面接対策

転職の1次面接は準備が大事!40代女性が対策したい5つのこと

こんにちは。40代女性の転職を全力応援しているMiacaです。

求人にたくさん応募しても、40代では書類選考をなかなか通過できないのが実態。

ですので、書類通過の通知を受け取ったら、次の1次面接は、できる範囲で万全に取り組みたいですよね。

しかし、転職活動が久しぶりすぎて、

  • 何を準備すればいいのかわからない!
  • 現職やプライベートで普段から忙しいから時間が足りない!

このような方のために、面接前までに最低限準備すべき、5つの対策をご紹介します。

1次面接で準備したい5つの対策
  1. 面接官は誰かを知る
  2. 求人票の見直しからアピール内容の整理
  3. 企業・業界研究
  4. 逆質問の準備
  5. 面接当日の服装(服装・ネイル・化粧)

1次面接Xデーの3日~1日前までに、メモに書き出すもよし、頭の中で考えを整理するだけでも面接当日の心構えが違ってくるでしょう。

対策1:面接官は誰かを知る/3日前

1次面接の準備で最も大事な事項は、相手を知ることです。

  • 面接官は誰か?
  • どんな役職の方か?

これらを3日前までには把握しておきましょう。

面接にのぞむ相手が、日々どんなことを日々考えているか、どんな課題を持っていそうか、相手を知りイメージすることで、効果的な対策を打つことができます。

面接官に関する情報は、転職エージェントから入手するのが最も役立ちます。

面接官のポジションや役職を把握してください。

大手エージェントならば、他の候補者からの情報提供により、面接官の特徴や、質問してくるポイント等の追加情報を得られることがあります。

面接官に応じて、相手が聞いてくると思われる内容を、説明できるように準備しておきましょう。

▼転職エージェント選びはこちらから▼

対策2:面接官別アピール内容の整理/3日前

ここでは、対策1の内容をもとに、面接官となる方の職種に応じて、アピールする内容を整理します。

面接官が人事部担当者の場合

面接官が人事部の場合、求職者が自社にはまる人材か、雇って問題ないかどうか、このような点が見られます。

具体的には、応募者のコミュニケーション能力、考え方、思考の論理性、雰囲気、マナー等です。

そのため、いたって基本的なことが質問されるでしょう。自己紹介、自社の志望動機、退職理由など。

面接官が現場マネージャーの場合

面接官が現場マネージャーの場合、自身の職務経歴書の内容について、説明を求められるケースが多くなります。

40代でも面接に来てくれと声がかかった理由は、自分の提出した職務経歴書のどこかに、

面接官
面接官
この人の○○の経験はウチと合うかもしれない。話を聞いてみよう。

採用側がこのように思ってくれている点があるからです。

採用側の現場で抱えている事業や、課題にまつわる業務をしていたなど。ただ、どこがツボにはまったのか、面接までわからない場合が多いです。

準備として、一つ一つの業務をおさらいしておきましょう。事前に求人票を見直して、ヒントを探すのもよいかもしれません。

志望動機は両者共通

面接官がどのタイプだったとしても、共通で考えるべきは志望動機です。

なぜこの会社のこの職種なのか、自分の経験との共通項は何かを探し出し、何をやりたいかにつなげていくような、説明を組み立てるのがよいでしょう。

対策3:業界・企業研究/2日前まで

応募先が経験のある業界であれば、その業界における応募先企業の位置づけを、最低限確認しておきましょう。

ここでの研究結果は、1次面接よりも2次面接や最終面接など、役職の高い方との面接に役立つ可能性が高いです。

またWebサイトやニュース等で、応募先企業の事業内容や重点施策がどのようなものか、確認しておきましょう。

中期計画やIR情報なども、さらっと読んでおくとベターです。

対策4:逆質問の準備/2日前まで

面接の最終段階で、「○○さんからご質問はありますか?」と聞かれます。

この質問は、最大の自己アピールの場に使えるものなので、転職エージェントのWebサイトなどで、紹介されているサンプル集などを参考にして、内容を練っておきましょう。

それでも思いつくものがなかったら、転職エージェントに相談しましょう。そのためにも2日前までには、ここまで準備しておきたいところです。

逆質問の中で採用側が見ている点は、入社意欲や社風との相性、フリートークならではのコミュニケーション力でしょう。

この質問タイムを最大限に活用して、ご自身の入社の熱意を伝えましょう。

対策5:面接当日の服装/1日前まで

最後の対策として、当日、どんな装いで面接にのぞむかを準備しましょう。

面接でお会いするのは、応募先企業の管理職の方です。もっとも大切な点は、男女関係なく以下を意識することです。

「初対面の方と公式の場で会う」というTPOを念頭におき、応募先企業の社風にマッチしそうな服装を心がけること

服装で意識すべき優先順

服装で意識するべき優先度は以下の順となります。

  1. 社風に合うと思わせる
  2. 清潔感を出す

上下揃えのスーツ(クリーニングからおろしたて)は王道かつ無難です。色は黒・茶・紺、ベージュ等のベースカラーを選びましょう。デザインはなるべくシンプルに。

自身の個性を出したい!という方は、インナー、アクセサリー、ネイル、靴など、見た目全体の中で、比較的露出の小さな部分で表現しましょう。

ネイルはあってもなくてもどちらでもOK。ただしつける際は、できるだけシンプルにまとめることをおススメします。

服装、髪型、ネイルは、メンテ状況が清潔感に繋がります。伸び途中やネイルの色が欠けている等の状態であれば、メンテをしておいてください。

化粧について

ネイルとは異なり、化粧は必ずしていくことをおススメします

いろいろな考え方があるかとは思いますが、この記事を書いている時点では、女性社員が化粧をして、美しく見える状態を維持することを、あるべき姿(良し)と考える方が多数を占めています。

自分のポリシーを優先せず、相手にとって心地がよい装い選んで、当日を万全の状態で迎えましょう。

 おわりに

1次面接で準備したい5つの対策
  1. 面接官は誰かを知る
  2. 求人票の見直しからアピール内容の整理
  3. 企業・業界研究
  4. 逆質問の準備
  5. 面接当日の服装(服装・ネイル・化粧)

今回は、1次面接の準備でおさえるべき、5つの対策についてお話ししました。

これらの内容が一つでも役立ち、皆さまの良い結果につながることを願っています。

▼40代女性におすすめの転職サイト▼
  • とらばーゆ ※女性会員が96%!女性が働きやすい求人が多い
  • doda ※大手から中小まで幅広い。40代は非公開求人が狙い目
  • リクナビNEXT ※正社員求人が多い。40代の利用者が3割

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
Miaca
40代女性、東京都在住。一般・ミドル女性のSE・ITコンサルの転職について執筆中。

関連コンテンツ