転職前の悩み

管理職の40代は転職が難しい?採用側の目線で解決策をお話しします

(執筆:KTOYちゃむ

人手不足といわれる昨今では、40代を中心としたマネジメント層の求人も増えており、転職活動を考えている40代の方も多いでしょう。

40〜50代の方となると、管理職の方も多いと思いますが、

管理職を経験した人の転職は難しい

一般的にはこのようなことがいわれています。

現職である程度の地位を築いた人が、転職先で同じような地位や条件を手に入れるのは、そう簡単ではないのですが、それにはいくつかの理由が存在するのです。

今回の記事では、人事として長年採用に携わってきた筆者の経験から、

  • なぜ管理職転職は難しいのか?
  • 管理職の転職を成功させるには、どうすればいいのか?
  • 転職市場で求められる40代と狙い目の企業とは?
  • 管理職求人にこだわらず転職活動する場合の注意点

上記について、採用側の目線で詳しく解説します。

管理職としての転職活動が、うまく進んでいないという人はぜひ参考にしてみてください。

目次
  1. 管理職の転職が難しい理由とは
  2. 管理職の転職を成功させるためのポイント
  3. 転職市場で求められる40代の人材とは
  4. 転職の狙い目は中小・新興の企業
  5. 管理職求人にこだわらず転職活動する場合の注意点
  6. 管理職の転職では、転職エージェントの利用がおすすめ
  7. まとめ:40代管理職の転職を成功させる秘訣とは

管理職の転職が難しい理由とは

なぜ40代管理職の転職は、難しいといわれるのでしょうか?

一般的に、やはり40代という年齢になれば、

今後の伸びしろが少ないのでは?

このように思われていることが、理由のひとつとして挙げられます。

それに加えて、管理職としてある程度の地位や収入を得ているため、ベースとなる部分が高いことも理由です。

管理職特有の理由について、もう少し掘り下げて見ていきましょう。

管理職として働けるポジションが限られている

誰もが管理職として働けるわけではなく、

ポジションの数が限られている

ということが、管理職の転職が難しい理由のひとつです。

以下の表は、厚生労働省が発表している「賃金構造基本統計調査」より、役職者の割合を集計したものです。

◆40代労働者の役職者割合(企業規模100人以上)

40~44歳45~49歳
非役職者の人数1,274,0201,177,480
役職者(係長~部長)の人数394,560513,220
合計人数1,668,5801,690,700
役職者の割合23.65%30.36%
平成30年賃金構造基本統計調査「役職別第1表」より集計

表のデータから、40代で働いている人のうち、おおよそ27%の人が管理職であることがわかります。

つまり、管理職として働けるポジションは、40代であっても1/4程度しか枠がないのです

年収などの労働条件がマッチングしにくい

管理職の方であれば、現職で評価を得ており、ある程度の年収であることが想定されます。

その管理職の方が、何らかの不満を抱えて転職する場合。

今の年収を維持するか、もしくは転職というリスクを背負うので、年収アップを絶対条件とする人が多いのです。

しかし管理職を求めている企業であっても、実績や仕事ぶりも見ていないのに、高い年収設定をするというケースは少ないでしょう。

もちろん、入社した後に実績を残していけば、希望に近づけてくれるケースはあります。

しかし、「入社後の実績次第」というような条件に妥協できないとなると、企業側が採用という判断を下すのはなかなか難しいのです。

実際の業務から離れていることがネックになる

管理職として20名の部下を管理した経験を持っています
役員会に出席して、自部署の意見を主張してきました

上記のように、管理職としてマネジメント業務を続けてきた場合、

現場の業務から離れている

という方も多いのではないでしょうか?

