40代男性の転職

49歳の転職体験から伝えたい秘策ver2.0

はじめまして。「はる」と申します。

私は49歳で総合建築会社に転職し、現在11ヶ月目です。当ブログタイトルの「40代の転職」で言えば、最後尾になりますね!

今回ははじめての記事執筆になりますので、私が49歳で転職した活動体験記を、赤裸々に書き綴ってみたいと思います。

最初に申し上げておくと、転職に対する準備をおろそかにした結果、私の転職活動はとても苦しいものでした。

そういったところまで書いていきますので、これから転職をしようと検討されている方の、反面教師的な参考事例にでもなればと思っています。

「転職は大変」

とりあえず40代の転職はとても大変

転職を決意する前の私は、49歳。某大手アパート建築会社の営業マン・管理職として、9年目に差しかかったところでした。

基本給は少ないのですが、契約を取ればその分報奨金が別枠で支給され、優秀な営業マンであれば年収は青天井!

ただ当然のごとく、契約が取れなければ解雇!という、「ゼロか100か」という環境でした。

契約金額は、6,000万円前後~最大で3億円くらいの間でしょうか。

年収1,000万~3,000万円前後の華々しく活躍する営業マンの陰で、無数の営業マンが採用されては未契約のまま消えていく、そんな世界でした。

お施主様(オーナー様)のメリットが最大になるような提案をして、

  • オーナー様も潤い(アパートの収入)
  • 会社も潤い(建築費の利益)
  • 私も潤う(報奨金が入る)

と登場人物全員が潤う提案が理想なのですが、業界の中にいると、そんな理想通りには行かない現実にも突き当たる事になります。

競合したライバル会社に勝ちたくて、徹底的に比較したんです。それぞれのアパート事業の内容を。

なななんと、ライバル会社の提案しているアパート経営のやり方の方が、オーナー様のメリットが大きいんです・・・

もう逆立ちしても勝てない。「ウチの方が良いですよ!」って言えないんです。だってそう言ったらウソですもの。

先に仕事辞めちゃダメ!

かくして私は転職を決意しました。

というのも1年ほど先んじて、超一流企業への転職に成功していた元上司から、「一緒に働かないか?」と誘われており、現職場に限界を感じていた私は、すぐにその話に飛びつきました。

元上司
元上司
お前レベルの人材が居なくて困ってる
元上司
元上司
はやく辞めてこい
元上司
元上司
こっちは受け入れ態勢が出来てる

元上司からは、すごい愛の告白のような、甘い言葉のオンパレードです。

元上司
元上司
実際、いつから来れるんだ?

この言葉を聞いてから もうその超一流企業(A社)で働いている自分を頭に思い描き、現職場で窒息しそうだった私は、

転職が決まる前に退職してしまいました。(!!!!!!!!!!!)

(ドラゴンクエストなら、呪いのベルトを装備した時のBGMが鳴り響く場面です)

この瞬間、私は課長Lv49から、

MA まるで
DA ダメな
O  おっさん

略してマダオLv1へ転職

—-ここが地獄の始まりでございます。—-

「面接でしどろもどろ」

元上司の甘い罠

元上司のいるA社へ「形だけだから出して」と、履歴書や志望書類を提出し、面接の日時が決まりました。

アパートに特化していた前職とは違い、個人住宅から高層ビルまで総合建築を手掛けるA社は、違いはあれど同じ建築業界。

元上司
元上司
そのまま自然体で来てくれればいいよ

元上司の言葉をそのまま鵜呑みにして、面接当日を迎えます。

結果から言うと、落選するべくして落選となりました。

どうにも元上司の発言の熱量と、面接官の熱量は真逆です。

実際に面接を受けてみて私はただの中途採用にエントリーした中年男性に過ぎず、半ばヘッドハンティングされ、出来レースを走るエリートでも何でも無い『ただの無職』でした。

元上司は悪意もなく素で選考に通る、と思っていたようですが、世の中そんなに甘くありません

ひのきの棒で竜王に挑むな

これをカンチガイと言わずして、何をカンチガイと称するのでしょう?

