40代が知っておきたい仕事の探し方|基本となる3つの方法を解説します

よし、転職しよう!

このように思いたっても、同じ職場で長く働いてきた方なら、転職のノウハウもないので、

  • どうやって転職活動したらいいんだろう?
  • 転職の方法は分かるが、どういう特徴あるのか知りたい
  • 自分には、どういう仕事の探し方が合っているんだろう?

上記のように、疑問や不安に思うことも多いでしょう。

そこでこの記事では、これから転職をしようと考えている40代の方に向けて、

といったことについてわかりやすく解説します。

簡単に読める内容ですので、転職を考えるうえでの参考として、気軽にご覧になってくださいね。

目次

仕事探しの基本となる3つの転職方法とは

何かを新しく始めるにあたって、そのノウハウを知らないというのは、先の見えない暗い道を歩いているようで、心細いですよね。

転職前の不安は当然のことだと思います。

具体的に知ることで軽くなる不安もありますので、まずは転職の基本となる”仕事探し”について、どんな方法があるのか確認しておきましょう。

ぜひ参考にしてください。

求人サイトで探す

インターネットで簡単に仕事を探す方法として、求人サイトがあります。

自分の希望する業種や職種、勤務地や雇用条件などを入力して、該当する仕事を閲覧することができるサイトです。

doda(デューダ)
転職サイト「doda

求人サイトは、転職前の在職中の期間も、自宅や職場でカンタンに仕事を閲覧できるのがメリットです

希望する仕事が見つかれば、経歴などを入力して、その求人にエントリーすることができます。

その後は、企業側があなたの経歴などを確認して、選考に通ることができれば、面接へ進むことができるのです。

転職サイトの求人では、比率として若い年齢層を求める求人が多くみられますが、気落ちしなくても大丈夫です。

社会人経験や基礎的スキルのある、ベテランを求めている企業も多くあります

また転職サイトは、大きく分けると以下の2つに分類されます。

転職サイトの種類
  • 総合型
    幅広い求人を取り扱っている
  • 特化型
    特定の業界や職種に絞って、専門的な求人を取り扱っている

キャリア向けや管理職の転職に強いサイトなど、ご自身の志向に合わせた求人サイトを選んで、仕事探しに利用するのがおすすめです。

転職サイトの選び方については、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

関連記事40代向けのおすすめ転職サイト11選!5つのタイプ別に解説します

人材紹介・転職エージェントで探す

人材紹介は、転職エージェントとも呼ばれ、

人材紹介会社が、あなたの転職をサポートをしてくれる

上記が大きな特徴となっています。

転職ノウハウを持ったキャリアアドバイザーが、職歴やスキル、人柄などを判断して、あなたとマッチする企業を選定して、内定するまでのサポートを実施してくれるのです。

転職エージェントを利用することで、

  • 職務経歴書の書き方
  • 面接時における企業側の質問傾向など

といったことについて、プロの視点で客観的なアドバイスを行ってくれるので、自分でも気づかなかった能力や、使える経歴を発見できる可能性が高まります。

はじめての転職や転職に難航することが多い方などに、とくにおすすめしたいサービスです

転職エージェントのサービスを利用するには、公式サイトからの登録や、電話での申し込みが必要です。

多くの場合は、いちど人材紹介会社のオフィスへ訪問して、キャリアアドバイザーと面談をする流れになります。

なお、サービスは無料で利用できますのでご安心ください

人材紹介サービスも、ハイキャリア・管理職向けや専門職向けのものまで、幅広くサービスがラインナップされています。

サポート内容もさまざまですので、ご自身に合うサービスを探してみましょう。

転職エージェントの選び方については、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

▼おすすめの転職エージェントはこちら▼

関連記事40代におすすめの転職エージェント6選|205人の口コミ評価でランキング

ハローワークで探す

ハローワーク

退職した後、失業手当の給付を受ける際などに訪れるハローワーク。

もちろんハローワークでも、求人紹介を受けることが可能です。

失業手当を受給している際に、一定の条件を満たして就職した際には、再就職手当が別途で支給されます。

再就職手当の詳細についてはこちら

ハローワークでは、地元の中小企業の求人が中心で、年齢層が高めの募集も多くあります。