しかし、多くの求人で求められているのは、

実務に精通した上でマネジメントもできる、プレイングマネージャー

上記のような存在です。

転職先で求められるマネジメント内容(ヒト・モノ・カネ)が、ほとんど同じであるというケースであれば、転職できる可能性もあります。

ただ、ほとんどの場合は、新しい職場でいきなり人の上に立とうとすると、

部下からの突き上げにあう

ということを懸念して、実務を知らない管理職の人はどうしても敬遠されてしまうのです。

管理職の転職を成功させるためのポイント

管理職の転職が難しい理由をご紹介しましたが、管理職として転職を目指すのであれば、やはりある程度の妥協が必要な場合も出てくるでしょう。

もちろん、すべてに妥協するような転職では意味がありませんが、

難しい判断を迫られる場合もある

ということも想定しておかなければなりません。

ここでは、管理職として転職を成功させるためのポイントについてお話しします。

転職先の企業に求める希望条件の優先順位をつけておく

40代で管理職経験者である場合、たくさんの希望を持って転職活動に挑む人もいますが、

すべてが叶うような転職は難しい

と考えておきましょう。

収入・仕事内容・ポジション・企業規模など、転職先に求める希望条件について、

どこまでなら許せるのか?

という優先順位を明確に決めておけば、企業選びの選択肢が広がります。

転職するからには、いっさいの妥協はできない

もしこのようなスタンスであるのなら、希望を満たす求人が出てくるまで、長い時間をかけてじっくりと転職活動するしかありません。

転職理由が前職の会社批判とならないように気をつける

転職面接の際に、必ず質問されるのが「転職理由」です。

その理由は人によって、さまざまにあるでしょう。

しかし管理職として転職するのであれば、たとえネガティブな転職理由であっても、前職の会社批判だと捉えられないように注意してください。

なぜなら、管理職とは本来、会社側に立って職務を遂行する存在だからです

にも関わらず、前職批判に終始するような転職理由だと、

転職しても、同じようなことを考えるのでは?

こんなふうに捉えられかねません。

前職批判を言い換える転職理由の例文

前職は収入が低かった…

もし上記のような転職理由なのであれば、そのままストレートに伝えるのではなく、

前職では、重要なポジションを与えられ、正当な評価も頂いていましたが、会社の業績が厳しく、なかなか思うような収入を得ることができませんでした。

子どもの進学などもあり、会社に相談したものの残念ながら折り合うことができず、やむなく転職を決意致しました。

このように正直に話はしつつも、「会社がすべて悪い」といった内容とならないように、注意しましょう。

これまでのキャリア・スキルをしっかりと棚卸しする

転職を決断したら、すぐに転職活動を始めようと思いがちなもの。

しかし、まずは準備期間を設けて、自身が管理職としてやってきたこれまでの経験を、しっかりと棚卸しするようにしましょう。

なぜなら、自身のこれまでのキャリアや習得したスキルについて、必ず質問されることになるからです。

とくに管理職として重視されるのは、

  • マネジメントしてきた人数
  • アピールできる成果
  • どのようなマネジメントポリシーがあるか

上記のようなことが挙げられます。

具体的な数値なども用いながら、

私は御社に利益をもたらすことができる人材です

このようなアピールができるように準備しておきましょう。

マネジメントの中身が共通していないと、内定はもらいにくい

管理職としての転職を希望する場合、応募企業で求められるマネジメントの中身が、前職のマネジメントと同じでないと内定はもらいにくいものです。

ひと言でマネジメントといっても、

人・物・お金、何をどれくらいマネジメントしていたのか?

マネジメントしていた対象や範囲、深さによって、企業が即戦力と判断するかどうかは変わってきます。

自身の管理職経験をしっかりと棚卸ししていれば、応募企業が求める管理職像とマッチしているのかを、事前に確認することができるでしょう。

面接官へのアピールのためだけでなく、自身の管理職キャリアとマッチングする求人を探すという意味でも、事前にやっておくことをおすすめします。

自分なりのマネジメントポリシーを整理しておく

  • マネジメントで難しいと思うことは何ですか?
  • 部下との向き合い方で大切にしていることは?

