40代転職の現実は本当に厳しいのか?実際に体験してみた感想とは

ぽけご

当サイト管理人のぽけごと申します

40代向けの転職メディア「セカンドゴング」を運営しています。

最近は人手不足と言われていますので、いまの働き方に不満や不安を感じている場合は、転職を考えているという人も多いかもしれません。

一般的に転職が厳しいといわれる、40代の場合はどうなのでしょうか?

私自身も40代で会社を辞めて、転職活動を経験したのですが、結論から言ってしまうと、現実はそんなに甘くありません

40代の方は転職を考えるにしても、十分な準備をしながら、慎重に進める必要があります

40代の転職が厳しいと言われるのには、大きく分けると以下の2つの理由があります。

40代の転職が厳しい理由

【スキルに関する理由】

  • 即戦力性が求められるから
    ⇒業界や職種の親和性がないと合格しない
  • メンバーとしてではなく、マネジメント能力を問われるから
    ⇒将来の幹部候補として活躍イメージがなければ合格しない
  • 適応力や柔軟性がないと想定されるから
    ⇒これまでの慣習や価値観で凝り固まっているのではと思われている

【組織上の理由】

  • 育成が必要ならば、40代よりも若年層を採りたいから
  • 組織構成上の観点から、現場責任者より年下を採用したいから

ただ、40代でも転職に成功している人がたくさんいるのも事実です。

40代ならではの転職ノウハウをしっかり学べば、転職することはけっして不可能ではありません。

この記事では、

上記について詳しく解説しています。

実際に40代の転職を経験した人たちのリアルな声にもとづいて、詳しくお話ししていますので、ぜひ参考にしてください。

※「40代の転職体験談をすぐに確認したい」という方は、以下よりご覧いただけます。

◆40代の転職体験談はこちらから

目次

自身で体験して感じた40代転職の現実とは?

ここでは管理人の私が、具体的な応募活動を始めてみて、どのような転職活動だったのかをご紹介します。

2ヶ月目までで応募した求人は、すべて選考落ちとなってしまい、面接まで進むことができませんでした…

前回の転職活動をした30代前半の時と比べると、書類通過率がまったく違っている印象です。

私は関西在住のため、転職活動を関西エリアで行っています。
他の地域では求人数の規模も違うので、状況が異なっている可能性があります。あらかじめご留意ください。

【参考:私のスペック】
40代前半・男性、関西在住、Web企画系職、マネジメント経験30名、年収400万以上希望

転職サイトでの反応は?

リクナビNEXTエン転職dodaといった大手から、検索で1ページ目にヒットするような転職サイトに、8社ほどWeb経歴書を登録してみました。

それらのサイトで、更新タイミングに合わせて求人を探しながら、スカウトも待つという形で活動しています。

応募と選考の状況

自分の経歴にマッチする求人は、それほど多くは掲載されていませんでしたが、延べでいうと10社ほどはあったと思います。

平均年齢が30前後の若い会社が多くて、試しに5社ほどWeb応募してみたのですが、すべて選考落ちとなって、面接まで進むことができませんでした。

そのうちの1社は、求人にお気に入り登録していると、

応募してみませんか?

このようなオファーメールが来たのですが、実際に応募してみるとお祈りメールが届いたのです…

40代の転職活動では、転職サイトで求人を出す側の意図をしっかり見極めて、応募をしていく必要性を感じました。

おすすめの転職サイト11選はこちら

スカウトメールの実際

スカウトメールに関しては、毎日3~4通くらい届くのですが、

タクシー運転手、運送ドライバー、工場製造スタッフ、飲食スタッフ、保険営業、派遣会社のITエンジニア

このような職種が大半を占めており、私の職歴と共通するようなオファーは、ほとんどありませんでした。

なお、こういった職種のオファーは、採用担当者が個別に送っているわけではありません

転職サイトのAIが、経歴と求人のマッチング度合いで判定して、自動でオファーメールを送ってきているのです。

また、コンビニのオーナーや、スー〇ーホテルの支配人といった、FC募集の案内まで届きます。

スカウトメールの見分け方はこちら

ハローワークでは?

