転職活動

【40代女性】転職活動のススメ。退職の見極めは動きながらでOK!

40代女性の転職3

40代女性が仕事で大きな悩みを抱えると、どうしようもない行き詰まり感を感じたことはありませんか?

解除できない時短勤務で評価が上がらない、ハラスメントまがいの行為を受け生きた心地がしないなど、会社に対して個人の要望を伝えたくても、躊躇する状況があるのではないでしょうか。

上司や人事に相談し解決を図れればよいのですが、それでもラチが明かない場合には、転職という道もあります。

この記事では、私自身の転職体験に基づいて、40代女性が効率よく転職活動をするためのヒントをまとめています。

これを読んでいただき、40代女性がもっといきいきと活躍できる場を、見つける方法を知っていただければと思います。

ワークライフバランスの変わり目がキャリア見直しのきっかけ

40代女性の転職5

40代に入り、今の仕事や今後のキャリアの見通しに、何一つ不安のない方は少ないのではないでしょうか。

女性の場合は、結婚や育児出産によって、仕事に割けられる時間は格段に減ります。

一生懸命に仕事をされてきた方ほど、ライフステージの変化や体調の変化とともに、自分の中で仕事、家庭、それ以外かの優先順位付けが、変わったという経験をお持ちの方が多いのではないかと思います。

私の場合は、育児で帰宅時間に制約ができたことで、四六時中仕事するスタイルから、仕事は定時帰宅、それ以外は子供中心の生活へと激変しました。

労働集約型の仕事をしていた自分に、昇進の機会は閉ざされてしまったのです。

働き方改革やグローバル化など、社会の動向を受けて40代でも今後のキャリアを選択できる機会が増えたにもかかわらず、実際に行動まではいかない場合がほとんどではないでしょうか?

純粋に仕事は変えたいけど、次が見つかるか不安などと迷っているなら、まずは転職市場でどんな求人があるのか、覗いてみることをオススメします。

手っ取り早く活動したいなら、信頼できる転職エージェントを選ぶのが吉!

ここ数年の転職市場は活況で、求職者の目線でいうならば、40代にもかかわらず紹介を頂ける求人数は確実に増えています。

20~30代の転職求人数と比較すると、簡単に内定獲得とまではいきませんが、自分の持っているスキルや経験と企業が求めている募集要項とがマッチすれば、案外サラっと決まるものなのです。

つまり、しっかりした転職エージェントを選び、自分の希望を伝えることが大事

転職エージェントでは、自分に合いそうな求人票を探して出してきてくれますし、求人票に書かれていない企業独自の情報も踏まえて提案をしてもらえます。

そして何より、この一連の活動を通じて、中途採用市場における自分の市場価値を掴むことができます。

活動上の心得 ~現職の上司や同僚に口外しないこと

40代女性の転職1

一人ひとり様々な事情があるかとは思いますが、転職活動それ自体は、現在お勤めの会社に影響はありません。

活動の結果、現職を継続することも十分にあり得ることです。

ですので良好な関係維持のためにも、会社の同僚や上司には口外しないようにしましょう。

上司に話してしまうと、あからさまな「仕事外し」の刑に遭う可能性があります。ご注意ください。

求人探しはほぼ婚活 ~自分を知ることが重要

自分に合う求人を探す方法は、以下のステップで実施します。

自分に合う求人を探し出す4つのステップ
  1. 何故転職しようと思っているのか、何がやりたいのか?を明確にしておく
  2. 職務経歴書をしっかり書く
  3. 信頼のあるエージェントに登録する
  4. エージェントから希望に合いそうな求人票の紹介を受ける

各ステップで抑えておきたいポイントをご紹介していきます。

1.なぜ転職しようと思っているのか、何がやりたいのか?を明確にしておく

ここではネガティブな意見も、ポジティブな意見も、洗いざらい出しましょう。

ここで出てきた項目は、面接に進んだ際の自己紹介や志望動機説明の際など、転職活動の基礎となります。

私の場合は、会社についてはまず考えずに自分がやりたいことを明確にしました。

これができたら、転職成功とする項目を事前に決めておきまましょう。

次に会社がそれにはまるかどうか、そういった進め方で求人を選んでいきます。

転職への動機と希望が明確になると、求人票の選び方もおのずと決まってきますので、職種・年収・企業規模・社風など、まずは希望を出しておきます。

すべてをクリアする会社はきっと存在しません。

なので、譲れない点はどこか、妥協できる点は何かを考え、納得できるように整理しておきましょう。

また、ネガティブな経験は、残念ながら別の環境でも再発する可能性があります。

新しい環境で、そのネガティブ要素が発生した場合に、どうやってそれを回避するか考えておくとよいかと思います。

2.職務経歴書をしっかり書く

エージェントに登録するには、必ず職務経歴書の作成が必要です。

初めて作成する方も、過去に転職したときから職歴をまだ更新していない方も、良い機会として自分のキャリアの棚卸をしましょう。

職務経歴書の書き方は、さまざまなガイドやサンプルが、すでにインターネット上にありますので、ぜひ検索してみてください。

キャリアの棚卸には、ご自身がお勤めの企業で作成した、年間目標設定が役に立つ場合があります。

これらはすでに他人の目を通った文書ですので、シンプルにわかりやすくなっています。

業務内容や達成状況に加え、どんなスキルが身についたかなどの情報をまとめてみましょう。

どうしても書けない場合は、エージェントの職歴作成サービスなどを活用してみるのもよいかもしれません。

職務経歴書は自分を売り込むためのいわば提案書です。見栄えを良くしたい気持ちはわかるのですが、嘘を書くことは絶対にやめましょう。

3.信頼のおけるエージェントに登録する

転職エージェント毎に、得意の年代や業界があります。

このブログの記事をご覧いただくか、「転職 エージェント 40代」などのキーワードで検索し、自分の希望する業界に強いエージェントを探しましょう。

回りのOBやOGとコンタクトが可能なら、どこを使ったのか、聞いてみてください。

細やかに動いてくれる、自分にとってベストなエージェントさんを探しましょう。

4.エージェントから希望に合いそうな求人の紹介を受ける

職務経歴書を書いてエージェントに登録し、初回面談を実施した後から、希望に合いそうな求人票の提供が始まります。

できる限りエージェントとは、直接対面で話をしましょう。会うことにより、エージェント側に本気度が伝わります。

もしエージェントとの面談が、満足のいかないものだったならば、新たな転職エージェントを開拓することをおすすめします。

まとめ

この記事のまとめ
  • 今転職すべきか迷っているのは情報が判断するのに十分な情報がないから。まずは情報収集をしましょう。
  • 活動に必要なものを揃えましょう。転職の動機とやりたいことを明確に。キャリアの棚卸しを実施して職務経歴書を作成しましょう。
  • 活動は現在お勤めの会社にわからないように静かに進めましょう。

やりたいことをまとめ、求人票をみることで市場の現況を掴みやすくなります。

その上で、今動き時かそうでないかを慎重に見定めてください。

エージェントをうまく活用して情報収集することが、自分にとってベストな回答を出す近道になるでしょう。

▼40代女性におすすめの転職サイト▼
  • とらばーゆ ※女性会員が96%!女性が働きやすい求人が多い
  • doda ※大手から中小まで幅広い。40代は非公開求人が狙い目
  • リクナビNEXT ※正社員求人が多い。40代の利用者が3割

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
Miaca
40代女性、東京都在住。一般・ミドル女性のSE・ITコンサルの転職について執筆中。

関連コンテンツ