ただし、待遇や条件などは少し低めの傾向にあるといえるでしょう。

  • ハローワークに掲載されている求人は、転職サイトに掲載されていない
  • 転職サイトの求人は、ハローワークに掲載されていない

上記のような傾向がありますので、転職サイトと併用して利用するのがおすすめです

ハローワークで仕事を探す際も、アドバイザーの方が常駐していますので、相談しながら進めることも可能です。

また最近では、インターネットでの利用も充実していますので、ぜひいちど確認してみましょう。

ハローワークのサービスについては、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

紹介予定派遣の利用もあり

ほかにも、人材派遣会社が提供する、社員採用を前提とした紹介予定派遣なども、転職の方法のひとつです。

一定期間を派遣社員として働きながら、

仕事内容や職場環境が、自分に合うかどうか?

上記を吟味したうえで、正社員採用を目指すことができますので、現在の状況に合わせて、うまく活用してみましょう。

紹介予定派遣のメリット・デメリットについては、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

やりたい仕事が分からないときは?

転職を思い立ってはみたものの、

自分はどういう仕事がしたいのか、よくわからない…

このような方もいるかもしれませんね。

そんなときは、まず求人サイトで「いろんな仕事を見てみる」ことをおすすめします。

しかし、それでもピンとこない時は、以下の方法を試してみましょう。

自分は何がやりたいのか、整理してみる

自身の希望に100%合致する仕事は、なかなか見つからないものです。

そこで、転職するにあたっての、自分の気持ちやビジョンをまず確認しておきましょう

自身の考えを明確にしておくことで、転職活動はもちろん、転職したあとの仕事に対して、モチベーションを維持することにもつながります。

もし仕事探しに迷ったら、以下の3つの質問を、自分に問いかけてみてください。

  • あなたは、なぜ転職したいのか?
  • 何をどう変えたくて転職するのか?
  • どういう生活にしたいのか?

たとえば、上記の問いに対する答えが、

今までの仕事だと成長を感じられず、キャリアアップしたい

仕事も生活も、もっと充実させたい

このようなものだとすれば、役職者の募集やキャリアアップの余地のある企業を、まずピックアップしなければなりません。

そのうえで、勤務環境などにも配慮している企業の求人を探して、エントリーしていく必要があります。

ただ、あくまでご自身の気持ちや希望ですので、合致しないところや妥協が必要となる場合もあるでしょう。

転職に求める希望条件や、気持ちがはっきりしていないのであれば、以下の記事を参考にして、いちど整理してみることをおすすめします。

自分の強み・スキルを言語化してみる

仕事をするうえでは、自分が得意とすることに取り組める方がやりがいもありますし、評価も得られやすいでしょう。

あなたの強み、スキルといえるものを挙げるとすれば、どのようなものがありますか?

上記の問いに対する答えが、仕事選びのヒントになるはずです。

そうはいっても、とくにアピールできるようなスキルはないんだけど…

このように思われる方もいるかもしれませんね。

しかし、これまでやってきたことを言葉で的確に表現することで、スキルと認識されるものは誰にでも必ずあります

自身の強み・スキルを明確にしておくことは、仕事探しにおいて重要な要素ですので、以下の記事を参考にして、いちど整理してみましょう。

40代の転職活動で押さえておきたいこと

40代の転職には「40代なりの攻略法」があるので、若い頃と同じ感覚で転職活動に挑んでしまうと、厳しい戦いが待ち受けているかもしれません。

転職活動では、以下のポイントを必ず押さえておきましょう。

転職は万全の準備で進めよう

転職活動には、大きく分けて以下の6つのステップがあります。

転職をするときの6つのステップ
  1. 転職の準備
    転職スケジュールの計画、キャリアの棚卸し、希望条件の整理など
  2. 応募書類の作成
    質の高い履歴書と職務経歴書を作成する
  3. 求人探し・応募
    6つの手段を駆使して求人情報を集める
  4. 面接対策
    面接の流れや基本マナーを押さえて、合格するためのポイントを対策する
  5. 内定・入社準備
    内定条件の確認や交渉、転職先に馴染んでいくための準備など
  6. 退職手続き
    退職願の書き方、引き継ぎや退職時期の調整、トラブル時の対策など

