40代営業マンの転職は異業種も考えよう!コロナ禍でも内定を得る方法

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる