転職の準備

40代転職で年収アップしている人は40%!成功につながる7つの方法とは

40代で転職するにあたって、

現状より年収アップしたい!

このように考えている方は多いのではないでしょうか?

ミドル世代の採用は厳しい状況となっていますが、条件を絞って行動すれば、40代でも年収アップできる可能性は格段に高まります。

厚生労働省のデータによれば、じつに40代転職者の40%の人が、年収アップの転職を果たしているのです

そこで今回の記事では、40代転職者が年収アップを図るための方法について、具体的な7つのアプローチをご紹介します。

40代転職で年収アップを図るための方法
  1. 給与水準が高い業界へ転職する
  2. 規模の小さい会社で、管理職の高待遇を狙う
  3. 実力・スキル評価型の業界・会社で勝負する
  4. 福利厚生・諸手当を含めた年収アップを目指す
  5. 資格を取得して待遇アップを図る
  6. 面接時にキャリア・実績を最大限アピールする
  7. I・Uターン転職で年収アップを狙う

ぜひ、ご自身の年収アップのための参考にしてください。

転職で年収アップした40代の割合は40%

40代の転職が、「20代~30代と比較して厳しい状況となっている」ということは、皆さんご存知のとおりです。

とくに、転職を機会に「年収アップ」を果たした人の割合は、顕著に減ってきます。

以下は、厚生労働省の資料を元にした40代転職者が年収アップした割合です。

◆40代の転職者で年収アップした人の割合 ※平成30年度データ

40~44歳41.4%
45~49歳38.9%
厚生労働省「平成30年雇用動向調査結果の概要」より

平均すると40.2%となります。

同じ調査によると、30代前半で転職後に年収が上がった割合は44.7%ですから、それと比べると低い数字であることがわかります。

転職成功の定義は、価値観や退職理由によって変わる

前述の雇用動向データは、あくまで転職者全体の傾向を示したものであり、以下のような人たちも含めたうえでの数字です。

  • 職場の人間関係に悩んで転職をした
  • ワークライフバランスを重視して転職をした
  • 会社の将来が不安になり転職をした

40代は人生の折り返し地点であり、転職をきっかけに趣味や家族との時間など、

今までと違う何かを手に入れたい

このように願う人はたくさんいることでしょう。

目的や価値観によって、転職成功の定義は異なります

ただ全体で40.2%もの人たちが、転職で年収アップしている点を踏まえると、

40代でも年収アップは十分に可能である

このようにいえるでしょう。

40代(正社員)の平均年収のデータ

前職の収入によっても、収入アップの度合いは異なりますから、やはり気になるのが、

同年代の人たちは、どれくらい稼いでいるのだろうか?

ということですよね。

厚生労働省の調査によると、40代で正社員として働いている人の平均年収は356万円となっています。

詳しい内訳は、以下をご覧ください。

◆40代正社員の平均年収

年齢全体平均男性平均女性平均
40~44歳344.4万円368.2万円287.8万円
45~49歳368.9万円399.3万円295.5万円
厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査結果の概要」より

上記データはあくまで平均値であり、性別や年齢で差があるものの、ご自身の現状と比較していかがでしょうか?

