面接対策

面接での「志望動機」、ベストな回答とは?【転職者向けに解説します】

採用面接でよく聞かれる、定番ともいえる質問が「志望動機」でしょう。

ほとんどの転職希望者は、面接対策として、事前に志望動機を考えているのですが、そこで注意すべきポイントが一つあります。

それは採用側と応募者側で、志望動機に対する温度差・認識の違いがあることです。

そつなく前向きな動機を伝えればいいだろう

このように考える応募者に対して、採用側では、仕事に対する熱意や会社での適性などを見極めたいもの。

このギャップを埋めない限りは、面接を通じて、採用側に好印象を与えることはできません。

そこで本記事では、面接で志望動機を聞かれた際に、答えるべきベストな回答や、「知らないと損する」注意点について解説しています。

転職をスムーズに進めるためのノウハウとして、ぜひ参考にしてみてください!

面接で志望動機を聞かれる理由とは?

採用企業側は志望動機を通じて、会社への適正や将来性、仕事への情熱などを見極めています。

それにもかかわらず、

  • 「当たりさわりのない」志望動機
  • ほかの企業でも言えるような内容

このような回答をしてしまう応募者は、意外と多いものです。

企業側の意図を理解したうえで、その意図に寄り添った回答をすることが、「あなた」という人間を、最大限に売り込むことにつながるでしょう。

転職理由と志望動機は分けて考える

混同されがちなこととして、転職理由と志望動機がありますが、この二つは分けて考える必要があります。

転職理由は、あなたの事情についての話ですが、

  • なぜこの職種に興味をもったのか?
  • どうしてこの会社を選んだのか?

志望動機とは、上記のように採用企業側の意図に対する回答です。

前職がブラック労働だったので、転職を希望しました
自宅に近い職場を探してたら、御社の求人を見かけまして…

このような企業の意図と直接関係のない内容では、志望動機にはなりえないので注意しましょう。

マイナス評価される志望動機とは?

内容によっては、志望動機として伝えると、採用側にマイナスのイメージを与えてしまうものもあります。

どういったものがNGパターンなのか、確認しておきましょう。

自分よがりの志望動機

スキルや専門知識を身に付けることが、自己成長につながるので~

このような内容の場合、よくできた志望動機に聞こえますが、実は採用側のとらえ方は違います。

企業が社員に対して教育や指導をおこなうのは、その社員が成長した先に、会社へのリターンがあるからです。

「○○することで成長につなげたい」といった形で志望動機を伝える場合は、

その結果、どういった形で会社に貢献できるのか?

もうひとつ踏み込んで、上記のようなことまで伝える必要があると心得ましょう。

業界・企業のことに無知すぎる

応募企業のホームページをチェックしておく人は多いですが、それだけで万全とはいえません。

  • その会社の事業が、社会にどのような影響を与えているのか?
  • その会社の業界にどんな問題があるのか?

このようなことまで、事前にしっかりと深堀しておきましょう。

業界や応募企業に対して、無知であることが露呈してしまうと、

あまり熱意が感じられないな…

このように捉えられてしまうのです。

知ったかぶりをしたところで、さらに深掘りで質問されると、すぐに見透かされてしまうでしょう。

定型文のような志望動機

いかにも「用意していました」というような、ワンパターン化された志望動機は、当然ながら好まれません。

40代ともなれば、これまでの経験に基づく動機付けや、面接の場での的確な受け答えは必須要件となります。

志望動機を軽視している人ほど、テンプレート化された言い回しになりがちなもの。

面接官も口には出さずとも、

ほかの企業でも同じとことを言っているな

このように感じてしまって、応募者に対する興味が、一気に無くなってしまうでしょう。

面接で好印象を与える志望動機とは?

面接で好印象を与える志望動機の条件としては、

  • ポジティブであること
  • 採用側にメリットを感じさせること

このような内容であることがポイントです。

さらに掘り下げて確認してみましょう。

情熱的でしっかりとした「目標」がある

会社や仕事への情熱を全面に出しながら、明確な目標設定(短・中長期)を、志望動機に盛り込んでおくことが理想的です。

入社後は、業務を通じて○○の知識を深め、△△の資格を1年後に取得したいと考えています
○○の職務経験をベースに、さらに△△の職務へステップアップすることが目標です

上記のような具体的な目標プランを提示することで、応募者が入社後に活躍するイメージが、採用側も掴みやすくなるでしょう。

得意分野の活かし方が明確になっている

「転職者=即戦力」と捉えている企業は多いので、

自身の得意分野をどのように活かして、会社貢献につなげるのか?

上記を明確に盛り込む必要があります。

なぜそれが得意なことになったのか、その過程から話すことで、面接官もあなたに興味が湧いてきます。

ただし、得意分野として語ることは、客観的な評価で「優れている能力」と判断できるものでなければなりません。

「好き」と「得意」を混同しないように注意しましょう。

自分の考え方が企業理念と同じ方向を向いている

企業理念(風土)に共感しました

このようなフレーズは、志望動機としてよく使われますが、しかしこれだけでは、平凡な動機で終わってしまいます。

企業理念のどの部分に共感したのか?

上記に対する自身の考えを、具体的に提示したうえで、同じ方向にベクトルが向いていることをアピールしましょう。

企業の方向性に沿った人材であるのなら、会社への適正や定着率も期待できるので、企業側も前向きに採用を検討できます。

その会社のサービスや商品を一例にあげて説明すれば、なおさら説得力が増すでしょう。

まとめ:面接の志望動機で好印象を与えて、内定を勝ち取ろう!

面接の志望動機とは、自分をアピールする最高のチャンスといえます。

面接の志望動機で好印象を与える3つのポイント
  • 情熱的で明確な目標プランを提示する
  • 得意分野や強みを「どのような形」で活かしていくのかを明確にする
  • 企業理念に共感したポイントを具体的に盛り込む

これらの3つのポイントを押さえて、企業側に採用するメリットを意識してもらうことが、内定への近道となるでしょう。

この人もまた同じ志望動機だ…

面接官にこのように思われないためにも、ご紹介した内容をぜひ意識してみてください!

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
Santiago
40代男性、神奈川県在住。運送業界にて管理職を経験するも、家族との時間をもっと大切にしたいと40歳にて転職。現在は、自由気ままに暮らしながらWebライターとしても活動中。森林散策とカフェでのひと時が元気の源!
セカンドゴング おすすめの記事
40代転職の完全ガイド!
40代の転職を成功させよう!

40代の転職を成功させるためには、まず40代の転職を取り巻く状況や現実を知ることが大切です。
そのうえで転職活動の具体的な流れ、各ステップごとの対策や攻略ポイントを学びましょう。
40代転職に特化した当サイトならではのノウハウを徹底解説します!

転職エージェントを選ぶなら
40代におすすめの転職エージェント6選

40代は転職エージェントを活用することが成功への近道です。
しかし失敗したくないので、選び方や注意点など慎重になりますよね…。
3000名以上の転職支援をしてきた筆者が、おすすめの転職エージェントと40代の活用方法を徹底解説します!

みんなのコメント

まだコメントがありません。

関連コンテンツ