上記のように、過去の経験から学んだ自身のマネジメント哲学について、具体的な質問をする企業は多いです。

回答に正解はないのですが、

公平性を保つことを意識しています
メンバーとの距離感を縮めるように心掛けています

このような一般的な回答では、合格点を得ることは難しいでしょう。

具体的なエピソードに裏付けされた、自身のマネジメントポリシーのようなものがあるのか、整理しておくことが重要です。

転職市場で求められる40代の人材とは

40代の転職が難しいことは間違いありません。

40代の転職者に対しては、それより若い年代と比べて、企業側が求める内容に違いがあるのも確かなことです。

若い年代の転職者に対しては、企業は若さバイタリティといったものを求めます。

しかし40代の転職者に対しては、

  • これまでに培った経験
  • 成し遂げた実績

といった、年齢に応じたスケールの大きさを求めているのです。

ここでは、40代の転職者に対して、企業が求めている人物像がどのようなものか、掘り下げて見ていきましょう。

管理職の40代が転職を成し遂げるためのヒントとなるはずです。

新しい事業を展開するためのリーダー的な存在

どのような企業でも、自社をさらに成長させるために、新しい事業を展開したいと考えるものです。

資金があれば、場所や設備を準備することができますが、いちばん大切なのは、事業を担ってくれる人材を確保すること。

たんに日々の業務をこなすだけでよいのなら、スタッフを集めるのはそんなに難しくないでしょう。

しかし、事業全体を統括できるような人材は、そう簡単には見つかりません。

そんなときにその企業は、

関連性のある事業で経験豊富な人材を獲得して、新規事業を任せたい

上記のように考えるのです。

管理職の経験を持ち、若い世代も巻き込めるリーダー的な存在となれる40代であれば、この上ない人材といえるでしょう。

問題解決の能力を持つ適切な人材

企業を取り巻く環境は、刻一刻と変化しています。

時には会社の存続も危ぶまれる、そんな危機に直面することもあるものです。

当然ですが、企業は問題を解決して、難局を乗り切りたいと考えます。

しかしそのためには、

  • 問題を解決するための知識を持っている
  • 幅広い経験がある

このような能力を持つ人材を見つけて、問題解決を託さなければなりません。

企業の命運を握るときに、やはり年齢の若い人材には託しにくいでしょう。

何かしらの部署や事業を束ねて、さまざまな局面を乗り越えてきた、それなりの年齢の人材を望むものなのです。

苦しい企業にあえて飛び込んで、変革する意欲を持つ転職希望者であれば、むしろ40代や50代であるほうが、企業は適材として迎え入れるでしょう。

自社の成長を一緒に楽しむことができる人

ベンチャー企業や新興企業の場合、事業展開はめまぐるしい変化をします。

事業が急成長するにつれて、新たな局面が次々と現れてくるのです。

そういった局面では、自らも経験したことがないような、タスクを行わなければならないこともあります。

そのため若い企業では、変化に対応しやすい若い人材を求める傾向があるのです。

しかしそれは、「年齢が若い」という意味とはかぎりません。

ベンチャー企業や新興企業では、

ありとあらゆることを吸収して、自分の学びに転換することができる

上記のような、「気持ちの若い人材」を求めているのです。

たとえ年齢が40代であっても、スポンジのような吸収力を持っていれば、転職することができます。

現状に学びの少なさを感じて、新しい挑戦を求めている人材であれば、むしろ大歓迎されるでしょう。

転職の狙い目は中小・新興の企業

前項では、40代の転職でも歓迎される人物像についてお話ししました。

ここからは、40代の転職を目指す方が狙うべき企業の傾向について、具体的に掘り下げてみましょう。

大企業にはあなたの代わりがあふれすぎている

まずはじめに、大企業への転職について考えてみましょう。

知名度や待遇の良さなどがありますので、やはり大企業は転職先として憧れの存在です。

しかし結論からいうと、40代の転職で大企業を目指すのは、あまり得策ではありません

なぜなら、日本の大企業には年功序列の社風が残っているから。

また、大勢の社員がいるわけですから、わざわざ外部に求人を出さなくても、ポジションに見合った人材が、社内にいる可能性が高いのです。

さらに最近では、年齢の高い社員をリストラしている大企業も増えています。

40代の転職で大企業を求めるのであれば、よほどの替えが効かない資格やスキルなどを、持っている必要があるでしょう。

中小企業のプレーイングマネジャーの需要がねらい目

大企業では難しいとはいっても、中小企業になると、40代の求職者への見かたは変わってきます。

中小企業では、人材不足で困っている企業がかなり多いですし、管理職やプロジェクトを任せられる、経験豊富な人材が不足しています。

こういったポジションを安心して任せられる人材であれば、むしろある程度の高年齢は追い風となるでしょう。

未経験の業種や業界であったとしても、マネジメント能力が評価されて、転職できるケースもあります。

新興企業は事業拡大にどん欲

中小企業のなかでも、とりわけ創業して間もない新興企業では、才能あふれる40代の人材を求める傾向があります。

なぜなら、経験豊富な人材は即戦力として、すぐに会社に利益をもたらすことができるからです。

場合によっては、経験やスキルを高く評価されて、創業者の右腕となって働けるかもしれません。


管理職求人にこだわらず転職活動する場合の注意点

現在は管理職だけれども、

別に管理職の求人だけにこだわらず、柔軟に転職活動を進めたい

といった考えをお持ちの方もいるでしょう。

ここでは、管理職求人にこだわらずに、一般職でも応募したいと考えている管理職の方が、注意するべきことについてお話しします。

「逃げ」と思われない転職理由を用意する

採用担当者のなかには、

管理職じゃなくても構わないってことだけど、それって逃げじゃないの?

こういったイメージを持つ人もいます。

そういったネガティブな印象を与えないためにも、

自分は肩書にこだわるのではなく、もっと○○したい

といった切り口で伝える必要があります。

マネジメント業務はおもに管理業務ですから、

顧客との対話が減って、仕事に物足りなさを感じています
自分はもっと顧客折衝をしたいので、とくに肩書にはこだわっていません

上記のような論理展開で、転職理由を説明できるように工夫しましょう。

「年下の上司」に対する受け答えを準備する

40代で一般職への転職となると、転職先では「年下の上司」が存在する可能性が高くなります。

とくに前職で管理職であった人に対しては、

ちゃんとコミュニケーションできるかな?ぎこちなくなったりしないだろうか…

面接官がこのような心配をして、質問されることは想定しておくべきです。

たとえ相手が年下でも、転職したら自分がいちばん新人です

「年下の上司」に対する覚悟をもって、面接で聞かれたときの受け答えを、必ず準備しておきましょう。

管理職経験者ならではの「自己PR」を用意する

管理職からの転職は難しいとお話ししてきましたが、逆に管理職を経験したからこそのメリットもあります。

管理職を経験したからこそ、上司の気持ちが理解できます
上司の期待に応えるために、△△を心がけて行動していきます

上記のように、管理職を経験したからこそ、通常の一般職と異なる行動ができるとPRできれば、選考を優位に進められるかもしれません。

管理職の転職では、転職エージェントの利用がおすすめ

管理職の方が転職するときには、

  • 転職先では管理職でなくてもいいが、年収は落とせない。どんな求人があるのか?
  • 管理職として、何をアピールすればよいのか?
  • 管理職なので退職へのハードルが高い。どうすればよいのか?

