転職前の悩み

40代なら知っておきたい!誰もが直面する転職のさまざまなリスクとは?

希望をもって転職活動にのぞんだとしても、やはり転職にはリスクはつきものです。

そして年齢が上がれば上がるほど、そのリスクは増大します。

とくに40代の転職では、キャリアアップできるかできないか、ターニングポイントになるでしょう。

ハイクラス転職ができるキャリアをお持ちの方なら、40代であってもあまり心配をする必要はありません。

しかし残念ながらそうでないという場合は、転職にはどんなリスクがあるのかを、事前に知っておくべきでしょう。

転職のリスクはざっくり言うと3つしかありません。仕事お金人間関係です。

とはいっても、細かく見るといろいろなリスクがありますので、今回の記事では、転職で起こりうるリスクについて、分類してご紹介していきます。

今よりもいい会社に転職ができるかどうかのリスク

転職しようとしてはじめに直面するのは、

今よりもいい仕事が見つかるのか?

やはりこのような不安でしょう。

実際にいい転職先が見つかるかわからない

今よりも悪い環境の会社に転職しても意味がありません。

ただし、「今よりもいい職場や条件があるかどうか?」は、実際のところ探してみなければわからないのです。

基本的にいい話は向こうからはやってこないので、自ら動いて探すしかないでしょう。

このようなリスクは、在職中に転職活動を始めることで軽減することができます。

退職してからの転職活動は、焦ってしまったり、足元を見られる可能性がありますので、基本的にはオススメできません。

謙虚な考え方をする人なら、

自分の実力で、もっといい会社に転職出来るのか?
自分の力では、この程度の会社で上等ではないのか…

上記のように思いこんでいるのかもしれません。

しかしとても優秀な人材が、劣悪な環境の会社でガマンしているというケースも、実際にはあるのです。

逆に、外から見れば勤めている会社はいい会社なのに、文句ばかり言っているような人もいます。

このようなミスマッチを避けるためには、どのような転職案件があり、どの程度のスキルを要求されるのか、転職市場の相場を知っておくことが重要です。

現状の不満が解決できるか

転職で失敗しないためには、「今の仕事の不満を解決できるかどうか?」がポイントとなります。

年収なのか仕事の内容なのか、不満に思う部分は人それぞれですが、解決したい不満に優先順位をつけて、不満を解消できる転職を目指すことが大切です。

その際に注意して頂きたいのは、人間関係だけは事前に把握できないこと。

社内の雰囲気を面接などで知るチャンスもありますが、人間関係がどうなのかは、実際に仕事をやってみないとわからないことがほとんどでしょう。

収入に関するリスク

転職するうえで、いちばん大きなリスクとなるのは、やはり収入に関することです。

基本的には年収アップをしたくて転職するわけですが、なかなか思うようにいかないこともあります。

年収ダウンの可能性もある

年収が下がってでも、いまの会社を辞めて転職したい

上記のような悩みを持っている方は別として、もっとも避けたいのは、転職したのに年収ダウンすることでしょう。

これは入社を決める前に、きちんと確認しておく必要があります。

求人募集の条件で「給与:30万~40万円」となっていたら、まず間違いなく30万円です。高いほうの金額ということはまずありえません。

いったん勤めてしまうと、給料が年々上がっていくことは考えにくいので、最初の段階から希望条件に相違があるのは避けたいところです。

年収など条件に関することは、面接時には聞きにくいことでもありますが、入社を決める前までに確認するようにしましょう。

残業代が出ない

年収などの条件を考えるときに、残業代を含めるのはやめておきましょう。

残業代が出ない会社や職種もザラにありますし、確定していない残業代の収入を年収として考えると、あとで痛い目にあうかもしれません。

残業代が出る会社でも、「月〇時間までのみなし残業代を含む」と基本給に含まれている場合もあります。

また会社の業績が悪くて残業禁止になったり、サービス残業で対応せざるを得ない可能性も…。

とくにスタッフ部門や販売系など、

残業代はあってあたり前

このように思っている方は、注意して頂きたいポイントです。

ボーナスが出ない、額が少ない

年収に大きく関わってくるのが、ボーナスの内容です。

年俸で契約する会社であれば問題はないのですが、景気に左右される規模の会社であれば、業績次第でボーナスが上下する場合があります。

これが年収ダウンにつながってしまいます…。

また、前職でボーナスがある会社に勤務していた方なら、年俸制で12ヶ月割の給料体系になると、収入サイクルの変化に戸惑ってしまうこともあります。

人間関係に潜むリスク

収入に関することは、事前に把握することが可能ですが、人間関係のついては、入社してみないとわからないことが多いです。

ここでは筆者が実際に経験した、人間関係のリスクをご紹介しておきます。

職場の既存社員と馴染めない

どんな会社でも、変わり者やイヤな人が多少はいるものですが、転職した際に、既存社員の輪になじめないこともあります。

とくに会社自体や部署が小さく、少人数の会社でありがちですが、中途採用の社員がなかなか仲間に入れないのです。

小規模な会社では仲間意識が強く、職場の人間関係が既存の社員同士で、がっちりと固まっていることも多いもの。

仲間意識が強いということは、裏を返せば排他的であるといえます。

つまり既存のコミュニティを優先するあまり、外様の人をなかなか受け入れない傾向にあるのです。

このような傾向は、創業時からの社員が多いベンチャー企業や、家族経営の中小企業に多く見られます。

会社に馴染めるかどうかは、既存のコミュニティに受け入れられるかどうかで決まるので、かなりきびしい転職になってしまう場合もあるでしょう。

妙なウワサが先行してしまう

入社する条件によっては、入社前から既存の社員に引かれてしまう場合もあります。

