応募書類作成

40代の転職では履歴書が合否を決める?志望動機の書き方やコツを徹底解説!

40代から転職を志す方にとって、履歴書を書くのは悩ましい作業のひとつでしょう。

新卒の時に書く履歴書では、「書くべきこと」を探すのに苦心しますが、40代で書く履歴書で大切なのは、「書かないこと」を選ぶことでしょう。

長い社会人経験のすべてを詰め込むには、履歴書は狭すぎますよね…。

書くべきことを取捨選択するうえで重要なのは、企業に伝えるべきポイントをしっかり押さえることです。

この記事では、40代の転職で履歴書を作成する際に、気をつけるべきポイントを解説します。転職活動の参考に役立ててください。

40代転職で履歴書の志望動機には何を書けばよいのか?

40代の転職における履歴書の作成では、何を書くか取捨選択することが大切です。なかでも志望動機の欄は、もっとも迷うのではないでしょうか。

志望動機の欄では、なぜこの会社を志望したのか、過不足なく伝えきる必要があります。

ただ、履歴書の志望動機をもとに面接が進められるので、履歴書の志望動機欄に、無理してすべてを書く必要はないのです。

志望動機として書きたいことの中から、面接時に話すべき重要な点だけを、コンパクトに記入する意識を持つと、取捨選択の手助けとなるでしょう。

40代の転職では志望動機の内容が肝心

志望動機欄に書くべきは、いわば志望動機の「さわり」の部分です。面接時には、記載された志望動機を、深く掘り下げる形で質問が行われます。

これまではBtoBの営業を行っていましたが、直接商品を手に取ったお客様の笑顔が見たいと思い、BtoCの営業を行っている御社を志望しました

このような志望動機があったとします。きっと、この一文だけでは伝えきれない動機が含まれているでしょう。

BtoBの営業経験の中で感じた歯がゆさや、BtoCの営業に抱いている印象、そのなかで応募企業を志望した理由なども伝えなければなりません。

ただ、そうした細かな肉の部分は、面接で伝えきればよいのです。履歴書の志望動機には、そのさわりを記入するに留めておきましょう。

すべてを書き切ろうとすると、欄が足りなくなったり、論理的にならなかったりします。

伝えるべきポイントを、あらかじめピックアップしておくと、履歴書の作成がスムーズになるだけでなく、面接時の返答を作るときにも役立つのでおすすめです。

徹底した企業リサーチと自己分析が必須となる

志望動機の欄に書く内容をピックアップするためには、徹底的な企業のリサーチと自己分析が必要です。

自己分析と企業の特徴がマッチしていなければ、説得力を持たせることができないのです。

法人営業では得られないやりがいを得るために、BtoCの営業を手がける貴社を志望しました

このように記載しているのに、応募企業がBtoCからBtoBの営業へ力を入れようとしていたら、逆効果になってしまいますよね。

また、自己分析が甘いと、「BtoCでやりがいを得たい」という言葉への、裏付けが取れない場合もあります。

面接官
面接官
BtoCの営業であればやりがいが得られるとおっしゃいましたが、なぜそう思われましたか?

このような質問を投げかけられたときに、うまく返答できないかもしれません。

核心を突かれたときにも、しっかり自分の言葉で返答するには、自己分析が欠かせないのです。

企業リサーチのコツ

企業のリサーチを行う際は、企業のホームページだけではなく、業界全体を見渡してみる必要があります。

最近の例をあげると、QRコード決済が話題を呼んでいます。

QRコード決済サービスを、提供している企業への転職を考えたとき、企業のリサーチだけではなく、キャッシュレス決済の展望や実情まで踏まえておくと、志望動機をさらに深める事ができるでしょう。

政府は増税による負担を減らすためにも、キャッシュレス決済を推進しようと考えています。各社はクーポンの配布やポイント還元率の高さで、キャッシュレス決済を浸透させるべく奮闘していますが、いまだに現金決済が主流となっていることは否めません。
こうした状況を踏まえても、貴社の取り組みは、今後の日本の経済においても重要なビジネスだと考えております。
私は、営業はモノやサービスを売るだけでなく、そのモノやサービスを利用した方に、価値を提供する仕事だと捉えています。
貴社の事業は、サービスを通して、顧客へ確かな価値を提供するものだと確信しております。

上記のような志望動機を伝えるためには、企業のリサーチだけでなく、業界や経済全体を俯瞰する視点が必要となります。

自己分析のコツ

自己分析を行うためには、自分のキャリアを棚卸しする必要があります。

勤めていた企業や業種だけでは伝わらない、「あなたらしさ」を見出すには、これまで自分が経験したことを、客観視する必要があるでしょう。

自己分析の方法でおすすめなのが、「じぶん年表」を作ってみることです。

学生時代から社会人として生きてきた、これまでの経歴を書き出して、印象深かった出来事を箇条書きで書き出していきます。

そこから見えてくる、あなたの強みや弱み、大事にしていることを、今一度確認してみましょう。

自分への理解を深めた上で、「なぜこの企業を選んだのか」ともう一度考えてみると、自分の言葉で志望動機を語れるようになります。

まとめ:履歴書の志望動機で内定を勝ち取ろう

履歴書は応募企業にとって、あなたの第一印象を決める重要な書類です。

理路整然とわかりやすく志望動機がまとめられているだけで、好印象を与えることができるでしょう。

学歴や取得資格などももちろん大切ですが、「どんな経験をして、どんな魅力を持っていて、どんな価値をもたらしてくれるのか」、中途採用の場合はこのような人間力のほうが重要なのです。

今回の記事を参考に、あなたの魅力が詰まった履歴書を作成して、内定を勝ち取りましょう。

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
小野澤 優大
20代男性、福岡県在住。新卒で入社した企業で人事に抜擢され、数々の人材と経営視点で関わった経験を持つ。フリーライターとして転職系記事を多く執筆し、転職事情に豊富な知識や経験を有している。

みんなのコメント

まだコメントがありません。

関連コンテンツ