それぞれのステップでやるべきことを理解して、しっかり対策することが重要です。

じっくりと読み込んで転職活動の流れを知り、万全の準備をしていきましょう。

転職への”動機づけ”を明確にしよう

転職準備をしっかり進めることに合わせて、転職に対する”動機づけ”を明確にしておくことが大切です

採用面接で、面接官に転職の動機を聞かれたときに、

御社の事業内容に魅力を感じました

上記のような回答では、さすがに選考を通過するのは難しくなります。

退職理由にも、転職理由にもなり得る“ポジティブ”な理由目標を、しっかりと決めておきましょう。

転職の動機を明確にしておけば、転職活動が長期化した際にも、原点回帰できるのでとても重要です。

なお、転職の動機については、

  • 退職理由
  • 転職理由
  • 志望動機

上記のような要素として、面接で必ず質問される内容です。

それぞれにはノウハウが存在していますので、以下の記事などを参考にして、しっかりと対策しておきましょう。

▼あわせて読みたい記事▼

応募書類をしっかりと作り込む

再就職するために最初の関門となるのが、書類審査に合格することです。

転職活動の際に求められる一般的な応募書類は、以下の2点です。

人事担当者が応募書類に目を通す時間は、わずか数分ほどしかありません。

その時間のなかで、あなたが企業が求める人物であることを証明する必要があります。

応募書類の作成に関しては、以下で詳しく解説していますので、しっかり読み込んで仕上げましょう。

▼応募書類の書き方のポイントはこちら▼

転職に失敗する40代の特徴を知る

転職先がなかなか決まらずに失敗してしまう人は、40代の転職が決まらない理由を把握しておらず、しっかり対策できていないことが多いです。

以下の5つの決まらない理由を押さえて、転職活動を進めるようにしましょう。

40代の転職が決まらない5つの理由
  1. 準備不足
    自分自身の準備に原因がある
  2. スキル不足
    自身のスペックが足りていない
  3. 研究不足
    企業側とのやり取りで失敗している
  4. 戦術不足
    転職活動の進め方に問題がある
  5. 需要不足
    転職市場に問題がある

詳細は以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

さいごに

どういう仕事がしたいのか行き詰ってしまったら、なにも一人で考えることはありません。

今回ご紹介した、転職エージェントハローワークで相談してみることも、解決方法のひとつでしょう。

友人や知人に話を聞いてもらうだけでも、気持ちの整理ができますし、あなたをサポートしてくれる転職サービスは、世の中にたくさんあります。

このサイトだって、あなたの転職を応援しています。

応援してくれるサービスを、あなたに合う形で上手に活用して、活躍の希望が持てる、素晴らしい転職にお役立てください!

▼こちらも合わせてどうぞ▼

当サイト(セカンドゴング)では、40代の転職に特化した転職ノウハウについて、

  • 実際に40代で転職を経験した人
  • 企業の採用担当・キャリアコンサルタントなど、転職活動に知見を有する人

上記のようなメンバーが数多くの記事を提供しています。

当サイトの概要と執筆メンバーの一覧はこちら

転職活動のすべてのステップについて、以下の記事でわかりやすくまとめていますので、こちらもぜひ参考にしてみてください。

▼40代転職の完全ガイドはこちら▼

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

40代男性、大阪府在住。フリーライター。大手人材系企業での経験と、自身の転職経験から、真実だけを、ゆるくあたたかくお届けします。

目次
閉じる