転職前の悩み

「転職が怖い…」40代が転職に不安を感じる原因と対処法を解説!

転職活動に「怖さ」を感じてしまう人は多いですよね。

40代で転職する場合も、転職先での人間関係をはじめ、さまざまな不安を抱えている人多いのではないでしょうか。

今回は、そんな不安を感じた時に考えるべきことや、怖さを乗り越えるための対処法について、お話ししていきたいと思います。

40代が転職に「怖さ」を感じてしまう主な原因

まずは、40代の人がどんな部分で転職活動に怖さを感じているのか、その原因について考えていきましょう。

転職先の人間関係にうまく馴染めるのか

転職時に怖さを感じてしまう原因の一つとしては、転職先での「人間関係」の不安によるものがあります。

とくに40代の転職の場合は、新しい職場では「上司が年下」というケースも考えられるため、上司や周りの社員との接し方に悩む人は少なくありません。

若い世代ではこのような心配をする必要はないため、ミドル世代特有の悩みといえるでしょう。

転職することで状況が改善されるのか

転職を思い立つには、いろいろな理由がありますよね。

「給料が安い」「休みが少ない」といった、待遇面への不満で転職を決意する人は多いでしょう。

しかし転職することで、不満の原因となっている状況が改善されるのかは、実際に入社してみないことには判断ができません。

場合によっては、

改善どころか、悪化してしまった…

このようなケースもありえますので、怖さを感じてしまう人が多いのです

そもそも、40代で転職先が見つかるのか

40代で転職する場合、多くの人が、

この年齢で転職先は見つかるのか?

このような不安を抱えています。

一般的には「年齢が若いほど転職は有利」とされていて、「転職できる上限は35歳まで」といった意見もあるくらい、転職活動における、「年齢」の重要性は高いと考えられています。

このようなネガティブな意見を耳にしてしまうことで、

40代で転職してもどこも雇ってくれないのでは…

上記のように考えて、転職に踏み切ることができない人も少なくないのです。

転職が怖い時でも、転職から逃げてはいけない理由

ここまで見てきたように、転職に怖さを感じてしまう原因はさまざまですが、それでも転職から、逃げるべきではない理由についてお話していきます。

逃げ続ける限り、いまの状況は変わらない

転職から逃げるべきではない理由の一つが、「逃げ続ける限りは今の状況は変わらない」という点です。

そもそも転職を考えた背景には、いまの職場への不満や、新しい仕事へのチャレンジなど、何かしら「現状を変えたい」という気持ちがあったはずです。

転職が怖いからといって、前に一歩を踏み出すことができなければ、当然ながら今の状況を変えることはできません。

40代といっても、定年退職まではまだ「20年」も残っています。

あと20年、現状を変えたい気持ちを押さえつけていくのか、怖さを振りはらって転職に踏み切るべきなのか、真剣に考えて決断していく必要があるのです。

経験豊富な「40代」こそ、欲しい企業は存在している

前述した通り、一般的には「転職は若い方が有利」と言われています。

たしかに20代や30代前半のほうが、40代と比べても、選べる求人が多いことは事実でしょう。

しかし、経験豊富な「40代こそ欲しい」という企業は、確実にある程度は存在しています。

なぜなら、20代にはない「マネジメント能力」や、豊富な業務経験によって身についた「適切な判断能力」など、若い人材では補うことのできない多くの武器を、40代の人材は持っているからです。

このような40代ならではの強みは、企業にとって魅力的な要素となります。

企業側が転職者に求めている部分を考え、それに合った適切なアピールを行うことができれば、40代でも転職を成功させることは十分可能といえるでしょう。

それでも転職が怖い時の3つの対処法とは?

そうはいっても、転職活動に対する怖さがなかなか拭えない、このような場合の対処法をご紹介します。

まずは思考の整理から

まずは「自分が何に不安を感じているのか?」、思考を整理することからはじめてみましょう。

頭の中だけで考えるのではなく、自分の考えを紙に書き出してみるのがオススメです。

不安に感じている点を、どんどん紙に書き出していくことで、考えが整理されていきますよ。

また、「転職によってどんな目的を達成したいか?」という部分も、あわせて書き出してみてください。

転職の目的を具体的に書き出しておくことで、転職への意思をより固いものにすることができます。

転職先の企業分析は徹底的に

自分の考えを整理した後は、転職先について徹底的に調べておきましょう。

転職に「怖さ」を感じてしまう場合は、「転職先の会社について十分に調べられていない」というケースが非常に多いです。

転職活動の情報収集において、求人票や会社ホームページの情報だけで、会社研究を終わらせてしまう人も少なくありませんが、それだけでは決して十分とはいえません。

例えば、応募先に会社見学をお願いして、実際の職場環境を見ておくことも大切です。

入社後の働くイメージがより鮮明になって、不安の解消につながるでしょう。

第三者の意見も取り入れる

転職に大きな不安を抱えてしまったときは、家族や友人などの第三者に相談するのもオススメです。

自分一人で悩んでいても、よい解決策はなかなか見つからないものです。

自分の悩みや不安を誰かに聞いてもらい、第三者からの客観的な意見をもらうと良いでしょう。

また、転職エージェントなどを活用することも効果的な方法です。

客観的なアドバイスをもらえるだけではなく、「企業の内情」を知っていることもあるので、こちらも積極的に利用していきましょう。

▼転職エージェント選びはこちらから▼

まとめ:転職が怖いと感じる時こそ、入念な準備を行いましょう

転職は、今いる環境をガラッと変えてしまうものです。

そのことに「怖さ」を感じてしまうのは、ある意味、当たり前のことかもしれません。

だからこそ入念な準備を行って、その怖さから逃げずに立ち向かっていきましょう。

できることから少しずつ準備をはじめて、新しい環境へチャレンジしていってください!

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

▼こちらも合わせてどうぞ▼

この記事を書いた人
まさと
20代男性、埼玉県在住。大学で就職支援を担当し、新卒・転職希望者のサポートに5年間従事し、延べ1,500人以上の応募書類を添削。その経験を活かし現在はフリーライターとして、転職関連の記事執筆を中心に活動中。

関連コンテンツ