求人探し・応募

社労士事務所は未経験や資格なしでも転職できます!入社するための準備とは

社労士事務所へ転職するためには、「社労士の資格が必要」って思いこんでいませんか?

いいえ、そんなことはありません。

求人欄を見ていると、「未経験歓迎!」の求人なんてゴロゴロ見かけます。

ですが、実際に社労士事務所を目指して転職活動をする際には、注意するべき点もあるんです。

今回の記事では、社労士事務所へ未経験や資格なしでも転職できる方法について、現役社労士の筆者が詳しくお話ししますね。

社労士事務所の求人は、社労士資格なしでも応募できるものがある

別の業界から社労士事務所に転職したいと思った場合、

社会保険労務士の資格がないと、転職ができないのでは?

このように思われる方もいらっしゃいますが、実はそんなことはありません。

「未経験者歓迎」で募集していることも

実際の求人欄を見てみると、

  • 未経験者歓迎
  • 社労士資格勉強中の方歓迎

このような記載がある求人が多々ありますので、資格があったほうが有利に働くとしても、必須というわけではありません。

ただ、何の知識もない状態で飛び込むのは、転職した後に苦労するでしょう。

社労士事務所は大企業とは違って、研修制度などが十分に整っているわけではないです。

当然ながら法律用語が多いですから、資格を取るつもりで事前に勉強しておくことをおすすめします

そうやって勉強しておくと、面接の際にアピールすることも可能です。

社労士事務所の業務を行うのに資格はなくてもよい

社労士事務所では、顧客企業の給与計算や社会保険手続きなどを、メインに行なっているところが多いです。

しかしこれらの業務は、すべてを社労士が行うわけではありません。

もちろん最終的には、所長である社労士の名前で仕事を完成させるのですが、入力作業などのアシスタント業務は無資格でも問題ないのです。

志望動機が重要視されます

あなたは、社労士事務所になぜ転職したいのでしょうか?

  • 今まで総務で給与計算などをしていて、キャリアアップをしたいから
  • 人事労務に興味があり、将来的には独立したいから

上記のように、さまざまな理由があると思います。

資格の有無に関わらず、社労士業界で自分が何をしたいのかは、よく考えておきましょう。

あなたはウチの事務所で何がしたいの?

面接で必ずこのように聞かれます。

未経験者を歓迎している理由とは?

前述したように、社労士事務所の求人欄には、「未経験者歓迎」と書いてある所をよく見かけます。

当然ながら、「未経験者でも歓迎」するのには理由があるはずです

経験者だけの募集では業務が追いつかないので、未経験の方を募集しているのかもしれません。

なぜ、そこまでして募集しているのかを、見極める必要があります。

事務所の人手が不足している

企業の人手不足を取り上げているニュースをよく見かけますが、社労士事務所も例外ではありません。

人気の社労士事務所であれば、常に仕事が舞い込んできますので、求人をかけてどんどん規模を大きくしています。

このような事務所では、仕事はきっと大変でしょうが、そのトレンドに乗るのもありでしょう。

人の入れ替わりが激しい

一方で、単に「人が辞めていくから募集をかけている」という事務所もあるでしょう。

社労士事務所は、激務である所がけっこうあります。

仕事量に対して、スタッフの数が足りておらず、常に大量の仕事を抱えて働いているのです。

このような事務所では、せっかく新人のスタッフが入所しても、研修制度が整っていなかったり、誰も教えるヒマがないことがあります。

新人スタッフは、誰にも仕事をロクに教えてもらうことができず、すぐに辞めてしまう悪循環になっているのです。

トップのキャラクターが影響している

社労士事務所は、スタッフ数名から十数名までの小規模な事務所が多いので、トップである所長のキャラクターが、事務所の運営に色濃く出ている可能性があります。

所長との相性が合いそうかどうか?

上記が勤務先を選ぶうえで重要な要素です。

スタッフはいい人が多くて仕事をしやすいんだけど、どうも所長とは合わなくて…

このような話も、実際にはちらほら耳にすることがあります。

できれば入社前に、「事務所見学」をやっておくべき

可能であれば、入社を決める前に「事務所見学」をすることをおすすめします。

内定までに、面接を何回行うかは事務所によって異なりますが、入社を決める材料はできるだけ多く確認しておくべきです。

事務所の雰囲気などは、面接では分からないこと多いですから、少なくとも半日程度は、事務所見学ができるか申し出てみましょう。

業務で扱うものが個人情報であることが多いので、スタッフの隣に座って見学することは難しいかもしれません。

部屋の隅に座ってでも、事務所の雰囲気をつかむことに集中しましょう。

  • 所長とスタッフがどのように関わっているのか?
  • スタッフ同士がどのような会話をしているのか?
  • 電話の応対の仕方などで気づいたこと

こういったことをメモしておき、入社するかどうかを決める判断材料のひとつにしてください。

ただし、事務見学を断られてしまった場合は、いさぎよく引き下がるようにしましょうね。

まとめ:社労士事務所への転職は、資格がなくても大丈夫です!

今回は、社労士事務所へ未経験や資格なしでも転職できる方法について、現役社労士が詳しくお話ししました。

社労士事務所への転職は、資格はなくても可能です

未経験で入所して、働いて経験を積みながら、社労士資格の取得を目指すことも問題ありません。

ただし、求人欄に「未経験歓迎」の文字がある場合は、

なぜ未経験者でも大丈夫なのか?

この理由を冷静に見極めましょう。

面接などの限られた機会のなかで、事務所の雰囲気を掴むのは大変かもしれません。

しかし、自分がこれから働く場所なのですから、しっかりと確認しておくべきです。

資格を取りたいので、社労士事務所へ転職したい

このように考えている方は、むしろいまの職場に留まって勉強することをおすすめします。

慣れない仕事のなかで勉強するよりも、慣れた仕事で自分の時間をコントロールしながら、勉強時間を確保する方が合理的です。

社労士試験突破のために、どのような勉強をすればいいのかは、また別の機会にお話しさせていただこうと思います。

皆さんの社労士事務所への転職が、成功することを祈っています!

▼社労士資格講座の資料請求はこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
すすむ
40代男性、兵庫県在住。社会保険労務士の資格を取ったことを機に、10数年勤めていた製造業を辞め、社労士事務所に転職しました。毎日が発見の連続で、やり甲斐を感じながら楽しく働いています。
セカンドゴング おすすめの記事
転職エージェントを選ぶなら
40代におすすめの転職エージェント6選

40代は転職エージェントを活用することが成功への近道です。
絶対に失敗したくないので、選び方や注意点など慎重になりますよね…。
3000名以上の転職支援をしてきた筆者が、おすすめの転職エージェントと40代の活用方法を徹底解説します!

40代向け転職サイトはこちら
40代におすすめの転職サイト11選

40代が応募できる求人は数が減ってしまうので、転職サイトごとの特徴を掴んで、自分にマッチした求人を効率よく集めることが重要です。
40代が転職サイトを選ぶときのポイントと、おすすめ11選を5つのタイプ別でご紹介します。

みんなのコメント

まだコメントがありません。

関連コンテンツ