減量に失敗したボクサーに怒られるレベルです。戦う準備すらしていませんでした。

しかも退職→1発目の企業が本命 【ラスボス】です。

Lv上げもせず、

ぬののふく に ひのきのぼう のまま竜王に挑むマダオです。

面接のトーク内容は仕上げておけ

面接では前職での経験や部下の育成、お施主様への事業提案の内容など、自分が行ってきた業務内容やA社に自分がもたらすメリットなど 話すには話したのです。

しかし、面接官の反応はどれも「フーン」といった域を出ることがなく、だんだんとこちらの準備不足、覚悟不足を見透かされていくような展開に。

もう絶賛しどろもどろです・・・

面接が終了し、「何か質問ありますか?」と聞かれた時に、確信しました。

「ヤッチマッタ」と。

「貯金はHPゲージ」

自己都合による退職のデメリット

その後の私は、ワールドカップでオウンゴールを決めて敗退した選手、そのまんまでございました。

退職して、残った有給を消化して、しばらくは悠々自適にリフレッシュ。

そして意識高い系営業としてA社で大活躍!!!

もう自分のカンチガイっぷりに 穴掘って土下座しても足りないこっぱずかしさでございます。

そしてさらに気づきました、「自己都合による退職」です。

失業保険も待機で3ヶ月は出ないし、出ても最大で5ヶ月間のみ。

住宅ローンはあるし、車のローンも2台分。体の弱い妻は働けず、子供は高校生。カードの支払いだって待ってはくれません・・・

回復する事のないHPゲージ

ゲーム画面上で、私の頭上に表示されるのは、「戦士Lv10」とかではなく「無職」。

そしてハタと気づきました、貯金こそHPゲージなのだと。

HPゲージは日々減っていきます。宿屋で休んでもけっして回復しません。

そしてHPゲージが真っ赤な0になった時、ゲームオーバーです。

脳内に浮かぶ、家に車にベタベタ貼られる「差し押さえ」の映像に、ゾッといたしました。

ただの無職(マダオ)になった私は、HPゲージが0になる前に、どこかに辿り着かなくてはいけません。

脳内のA社採用は何だったのでしょうか?

おとなになったらユーチューバーになりたいです

満面の笑みでこう語る子供のようなものです。

まるでダメなオっさんの逆襲

ようやく私にも、自分がどれほどの失敗をしでかしたのか、実感として胸に突き刺さってきました。

なんでしょう?お尻のANAを毒蛇にチロチロ舐められているかのような、湧き上がる不快感と恐怖心。

日々ジリジリと追い詰められていく感覚。最悪でしたね。

でもいつまでも、毒蛇にアレコレ舐められていても始まりません。

ここからマダオの逆襲です。



「40過ぎるとそもそも書類が通らない」

転職サービスへ登録

最初に始めたのは、ネットの転職サービスへの登録でした。

登録して自分のプロフィールを埋めていくと、ネット上で履歴書が編集されていきます。

ひと昔前は、「履歴書は手書きで!」というような風潮があったように思いますが、ネットからエントリーする現代では、デジタルの履歴書でも遜色なく機能を果たします。

手書き文字が苦手な私にはとても助かりました。

サイトの中で、過去の職歴も埋めて行くので すべてを記載すれば職務経歴書も出来上がります。

リクナビとか、マイナビとか、dodaとか、もう片っ端からコピペ登録して、希望する職種や年収など、条件の合いそうな企業に応募していきます。

だがしかし募集なし

でも合わないんですよね。この年齢で希望年収を満たす企業が圧倒的に無いんです。

あったとしても、東京都内で、完全同業種の経験年数○年以上のマネージャーとか、もうピンポイントすぎます。

そもそも企業として、国家資格の有資格者を○人揃えなきゃいけないとかでもない限り、資格の必要もない営業職なら、50代より40代、40代より30代、30代より20代。

若い方が伸びしろもあるし、管理職からしたら使いやすいですよね。人件費だって抑えられますし。

そもそも募集が無い。そして応募しても書類が通らない。

通行止めです。

「世界から拒絶された自分」

圧倒的弱者(ざわざわ)

最初のうちは選ぼうとするんです、こちらも。

案件が少ないながらも条件を比較してみたり、面接日が被ったりしたら、迷惑をかけてしまうな、とか。

そんな配慮はまったく必要無かったです。

最初のうちはドキドキしながら、すごく比較して吟味して、応募のEnterボタンも気合とともに「ポチっとな!!!!!」とかやるんですけど、

応募に対しての企業からの返信が、テンプレート通りの「誠に残念ですが今回は不採用」の内容です。

1通2通~5通~10通と届くようなると、

はる
はる
あれ?おかしいな。ぼくのインターネッツ、どこかこわれたかな?