勤続年数や業種、役職の有無によっても変わってきますが、ひとつの参考データとして見ていただければと思います。

年収アップのためには、自身の強みを活かすことが大前提

採用側は、求職者に対してさまざまな要素を求めています。

企業のニーズに応えるためには、これまで培った自身の強みを最大限に活かしていくことが「大前提」となるでしょう。

マネジメントスキル

キャリアアップを嫌う若者が増えるなかで、経験豊富な40代に対しては、将来の管理職候補としての可能性を期待しています。

同業種からの応募者に対しては、人事担当者も一層に期待することでしょう。

マネジメント経験があることは、転職における強力な武器となります。

ただし、新しい職場で通用するかは柔軟性や協調性によっても変わるため、

面接を通して、性格や人柄がチェックされている

ということは頭に入れておくべきでしょう。

専門的な知識とスキル

40代は”入社後の即戦力”として期待される傾向にあり、

業界に精通した知識やスキル

こういったものがあるほど需要は高まります。

理解度によって程度は変わるものの、

  • 入社後の待遇が変わる
  • スキルが評価されて、マネジメントの道が拓ける

といった可能性が期待できます。

転職で年収アップにつなげる7つの方法とは

転職で年収アップを勝ち取るためには、

年収アップにつながる要素を、複合的に取り入れていくこと

上記のような考え方が大切です。

月ごとの稼ぎよりも、年間トータルでの収入増を視野に入れて、

  • 転職を希望する企業の業績
  • 自身のキャリアパス

といった点についても、しっかり考えておきたいところです。

ここでは、40代が転職で年収アップを図るために、取り入れてみたい7つの方法について解説します。

年収水準が高い企業へ転職する

企業の年収水準は、業種や事業規模によって大きく異なります。

転職により年収アップを目指すには、

平均年収が高い業界を選ぶこと

上記がとても重要です。

また、年収の伸びは景気に左右される要素でもあるため、

  • 前年からの伸長率
  • 業界の将来性

といった要素も判断材料にすると良いでしょう。

業種別の平均年収

国税庁が発表しているデータによると、業種別の平均給与前年からの伸長率は以下のようになっています。

◆業種別の平均給与と伸長率(前年比)

業種平均給与伸長率(前年比)
電気・ガス・熱供給・水道業759万円1.60%
情報通信業622万円4.00%
金融業・保険業613万円2.70%
製造業519万円2.40%
建設業501万円1.50%
学術研究・専門技術サービス業・教育・学習支援業497万円▲2.4%
運輸業・郵便業446万円3.00%
不動産業・物品賃貸業445万円6.70%
医療・福祉397万円▲0.6%
卸売業・小売業383万円2.60%
複合サービス業363万円0.10%
農林水産・鉱業316万円▲4.4%
宿泊業・飲食サービス業256万円▲0.9%
(業種平均)440万円2.00%
国税庁「平成30年分民間給与実態統計調査結果」より

年間給与で一番高い業種は、「電気・ガス・熱供給・水道業」の平均給与759万円でした。

生活基盤を支えるインフラ業界のなかでも、とくに高水準で堅調な伸び率を示しています。

反対に、最も厳しい水準となっている業種は、「宿泊・飲食サービス業」の251万円となりました。

事業規模や経験値、役職に就いているかどうかでも変わりますが、一つの目安にはなるはずです。

規模の小さい会社で、管理職の高待遇を狙う

課長職など、すでに一定の役職に就いている場合に有効な方法が、

事業規模の小さな会社へ転職して、待遇アップを図る

という方法です。

ただこの場合は、業績が好調な会社に、管理職として迎え入れてもらうことが前提となります。

現状よりも精神的なプレッシャーが減るうえに、ワンランク上の役職に就くことが期待できるでしょう。

40代の管理職は、たとえ転職しなくても、あと10年で役職定年を迎えて年収がダウンします。

早めの行動によって、老後の蓄えも変わってくるでしょう。

実力・スキル評価型の業界・会社で勝負する

  • 不動産やディーラーといった営業職
  • 金融業界など

上記のような、スキルや業績に応じて給与がアップする「実力評価型」の仕事なら、40代においても年収アップを狙うことができます。

これまで培ってきた知識や経験、得意分野を活かせれば、年功序列の企業よりも高い確率で、勝ち組になることができるでしょう。

ただし、実力評価型の企業にはリスクもあります

基本給やインセンティブの仕組みはもちろん、

最低いくらの月収が保障されているのか?

