40代女性の転職

40代女性の転職を成功させるために

(執筆:Rika

ここでは、40代女性の転職を成功に導くためのポイントと、40代女性の転職体験談をご紹介しています。

寄せられているのは、立ちはだかる大きな壁を乗り越えて、新たな道を切り開いた40代女性のリアルな声ばかりです。

実体験に基づくさまざまなエピソードは、あなたの転職活動にも参考となるはずなので、ぜひ確認してみましょう。

記事一覧へ

40代女性の転職で押さえておきたいポイント

40代女性が転職活動をする際は、まずは以下の点を押さえておきましょう。

「年齢の壁」は男性よりも女性の方が高い

事務職や販売職など、多くの女性が就いている職種に関しては、どうしても若年層の女性が優遇されがちです。

顧客が高齢者である場合や高級品の販売職なら別ですが、一般的には育成の観点などから、企業は20~30代の女性をターゲットとしています。

ある程度の期間で誰でも習得できる業務なのであれば、

できれば若い人にチャンスを与えたい

このように考える企業が多いからです。

差別化できる強みがないと、40代女性の転職が正社員として転職する場合は、相当厳しい戦いになるでしょう。

そういったなかで転職を成功させるためには、応募数を増やして、ある程度の長期戦を覚悟して転職活動に挑む必要があります。

ブランク期間を自己PRに変える方法とは

40代ともなれば、結婚・育児・介護などの家庭事情によって、ブランク期間があるという女性も多いでしょう。

仕事に就いていなかった空白の期間を、企業はどのように評価するのかが気になるところです。

ただ、たとえ家庭内のことであっても、

どのようなことを工夫して過ごしてきたか?

という点をしっかりとPRをすれば、家事や育児のことでもスキルとみなしてもらえます

たとえば育児であれば、

時間管理力 / 段取り力 / リスク管理力 / 対応力 / 共感力 / 気配り力

といったふうに言語化すれば立派なスキルです。

PTAなどの組織活動においても、民間企業でも通用するコミュニケーションスキルとみなしてもらえます。

自宅で過ごしたからこそ成長できた部分もある

といった表現で、臆することなく積極的にPRしてみましょう。

ワーママ(子持ち女性)の転職活動について

子育て中の女性は、どうしても勤務時間の制約があるので、希望時間に合った求人を探すのに苦労します。

ほとんどのワーママが条件としてあげるのが、以下の3点です。

  1. 残業なし
  2. 土日祝休み
  3. 急な休みがとれること

加えて子供が未就学児の場合は、保育園の送迎時間も考慮して、「時短勤務」で働きたいという要望をもつママも多いのではないでしょうか?

しかし時短勤務OKという求人は、都市圏以外では非常に少ないのが実態ですから、普通に求人探しをしているだけでは、なかなか情報を集めることはできません。

少し発想を変えて、以下のような工夫をしたり、方向転換を図ってみることをおすすめします。

  1. 女性向けの転職エージェント(パソナなど)、転職サイト(とらばーゆなど)を利用する
  2. 時短でない案件を受け、面接の中で勤務時間について企業に相談する
  3. 契約社員や派遣社員など、雇用形態を柔軟に選択する
  4. フリーランス、在宅ワークもひとつの選択肢とする

▼あわせて読みたい記事▼

「40代女性の転職」の記事一覧