などと呟くようになり、

テンプレ不採用メールが30通を超えると、心が折れてきます。

49歳の無職の求職者=圧倒的弱者

心の奥がざわざわしてきます。

かつての部下の輝かしい転身

この頃、さらに息の根を止めるような痛恨の一撃も食らいました。

私が在職中にイチから育てた部下君も、家庭の事情で大手企業に転職を成功させておりました。

私がイチから様々な事を教え、彼を成長に導けたのは、自分の中でも大きな自信となっていた、思い入れのある部下でした。

ある企業でなんとか面接までこぎつけて、面接会場に行くとその彼が働いているのです。

彼は新天地でピカピカに輝き、

そして私の面接結果は「不採用」

もう世界中から全否定。「お前は役立たずだ」と突き付けられているようです。

とにかく凹みました。

「採用担当があなたの資料を手に取るタイミングにすべてを掛けろ」

ネットがダメならハロワがあるじゃない

もうまったく後がありません。HPゲージはもう真っ赤です。

脳内では管財人が、「差し押さえ」の札を持ってウロウロしています。

なりふり構っていられない私は、地元のハローワークに出向いて求人票を漁りました。

地元のハローワークでは、ネットよりも面接まで行ける確率はグッと上がります。

ネット上にある大量の情報の中で、私という49歳のマダオは本当に無価値な無職です。

モニターに映る情報の一遍に過ぎません。

採用担当があなたの資料を手に取るタイミングにすべてを掛けろ

少なくとも面接する時点では、事前にその応募する企業の会社概要を読み込み、

  • 自分がどんなメリットをもたらす事が出来るのか?
  • 自分が何をしたいのか?
  • なぜその会社を選んだのか?

上記のような部分は、文章にまで落とし込んでおくべきだと感じます。

「話す内容をぼんやりとしたイメージで準備」ではダメで、音読して「ですます調」で言い切る形まで準備しておくべきです。

そして面接のチャンスをもらえたなら、最大限の自分プレゼンを仕掛けるべきです。

履歴書、職務経歴書、もうひとつ「自分プレゼン資料」。この3つを用意しましょう。

履歴書も職務経歴書も、よほど優秀な数字が計上出来ているなら、それで充分かもしれませんが、面接担当の前にいる自分は、49歳ヨレヨレの無職のマダオです。

向き合って座っている段階で、マダオが圧倒的に不利な状況は、面接官にも透けて見えます。

椅子に座った時点で、面接官にマウントを取られているのです。

幸いにして私は、前々職のデザインの経験や、画像加工技術をベースにしたプレゼン資料作りには自信がありましたので、思いっきりケレン味の効いた、「自分プレゼン資料」を作りました。

手に取る瞬間に、「おお」と声が出るような、パンチの効いた(ハッタリ)デザインのオンパレードです。

その資料を面接担当が手に取る瞬間も、シミュレーションしておきます。

1枚目には視覚的に圧倒する(だけの)デザインを載せ、2枚目以降に自分の紹介や過去こなしたプロジェクト、部下の育成等をまとめておきます。

時系列でまとめ、目立つ付せんを貼って視線を誘導し、細かい数字などは追わなくても、私がどんな業務をしてきたのか、全体像が掴めるような資料にしておきます。

内容は大したこと無いのですが、パッと見で、実にハッタリの効いた、まるで仕事ができるオトナだわ!と印象を受ける資料です。

そのスタイルで面接を受けるようになってから、5か6社目でしょうか。

やっと最後の選考を通過して、転職の神殿で会社員Lv1にクラスチェンジすることができました。

自分という商品を客観視しストロングポイントを見つけろ

私の場合は、デザインに特化した資料作りを自分のストロングポイントとして、準備をして売り込みました。

この記事を読んで頂いた皆さまにも、それぞれの経験値から、それぞれのストロングポイントがあるのではないかと思います。

40代前半での転職と、40代後半での転職でも、募集の熱量はまた違うものだと思います。

ただ一般的な40代の中年は、売り手市場とはならないのです。

転職中のもがいている時期は、地獄に堕ちた餓鬼どもの群れの中に居て、天界からの一筋の蜘蛛の糸を待ち望んでいるようなイメージでした。

「たられば」でしかありませんが、最初のA社の面接時にさえ、油断せず準備万端にして自分が面接に臨んでいたら、まったく違う未来を引き当てていたのかもしれません。

魑魅魍魎の群れを掻き分けて、その糸を掴んでください。その瞬間は突然にやってきます。

準備しておいてください。大切な事なのでもう一度言います。

準備しておいてください。

あなたとあなたの家族の為に。

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
はる
50代男性、静岡県在住。不動産・建築営業職。静岡出身、卒業後静岡→東京(就職)→結婚し静岡へUターン。都合3度の転職を経験。経験にもとづいたお話をしていきます。

関連コンテンツ