ハローワークに行って驚いたことは、若い人はあまりいなくて、40代以降から60代くらいの人ばかりだったことです。

確かに私もハローワークを利用したのは、今回が初めてでしたし、若い人なら転職サイトですぐ求人が見つかるからかもしれませんね…

転職サイトには求人掲載されていないかなり規模の小さい会社に、2社ほどハローワークから応募したのですが、いずれも書類選考落ちとなってしまいました。

ハローワークについて詳しくみる

転職エージェントの反応は?

転職エージェントには、Webから5社に登録したのですが、そのうち2社からは、

ご紹介できる求人がありません

このようなお断りのメールが届きました…

リクルートエージェントワークポートでは、紹介可能ということで、マッチング度が高い求人を頻繁に紹介されるようになったのです。

最終的には、こちらの都合で転職条件を見直したので、転職エージェントの利用を見送ることになったのですが、もしそのまま紹介をもらって転職活動を進めていたら、

ぽけご

この調子ならいずれ内定も取れそうだ…

このような期待感は十分にありました。

40代の転職活動においては、転職エージェントを有効活用することが、成否の分かれ目になるのかもしれません。

おすすめの転職エージェント6選はこちら

40代の転職が厳しい理由とは?

実際に自身で体験してみても、40代転職の現実はやはり厳しいものがあると感じました。

その理由としては、以下のようなことが挙げられます。

応募先のマネジメント層の心境

前職では、私も現場の採用責任者を担当しておりましたが、40代以上の求人応募に対してはやはり消極的でした。

応募書類を見た段階で、明らかにわかるくらいに特別な光るものがなければ、まず面接手配へ進めることはなかったですね…

なぜなら、マネジメントする私より年代が上の人に対しては、

ぽけご

扱いづらいので、なるべくなら避けたいな…

やはりこのような気持ちがあったからです。

企業側が40代の人材を想定している求人がそもそも少ない

40代の転職人材に対して企業側が求めるものは、

  • 専門性(スペシャリスト)
  • マネジメント力

上記の2点につきます。

そういった人材を求める際の求人は転職サイトではなく、ヘッドハンティングや転職エージェントの会社に依頼をすることが多いです。

つまり転職サイトに出されている求人は、そもそも40代を想定して募集されている求人が少ない可能性があります。

また、今までのキャリアにおいて、総合職やゼネラリストとして活躍をしてきた人は、

  • 書類上でのマッチングがしづらい

という傾向があるため、選考で苦戦することが多いでしょう。

求職者側がミスマッチ求人ばかりに応募している

転職者側にも問題がある場合があります。

そもそも転職サイトには、40代を想定した求人が少ないにもかかわらず、

  • 転職者側で、20~30代想定の求人ばかりに応募している

というパターンの場合は、当然ながら選考は厳しいものとなるでしょう。

未経験職は若手のポテンシャル採用にかなわない

求人企業のマネジメント層の心境として、未経験職に40代を優先して採用するということは、ほとんどの場合でありえないでしょう。

未経験でこれから育てていくのなら、

  • 自身が扱いやすい
  • これからの伸びしろが期待できる

こういった若い人材を部下に迎え入れたいと考えるものなのです。

ただし、たとえば介護職などのように、

若い人よりも、ある程度の年代の方が受け入れられやすい

という仕事も存在しています。

40代が未経験の仕事を狙うなら、こういった事情をふまえて、応募する必要があるでしょう。

40代の転職を成功させるためのポイント

40代の転職に成功!

では40代の転職活動では、どのようにすれば成功を勝ち取ることができるのでしょうか?