上記のような悩みを抱えていることが多いもの。

こういった管理職特有の悩みについて、一気通貫に相談に乗ってもらうのなら、転職エージェントの利用がおすすめです

転職エージェントを利用するメリットとは

とくに管理職の場合、退職するときのハードルに関して、

  • 退職時期に関する悩み
  • 退職交渉が難航したときの対処法
  • 入社時期の交渉ごと

上記のようなさまざまな問題が出てきます。

しかし、転職エージェント経由で求人応募すれば、エージェントが自分に代わって、応募先企業との調整を行ってくれるのです

自身は管理職として、現職の退職手続きや引継ぎに集中して向き合えるようになりますから、大きなメリットといえるでしょう。

また、マネジメント層の求人は、ハローワークや求人サイトよりも、転職エージェントを通じて、非公開で募集されていることが圧倒的に多いです。

とくに大手転職エージェントは、表に出ていない優良求人を多数保有しているので、管理職空の転職を考えるなら、積極的に活用することをおすすめします。

ほかにも、

  • キャリアアドバイザーが、自身のキャリアや希望に合う求人を、プロの視点で紹介してくれる
  • 自身の強みを効果的に表現できるように、応募書類作成や面接対策のサポートを実施してくれる

上記のようなメリットがあるので、無駄なく効率的な転職活動をおこなううえで、ぜひ活用したいサービスです。

転職エージェントは人材が採用されたときに、企業から成功報酬を得るビジネスモデル

転職者は、サービスを無料で利用することができるというのもメリットといえるでしょう。

管理職におすすめの転職エージェント5選

ここでは、管理職の利用におすすめの転職エージェントを5つご紹介します。

管理職におすすめの転職エージェント

上記5社には、管理職向けの求人情報が豊富にあり、全国幅広いエリアに対応しています。

担当者との相性などもありますので、登録後の面談を実施するなかで、実際にメインにお付き合いするエージェントを絞り込んでいきましょう。

最初の段階では、上記のなかから3~4社ほどに登録しておくことをおすすめします

まとめ:40代管理職の転職を成功させる秘訣とは

今回の記事では、

  • なぜ管理職の転職が難しいのか?
  • 管理職の転職を成功させるためのポイント
  • 転職市場で求められる40代と狙い目の企業
  • 管理職求人にこだわらず転職活動する場合の注意点

上記について、筆者の採用担当者の経験にもとづいてお話ししました。

管理職になるには実績が必要ですし、中間管理職として上層部と部下との板挟みという苦労も、これまでたくさん経験してきたはずです。

このような、中間管理職の経験を求める企業は増えています。

ただ、管理職としての転職を求める人も多く、競争率も激しいので、そう簡単に転職できる状況ではありません。

今回ご紹介したように、

  • 妥協できる点の優先順位をつけておくこと
  • 転職エージェントを活用すること

このような対策をしてください。

なお、転職エージェントを利用するにあたっては、40代ならではの注意点があります。

以下の記事で詳しく解説していますので、転職エージェントの活用を考える方は、ぜひ参考にしてみてください。

▼おすすめの転職エージェントはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
KTOY
40代男性、大阪府在住。某メーカーの総務部に勤務しています。総務・人事・労務の仕事を20年程経験しておりますので、実務的で分かりやすい記事作成を心掛けます。
セカンドゴング おすすめの記事
40代転職の完全ガイド!
40代の転職を成功させよう!

40代の転職を成功させるためには、まず40代の転職を取り巻く状況や現実を知ることが大切です。
そのうえで転職活動の具体的な流れ、各ステップごとの対策や攻略ポイントを学びましょう。
40代転職に特化した当サイトならではのノウハウを徹底解説します!

転職エージェントを選ぶなら
40代におすすめの転職エージェント6選

40代の転職者161人の口コミ評価にもとづいて、おすすめの転職エージェントをご紹介します。
登録時の注意点や120%活用する方法を、転職エージェントに長年勤務してきた筆者が詳しく解説。失敗しないためにぜひ参考にしてください。

みんなのコメント

0

まだコメントがありません。

関連コンテンツ