転職前の悩み

管理職の転職が難しい理由とは?人事歴20年の私が解決策をお話しします

有効求人倍率が高い昨今では、20〜30代だけでなく、40代を中心としたマネジメント層の求人も多いため、40〜50代の方も積極的に転職活動を進めています。

40〜50代の方となると管理職の方も多いと思いますが、一般的には管理職を経験した人の転職は難しいといわれています。

現職である程度の地位を築いた人が、転職先で同じような地位や条件を手に入れるのは、そう簡単ではないのですが、それにはいくつかの理由が存在するのです。

今回の記事では、人事として長年採用に携わってきた筆者の経験から、

  • なぜ管理職転職は難しいのか?
  • 管理職の転職を成功させるにはどうすればいいのか?

上記について掘り下げて見ていきたいと思います。

管理職を目指す転職活動が、うまく進んでいないという人はぜひ参考にしてみてください。

管理職の転職が難しい理由とは

なぜ40代管理職の転職は、難しいといわれるのでしょうか?

一般的には、やはり40代という年齢になれば、

今後の伸びしろが少ない

このような理由が挙げられます。

それに加えて、管理職としてある程度の地位や収入を得ているため、ベースとなる部分が高いことも理由です。

管理職特有の理由について、もう少し掘り下げて見ていきましょう。

年収など労働条件が合わない

管理職の方であれば、現職で評価を得ており、ある程度の年収であることが想定されます。

その管理職の方が、何らかの不満を抱えて転職する場合、今の年収を維持するか、もしくは転職というリスクを背負うので、年収アップを絶対条件とする人が多いのです。

しかし管理職を求めている企業であっても、実績や仕事ぶりも見ていないのに、高い年収設定をするというケースは少ないでしょう。

もちろん、入社した後に実績を残していけば、希望に近づけてくれるケースはあります。

しかし、「入社後の実績次第」というような条件を妥協できないとなると、企業側が採用という判断を下すのはなかなか難しいのです。

実務から離れていることがネック

管理職として20名の部下を管理した経験を持っています
役員会に出席して、自部署の意見を主張してきました

このような管理職としてマネジメント業務を続けてきた場合、実務から離れているケースも多いのではないでしょうか。

しかし多くの求人で求められているのは、実務に精通した上でマネジメントもできる、プレイングマネージャー的な存在です。

新しい職場でいきなり人の上に立とうとする場合、部下からの突き上げにあうことを懸念して、実務を知らない管理職の人はどうしても敬遠されてしまいます。

管理職の転職を成功させる方法とは

管理職の転職が難しい理由をお話ししてきましたが、管理職として転職を目指すのであれば、やはりある程度の妥協が必要な場合も出てくるでしょう。

もちろん、すべてに妥協するような転職では意味がありませんが、難しい判断を迫られる場合のことも想定しておかなければなりません。

ここからは、管理職として転職を成功させる方法をいくつかご紹介していきます。

妥協できる点の優先順位をつけておく

40代で管理職経験者である場合、たくさんの希望を持って転職活動に挑む人もいますが、そのすべてが叶うような転職は難しいといえるでしょう。

収入・仕事内容・ポジション・企業規模など、すべてで現状を上回ることが理想ですが、この中で自身が妥協できる優先順位を決めておくことが重要です。

どこまでなら許せるのか?

このような基準を明確に決めておけば、企業選びの選択肢が広がります。

転職するからには妥協はできない

もしこのようなスタンスであるのなら、希望の求人が出てくるまで、長い時間をかけてじっくりと転職活動するしかありません。

マネジメント層に強い転職エージェントを活用する

管理職として転職を目指す場合は、マネジメント層に強い転職エージェントを活用することをオススメします。

なぜならマネジメント層の求人は、ハローワークや求人サイトよりも、転職エージェントを通じて、非公開で募集されていることが圧倒的に多いからです。

とくに大手転職エージェントは、表に出ていない優良求人を多数保有しているため、登録は不可欠だといえるでしょう。

お金を積んででも本当に採用したい

このような層だけに絞って、選考をしたいと企業側は考えているので、転職エージェントに非公開での求人を依頼するのです。

応募者側も、希望年収に合う企業だけに絞って応募できることができますので、自身の経験職種に強い転職エージェントを探して、必ず登録するようにしましょう。

▼ハイクラス向け転職エージェントはこちら▼

まとめ:管理職の転職を成功させる秘訣とは

今回の記事では、なぜ管理職の転職が難しいのか、管理職の転職を成功させるためにどうせればいいのかなど、筆者の長年の人事経験にもとづいてお話ししました。

管理職になるには実績が必要ですし、中間管理職として上層部と部下との板挟みという苦労も、これまでたくさん経験してきたはずです。

このような中間管理職の経験を求める企業は増えていますが、管理職としての転職を求める人も多く、競争率も激しくそう簡単に転職できる状況ではありません。

今回ご紹介したように、

  • 妥協できる点の優先順位をつけておくこと
  • マネジメント層に強い転職エージェントを活用すること

このような対策をしてください。

これに加えて、自身を管理職に引き上げた最大のセールスポイントをアピールの軸として、ぜひとも転職を成功へ導いていただければと思います。

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
KTOY
40代男性、大阪府在住。某メーカーの総務部に勤務しています。総務・人事・労務の仕事を20年程経験しておりますので、実務的で分かりやすい記事作成を心掛けます。

みんなのコメント

まだコメントがありません。

関連コンテンツ