40代の転職に成功している人たちの事例を見ていると、

40代の転職には「40代なりの攻略法」がある

ということが理解できるようになります。

若いころと同じ感覚で転職活動に挑んでしまうようでは、厳しい戦いを強いられるのは必至です

40代の転職を成功に導くためには、転職活動において、以下のポイントを必ず押さえるようにしましょう。

転職は万全の準備で進めよう

転職活動には、大きく分けて以下の6つのステップがあります。

転職をするときの6つのステップ
  1. 転職の準備
    転職スケジュールの計画、キャリアの棚卸し、希望条件の整理など
  2. 応募書類の作成
    質の高い履歴書と職務経歴書を作成する
  3. 求人探し・応募
    6つの手段を駆使して求人情報を集める
  4. 面接対策
    面接の流れや基本マナーを押さえて、合格するためのポイントを対策する
  5. 内定・入社準備
    内定条件の確認や交渉、転職先に馴染んでいくための準備など
  6. 退職手続き
    退職願の書き方、引き継ぎや退職時期の調整、トラブル時の対策など

それぞれのステップでやるべきことを理解して、しっかり対策することが重要です。

じっくりと読み込んで転職活動の流れを知り、万全の準備をしていきましょう。

転職先が決まるまで、いまの会社は辞めない

40代の転職活動は、長期間になる可能性があります。

転職活動が長期にわたることも想定して、

  • 活動時間の確保
  • 家族への相談
  • 費用の工面

といった準備が必要となるでしょう。

可能であれば、いまの会社での収入を確保しながら、転職活動を並行して行うことをおすすめします。

これまでの経験を棚卸しして、スキルを言語化する

40代の転職者に対しては、若い頃のように「ポテンシャル(伸びしろ)に賭けてもらえる」といった特典はありません。

「今後の可能性に期待」という悠長な姿勢はなく、入社してすぐに結果を出すことを求められます

採用担当

この人ならすぐに活躍してくれそうだ!

このような確証が持てない限りは、企業側が内定を出すことはないでしょう。

企業側に即戦力であると思ってもらうためには、

自身が持っている強み(スキル)

上記について、しっかりアピールしなければなりません。

そんなこと言われても、特別なスキルなんてないよ…

このように思う方もいるかもしれませんが、これまでやってきた経験を的確に表現することで、スキルと認識されるものは誰にでもあります

以下の記事を参考にして、これまで自分がやってきたことを、スキルとして言語化してみましょう。

転職への”動機づけ”を明確にする

転職準備をしっかり進めることに合わせて、転職に対する”動機づけ”を明確にしておくことが大切です

採用面接で、面接官に転職の動機を聞かれたときに、

御社の事業内容に魅力を感じました

上記のような回答をしているようでは、さすがに選考を通過するのは難しくなります。

退職理由にも、転職理由にもなり得る“ポジティブ”な理由目標を、しっかりと決めておきましょう。

転職の動機を明確にしておけば、転職活動が長期化した際にも、原点回帰できるのでとても重要です。

なお、転職の動機については、

  • 退職理由
  • 転職理由
  • 志望動機

上記のような要素として、面接で必ず質問される内容です。

それぞれにはノウハウが存在していますので、以下の記事などを参考にして、しっかりと対策しておきましょう。

▼あわせて読みたい記事▼

応募書類をしっかりと作り込む

再就職するために最初の関門となるのが、書類審査に合格することです。

転職活動の際に求められる一般的な応募書類は、以下の2点です。

人事担当者が応募書類に目を通す時間は、わずか数分ほどしかありません

その時間のなかで、あなたが企業が求める人物であることを証明する必要があります。

応募書類の作成に関しては、以下で詳しく解説していますので、しっかり読み込んで仕上げましょう。

▼応募書類の書き方のポイントはこちら▼

応募先の企業研究を徹底的におこなう

転職活動における企業研究は、「研究」という言葉がついていますが、実際にはリサーチに近いものです。

インターネット上でたいていの情報を収集できますので、労を惜しまずにおこなっていきましょう。

企業研究のコツは、応募企業を1から10までつぶさに調べあげるのではなく、優先順位をつけて情報収集をしていくことです。

企業研究する目的と収集する項目
  1. 面接に合格するための企業研究
    沿革、経営者情報、商材の特性、売上高、取引先情報、競合情報、中期経営計画(企業理念含む)、業務内容など
  2. 入社するか判断するための企業研究
    年収や評価制度、産休・育休取得状況、ワークライフバランス(残業や有給)など