という点について、事前にしっかり確認することは必須です。

万が一のリスクを考えておくことも、40代転職者にとっては必要な資質となります。

資格を取得してから転職する

いわゆる定番の方法ですが、転職者にとってやはり「資格」は大きな武器となります。

業界でいかせる資格を取れば、採用率が上がることはもちろん、給与・キャリアアップの面でも優遇されます。

ただし、いわゆる「資格ビジネス」のような民間資格には注意が必要です。

いま現在、そしてこれから需要が増えるであろう資格を先取りすれば、40代であっても前職を上回る年収を確保することは、決して不可能ではありません。

福利厚生・諸手当の違いで年収アップにつなげる

給与を構成するのは基本給だけではありません。

皆勤・通勤・家族手当といった諸手当の金額や、住宅手当や家賃補助の有無など、しっかりリサーチしておきましょう。

福利厚生・各手当が前職よりも高ければ、月収は同じでも、結果として年収アップにつながります。

具体的な金額は求人情報に記載されないため、応募時にきちんと確認しておくことが大切です。

面接時にキャリア・実績を最大限アピールする

転職に成功する人たちは、自分を売り込む重要性を知っています。

履歴書や職務経歴書、面接の際などに、

この業界とは畑ちがいだから…

上記のような自己判断をせずに、持っている経験を全面的にアピールしていきましょう。

求職者の可能性を判断するのは採用者です。

過去の意外な経歴が企業のニーズと合致すれば、思わぬキャリアパスが描けるかもしれません。

Iターン・Uターン転職で成功することも

地方に本社や工場を構える企業へ転職すれば、I・Uターンでも年収アップを図れる可能性があります。

静岡・愛知・大阪・福岡は、東京に次いで年収の水準が高く、IT業界においては人材確保のために、あえて地方に拠点を置く企業もあります。

I・Uターン転職には、子育てや住環境優先のイメージが強いかもしれません。

しかし、エンジニアやプログラマーといったスキルに特化した職種であれば、競合の少ない地方で転職した方が、よい結果につながるケースもあるのです。

生活拠点を地方に移すことで、住居や生活費の節約につながります。

年収アップに成功すれば、さらに豊かなに暮らしを手にすることができるでしょう。

目先の収入アップも重要だが、長く働ける「環境選び」はもっと大切

一定条件を満たしてくことで、年収アップの確率を高めることはできます。

ただ、忘れてならないことが、長く働き続けるための「職場選び」です

以下の表は、勤続年数と平均給与の関係を示したグラフとなります。

◆勤続年数別の平均給与

勤続年数別の平均給与|国税庁資料国税庁「平均給与」資料より

上記の表からも分かるとおり、ひとつの企業で長く働くことが、年収アップにつながることは明らかです。

入社1年~4年以内と比較した場合、入社5~9年では男性が96万円、女性は51万円も年収が増えています。

40代の転職では、職場の人間関係に躓いてしまうケースも少なくありません。

給与が若手と同じスタート地点では納得がいかない

このように思う方もいるでしょう。

しかし入社時には厳しい給与水準でも、これまでに培った経験をフルに活かせれば、早い段階で給与アップが見込める場合もあるのです。

40代に特化した転職エージェントを活用しよう

40代の転職で年収アップを成功させるためには、自力だけで活動するよりも、ハイクラス人材を専門とする転職エージェントを活用しましょう。

一般的な転職サイトやハローワークでは、なかなか出会えない優良企業や、非公開の求人に出会える可能性があります。

転職エージェントは、キャリアアドバイザーとの相性や求人内容が各社によって異なるため、複数登録して比較するのがおすすめです。

サービスを利用する際の、積極的な姿勢が重要となってきますので、年収アップを条件としていることをしっかりと伝えましょう。

▼おすすめの転職エージェントはこちら▼

まとめ:40代転職でも年収アップは可能です!

40代の転職となると、「ネガティブなイメージ」ばかりが先行します。

しかし事前に市場をリサーチしてポイントを押さえれば、40代であったとしても、年収アップは不可能ではありません。

40代転職で年収アップを図るための方法
  1. 給与水準が高い業界へ転職する
  2. 規模の小さい会社で、管理職の高待遇を狙う
  3. 実力・スキル評価型の業界・会社で勝負する
  4. 福利厚生・諸手当を含めた年収アップを目指す
  5. 資格を取得して待遇アップを図る
  6. 面接時にキャリア・実績を最大限アピールする
  7. I・Uターン転職で年収アップを狙う

ご紹介した上記の方法から、ご自身が実現可能な方法を取り入れて、ぜひ「年収アップ」の転職を成功させてください!

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
Santiago
40代男性、神奈川県在住。運送業界にて管理職を経験するも、家族との時間をもっと大切にしたいと40歳にて転職。現在は、自由気ままに暮らしながらWebライターとしても活動中。森林散策とカフェでのひと時が元気の源!
セカンドゴング おすすめの記事
40代転職の完全ガイド!
40代の転職を成功させよう!

40代の転職を成功させるためには、まず40代の転職を取り巻く状況や現実を知ることが大切です。
そのうえで転職活動の具体的な流れ、各ステップごとの対策や攻略ポイントを学びましょう。
40代転職に特化した当サイトならではのノウハウを徹底解説します!

40代向け転職サイトはこちら
40代におすすめの転職サイト11選

40代が応募できる求人は数が減ってしまうので、転職サイトごとの特徴を掴んで、自分にマッチした求人を効率よく集めることが重要です。
40代が転職サイトを選ぶときのポイントと、おすすめ11選を5つのタイプ別でご紹介します。

みんなのコメント

まだコメントがありません。

関連コンテンツ