あなたのスキルが異常に高く評価されて、鳴り物入りで入社したりすると、

 まずはお手並み拝見…

このような感じで、ちょっと距離を置かれてしまうのです。

ほかにも役職者の知り合いとして入社したりすると、

○○さんの子飼いだから
経営陣からの見張り役が雇われた

上記のような感じで、あらぬウワサを立てられてしまうこともあります。

こういう場合は、コミュニケーションを取りながら、徐々に解消していくしかないでしょう。

会話のレベルが違いすぎる

年令や仕事内容、知識などがあまりに違いすぎると、話がかみ合わずコミュニケーションをうまく取れない場合もあります。

1~2枚くらい格下だったり、格上だったりする場合は、指導したり学んだりすることはできますが、それ以上に格が違うと話が合いません。

  • 販売戦略の売上表が、どこからツッコんでいいかわからないレベルで稚拙な内容
  • 休憩時間になると、ゲームやマンガの話、内輪の話などで盛り上がっている

このような状態であれば、どうしてもついていけないと思ってしまうこともあります。

相手を変えることは難しいですから、自分が合わせるように努力する必要がありますが、受け入れられないこともあるものです。

筆者の場合は、退職が決定的になった時の飲み会で、かなり酔っぱらって既存社員の方と本音で話す機会がありました。

その結果、仕事に対する考え方の相違がありすぎて、

この考え方で生きている人とは、やはりやっていけなくて当然だったわ…

このように痛感したものです。

イヤな言い方をすると、「それなりの会社にはそれなりのレベルの人が集まる」もの。玉石混交のような会社は、筆者は経験することはありませんでした。

希望や理想が実現しないリスク

新天地でバリバリやっていくぞ!

このような希望に満ちて転職したのに、なかなかうまくいかないこともあります。

その理由を挙げると以下の通りです。

独特の社風が合わない

会社にはそれぞれ社風というものがあります。それはたとえ社長が替わったとしても、変わらず残る場合もあるのです。

たとえば外資系企業には外資系の社風があり、オーナー企業には、家族経営のぬるさやワンマン社長による独断などがあります。

ベンチャー企業であれば、多少のリスクを覚悟の上で市場シェアを取ることを優先する、このようなドライブ感を味わえるでしょう。

社風というのは、どれが良くてどれが悪いとかいうものではありませんが、まったく違った社風の会社に行くと、馴染むまでに苦労するものです。

とくに初めて転職する方や、40代で転職する方なら、今まで働いていた会社の社風がしみ込んでいるため、ギャップに苦しむことがあるかもしれません。

外資系企業、国内企業、ベンチャー企業、大手企業、零細企業、オーナーカンパニーなど。

それぞれで社風が違いますから、リスクを回避するためには、今までと性格の違いすぎる企業への転職は控えた方がよいのかもしれません。

どちらかというと、中小企業から大手企業に転職する方がリスクは少ないです。大手企業の方が、オリエンテーションや会社組織そのものがしっかりしているからです。

逆に大手から中小企業に転職すると、売上や組織の規模、経費や人数など足りないことが多く、期待外れと感じてしまうかもしれません。

自分のスキルが通用しない

これまでに培ったスキルがあったとしても、会社の方針や仕事のやり方が違っていると、そのスキルが通用しない場合もあります。

過去のやり方を重視するあまり、新しい手法を取り入れない体質の会社だったり、これまでのやり方を否定されて、自分が持っている実力を発揮できないこともあるのです。

例えるなら、日本で運転免許を持っていても、アメリカではすぐにスイスイ走れないようなもの。

また古い体質の業界だと、競合同士が仲良く横でつながっていて、新規参入する会社で働く場合に、思ったように動けないというケースもあります。

入社時にわからなかった労働条件に納得がいかない

実際に入社してみたら、労働条件が思っていたよりも厳しいこともあります。

ノー残業デイという名目でサービス残業の日があったり、早朝出勤があっても手当がまったくない、「任意」による休日出勤をせざるを得ないなど…。

他でも、出張手当がびっくりするほど低いとか、加給が多くて基本給が低い設定のため、ボーナスの額が思った以上に低いということもあります。

まとめ:転職にまつわるリスクを想定しておこう

今回は転職で起こりうるリスクについて、筆者の転職経験にもとづいて、分類してご紹介しました。

転職のリスクを挙げていくとキリがありませんが、リスクを知らないよりは、知っておいたほうがいいでしょう。

どんなリスクがあるかを最初から認識しておけば、事前に対応策が取れる場合もあるものです。

40代の転職であれば、転職にはより慎重を期する必要がありますので、可能な限り想定できるリスクを回避していきましょう。

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
なげ
50代男性、東京都在住。日用品業界にて30年近く営業として働いています。 7回ほど転職を経験しており、私の転職体験や経験が40代の転職でお悩みの方に、なにか少しでも参考になればと思っています。
セカンドゴング おすすめの記事
40代転職の完全ガイド!
40代の転職を成功させよう!

40代の転職を成功させるためには、まず40代の転職を取り巻く状況や現実を知ることが大切です。
そのうえで転職活動の具体的な流れ、各ステップごとの対策や攻略ポイントを学びましょう。
40代転職に特化した当サイトならではのノウハウを徹底解説します!

転職エージェントを選ぶなら
40代におすすめの転職エージェント6選

40代は転職エージェントを活用することが成功への近道です。
しかし失敗したくないので、選び方や注意点など慎重になりますよね…。
3000名以上の転職支援をしてきた筆者が、おすすめの転職エージェントと40代の活用方法を徹底解説します!

みんなのコメント

まだコメントがありません。

関連コンテンツ