待遇や働き方に関する項目は、内定が近づいた段階の調査でも構いません。

書類選考・面接対策としては、できるだけに関する項目を集めて、履歴書や面接の志望動機作成に活用していきましょう。

企業研究で集めた情報は、

  • 志望動機
  • 自己紹介・自己PR
  • 逆質問

上記のように、活用する場面は多岐に渡ります。

たくさんの企業情報を集めれば集めるほど、他社比較などもできて知識に厚みが出ますので、早めに取り掛かりましょう。

40代の転職に失敗する理由を押さえておく

転職先がなかなか決まらずに失敗してしまう人は、40代の転職が決まらない理由を把握しておらず、しっかり対策できていないことが多いです。

以下の5つの決まらない理由を押さえて、転職活動を進めるようにしましょう。

40代の転職が決まらない5つの理由
  1. 準備不足
    自分自身の準備に原因がある
  2. スキル不足
    自身のスペックが足りていない
  3. 研究不足
    企業側とのやり取りで失敗している
  4. 戦術不足
    転職活動の進め方に問題がある
  5. 需要不足
    転職市場に問題がある

詳細は以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

40代が実践するべき求人の探し方とは?

40代向けの求人は、20~30代向けの求人数と比べて少ないので、

応募したい求人がなかなか見つからない…

このような状況になる場合も多く、効率よく求人を見つけることも重要です。

ここでは、転職を成功させるために、無駄なく求人を探すためのポイントをご紹介します。

40代におすすめの転職サイトに登録しよう

40代が転職サイトを活用する方法

まずいちばん初めにしておきたいのは、転職サイトへの登録です。

すぐには希望通りの案件が見つからなくても、転職のための情報量の多さはダントツですし、無料で利用できますから、ぜひ登録しておきましょう。

大手の転職サイトであれば、常に数多くの求人情報が掲載されており、高度な検索機能があるので、職種・地域・年収などの条件で、簡単に求人を絞り込むことができます。

40代向けの求人を効率的に集めるには、

40代歓迎
年齢不問

といったキーワードで検索してみましょう。

また、ひととおり求人を眺めたなかで、掲載写真に年配者が写っている求人を探してみてください。

若手でなくても構わないですよ

企業側のこのようなメッセージかもしれません。

転職サイトの選び方や活用する方法、40代におすすめの11社を以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

▼40代におすすめの転職サイトはこちら▼

関連記事40代向けのおすすめ転職サイト11選!5つのタイプ別に解説します

転職エージェントの活用は必須!複数に登録しておこう

転職エージェントは40代に必須のサービス

よほど人口が少ない地方エリアで転職する人以外は、40代なら転職エージェントは必ず利用したい転職サービスです。

転職活動を進めるには、かなりの労力が必要であり、ノウハウも必要となってきます。

あれもこれも一人でやるのは、本当に大変なものです…

転職エージェントに登録して、転職のプロによるサポートを受けることで、以下のようなメリットを得ることができます。

転職エージェントのメリット
  • 転職サイトなどに出回っていない、40代向けの非公開求人を多く保有している
  • プロの視点で自身のキャリアや市場価値を見極めて、最適な求人案件を紹介してもらえる
  • 自身の強みを効果的に表現できるように、応募書類作成や面接対策のサポートを実施してくれる
  • 応募企業との連絡や日程調整、入社時期や給与の交渉まで、エージェント担当者が間に入って行ってくれる

40代が無駄なく効率的な転職活動をおこなううえで、利用しない手はないサービスでしょう。

しかも、転職エージェントは人材が採用されたときに、企業から成功報酬を得るビジネスモデルのため、転職者は無料で利用することができます

転職エージェントの選び方については、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

▼おすすめの転職エージェントはこちら▼

関連記事40代におすすめの転職エージェント6選|205人の口コミ評価でランキング

転職の目的次第では、ハローワークなどの公共支援サービスも活用するべき

ハローワークは心強い味方

ハローワークの求人は、転職サイトと比較すると情報量が少なく、待遇面で見劣りする求人が多いので、利用を敬遠している方もいるかもしれません。

ただ、掲載を依頼する企業側から見れば、ハローワークは貴重な存在です。

数十万~百万円単位で利用料が必要となる、転職エージェントや転職サイトと比べて、無料で求人掲載ができるという面は、企業にとって大きな魅力になっています。

採用経費をそんなに持っていない企業であれば、

まずはハローワークに求人を掲載してみて、反応がなかったら他の媒体を検討する

このような採用手順をふむ企業も多いのです。

応募者にとっては、内定のバードルが低いという利点があるので、

あまりスキルに自信がない…

未経験の仕事にチャレンジしてみたい

上記のような方であれば、ハローワークの利用を検討してみましょう。

また、エリアによっても内容は異なりますが、人材紹介会社に委託している場合もあり、転職エージェントのような充実したサポートを受けられる可能性も。

たとえば東京都であれば、都内での就業を希望している人に対して、以下のような転職支援サービスを実施しています。

東京都の転職支援サービス
  • 正社員就職応援プロジェクト
    早期に正社員就職できるように、企業での短期職務実習や就職活動ノウハウを短期集中で習得できるプログラムなどを提供(30~54歳が対象)
  • 女性しごと応援テラス
    ブランクがある方向けの「再就職はじめの一歩」コースや、事務職(事務・経理・人事・医療系)の専門スキルを学べるコースなどを提供(54歳以下の方が対象)
  • ミドルコーナー
    就職支援アドバイザーによるキャリアカウンセリング、都内の正社員求人案件の紹介、就職活動に役立つセミナーなどを毎日開催(30~54歳が対象)

公的な支援サービスですから、”東京都内での就業を希望している人”という要件を満たしていれば、すべて無料で利用できるのです

都内での就職を検討しているのであれば、ぜひこれらの支援サービスを活用しましょう。

ハローワークは相談窓口も全国各地にあり、平日だけではなく、土日も開所しているところもあります。

地域に根差した求人も多いですから、勤務地に希望がある場合なども、ハローワークの利用がおすすめです。

ハローワークに関しては、以下の記事で解説していますので、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

発想の転換をしてみよう

知人や友人に採用の口利きを相談してみたり、募集が無くても、企業サイトから直接自分を売り込んでみるというような方法もあります。

前職で上司だった人は、求人が出されているわけでもないのに、

僕のような人材が必要じゃないですか?

このように会社に売り込んで、入社した経緯を持っていました。

求人の探し方も、発想を広げると様々な方法が思い浮かびますが、これは働き方に関しても、同じことが言えるのではないでしょうか。

柔軟に働き方を考えてみる

上記のように、固定観念に縛られることなく、目線を変えて自身の可能性を探ってみましょう。

40代の転職は難しいが、乗り越えている人がたくさんいることも事実

40代の転職が難しいことは間違いありません。

ただし、多くの人が厳しい環境のなかでいろんな工夫や努力をして、

40代の転職を成し遂げている

という事実も、当サイトを運営するなかで知りました。

40代の転職では、若い頃の転職とは違ったやり方・コツが必要です

同じ40代として似たような境遇で悩みを抱え、試行錯誤しながら転職を果たした人が語る言葉からは、たくさんの気づきを得ることができます。

私自身も、たくさんの学び・気づきをもらっていますが、あなたの転職活動においても、何かしらのヒントがあるかもしれません。

ここでは、いくつかの体験談をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

焦って一度目の転職には失敗も、反省を活かしてホワイト企業への再転職に成功

【41歳男性の転職】焦らずじっくり活動してホワイト企業へ再就職!

筆者である音海まことさんは、ITベンチャー企業に勤めていたのですが、会社の経営が傾いて希望退職に応募しました。

数ヶ月もあれば転職できるだろう

このように楽観的に考えて、退職⇒転職活動を始めることに。

しかし、なかなか良い企業が見つからず、焦って入社を決めた会社が本物のブラック企業だったのです。

この会社は、わずか2ヶ月で退職してしまいました…

一度目の反省点をふまえて、そこから数ヶ月後にホワイト企業への転職を果たすのですが、

  • 入社前に企業調査をしっかりすること
  • 書類作成や面接のスキルを上げること

これらがポイントになったと語っています。

音海さん自身は、準備なく転職活動を開始して、良い企業への転職を果たすまでに半年ほどかかっています。

退職済みで転職活動に専念できても、それなりに期間がかかる場合があるので、十分な準備をしておくことが重要だといえるでしょう。

【41歳男性の転職】焦らずじっくり活動してホワイト企業へ再就職!

転職回数の多い普通の会社員が、40代から2度の転職で年収が2倍に!

40代の転職で年収が2倍に!転職回数が多い普通の会社員が収入アップするコツ

40代の転職で年収が2倍に!転職回数が多い普通の会社員が収入アップするコツ

40歳のときに転職を決意したかずきちさん。

当時の年収は300万円台。すでに転職も7回繰り返している普通の会社員でした。

今までは給料が高くない理由を、「お金じゃない」という言葉に転化していたのですが、

せめて40代の平均年収以上は稼げるようになりたい!

という決意を胸に、転職活動を開始します。

転職回数が多いというのは、転職活動においてはデメリットになりがちですが、

  • マイナス要素をプラス要素に変える視点を持つ
  • 経験やスキルに一貫性を持たせて、ストーリーをつくる

上記の取り組みによって、アピールできるポイントに変換することが可能です。

かずきちさんは40代から、より大きな企業への転職を2度繰り返し、当初の年収を2倍にすることに成功しています。

転職回数の多さをプラスにする方法や、年収アップの転職をするためのコツなど、詳しく知りたい方はぜひチェックしてみましょう。

40代の転職で年収が2倍に!転職回数が多い普通の会社員が収入アップするコツ

40代から未経験でITエンジニアに転職できた事例

40代からRPAエンジニアへ転職する方法!未経験でも働けます

プログラミング経験が無かったstaroさんが、40代でITエンジニア職へ転職した体験談です。

未経験の40代が、なぜエンジニアへ転職できたかというと、以下のアピールが効果的だったと述べています。

  • まだ扱える人が少ないRPAソフトを経験した
  • 有料の基礎研修講座を受講した

staroさんの転職成功のカギは、まだ使える人が少ないソフトのスキルを磨いたこと、そして実務で役立つレベルの知識を身につけたことです。

仮にPhotoshopやIllustratorなど、長く利用されているソフトの技術をちょっと磨いた程度では、なかなか転職に役立ちにくいもの。

しかしRPAのソフトは、まだ新しい分野のソフトなので経験者が少ない状況であり、未経験者歓迎の求人も多いのです。

こういったところに目をつけて、しっかり技術を磨いたことが、転職につながったといえるでしょう。

40代からRPAエンジニアへ転職する方法!未経験でも働けます

専業主婦がママならでは方法で正社員へのステップアップに成功!

【専業主婦から正社員へ】41歳主婦が社会復帰できた就活方法とは?

【専業主婦から正社員へ】41歳主婦が社会復帰できた就活方法とは?

子育てもひと段落をして、

また正社員として働きたい

このように考える、40代専業主婦の方も多いのではないでしょうか?

しかし一方で、

  • キャリアにブランクがあるから不安…
  • 正社員として働くスキルが足りないのでは?

上記のような心配もあり、なかなか前に一歩が踏み出せない方もいるはずです。

41歳まで専業主婦だったコバヤシ魚子さんは、正社員を目指すステップとして、まずは派遣会社に登録。

ブランクとスキルの不安を解消して、正社員への転職を果たしています。

専業主婦ならではの転職活動のコツも、実体験にもとづいて紹介されているので、社会復帰を目指している専業主婦の方は、ぜひチェックしておきましょう。

【専業主婦から正社員へ】41歳主婦が社会復帰できた就活方法とは?

第一印象の重要性を痛感し、外見を「ゆるふわモード」に変えて転職に成功

40歳独身女性の転職は第一印象がすべて!

40代独身女性の転職は第一印象で決まる!プロの就職支援で対策しよう

新卒の時は就職氷河期の真っ只中で、初任給は手取り11万という厳しい環境で頑張ってきた、管理栄養士のはるさん。

未婚では居辛くなってしまったいまの会社から、40歳で転職を考えるように…。

30代までに国家資格などいくつもの資格も取得しており、40代とはいえ新卒の頃とは時代も違うので、何とかなるだろうと考えて転職活動を開始しました。

しかし田舎ということもあって、

  • 40代独身女性への偏見
  • セクハラまがいの面接

上記のような、さんざんな転職活動が続きます。

ブログ記事を読むなかで出てくる面接官が、さすがにひど過ぎるだろうと思う反面、実際の転職活動においては、十分あり得る話なのでしょうね…

とくに地方で転職活動をする40代の女性の方は、ぜひ読んで参考にしていただきたい内容です。

40代独身女性の転職は第一印象で決まる!プロの就職支援で対策しよう

最後の転職にしたいからこそ、紹介予定派遣を利用して正社員へ

正社員になりたい40代女性。紹介予定派遣で転職できた理由とは?

正社員になりたい40代女性。紹介予定派遣で転職できた理由とは?

紹介予定派遣」という言葉を聞いたことはあっても、実際に経験したことがあるという方は、意外と少ないのではないでしょうか?

44歳で正社員への転職を目指しているPlumeria777さんも、そんな一人だったのですが、

今回で最後の転職にしたい!

このような思いから、紹介予定派遣を初めて利用してみました。

紹介予定派遣を使ってみたリアルな感想とともに、

  • 転職活動で紹介予定派遣を利用するメリット
  • 正社員として長く働きたいからこそ、紹介予定派遣がおすすめな理由

上記について語られています。

正社員での転職を目指す方にとって、ひとつの選択肢として確認しておきたい内容です。

正社員になりたい40代女性。紹介予定派遣で転職できた理由とは?

私自身のこれからの転職活動について

前職では、私はゼネラリストとして経験を積んできました。

厳しい40代転職の現実を知ることになり、

ぽけご

もっと何かしらの専門性を高めておくべきだったのでは…

このように後悔する時期もありました。

ただ、これからの人生を見すえて改めて考えたときに、

サラリーマンとして生きるだけが全てではない

上記のように考えるようになったのです。

転職活動の方針を大きく変えて、じっくりと時間をかけてでも、自分の求める条件に合う求人を探し続けようと思っています。

実際に自分で転職活動をしてみたときに、

  • ネット上にある40代の転職に関する記事は、実際の体験にもとづくリアルな声が少ない
  • 孤独で辛い転職活動を続けているのに、情報交換やノウハウを共有したりして、励まし合えるような場所がない

上記のような思いを強く持つようになり、40代の転職を応援するWebメディア(当サイト)を立ち上げようと決意しました。

私自身も、セカンドゴングで40代の転職ノウハウをしっかり学んで、ここぞという求人でしっかり成果を出していきます。

同じように、40代の転職に挑んでいる皆さまにとっても、

  • 書かれていることが、自分の転職活動に役に立つ
  • ちょっと元気が出る場所である

当サイトがこのような存在となればうれしいです。

まとめ:40代の転職は厳しいが不可能ではない。まずは必要な準備をしよう

今回は、40代転職の厳しい現実について、さまざまな観点でお話ししてきました。

十分な準備をしたうえで、40代の転職へ挑むべきである

というのが、私が実際に経験してみて思うところです。

また、働き方が多様化するなかで、単に「別の会社へ転職する」というやり方だけではなく、さまざまな形で仕事と向き合える時代になりました

当サイトでは、40代の転職を経験した人たちによって、40代転職の考え方や働き方について、さまざまな意見を語っています。

ぜひ彼らの仕事観や人生観も知っていただいて、そのうえで、

あなたの「40代の転職」に対する向き合い方

について、じっくり考えてみてください。

40代の転職体験談はこちらから

「転職の体験談」の記事一覧

123...5
目次
閉じる